その167 ZZR1200

「いい人」


ZZR1200


無縁レベル:3





前回からのお目々繋がり。








Kawasaki ZZ-R1100 90
ZZR1100


'90年、市場に現れた世界最速の重鋼騎

最大出力は怒濤の147馬力。
走行時はラムエア加圧によりスペック以上の馬力を発揮。
最高速度は270km/hを超え当時の世界最速を誇り、
しかしその姿はサーキットに傾倒したレプリカチックではなく
あくまで公道マシンのスタイル。


高速性能もさることながらハンドリングが素直でハイスピードツアラーとして評価が高く、
ヨーロッパではアウトバーンからアルプス越えまでこなすZZR1100として、
北米ではハイスピード&クールなモンスターZX-11として、
'90年代の始まりを濃厚に彩ったバイクです。


そう、ZZR1100は2つの面を持ったバイクだったのです。

世界最速

ハイスピードツアラー



この二面性のうち、
世界最速の部分はZXとしてよりによってコイツになって
コンセプトに貪欲すぎる形で世界に放たれました。


残されたハイスピードツアラー成分は?


世界最速に遅れること2年。

その名をZZRとして、新たに市場に送り出されました。















Kawasaki ZZR1200 2
ZZR1200('02)



うん。

まぁそうね。



確かに最速成分はZX-12Rがサイッコーに尖った形でやっちゃったからね。

ツアラー成分なんだから丸くなっていいんだよね。




たださ。





















Kawasaki ZZR1200 05
ホントに丸いね、キミ。


まさか物理的に丸くなるとはね。

前回のカッターナもそうですが、
この真ん中で繋がった丸目のうっすら間の抜けた感じはすごいですね。

















KAWASAKIZZR1200-3078_6.jpg
しかもケツまでキッチリこの形だからね。
芸が細かいにもほどがあるぜKAWASAKI!





kawasaki zzr1200_1
さて、ナリが全力で丸くなってしまった正当後継ZZR。

中身は一体どうなのでしょうか。


水冷4stDOHC4バルブ並列4気筒1164cc
最大出力 152馬力/9800rpm
最大トルク 12.6kgm/8200rpm
乾燥重量 236kg
タンク容量 23L


ひとまず書いては見ましたけど数値スペックがどうこうってバイクではないですね。
ZZR1100をベースに排気量を拡大して、
ZRX1200のシリンダーやZX-12Rのピストンなどが使われている集合体です。

1100にあったトルクフィールの無骨さを徹底的に均し、
派手さは無いものの全域で真っ当に使えるフラットトルクを発揮。
スロットルを開ければ穏やかにピークパワー領域までエスコートしてくれる。
エンジンに対してはそんなレビューが多い印象です。

ZZR1100で評価されていた素直なハンドリングは一層研ぎすまされ、
十分な旋回性直進安定性を両立し、
大きくなったウィンドスクリーンが防風性を確保。
車重はそこそこあるので多少の風では動じることもなく、
あらゆるシーンで高度に使い倒せるある種万能機のような完成度。

ツアラー的キャラクターを渋く快適に仕上げた、
まさにハイスピードツアラーの正当後継的バイク、ZZR1200。




尖った最速ZX-12R

スタンダードなアーバンネイキッドZRX1200

快適な州間巡航ツアラーZZR1200















この3本柱体制は後の10年を彩r----らなかった。











Kawasaki ZZR1400 06 6

2006年
ZZR1400誕生




1200登場からわずかに4年後のこと。
2つに分かれたコンセプト、ここに 統 合


ちんたら走れる低速の柔軟さもあるし
6000rpmから190馬力に向けてひたすら加速するド派手さを兼ね備え、
ヒラヒラではないにせよ必要十分なコーナーリング性能を持ち、
それで居て12Rより剛性感溢れる芯の通った高速性能をも発揮する。







Kawasaki ZZR1400 06 1
おまけに丸目連灯すらスポーティなイケメンフェイスに。











Kawasaki ZZR1200 2
オ、オレ達は一体………………
Kawasaki ZX-12R 00



いや、お二人が居たからZZR1400が高度に仕上がったんですけどね。
でも短い命だったなぁ……







それでも乗り手を選ぶような尖ったキャラが立っている12Rはまだマシかも知れません。


ZZR1200の方はなんというか、
素晴らしい出来ではあるんですが、
なんか印象に残りづらかったというか………………












女性から「いい人」って言われる感じのバイクでした。


ZZRの後継というよりある意味この人の後継なのかも知れません。








尖りなど一切なく、
ジェントルに昇華されたハイスピードツアラーZZR1200。

さすがに10年以上経過してはいますが、
古すぎないですし全体的に安めですし、



俺もそろそろ丸くならないとなって思ってる方。
















バイクごと丸くなってみません?


2017/06/04 19:00 | 無縁レベル 3COMMENT(13)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

待ってましたZZR1200!
GPZ900R系Egキャブ仕様最終のバイクにて最高の性能を誇りながら、温厚すぎる顔は誰からも「無いわー」と言われた記憶。

ここで田中俊治氏に育成されたデザイナー達にカワサキも大胆な入れ替えをする決心がついたと思うのです

No:4800 2017/06/04 19:41 | Sprocket #- URL [ 編集 ]

顔がねぇ・・・
某バイク漫画ジャ〇ャで主人公の焦りまくりの泣き顔に似ているとか描かれていました(笑)

No:4801 2017/06/05 12:37 | NZTRSS #- URL [ 編集 ]

先の方もコメントされていますが、ジャ○ャって漫画の主人公が乗ってますね。泣き顔フェイスに加えて直線番長とも言われていました。


もし自分が買うなら1400よりも1200かな~。

No:4802 2017/06/05 22:19 | ○ #- URL [ 編集 ]

ZZR乗りたかったけどRF買ってしまったのが僕

No:4803 2017/06/06 06:46 | #- URL [ 編集 ]

ZZRマニア(250〜600×1ずつ、1100×3、1400×1)が唯一デザインが気に入らないという理由で買わなかったZZR…

No:4805 2017/06/08 16:00 | #fBfEDq66 URL [ 編集 ]

ヌルヌルバイクはスズキ以外に作らせちゃダメだと思う。
ヤマハ:失敗(GTS1000)
ホンダ:失敗(VFR1200)
カワサキ:失敗(ZZR1200)
スズキ:成功(GSX1300R)

スズキは懲りないとも言う。

No:4806 2017/06/08 21:57 | ろりつね #- URL [ 編集 ]

歴史にifはないのだけれども

 12Rは納入日がたびたび延期され、伝え聞く事情からも完成度は容易に想像できるものでした。
 そして発売されてからもジェネレーターやECUに変更が出た仕様があり、後から思えばメーカーの大規模な公道テストに参加させてもらったようなものでした。

 歴史にifはないのでしょうが、欧羅巴の怖いお○さんが「規制!」など可決させず、熟成期間に余裕が出て、12RとZZR1200が同時期に発売されていれば世間の評価はまた違うものになっていたのではないかと思います。
 ZZR1200は前モデルが行灯とか提灯と揶揄されたライトの明るさを大幅に改善したほか、細かいネガもつぶされていたのですが、いかんせんどこかの高級車からパクったとしか思えないフロントマスクと出した時期から12RのB型と併せて「これないわー」と思わず口に出してしまいました。

 12Rに乗り始めて17年、腕が上がったというよりタイヤが良くなったのでほぼ純正でも町中でもフツーに乗れるようにはなりましたが未だにこれに選ばれた気にはなりません。
 ただ、勤務地や仕事内容が変われど手元には相変わらずのこれがあり、大きな故障もなく、何かと会話のつかみとなってくれていますので個人的にはこれで良かったのだと思います。
 あとは関係者がついうっかり「永年」と言ってしまったジェネレーターカプラーからのオイル漏れへの対応とヘッドカバーガスケットの供給が続く限り乗っていきたいですね。

No:4807 2017/06/10 12:48 | SIG #- URL [ 編集 ]

400>1200>1400と乗り継いできました。
初めての大型でしたが、記事の通りやさしくエスコートしてくれました。
不評が多くどちらかといえばマイナー、不人気ジャンルのバイクですが
中身はほんとうに素敵なバイクでした。

一方で1400にまたがったときの感動は忘れません。
軽い、曲がる、速い
三拍子そろった新しい彼に、1200さんはまさしくいい人となってしまいました。

No:4808 2017/06/10 19:33 | #- URL [ 編集 ]

ZZR1200 デザインで不人気でしたが、メカ的な洗練度は高い愛車です。このクラスほぼ最後のキャブの吸気音いいです。まだ4000kmちょっとなんで大事に乗っていきます。

No:4814 2017/06/18 20:33 | akira #- URL [ 編集 ]

横から見ると1100の後継らしくてカッコいいんだけどな。
性能的にも申し分なく、いい人って表現がぴったり。
S社にOEMしてGSX-1100Fを名乗り、650Fと夢の兄弟ラインナップだったら。。。。

悪夢だなw

No:4815 2017/06/21 19:52 | まほぞお #- URL [ 編集 ]

ほんとに良いバイクです。
特に長距離を、多少路面や天候が悪い中でも高速で走り続けると、その良さが分かります。
ただデザインもそうですが、多くのトップモデルが170馬力以上の中で150馬力は地味に見えたんでしょうね。
実際に高速で250キロ以上でも巡行できるモンスターマシンなんですがね・・

No:4817 2017/06/28 18:02 | ノブシン #TIXpuh1. URL [ 編集 ]

速いんだぜ~。走り出したら滅茶苦茶軽い。
写真写りは悪いけど、実物は、丸目もあんまり気にならねえよ。てか乗ってたら見えないし。
何せでかくて重いから、自信がないなら扱いやすい1400の方がいいかも。暖気が必須。

No:4822 2017/07/04 18:58 | GEN #- URL [ 編集 ]

ほんとうに「いい人」

6月末、キャンプの積載性等によりR6より乗り換えました
1100はかなり見かけるし(カスタムパーツも多いけど)、あえて不人気なこのデザインがたまらなかったので乗り換えました
思えば、10年前に実車を見かけてカッコイイと思ってたものの、周囲はダサいと言う声が多かったですね~。今なお

動き出せば従順でしっとり軽やかに動き、安定した直進性能に防風性の高さ、粘りのある低速トルクにレブまで続くパワー感
実に「いい人」です

リッターにしては?この時期でもチョークで暖気しないとかからないエンジン……
いや、熱膨張とか考えられてこれこそが普通なのでしょうか?(笑)

No:4826 2017/07/07 12:26 | スレイラル #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |