閑話休題 ラインナップ分析

先日YAMAHAが日本専用250cc以下の開発をやめるというニュースが
バイク業界を震撼(?)させました。

後日YAMAHAから
「そんなつもりはないけど海外モデルとラインナップを統合していくよ」
という告知があったため、どこから漏れたニュースか分かりませんが、
開発中止というのは大げさだったわけです。


さて、日本は免許制度上普通自動二輪免許では400cc未満の排気量にしか乗れません。
この400ccというのがくせ者で、
東南アジアでは200~250クラスが上限排気量だったり、
欧米では600クラスが日本の250感覚で乗られていたり……
世界的には400クラスという排気量がすっぽり抜けています。
そのため400クラスはどうしても日本専用車になりがちなのです。

その日本専用車が現在一体どの程度ラインナップしているのか、
そしてどのような市場的位置づけにあるのか、
独断と偏見で分類してみます。

続きを読む »

2011/10/01 20:10 | 閑話休題COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |