その1 GSX400S KATANA

登場する時代を間違えたスズキの400cc



GSX400S KATANA




無縁レベル:2





カタナと言えば超有名どころで無縁レベル1だよね!?
って思ってたんですが、大学のバイク仲間がカタナ?なにそれ?だなんてのたまいおったので
一部若い衆にとってはもう知らないバイクに成り下がっているのでしょう。
えぇい、現代でも余裕で通用するどころか
未だ敗北を喫してないスペシャルデザインだと言うのに…。




Suzuki GSX 400 S Katana 1992
GSX400S KATANA ('92)


400を紹介するにあたって、そもそもカタナとはどういうものかというのを書こうと思いましたが、
その辺を語り始めるとどう推敲しても凄まじい長文になってしまったため
今回は書かず別の機会に扱うことにします。


カタナのデザインは主に2タイプあり、650系と1100系にわかれます。

1100系、1100ccのカタナから連なるデザインのカタナファミリーは
1100cc 750cc 400cc 250ccと4つの排気量で展開されました。
そのうち1100と750は登場が80年代前半だったのに対し、
400と250は90年代前半のラインナップ、カタナ熱が冷め始めた頃に登場してます。
スズキはこの辺の販売戦略が割とヘタな気がしますね
一足先の'91年に250のカタナが販売され、翌年'92年に400のカタナも販売されました。

熱は冷めつつあったとは言え、
400もそこそこ売れたのか中古市場でのタマ数はそこそこあります。
しかし人気車種とは言い難いためか、相場としては他の車種と比べると安めです…。



エンジンは熟成を重ねるレーサーレプリカGSX-Rのエンジンをベースにロングストローク化
それによりRよりも低速トルクを確保しつつ、高回転まで吹け上がるエンジンに。
またカタナの趣を壊さないために水冷エンジンでありながら空冷フィンを纏っています。

ホイールはオリジナルと同じ7~80年代スズキ伝統の星形キャストホイール
フロント18インチ、リア17インチというホイールの組み合わせは
19-17インチのオリジナルを現代風にアレンジしていると言えます。

今見るとひたすらにでかい1100を400サイズに縮小しておりテールの寸詰まり感はありますが
カタナデザインがバランスよく纏められているのは見事です。
また最も遅く発売されたカタナ(1100ファイナルエディション除く)だけあって
足回りの出来含めてバランスが最も良いカタナと評されます。



と、まぁここまでスポンサー関係上悪いことは書けない雑誌論調で仕上げましたが、
実際の所はどうなのか。



立てば芍薬 座れば牡丹、歩く姿は百合の花
という美人の所作を喩えることわざがあります。

400カタナにこれを当てはめると…


押せばツアラー
座ればレーサー
走る中身は旧世代



ただでさえ取り回ししづらいセパハンのくせに一丁前の車重
しかもハンドルの切れ角が少ない故に
取り回しのしんどさは大型ツアラーを彷彿とさせ、

ハンドルが低いワケじゃないんだけど遠いため前傾姿勢でレーサーばりに腰と首にくる、
でもステップは普通のネイキッド位置なのである意味レーサーより不自然な乗車姿勢

ノーマルじゃ先代どころか8年前のGSX-Rエンジン(GK71E)より吹け上がらず、
マフラー交換するとフレームの弱さが露呈しその上でやっぱり吹けない。
時代遅れフロント18インチは曲がらないしフロント振れるしタイヤ選べないし
ノーマルキャブはプロさえセッティング出すのがメンドイとまで言われる代物。

欠点だらけに見えますがそれは他車種と比較してという話であって、
そもそもスズキはこの400カタナを大型カタナの再現として作ったので
低速に寄りすぎて吹けないとか曲がらないというのはカタナとしては間違っていません。

それでも街を普通に走るならたぶんバンディットとかインパルス買った方が楽ですし、
走行性能ならコイツより4年前にでてる水冷R400の方が上でしょう。
上にバランスが良いなんて書きましたが、そりゃあくまでカタナの中での話です。

設計が80年代でチューブタイヤしか選択肢が無く
サスもブレーキも貧弱な1100/750。
(ファイナルはチューブレス化&各部強化型)

前後17インチという近代ホイールを装備したものの
250の4気筒という回さなきゃロクに走らないエンジンを搭載した上で
車重がやたらとかさんでいる250。



コイツ等に比べれば多少余力のある400エンジンに
その時代の400にスタンダードな設計をされている400カタナの方がだいぶ乗りやすいのです。



しかしカタナ乗りとは

遅かろうが、走りづらかろうが、
他にいくらでも乗りやすいバイクがあろうが、
この唯一無二のデザインに惚れた、
だからカタナに乗り続ける。


そういう漢です。
(多分1100~250まで共通です)


そしてカタナ乗りとしてのレベルが上がってくると車体の欠点を補うために
バイクがもう一台買えるような改造費を注ぎ込む刀研ぎが始まります。


もちろん公道を普通に走るだけなら必要ないんですが。



それこそ1100カタナのタマ数はまだまだある現状において、
もう少し排気量的に余裕を持たせた400カタナがあればウケそうな気がします。
とにかくオリジナルじゃないとダメだ!って方は1100に行ってもらうとして、
小気味よく走れるカタナが欲しい方というのは案外少なくないのではないかと。

ユーロ向けのGSF650あたりのエンジンが丁度いい気が。
656ccのエンジンで85馬力はちょっと出し過ぎな気がするので70馬力程度に抑えて
低速からひたすらモリモリトルクにしてしまえば
いかにもカタナ的で頭打ち感まで再現可能
70馬力くらいならフロントフォークもΦ41のままで十分ですし、
ブレーキも元々十分な異径対向4ポット
タイヤサイズだけ1サイズアップで150/70-17あたりを採用。

私が欲しいバイクですねコレ。

えぇ、そんなカタナが欲しいのです。






それでは最後に、
どれだけカタナを叩かれ、論われ、あざ笑われようとも
カタナ乗りが笑って返す言葉で締めたいと思います。




















「それがカタナですから。」

2011/04/22 22:04 | 無縁レベル 2COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

感動した!!
なんと素晴らしい事かo(`ω´ )o
それがカタナですから!
まさにその通り(≧∇≦)
涙がT^T

No:1181 2013/04/08 12:27 | mumita #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>mumitaさん
「カタナだし。」
「いや、カタナじゃん。」
「まぁー……やっぱカタナだからねぇ」

えぇもうそれ以上の言葉はいりません。
カタナですもの。

No:1188 2013/04/09 20:14 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

忘れ去られた。。。

GSX1000S KATANAの事も思い出してあげてください。。(´Д⊂ヽ
・AMAホモロゲモデルだけど、レースには出ず。
・希少種だけどプレミアつかない。
・でも部品は1100と違うとこ多しOrz。
ことによると刀ファミリー一番の不遇車かもw。

No:2346 2014/05/24 11:38 | 青忍 #mQop/nM. URL [ 編集 ]

さっき400カタナ契約してきました!

いつも楽しく拝見させて頂いてます。当サイトのNS-1の項でスーツでエヌワン通勤してるとコメした者ですw

先程都内某ショップにて400カタナ契約しちゃいました! ちなみに中免持ってない(NS- 1は四輪免許で乗ってます)んで免許待ちで店で保管して貰ってます。

私のカタナは17インチ化、ヨシムラマフラー&オーリンズサスが既にカスタム済みの西部警察カラーの固体にしましたが、400カタナのカスタムや整備等でオススメ等はありますか?

400カタナ乗りの後輩として、これからも主のバイクライフの繁栄に期待してます!

No:3959 2015/11/17 19:56 | せの #o1wC8Qak URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |