その7 GPZ250R

衝撃の意味不明クォーター



GPZ250R



無縁レベル:3





GPZ900R
カワサキの名車と言えばZ1/Z2が思い浮かびますが、
第二のZ1としてZ1と同じ排気量で'84年に登場したのがGPZ900R。

Kawasaki-GPZ900R-1984.jpg


当時量産車世界最速のトップスピード 時速240キロ以上を誇り、
ゼロヨン10秒台という驚異的な加速性能を持ち合わせた名車です。
バイクに乗ってる人からすれば「NINJA」と言った方がわかりやすいでしょう。
映画トップガンでトム・クルーズが乗っていたバイクとしても有名です。
(トップガンのモデルは'85年のもの)


その系譜を追っていくと実はGPZはZシリーズにつながります。
Z1のエンジンをボアアップして生み出されたZ1000
カワサキのフラッグシップとなるべく量産車世界初インジェクションを採用したZ1000H
その後1000クラスはさらに排気量が拡大されZ1100GPへ。
国内向けの750クラスではZ750FXIIIがありましたが、
750クラスもインジェクションを採用しZ750GPへとモデルチェンジします。

このときにZ-「GP」という名称が生み出されますが
そのZGPも長くは続けられず'83年、いっせいにモデルチェンジして
Zを超えるGPzへとなるのです。

ちなみにジーピーゼットにはGPZGPzの2つの表記があります。
先に登場したのはGPzの方で、zが小文字のこちらは空冷エンジンの車種を示しています。
そして空冷から水冷へと生まれ変わりGPZシリーズ、NINJAが生まれます。


今となっては
「NINJA? 250と400じゃねーの?」
と思う人も増えてきたかも知れませんが、
正直私は、カワサキはNINJAというブランドを安売りしすぎだと思います。
少なくとも私にとって、
NINJAとはGPZの名前を持つ単車に与えられたペットネームです。


世界最速のGPZ900Rは成功を収め、
カワサキはGPZを様々な排気量で展開していきます。
400cc 600cc 750cc 900cc
のちに1000ccまで展開します。

またエンジン形式は変わりますがGPZは250ccにも
並列2気筒のバイクとしてラインナップします。


















Kawasaki GPz 250R 85
GPZ250R('85)


はい、ストップ。




えーと……




Kawasaki GPz 400R
400がこれで





GPZ_600_R_A1-A5_85-89_1.jpg
600がこれ


Kawasaki-GPZ750R-1985.jpg
750と--


Kawasaki-GPZ900R-1984.jpg
900がこれで--











Kawasaki GPz 250R 85
250がこれ。






なんだこれ

なんだこれ

もっかい言う、

なんだコレ。





Kawasaki GPz 250R 85
「GPZ-Rシリーズでは異端と言えるシティ派のフォルムが特徴。」
異端すぎだよ!
っていうかこれシティ派!!?
こんなシティ派見たことないよ!!
街だろうが峠だろうがこんなスタイル間違いなく浮くよ!

こんなの単なる変態バイクだよ!!



この気合いの入らないにゅるっとしたフォルムとは裏腹に
搭載されたエンジンは新設計の水冷ツインのため
250ccの2気筒でありながら43馬力を叩き出すというかなりスポーティーなエンジンです。

80年代当時の250cc馬力規制値は45馬力
2st250 2気筒4st250 4気筒系の車種は45馬力に達したものも多いです。
しかし4stの2気筒で40馬力を超えたものとなると車種は限られてきます。


80年代序盤の250クラスと言えばヤマハのRZが幅をきかせており、
「ナナハンキラー」と呼ばれた2stのRZを4stで超えるべくホンダはVTシリーズを開発します。
このVTシリーズはレーサーNRのレプリカとして、
打倒RZのためにホンダが本気で生み出した車種でした。
そして'82年、VT250Fが登場、その馬力はRZと同じ35馬力でしたが、
後の'86年のフルモデルチェンジで43馬力を達成しスポーツ車として人気を博しました。

しかしよくよく考えてみると……

カワサキは'85年のGPZ250Rでホンダより一足先に43馬力へ。
ホンダは結局45馬力はNSRやCBRに任せて
VTシリーズは馬力を抑えた実用向けに展開していきました。

それに対してカワサキは'87年、GPZのエンジンをさらに発展させ
GPX250Rをリリース、ついに規制値の45馬力に達します。
もてはやされたVTの裏、カワサキは同じ2気筒で
ひたすら馬力を求めていたのです。


そう、GPZ250Rはそのスタイルとは裏腹に
スポーツ車VTよりもスポーティーなエンジンを搭載された漢の単車だったのです。


その在り方はまさに世界最速のGPZ-R。



しかしこの外見。
中身はかなりスポーティーですって言われても
まず信じてもらえないでしょう。


このバイクにはエンジンの他にも特筆すべき特徴があります。


kaw-GPZ250R-06.jpg
そのカラーバリエーションの多さ。



その数なんとビックリ16色

実際は16種類完全別色というわけではなく、
車体(カウル)カラーが白黒銀赤の4色と
シートカラーが白黒赤黄の4色の組み合わせによる4×4の16色ということです。
商売のホンダデザインのヤマハではなく
漢カワサキがこれをやったというのは驚きです。


しかしこのカタログ見てて気になるのが--




kaw-GPZ250R-06ss.jpg

この特撮の防衛隊員みたいなライディングウェア
なんですが突っ込むのは無粋でしょうか。







GPZ250R-09.jpg

さらに後年のものらしきカタログ画像を見てみると
カラーがさらに増えてます。

車体にパールホワイトが追加
シートがピンク・青・緑が追加


これで車体色5色×シート色7色=35色という異例のバリエーション。

当初の16色から2倍以上に増えています。
こんなにカラバリがあるのは間違いなくコイツだけですが、
今現在日本にあるGPZ250Rを全部一箇所に集めたら全色拝めるかというと
なんとなく無理そうな気がします。
多分そんなに売れてない。
(噂じゃ登録台数2500台弱らしいです)



デザイン的にはともかく
こういったカラバリの増やし方は非常に面白い手法だと思います。
それこそビッグスクーターや原チャでやればよさそうなものですが……。


しかしながらなぜこれがGPZだったのかは甚だ疑問であり、
前任のGPz250の正統な後継車両として
GPZ900Rの意匠を継いだバイクも出したらよかったのでは?と考えてしまいます。
ただGPZ-Rシリーズ中唯一この250RにはカウルにNINJAと書かれなかったことから、
カワサキも実はGPZがコイツでいいのか悩んでいたのではないかと推測されます。





その構成は2気筒を極めんとしたピュアスポーツ。

しかしてカラーバリエーションの思想はストリートバイク。




そしてそれらのキャラをブチ壊しにしたそのスタイル



GPZ250Rというバイクは
創造と破壊が見事に同居した奥深いバイクなのです。

2011/05/29 20:33 | 無縁レベル 3COMMENT(24)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

うわははは!
面白いです!実に奥深いWwWwWw

No:1633 2013/11/04 00:21 | サスラ #- URL [ 編集 ]

私がバイクに乗り始めた時代(1989年)に購入候補になる価格帯にあったバイクなんで思い出深いです。勿論中古。
各社がデザインの大きな変革期にあった時代だと思います。
一、二年古いだけでエラく古臭く感じたものです。
バイトで稼いだなけなしの金で変えるのは中古の4スト2気筒でした。
2ストや4気筒を乗り回す高校生は「どうせ親に買ってもらったんだろ」と軽蔑と羨望の眼差しで見ていました。
私の初所有のバイクはNS50Fです。GPZ250はNSによく似ており、嫌いじゃ無かったです。

No:2449 2014/06/22 11:05 | マア坊 #- URL [ 編集 ]

懐かしい!私・・・2500台中の1台に乗ってました(笑)ボディはホワイトでシートは赤。当時、周囲に「スペースシャトル」と呼ばれていました。結構乗りやすかった印象が残っています。

No:2626 2014/08/31 14:02 | Dr.K #- URL [ 編集 ]

返信

>Dr.Kさん
コメントありがとうございます。
ついに元オーナーさん降臨。
スペースシャトルとはまた得てして妙ですねww
このエンジン未だに生きてるくらいですから、
やっぱちゃんと作ってあったんですねー。

No:2632 2014/08/31 21:18 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

買いました。

昨年、新車同様のGPZ250Rを買いました。女性ワンオーナーで走行距離わずか503kmガレージに30年近く眠っていた車両です。室内保管だったおかげで劣化も少なくピカピカです。シルバーのボディにブラックのシートですが、今見ると古さを感じさせない優れたデザインと思うのは私だけ??普段はVFRでカッ飛んでいますが、疲労の少ないポジションなのでツーリングにはGPZで出掛けてます。昨年まではNS250RロスマンズとGPX250R-2を所有していました。NS250Rも良いバイクでしたよ。さすがに部品が手に入りにくくなり維持に不安が出てきたので買い換えましたが、NSRよりピーキーで2ストらしい乗り味が好きでした。他の車両も所有歴があるので、そちらでもコメントさせていただきます。これからも迷車?珍車?の記事を楽しみにしていますので頑張ってください。

No:3298 2015/03/21 08:07 | NC24ロスマンズVFR乗り #- URL [ 編集 ]

返信

>NC24ロスマンズVFR乗りさん
新車同様のGPZ!?
近所にもGPX250Rの新車が置いてありましたが、綺麗なモンが時折出てくるもんですねー。
シルバー×ブラックは比較的締まって見えるような気がw
VFRとGPZ250Rとはまた凄い組み合わせでお持ちで……。
なにか思い入れがあるバイクがありましたらまたコメントくださいませ。

No:3305 2015/03/26 20:57 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

最初からのオーナーです

今見ると 普通なんですよねぇ・・・とか どこにいてもわかると言われながら30年 このバイクに乗ってます

No:3352 2015/04/06 19:25 | ねこ #- URL [ 編集 ]

返信

>ねこさん
今見ると極端な外連味は感じませんね。
先見の明があったというべきなのか……って30年オーナー!?
筋金いりすぎるッ

No:3361 2015/04/11 21:50 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

私も

2年前購入した頃こちらを拝見したのですが、また新たなバイクを探していて辿り着きました(笑)
実は高校生の頃FZR250('88)に乗っていて、その頃GPX250は良く見たのですがコイツは見たことがありませんでした。
で、今はオーナー(笑)
コンパクトな車体に充分なツイン、タンク横もパッドがあるので膝が楽で気に入ってます。

No:3462 2015/05/12 09:38 | dan #yOCm9u.6 URL [ 編集 ]

返信

>danさん
GPXに比べるとやはりコイツは少ないようですね。
もう完全にGPZから逸脱したスタイルですもん……って今はオーナーときたか!
あぁーなるほど。確かに膝に優しいわけですね。

案外悪くはないなぁww

No:3468 2015/05/12 21:25 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

楽しみに読ませていただいております.
高校生のときにカワサ菌に感染し、AR、GPz250(空冷・ベルトドライブ)、GPz400{(Fの前の51ps)、KR250Sと順調にステップアップしたのですが、こいつも選択肢の一つでした。
新型として登場したときにバイク屋の店長に薦められたのですが、若い店員さんに「絶対にやめとけ」とまで言われました.
ちなみに私の地元では、地元の銘菓にちなんで「鳩サブレ」と呼ばれていました.
白や黄色だと本当にそっくりです.
バイク屋の常連さんの女性がKERKERの集合管を付けて、不思議な音を響かせて乗っていました。
GPZ250R自体は商業的に失敗だったのかもしれませんが,このエンジンは長寿でしたね.
GPX、エリミネーター、ZZR、アネーロにも使い回されていました.
私はこの後順調にカワサキ病をこじらせ,KL250R(レベル3ですか?),Z550、VZ750(レベル3ですね)、GPZ900R、GPZ600Rと乗り継いで、現在Z1000H(レベル2くらい?),欠品だらけのGPZ1000RX、バラバラのKDXに囲まれて闘病中です。

No:3472 2015/05/13 18:12 | saikurou #cxq63l9s URL [ 編集 ]

2台持ってました(w

30年程前、元は試乗車だったものを、出版社の知人の伝で入手して乗っていました。
尤も、片方は部品取り用として、取材時の事故車を、購入特典(笑)で貰った物です。
個人的には好きなデザインでしたが、当時のウケが悪く、既にGPXに切り替わっていた為に、渡りに船と言った感じで。

外装を取ると、ステアリングヘッドの位置の高い、実はアメリカン的な構造です。
その為か、交差点の様な低速コーナーでは、普通のバイクでは危険な、わざとフロントをロックさせて、コーナーラインを外にずらして障害物回避と言う技が使えますし、実際、頻繁に使ってました。
お陰で、通勤レースでは常に勝利者(何が?。

その代わりでしょうか、逆に、コーナー中にリヤロックさせると、バンク角だけが深くなって、思った程ラインが変わらず、舌打ちする事も…。

後、異様に安定性が高く、発進時に少々フロントが浮いても気がつき難い所も…。
実際、スピードメーターの故障か?と思って、ハブのケーブル取出しを覗き込んで、初めてフロントが数センチ浮いているのに気が付きました。
しかも、それだけのアクションをしても、道に沿って普通に走っていると言う…(w。

5000~8000回転辺りを使う様にギヤを選ぶと、非常にキビキビと走ってくれましたが、2気筒の割には低回転が細い感じでした。
その辺は、後のZXR250の方が優秀だったと記憶しています。

残念な事に、右直事故で潰してしまいましたが、その樹脂製外装のお陰で火花が飛ばず、大量に漏れた燃料に引火せずに済みました。

GPz250、GPZ250R、ZXR250と乗り継いだカワサキのクォーターの内、機会が有ればもう一度乗ってみたいのが此れです。

長々と失礼致しました。

No:3476 2015/05/16 19:30 | Koh #RQebquaQ URL [ 編集 ]

これが噂の・・・

これが噂の

鳩サブレ!

ですか〜w

No:3550 2015/06/11 08:24 | c110 #- URL [ 編集 ]

返信

>c110さん
誰が言い出したかハトサブレ、言い得て妙ですよねぇ……

No:3600 2015/07/04 08:54 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

ネットをフラフラしてて発見して爆笑しておりますGPZRとKR1R乗りです。
今現在GPZ250Rを仕事の配達にほぼ毎日使ってます。
足周りをZXRから流用してるせいかレア度が増し、見ず知らずの人に「このまえ淡路島のほうにいましたよねw」(広島在住です)とか言われる始末ですがそれもまたこのバイクの魅力だと(^^;
世間からも珍車扱いで中身も低スペックだと思われがちですがなかなかどうして馬力の差が出にくい下りの峠道では格上を食ったりもします。
とうとうメーターが一周しましたがまだまだ現役です(^^

No:3966 2015/11/22 07:38 | 白サブレ #Z1IwPY76 URL [ 編集 ]

大概の珍車を知っているつもりでおりましたが、さすがに初めて知りました。
なんかNS50Fみたいですね~。

No:4324 2016/04/28 08:29 | GSX1400海苔 #- URL [ 編集 ]

どう見ても木馬

ある意味カワサキなアバンギャルドなデザインですが、アンダーカウルとか付けちゃうと意外と普通っぽくなりそうな感じでもありますな

No:4557 2016/10/18 20:54 | とんちゃん #- URL [ 編集 ]

カワサキか・・・・・・

ニンジャ900の初期~中期とニンジャ750はGPZではなくGPzでしたよ。900のA7かA8辺りからGPZ表記に鳴った記憶ががが。
鳩サブレ、赤いの所有してますw
ナンバー切って寝かしているけど、いつでもセル一発で目覚めます。
このエンジンとは因縁が深く、現在のメイン機はアネーロで、二台二十万キロ乗り継いでますw
来年出て来そうなヴェルシス250Xを買うつもりなので、恐らく一生このツインエンジンの系譜とは付き合って行く事になりそうです。

No:4598 2016/11/12 19:08 | 姉エロ乗り #mQop/nM. URL [ 編集 ]

昔これ乗ってたなー。近所にずっと路駐してあって乗ってなかったっぽいから手紙書いて4万で売ってくれと言ったら了承された。
当時は二輪駐輪禁止法があと1ヶ月で施行されるといった状況だったからオーナーの兄ちゃんも快く売ってくれた。
肝心の乗り味だがとにかくエンジンの吹け上がりが悪い。もっさりしている上に、下りのレスポンスも悪い。アクセルオフにすると回転数がすごいゆっくり戻っていく。現行のパラツインニンジャをタイで初めて乗ったときによくあのもっさりエンジンをここまで仕上げたものだと感動したものだ。
またアイドリングの安定性の無さが致命的だった。ひどいと3000回転アイドリング。どうやってアクセルオフしたかでそれが決まる。
車体はリアサスが柔らかくてすぐにフルボトムするから高速でギャップ拾うとちょっと怖かったな。でも160km巡航できたからまあまあ速かったよ。

No:4604 2016/11/15 08:38 | #- URL [ 編集 ]

No:4604
どんだけ調子悪い個体に乗ってたんだよw
俺の乗ってた個体はギューンと上まであっという間に噴け上がり、
スロットルレスポンスも四気筒顔負け。
回転の落ちも早く、最高速はメーター読み180km/h(サーキットでね)楽に出たけどね。
放置されてたバイクをちゃんと整備もせずに乗ってたんじゃないの?
キャブ詰まってる時の症状だよそれは。
現行NINJAなんて鳩サブレに比べたらそれこそ同じエンジン使ってると思えないほどドン臭いけどねぇ。
まあ、時代的に仕方ないんだろうけど。

No:4607 2016/11/16 07:48 | 黒サブレ250R #mQop/nM. URL [ 編集 ]

昔、弟が乗っていたので試乗させてもらった。感想は70km/hも出すと前輪の接地感がなくなって恐かった。エンジンはよく回ったと思う。

No:4650 2016/12/24 00:01 | 旗艦車 #HfMzn2gY URL [ 編集 ]

ハトサブレの悪口はNG

ハトサブレの悪口言わないで!
先取りしすぎたです。
2100年位に発表してたら、受けた?と思ってます。
カワサキ様が下界に 使わした、天使です。
この美味そうなハトサブレ。 感激です。
ちなみに僕は、大型ハトサブレ(ZZR1100)愛用中。

No:4727 2017/02/16 17:31 | 狂K命 #- URL [ 編集 ]

初めて買った中型バイクでした。中二のときに発売されて当時は欲しいと思ったけど途中でGPXが出たもんだから心変わり。ですが1987年はGPXは出たばかりで結局、中古のコイツに。結果だけでいうと初志貫徹?
でもね、初めて所有した中型バイク!思い出や思い入れは一番あるし整備性もよくメンテとかはこれで習ったなぁ。当時、仮面ライダーブラックなんか放映してたもんだから周りからはバッタ扱い。それもいい思い出。二年後には88NSRをこれまた中古で買って流行りって大切だなと思ったりした十代。また乗りたいね。

No:4813 2017/06/16 16:09 | #- URL [ 編集 ]

昔ZZR 220のサービスマニュアル買ったら、メインはこの単車のマニュアルが来て、ZZRのカウルとかだけが載ってる補足版がついてきた。25年も前の話だが、当時でも外側は新しくても中身は古いんだなあ、とびっくりした。そしたらまさかのニンジャ250の大ブレーク。インジェクションやらで変わってはいるだろうけど基本的にはそのままのはず。大流行250ccツインの偉大な御先祖様だったりする。

No:4825 2017/07/06 15:38 | GEN #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |