その8 LS650Savage

ビッグシングル独立宣言



LS650Savage



無縁レベル:3





レベル3が着々と増えています。
ネタがあって喜ばしいことなのか、
それとも国産二輪市場はこんなマニアックな車種に溢れてていいのか、
悩むところではありますがまだまだレベル3は増えていくと思われます。




先日SR125の記事にてジャメリカンの話をしました。

当初、ロードスポーツと共通の車体やエンジンを使用したジャメリカン達は
後に2通りの進化を遂げます。

一つはひたすらにハーレーコピーのスタイルを追い求めること。
ハーレーと同じV型2気筒エンジンを搭載した、
ローシートでロングホイールベースなチョッパースタイルのバイクです。
ホンダではSteedShadow、ヤマハではDragstar
スズキではIntruderに、カワサキではVulcanなどがハーレーコピーにあたります。


もう一つはジャメリカンなりに独自路線を突っ走ること。


Kawasaki-ZL900-Eliminator-1986.jpg

カワサキ、'85年に登場したエリミネーター900
(写真は'86年のもの)

アメリカンカスタムのドラッグマシン風の車体に
V型2気筒(Vツイン)エンジンではなく
世界最速GPZ900Rの並列4気筒エンジンを搭載、
105馬力/9500rpmというアメリカンにあるまじき性能を誇ります。




Yamaha-Vmax-1999.jpg

片やヤマハ、これも'85年に登場したV-MAX(1198cc)

ゼロヨン10秒台前半という驚異的な加速力を持つドラッグマシン。
エンジンはヤマハがV-MAX以前からラインナップしていた
クルーザー、ベンチャーロイヤルのV型4気筒エンジンをベースに使用。
開発に当たりメインターゲットとなるアメリカへ
「どの程度馬力を出せばいいのか?」
と質問したところ
「だせるだけ」
と返ってきたので本当にだせるだけだしたところ
145馬力/9000rpmという市販車世界最強マシンになりました。


この2台はジャメリカンとして成功した例でしょう。
特にV-MAXに関しては近年モデルチェンジを経て、再び市販車最強の馬力を手に入れました。
その馬力200馬力。
MotoGPのレーサーが220馬力前後と言われます。
市販車で200馬力は流石にアホです。




さて、
カワサキ、ヤマハが独自路線を突っ走る中、
至高の変態デザインバイク カタナを生み出したスズキが、
何もしないわけがありません。


エリミネーターとV-MAXがアメリカを席捲した翌年'86年。

そのジャメリカンは生み落とされました。























Suzuki LS 650 Savage 86
LS650Savage('86)


流石スズキッ!!

スズキは期待を裏切らないッ!!!



アメリカンボディの中心に屹立するシリンダー

カワサキとヤマハが出した水冷4気筒という答えに対し、
スズキが出した答えは空冷単気筒

そのキャッチコピーは

ビッグシングル独立宣言


そう。
このバイクは日本において「アメリカン」という言葉を定着させてしまった
ハーレー型クルーザーに対して独立戦争を仕掛けたのです。


ペットネームのSavageの示す意味も
「凶暴な」とか「獰猛な」ということからもそれがうかがい知れます。



それもエリミネーターやV-MAXのように
高性能ドラッガーというクルーザーとは別の市場に逃げるのではなく、
単気筒クルーザーで正々堂々勝負を仕掛けた、


クルーザーをアメリカンと呼んで悔しくないのか!?
自分たちも真似するように
Vツインクルーザーを作って悔しくないのか!?
いつまでアメリカの腰巾着を続けるつもりか!?


そんな疑問と共にジャパニーズクルーザーの未来を掛けて
アメリカンクルーザーに独立戦争を挑んだ。

侍魂を宿した単車
それがLS650Savage














まぁ独立出来ませんでした。




えー、本当に独立戦争だったかはさておき、
このサベージ、ジャメリカンの中ではなかなか特殊なバイクです。

エンジンは空冷4stOHC4バルブの単気筒652cc
ボアとストロークが同じ寸法のスクエア型エンジンです。
30馬力/5500rpmと最大出力はかなり控えめですが、
最大トルクが4.5kgm/3000rpmということから極度の低回転型エンジンだとわかります。

大排気量単気筒につきまとうのが振動問題ですが、
サベージは1軸バランサーを採用しているため振動はなるべく抑えられています。
とは言え鼓動感に伴う心地よさを演出するために完全には振動を消していません。

そのためか、レビュー見ていると振動でナンバー割れるとかなんとか。


半端なことするから…………


駆動方式は面白いことに一般的なチェーンドライブではなく、
ハーレー等でも採用されるベルトドライブ方式です。
ベルトドライブ方式はチェーンの「じゃらじゃら音」がないため静寂性に優れます。
けっこう本腰入れて作られたクルーザーだとわかります。


私見ですが最大の特徴だと考えるのがその車重の軽さ。
650・750ccクラスでいくらか例を挙げてみますと、
先日記事を書いたW650乾燥で194kg
ホンダのアメリカン、初代シャドウ750221kg。
スズキのATクルーザースカイウェイブ650238kg。
ヤマハのSS、初代YZF-R6乾燥169kg


で、サベージは乾燥160kg

軽ッ!!?

まさかアメリカンが同クラスSSより軽いというのは驚きです。
ハーレーコピーで外観の重厚化が進む現在のアメリカンとは比較になりません。
なんせイマドキのアメリカンは400ccクラスでさえ200kg超えるのがザラです。
160kgというとSR400の153kgに迫る車重、恐るべしサベージ。
……まぁ確かに写真見るとエンジン回りスカスカですもんね。


ちょっと気になるのがコイツのエンジン、どこから持ってきたのか。
似た排気量で真っ先に思い浮かぶのがDR650

最初はDRベースで改良したエンジンがサベージかと思ったんですが、
どうもエンジン的にはサベージの方が先にくるようなので、
ひょっとしたらサベージのエンジンは
サベージのための新開発だったのかも知れません。

だとしたらスズキ本当に独立戦争仕掛けるつもりだったんじゃ…。

※追記
どうやら本当にDR650のエンジンをベースとしているようです。
小排気量ならスポーツバイクのエンジンがアメリカンになることもなくはないでしょうが、
さすがにビッグオフのエンジンをアメリカンにしたアホはなかなかおりますまい。





日本ではどうも人気が得られなかったサベージですが、
海外ではどうだったのか。
英語版のウィキペディアを見てみたところ
やっぱ「ダサイバイク」という評価を得ていた模様……。

しかしながら日本でも両国にサベージ専門店があったり
海外でもYoutube見てみるとカスタムサベージの動画があったりと、
構成が構成なだけにしっかりとマニア受けはしているようです。

また、'86年に登場した古いバイクながら
現在でも北米向けに生産されているロングセラーであることから
意外と海外ではチビチビ売れてるのかも知れません。


個人的に、アメリカン乗るとなったらハーレーよりもこっちを選びたいです。
ハーレーの排気量からくるパワフルさは魅力的ですが、
なんせハーレーは異常に重い。
300kgオーバーとかザラです。
低重心なため車重を感じさせない取り回しの容易さですが、
ちょっとした傾斜がついた路面になると途端にピンチです。
それを考えるとハーレーの2分の1しか車重のないサベージは
力のない私にとっては非常にありがたい存在です。



普通のアメリカンには乗りたくない。
アメリカンがいいけどハーレーはちょっと重い。
あとスズキが好きだ。

そんな人には選択肢に含めてよいバイクかと思います。






ただしの人は乗るのはやめましょう。
たぶん振動で悪化します。

2011/06/04 02:04 | 無縁レベル 3COMMENT(11)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

テンプターもそうなんですが、エキパイがクランクケースカバーの斜めってる形状に沿って
ピッタリと這ってる部分に、言い知れぬ嫌悪を感じて仕方がないのです。
うまく言えないのですが、こういう無意味で似合わない”工夫っぽい何か”は人心を
いたずらに不安に陥れるのでやめて欲しいです。
エリミネータ250の左側とかも

No:1016 2012/10/28 09:25 | marantz #- URL [ 編集 ]

無題

はじめまして。Youth Kと言います。
よくブログを読ませてもらってます。

実はこのサベージ650、乗ってます。
ドラッグスタイルにしてます。
チョップして車重が150kgを切り、キャブとマフラーを変更・調整すると、軽量でトルクフルなじゃじゃ馬になります。
良いバイクですよ。

No:2281 2014/05/14 21:48 | Youth K #NPZUwfqc URL編集 ]

返信

>Youth Kさん
コメントありがとうございます!
ブログの方、拝見いたしました。
嬉しいですねwwサベージをこうして活かしてくださる方がいるとww
やはり軽いのは正義です。

No:2319 2014/05/20 20:12 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

はじめまして。素敵な文章のブログ楽しませていただいています。このエンジン、とめた後にオイルがヘッドからクランクケースに流れていく音が聞こえます。表現するなら洋式便器の手洗い用の水のような音です。

No:2437 2014/06/21 00:45 | Yasu #- URL [ 編集 ]

すごく楽しく読ませて頂きました。
サベージ、検討します!

No:3254 2015/03/07 21:12 | 折り返し #MAyMKToE URL [ 編集 ]

このサベージには、ちょっとした思い出があります。
と、言うよりこの先代であるGN400にです。
その昔(20年ほど前)、通勤の途中、自分が徒歩で駅に向かう横の国道を必ず同じ時間にすれ違うGN400乗りがいました。
当時でも珍しいバイクでしたが、乗ってる方がすごくカッコイイ。
渋滞の車列をすり抜け。パイロット・ヘルでキメたスモークシールドを降ろした口髭にしびれました。カスタムは無かったと思いますが、単気の音はスバラシク良かったのを記憶してます。
数年そんな"日常"の後ある日、彼の人はサベージ400に乗り換えました。
GNでもサベージでもハンドルはプルバックをチョイス。
チョッパー魂を見ました。
まさに「独立宣言」していたのでしょか。少なくとも、某老舗アメリカンメーカーとは無縁に思えました。


No:3255 2015/03/08 23:18 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

返信

>折り返しさん
こッこの記事で後押しされて大丈夫なのかッ!!?!
ボチボチ根性が必要な年式ですが、海外で現役ラインナップなので部品には困らなそうなのが良い点ですね。
実際軽快らしいので良いタマを手に入れられたらまたコメントくださいw

>GAMERAさん
GN400……やっぱ珍しかったのですね。
短足でも乗れるけど足が長くないと似合わないなんて言われるアメリカン。
アメリカンが映える人は結構貴重だと思っていますが、
まさかGNやサベを乗りこなす人が居るとは……。

No:3266 2015/03/15 18:10 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

今更コメントすいません。

コレ。結構いいバイクですよ。

でももうせならDR800の油冷でやったら良かったんだ。

No:3862 2015/09/22 14:38 | K5黒 #- URL [ 編集 ]

今もLS400

はじめまして
サベ400を二台乗り継いでいます。
650の良い出物があれば、買ってから大型免許とりにいきます。

No:3926 2015/10/31 11:23 | さべ #- URL [ 編集 ]

くっそ

だっせぇ!

(褒め言葉)

これは本気で一度乗って見たいです!
まさに心に描いたアメリカンですよ。

最近、若いスズキの社員さんとお知り合いになったのですが、その方との会話の中でコイツの話題を出したところ、面白いことを教えて下さいました。
新入社員への訓示みたいなのの際に、鈴木修が話したことによりますと、鈴木修はこのサベージが
大っ嫌い…なんだそうです。
なんでも、アメリカに出向していた時期に、このサベージを売らされたんだそうで…。

いやぁ…
そりゃ~売れるわけねぇわなぁ…。
いくら修ちゃんが商売上手でもサベージは無理でしょう…。
でも僕は好きです。

No:4354 2016/05/28 03:16 | べんzl900 #- URL [ 編集 ]

初めまして。
いつもブログを拝見させて頂いておりました。

サベージ650を先日購入致しました。
購入にあたりブログを参考にさせて頂きましたのでコメントを残させて頂きます٩( 'ω' )و

No:4747 2017/03/26 23:46 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |