スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

閑話休題 乗りたいバイクを考える 1

Q.バイクの選び方は?

A.とりあえず外見気に入ったのを買って1年乗ってみればと考えます。
1年乗れば年間通しての生活スタイルと自分の性格から
バイクへ要求する要素が見えてきます。

私はとりあえずガンマに乗っていたら
恐らくHONDAには乗れないだろうふしだらな自分に気がつきました。




たまには日記的閑話休題でも。


先日友人とチャットしていて、
会話の中で「カタナの次のバイク考えてない?」と言われました。

正直予算ないですし愛着ありますし
なにより父が乗るバイクみんな7万キロ超えるような長距離走者なので
意固地になってこちらもせめてメーター7万キロまで乗ってやろうと思ってるところです。

しかし次のバイクを考えてないわけではなく、
うっすら具体的に次の車種を選んではいます。



Suzuki GS 500E 00

1.GS500

空冷DOHC2バルブ並列2気筒487cc
52馬力/9200rpm 4.2kgm/7500rpm(89~96年モデル)
47馬力/9200rpm 4.08kgm/7500rpm(96年~モデル)
乾燥重量174kg
F 110/70-17 R 130/70-17


'89年から現在まで海外市場でラインナップを続けるロングセラー。
系列的にはGS400の中型DOHCパラツインエンジンの流れを汲むGS450の後継。
旧車のエンジンを現代まで小変更だけで生き残らせています。
クランクケース形状とかGS450のまんまですからねぇ……。

なぜコイツかというと
・旧車系エンジンながら車体は割と近代寄りで信用できる
・軽い、タイヤ細い、エンジンもそこそこ細いから倒しこみ軽そう
・誰も乗ってない

こんなとこ。最後は重要です。
どうせ乗るバイクが他人と被るならカタナのように
出会う先々でカタナ談議が盛り上がるのがいいです。
そうでなければなるべく被らないバイクに乗りたい。

問題は誰も乗ってないこと
どういう事かというと国内では誰も見向きもしないため、
国内に存在していない可能性濃厚。
国内向けに作られたGS400Eはギリギリ見つかりますが、
最初から海外市場向けのGS500は逆車でしか存在できず
こんな足バイクをわざわざ逆輸入しようとする猛者がいるわけないというお話。

てなわけで乗ろうと思ったら逆輸入で新車買うとか、
海外オークションで探して個人輸入するしかないです。
まぁ現行サベージ650(Boulevard S40)は走っていたので、
多分まったく逆輸入できないというわけではないと思います。


ちなみにレッドバロンの店員に話したら知らないと言われた車種です。

ほぼ理想に近い物のフロントカウルがないのがちょっとマイナス。
ヨーロッパゼルビスことCB500Sとか追い剥ぎ忍者EX500みたいに
フレームマウントのフロントカウルだけ着いてるとありがたいです。
ハンドルマウントの後付カウルはハンドリングが重くなりそうで……。

それを考えるとフルカウルのGS500Fというのがあるんですが、
空冷パラツインにフルカウルはやり過ぎだろうと思います。


果たしてこんなバイク国内で見つかるのか……。

2011/11/26 15:00 | 閑話休題COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

誰も知らない・乗ってない系としては、
ER-5(バリオスに500パラツイン)やNTV650(ブロスにシャフトドライブ)、
なんかも良さげですね。

アメリカンならVN500もいいでしょう。
かつてカワサキバルカンが寸詰まりなEN400から、ロー&ロングな車体にVツインを
積んだVN400へ移行しましたが、そのVN系のスタイリングにEN時代のパラツインを
搭載し直した意味不明な代物です。
輸出仕様なので500にスープアップされてます。
というかER-5やEX-5などと同じエンジンですな。

No:1018 2012/10/28 10:57 | marantz #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。