その26 MotorShow

東京モーターショーに行ってきました。




6時以降の入場が500円で入れるというナイトチケットを利用して、
東京モーターショーに行ってきました。

時間もなかったので二輪ブースを見て回っただけです。






111211 (6)

今回かなり目を引いていたのではないかと思われるYAMAHAのコンセプトモデル「もえぎ」

一応私の目的物の一つでした。


111211 (1)

空冷4stSOHC2バルブ125ccのエンジンを搭載。
4速ミッションと、あくまで日常レベルでの気軽さを推しています。
低地燃費がリッター80kmと言うものの、燃料タンク3リットル……。
実燃費が40kmとして100km給油、まぁ……原チャですね。


111211 (3)

フロントタイヤは50/80-21という前代未聞のタイヤサイズ。
バイクのタイヤというよりは自転車のタイヤです。
常日頃タイヤは細くてもいいと思っている私でも、
このタイヤサイズで125ccは命の危険を感じます。50ならいいんですが。
このままでは量産が無理だろうなーと思う要因もこのタイヤサイズ。
現行のバイク用のタイヤではこのサイズがないはずなので、
どっかのメーカーに頼み込んで作ってもらわなければならないハズ。


111211 (4)

60/80-20のリアタイヤ。駆動方式はベルトドライブ。
125ccは60km/h以上だしたらいけないから足回りはこれでいいんだよ!ってことですね。

フロントもリアもアルミのキャストホイールが美しいですが、
これを外で利用して3ヶ月も経てばアルミ錆と汚れでくすんでクッソ汚くなるんですよね。
近年は黒塗りホイールを採用することで汚れを目立たなくしていますが、
掃除しやすいホイール形状とか、汚れを落としやすい表面加工とか、
そう言う部分を考えたバイクも出して欲しいですね。
いや……まぁ「汚れないホイール!」ってキャッチとしてはかなり地味ですが。


111211 (2)

ステップ回り。
実用車で採用されてるシーソーペダル、
前後の踏み込みでシフトチェンジできるので靴を傷めません。

ステップのラバー、ピボットだとかホイールのアクスルシャフト部に
アクセントのようにオレンジの部品が採用されています。
YAMAHAのコンセプトモデルは派手ではない物の印象に残る色遣いが多いと感じます。
で、市販は絶ッッ対しませんよね。


111211 (5)

メーター周り。
シンプルな1窓型。まぁタコメーターあってもしょうがないですよね。



もえぎ然り、5年ほど前のSAKURAコンセプト然り、
YAMAHAのコンセプトは結構そそる物があるのですが、
ホンットにYAMAHAはコンセプトを量産する気がないですよね。
残念で仕方がない。




111211 (7)

コンセプトモデルXTW250 陵辱陵駆

正面から一枚撮っただけです。
ベースは型番にもある通りのTWでしょうか。
っていうか頑張ってTWをカスタムすれば陵駆にできますね。
LEDのガトリングサイドライトがいいです。
っていうかこれ単品で市販してください。
本体はいりません。




111211 (10)

HONDAブースに置いてあったまさかのA型。

戦後、旧陸軍が無線の発電機として使っていたエンジンの在庫を利用して、
チャリンコに搭載できるようにして売り出したのが戦後HONDA二輪のスタート地点です。

エンジンの在庫が無くなるとエンジンを自社生産し
月産1000台オーバーというベストセラーとなりました。
(現在バイクなんて年間生産が5000台とかそんなもんですよね……)


111211 (9)

いわゆるモペットのため、チャリンコペダルがついてます。


111211 (8)

大きく分けると軍用エンジンと自社エンジンの2タイプがあることになりますが、
展示してあるのは自社エンジンの方だそうです。
軍用エンジンタイプはガソリンタンクが湯たんぽだったそうで……。

……解説員の人よく知ってたなぁ。





111211 (11)

111211 (12)

111211 (13)

これぞHONDAの魂。
楕円ピストンエンジン。
思わぬ物を見られてテンションマックス。

え?HONDAの新型車?写真なんて撮ってないです。


111211 (14)

楕円ピストンエンジンの解説パネル。
4行目に注目。

2ストロークエンジンに勝つために、

これこそがHONDAだった。


本田宗一郎魂を体現したかのような楕円ピストンエンジン。
他社がやらないことをやる。その一言に尽きる技術の粋。

4stで2stに勝つ。

NR、そしてVTに掲げられたその至上命題こそがHONDAであったと。

私がNSRが嫌いなのは早々に4stのVTを切り上げ
他社と同じ2stに逃げた結果がNSRだと解釈しているからです。

HONDAはあまり好きではないとは言っていますが、
80年代前半のHONDAは割と好きです。(あとブラックバード)





えーと、SUZUKI・KAWASAKIは写真を撮ってきたものの
見る物は無かった印象です。

特にSUZUKIは4輪ばかりプッシュして
2輪なんてどうでもいいみたいな会場設営に見えて萎えました。
規模で言えばHONDA>YAMAHA>KAWASAKI>SUZUKI>他海外メーカー でした。


2輪全体で見ても、前回の09年モーターショーよりも規模が縮小している模様。
やっぱり2輪市場は厳しいようです。
もっと市場が活性化すればよいのですが……



と言いつつ古いバイクにしか乗るつもりがない男。

2011/12/11 15:07 | レベル不明COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |