スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その38 CB750Four2

純正カフェレーサーCBとコムスターホイール


CB750Four2


無縁レベル:2




前回はホイールの話。

現状ではバイクのホイールは主に2つ。


Yamaha SR 400 88

乗り味がなめらか
ワイヤーを張り巡らせたスポークホイール



Yamaha SR400SP 80

頑丈で高速走行も余裕
金属一体型のキャストホイール



一応合わせホイールというのもあるのですが、
これは原チャクラスの小径ホイールに利用されるだけなので今回は省略。



さて、70年代も終わりに近づくと、各メーカー来たるべき高速化の時代に備えて、
主要モデルにキャストホイールモデルを用意し始めます。

そんな中HONDAだけは面白いホイールを採用してきました。



comstar wheels
コムスターホイールと呼ばれるものです。

パッと見るとキャストホイールに見えますが、
よくよく見るとリム・ハブ・スポークの3部品構成であることが分かります。
コムスターホイールとはスポークホイールにおけるワイヤースポーク
プレスなんかで作ったプレートスポークに置き換えたホイールのことです。

特徴としてスポークホイールのたわみとキャストホイールの剛性を併せ持つという
まさにいいとこ取りのホイールという位置づけでした。

コムスターホイールを市販車で初めて取り入れたバイクがこれ。



Honda CB750F2
CB750Four2 ('77)

'69年登場のCB750Four(ナナハン)のカスタムモデルにあたります。
カスタムモデル、と言ってもエンジンに大きな変更はなく、
ベースとなるナナハンK0の67馬力/8000rpmから65馬力/8500rpmへ。

下がってる!?


--というのも、Four2に採用されてるのはK0のエンジンではなく
K7と呼ばれる同じナナハンでも7代目にあたるモデルのエンジンと共通です。
新しいキャブでレスポンスを強化したK7は馬力が2馬力ですが抑えてあります。
あれ、でも海外モデルは73馬力……国内のために抑えたようですね。
で、K7とFour2は何が違うのか?
なにがメーカー純正カスタムなのか?




Honda CB750F 77

まずコムスターホイールの装着です。
市販車として初めてのコムスターホイール装着。

次に集合管マフラーの装着
当時は2本だしだの4本だしだのが当たり前。
集合管なんてレースマシン用の装備でしたから、
それを純正で装備することでカスタム感を煽っています。

そして純正より前後に長いタンク、そしてテールカウル装着

さらにホイールベースも長くなっています。


これらの装備から、ようするにFour2というのは
CB750Fourをカフェーレーサー風に仕立て上げたモデル
ということです。


個人的に惜しいのはスペックが下がってるので
あくまで外見カスタムモデルでしかなかったこと。
ついでに言わせて貰えばカフェレーサーなら
ハンドルくらいもう少し下げろってトコでしょうか。

今でも日本車は流麗な流れの中にハンドルが泳いでるデザインが多いです。
日本車デザインの悪いトコ。乗りやすいんですけどね。



さぁ、乗り味と剛性を両立したコムスターホイール。
Four2を皮切りにHawkだのNSだのに用いられ、
レーサーレプリカのモデルにも採用されていました。

だというのになぜ現在はコムスターホイールが残っていないのか?


1.見た目の問題
好き嫌いが分かれるところですが、
薄っぺらいプレートスポークというのは
外見が安っぽいんです。

確かに現物見てみるとペラいです。
そらキャストホイール選びます。高級感的に、質感的に。


2.機能的問題
掃除がしづらい。
初期のキャストホイールもそう言うのが多いですし、
スポークホイールに比べるとマシですが、
しかしスポークの裏側とか掃除がしんどい。

しかもヘタするとスポークで指を切る。


3.耐久性的問題
恐らくコレが一番の原因ではないでしょうか。
スポークとリム・ハブを固定するのはリベットと呼ばれるボルトに似た部品です。
で、経年劣化でこのリベットにガタツキが出る
ホイールががたつくなんてやってられません。
しかもリベットなのでボルトのように緩めたり締めたりが不可能。
素人では基本的に交換以外に選択肢が無しという状況。

ネットで情報を漁ってみるとリベットを外してボルトでリペアしてる方もいますが、
メーカー側はそもそも分解を推奨していないため正統な補修法とは言えません。



これらの問題にキャストホイールの進化もあわさり、
90年に入る頃にはコムスターホイールは消え去ったと記憶しています。

しかし生産性は悪くないこと、独特のルックスであることから
250ccあたりに用いるのはありではないかと思います。
なにより他社が用いない独特な技術であり、
ホイール一つにもHONDAらしさが宿っていると感じます。

CB223あたりにコムスター履かせて復活したら嬉しいですね。

2012/03/18 15:31 | 無縁レベル 2COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コムスター

コムスターホイール:ワシは、プレス屋さんのバイク乗りです。一昔前は打ち抜き部品の面取りのプレス工程もカン過ぎる品質だったので「ホイールで手を切る」ってのもありえますね

No:2223 2014/05/04 00:35 | まーにゃむー #- URL [ 編集 ]

親父が乗ってました

実家の写真を整理していたところ親父の古い写真にこのバイクが写ってました。Four2の存在を知らず、親父が750Four改造したものかと思っておりましたが、ホンダ基地外の友人に見せたところFour2じゃない?と。
親父曰くこのバイクで東北一周したとのことです。

No:4712 2017/02/02 17:21 | abe #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。