スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

閑話休題 キャストホイールを見てみる -H2

HONDAのバイクを調べていたところ、
マグナ50が最も最近まで存在していたコムスターホイール車種のようです。
確かにマグナなら車重もトラクションも知れてますし、
走行距離も原付なりで耐久性的にも適材適所のような気がします。
ただしコムスターはフロントのみで、
リアホイールはディッシュホイールと呼ばれるホイール。
クラシカルなアメリカンで採用されるタイプのホイールで、
皿をホイールにはめ込んだようなフルカバードのものです。

リアにクラシックアメリカン出身のディッシュホイールを採用しておきながら
フロントはスポーツ出身のコムスター。


なにか中途半端な気がしますね……。




ホイールを見てみるHONDA編、キャストホイール。
細かいトコまで調べてみると想像以上に様々なホイールがあることが発覚。
全部を扱うのはしんどいのでいくらか的を絞って紹介していきます。

エンジンの高性能化に伴い他社がキャストホイールを採用し始める70年代末、
HONDAはコムスターホイールを採用しスポーツ車を展開してきました。
この市場展開は80年代初頭まで続きますが、
レプリカブームの最中に結局HONDAもキャストホイールに移行します。

一番最初のキャストホイールはレプリカブームの頃に生まれた--のではなく。

実はレプリカブーム以前にHONDAはキャストホイール車を出していました。
間違っていなければ、HONDA最初のキャストホイール車はコイツです。




mcx50.jpg
MCX50('82)


ジャメリカンです。

最初のキャストモデルはスポーツ車ではなくジャメリカン。
HONDAのリリースニュース見ても国産車目録見ても同年代はコイツ以外見あたりません。
恐ろしいことにコイツ、ジャメリカンの癖にフロントはディスクブレーキだし
キッチリ7馬力でるエンジンだし90km/hスケールメーターだし
なにかアメリカンという物を勘違いしている感が凄まじいです。
これに準ずる形状のキャストホイールはその後CBX650Custom等、
ジャメリカンモデルに採用されていました。


レプリカブームの最速を競った車種が装備していたキャストホイールは
大きく分けると2つに分かれます。


Honda NSR250R 87 1
3本スポーク系


Honda NSR250R 91 1
6本スポーク系


3本スポーク系は主に80年代半ばのレプリカ系、
その後のエントリーモデル(CB400SF等)に用いられました。

6本スポーク系は80年代末や90年代前半のレプリカ系に用いられています。
6本スポーク系を装備したレプリカ勢は最終的に--


Honda NSR250SP 94
このような片持ちスウィングアームに発展していきます。
性能云々はさておき、このスタイルは嫌いじゃないです。


で、HONDAのフルカウルモデルのホイールは
ハッキリ言ってこの2タイプ+αでほぼ完結です。
NSRだろうがCBRだろうがVFRだろうが、
3本キャストに始まり6本キャストに移行し片持ち化して終了です。

補足するなら--


Honda VTR250 97 1
この5本キャストホイールを追加すれば大型CBやVTRがカバーできます。


片持ち化されなかったネイキッド勢は3本キャストか5本キャスト。
レプリカ・SS勢は3→6→片持ちの後、最新技術3本に出戻り。

一応その他のモデルを見てみると--



Honda CB1100 10 1
CB1100('10)

この手の狙いすぎオールドルックネイキッドでは、
メインストリームにはない形状が採用されていたりします。


しかし片持ちスウィングアームがあまり存在意義がなくなり採用車がいない現在、
HONDAのキャストホイールを見てみると
SUZUKIと同じくあんまり気合いが入ってねーなーと思ってしまいます。
ホイール程度拘ってもしょうがないと言えばそれまでなんですが……。



個人的にはルックスで言えばキャストよりコムスターの方が映えるHONDA。
果たしてこれからコムスターが復活する日が来るのか。

個人的には六芒星型を希望しますが、
現行車に六芒星コムスター似合うモデルあるかなぁ……。
重量車には使えないと思われるので、そうなると中型クラスのスポーツ。

VTR……CBR250R……CB400SF……ダメだ、どれも似合わん。


てなわけでガチスポーツ型のレプリカモデルを中型にリリースしましょうHONDAさん。
丁度バイク王のアンケでもCBR400RRが人気を証明したことですし、
CB400SFのエンジンを高回転化してGSRの61馬力を超える、
65馬力のCBR400RR SuperGSRなんて
喧嘩売ったネーミングで出してみませんか。



次回、KAWASAKI編。

2012/04/08 10:26 | 閑話休題COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

王者はケンカ ウラナイ

なお、私が乗ったホンダ2輪はタクト。NS50のみ

No:2452 2014/06/23 00:26 | 出戻りライダー #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。