スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その39 GPZ900R Ninja

最速が似合うバイク


GPZ900R Ninja


無縁レベル:1






別に速くなくても困らない。

しかし速ければそれはそれでかっこいい。




公道を走ることを前提とする量産車において、
60年代末からすでに日本車が「世界最速」を牽引する立場となっていました。

マッハ3が、CB750Fourが、200km/hを達成したのを皮切りに、
Z1が、CB900Fが、カタナが、

量産車というフィールドで世界最速を取るべく開発されていきました。




しかし若いバイク乗りとして思うことがあります。

マッハにもCBにもZ1にもカタナにも、
速いという説得力が無い



それは多分当時の市場状況を知ることもなく、同時に思い出補正もなく、
免許を取った頃にはフルカウルを纏ったバイクに溢れており、
かつての最速車はすでに「旧車」というカテゴリに追いやられていたが故に、
どうしてもこれらのバイクが「速い」というイメージが湧かないからです。



それでもその中にただ一台。
痛烈な説得力を纏ったかつての「最速」が存在しています。






Kawasaki GPZ900R 84 1
GPZ900R Ninja('84)

水冷4stDOHC4バルブ並列4気筒908cc
115馬力/9500rpm
8.7kgm/8500rpm
乾燥重量228kg
最高速度250km/h


最高速のためにカウルで武装したマシン。

84年と言えばすでにオプションでフルカウルを持つガンマが登場しています。
しかしカウルの目的を空気抵抗の低減とするならば、
トップスピードの知れた250ccクラスよりも
絶対的にパワーを持っている大型排気量クラスにこそ装備すべきところ。

NinjaのカウルはGPマシンのレプリカなどではなく、
空気を裂いて走るためのオリジナル。

この時代には珍しいスラントノーズの尖ったカウル。
しかし実用だけに終始しないエンジンを見せるべく削られたサイド
ノーズからアンダーまで形成された絶妙な曲線
Ninjaという記号化された外観。素晴らしいの一言です。


カウルにとどまらずエンジン・車体もまた新たな試みを惜しみなく注ぎ込んでいます。

Z1からZ1000へ、フラグシップとして熟成されていった空冷エンジンと同様に
先の時代へ進化していけるように新開発された水冷エンジン。
クランク剛性を確保し、吸気系のストレート化を目論み、
エンジンをコンパクト化するためにカムチェーンをエンジン左端に寄せ、
フレームにエンジンをリジットマウントすることで
エンジンをフレームとして用いるダイヤモンドフレームを採用。
フロントホイール16インチは当時流行っていたサイズですが、
本来トップスピードを伸ばすなら直進安定性を得るために大径ホイールにすべきです。
あえて16インチを採用することで旋回性をも向上させ、
ダイヤモンドフレームによる低重心化で運動性を向上させています。

今で言うところのSSでありメガスポーツでもある。

それがNinjaという単車です。



加えてコイツ、恐ろしいほどのロングセラー車でもあります。

登場が'84年。
最終モデルはなんと2003年

約20年に渡り作り続けられていました。



ロングセラーというとカタナもそうだと言われることはありますが、
カタナの場合生産終了→限定モデル復活みたいなパターンが多く、
高年式はあるけど作り続けられてたわけではないのです。

SRもロングセラーには違いありません。
しかしあれは古典的なバイクとして生き残っているに過ぎません。

恐ろしいことにバイクという流行廃りのある趣味性の高いアイテムが、
約20年にわたり何者でもない、
Ninjaとして生産され続けていた
のです。


私はこれはZ1よりよほど伝説的だと考えます。

今現在Ninjaの名を引き継ぐ単車は数あれど、
私にとってのNinjaはコイツ以外にありません。




レプリカブームの初期に生まれ、
レプリカの衰退とネイキッドの台頭、
単気筒ブーム、アメリカンブーム、ビグスクブームまで。


目まぐるしく変化していった市場を、流行を、時代を、
ひたすらに自分でありつづけた単車



900ccという特殊な排気量で生み落とされたZ1
Z1に倣い900ccで再び最速となったGPZ900R Ninja


しかし三度の900cc ZX-9Rは伝説には及びませんでした。


四度目の900が、
伝説となることを願って。

2012/04/29 22:32 | 無縁レベル 1COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

これこそは名車、これこそがニンジャですね。仰せのとおりです。A7黒のオーナーでしたが、220を超えての伸びと音は快感と恐怖の合わせ技でした。また乗りたいです。

No:904 2012/05/18 20:12 | 武州の鳩 #6j50rGwg URL [ 編集 ]

No title

> 武州の鳩 さん
コメントありがとうございます。
他記事のコメントもブログの方も拝見いたしました。
私では足下に及ばぬようなバイク乗りの先輩からのコメント恐縮です

A7というと足回りリファインモデルですね
旧車の絞り出す最高速というのは仰る通り、
快感と恐怖が混ざってなんとも言えない楽しさがあります
イマドキの数値解析されたフレームや太く安定感に溢れた足回りのバイクではもはや味わえません

余計な言葉とは思いますが--
なにやら手術をされたとのことで、
決してご無理はなさらず されど速やかにバイクに復帰できるよう、
今はゆっくり療養なさってください

No:905 2012/05/21 00:58 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:1611 2013/10/15 22:25 | # [ 編集 ]

A6、A8と乗り継ぎました。

フロント16インチのほうが、
ニンジャらしくていいですね。
リヤなんて130幅の18インチ、
わだちなんかの影響も受けにくく、
ヒラヒラと振り回せます。


コーナリング中、いきなりパタンと
倒れこむ癖があろうが、
タイヤ片減りしようが、
タイヤが減って手放し運転すると
フロントが暴れ出そうが、

全部いい。

素直だか頑固だかわからない、
飽きのこない乗り味です。


トップガンがどストライクに
ハマり、
私がカワサキ好きになるきっかけとなった単車です。


年齢、環境その他考慮すると
最後の単車の可能性もあるので、


やはり私の大型バイク歴の原点回帰、
三度目のニンジャ購入が
一番いいのかもと思ったりしております。

No:2858 2014/11/16 14:13 | グース #- URL [ 編集 ]

返信

>グースさん
私が乗った中で大型の古いのと言えばCBR750くらいですが、
そのCBRより細いタイヤででかい排気量……接地感は正直想像が出来ませんね。
Ninjaがブランド化されて久しいように思いますが、
なんだかんだ言って強烈な個性を押しつけてくるGPZが「Ninjaなんだよなぁ」などと思います。
乗ったこともないわけですが……ww
最終はA13あたりでしたか、回帰するのも大いに有りだと思います。

No:2872 2014/11/17 21:24 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

我が相棒よ、、、

mixiのつぶやきから追いかけて来てこんな夜中に困りますよ、、。
記事が面白過ぎて眠れないじゃないですか(笑)

Gpz900R(A5)に乗って16年程?その前に限定解除してA7に4年程乗ってたでしょうか?
バイクに乗り出して30年程経つかもしれませんが(歳バレるw)そのうちの2/3がニンジャと供にありますね、、、。

自分のニンジャはほぼノーマルです。何故か再購入の時にA6以前の前期型が欲しくなりました。
タイヤは選択肢が少ないフロント16インチ、ミラーは後方確認とりずらいけど、あれが良いのです(笑)自己満足ww
カラーリングはA6の仏壇カラーでなくて同時期(88年式)のGPZ1000RX、GPX750R達と同じく黒に赤ライン。
これが良い(更に自己満足(オイw)
アンダーカウルは外してはいけません。あれが本来のニンジャの姿なのです。だからカーカースリップオンなんです。決してフルエキゾーストを買えないからじゃ、、、ないはず(笑)
車検の度にコツコツといじって、、
足回りはリアオーリンズ(無調整安い方w)フロントAVDSキャンセルしてスプリングのみオーリンズ。
フロント、リアキャリパーのみブレンボ(黒)
16年乗ってていじったのこれだけかよ!!
と突っ込みなしでお願いします(;^_^A

お小遣方式な、しがないオトーさんですがニンジャに対する愛情は深いつもりです。
いつか落ち葉マークつけてニンジャに乗ってやるんだ!
と思いつつ最近体力低下が心配なお年頃。なにがしかのトレーニングせなあかんかのう、、、。
装備重量で250キロ近いヘビー級な
オールドモンスターに乗り続けるにはそれ相応の覚悟必要になりそうですね。
あ、別に峠で赤や黄色いLツインな外車(オイw)ブイブイいわせてるようなトンがったオジサンではないですよ?
自分なりのペースで気持ちよく峠を走れて美味しい肴と蕎麦、まったりできる温泉が好きなだけのオジサンライダーの独り言です。

20年間作り続けられたバイク。

世界に愛されたニンジャ。
Gpz900R

このバイクに乗り続けられることを誇りに思います。


No:3683 2015/07/27 04:33 | JG #n72/ynUg URL [ 編集 ]

返信

>JGさん
コメントありがとうございます。
バイク歴の2/3がNinja……いや、恐れ入ります。そんな方にお褒めにあずかり光栄です。
あぁーアンダーがないのはエキパイの関係もあるんですね。
そしてやはりキャンセルされるAVDS。
なんというか、乗り続けるに必要十分なところをいじっているように思います。渋いですww
仰るように、さすがに近代車と比較するとかなり重い部類のバイクですが、
元気に安全に乗り続けてくださいませ。

No:3721 2015/08/07 21:27 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

ZX9Rは…

ZX10Rに進化、ラムエア加圧無しで200PS突破、SB選手権で大暴れしてる立派なカワサキ900伝説継承者じゃないですかーw

No:4176 2016/02/28 02:45 | 鈴菌スバリスト #SFo5/nok URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。