スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その48 SDR

スリム・セクシー・スタイリッシュ



SDR



無縁レベル:3




国内各メーカー、ときたま奇抜なスタイルをしたモデルを投入してくることがあります。

HONDAがやると大抵不発気味に終わる気がします。
SUZUKIはとんでもない方向に走って自爆します。
KAWASAKIは何作ってもKAWASAKI乗りが喜んでる気がします。


その中でGKダイナミックス擁するYAMAHAは流石と言うべきか、
そう言ったモデルまで奇抜でありながらどこか美しいスタイルに持っていきます。


そんなYAMAHAの奇抜系モデル。




Yamaha SDR200 87
SDR('86)


195ccの水冷2st単気筒エンジン
最大出力34馬力/9000rpm
乾燥重量105kg



日本車にしては珍しいトラスフレームは美しいメッキ処理され
2stながら比較的低速から粘るオフロード系200ccエンジンを搭載。
重量もオフ車並みに削られています。
面白いのはオプション設定すらないタンデムシート。
このバイクは2ケツお断りなのです。

車重の軽さとパンチのあるエンジンを武器に走り回れる、
ジャンルとしてはライトウェイトシングルスポーツとでも言いましょうか。
今のもっさり重量のCBRやNINJAとは比べものにならない魅力を感じます。

登場したのがレプリカブーム真っ盛りだった故にそのスペックでは見向きもされず、
わずか2年程度で生産を終えたのが非常に勿体ないです。

サイドビューのセクシーさもさながら、
このバイクがそのスタイルで特筆すべき点は
トップビュー&フロントビューにあります。





TheTRXproject_SDR200_05.jpg

すっごいほっそい



sdr200view.jpg
信じられないくらい細い



タイヤは今風の前後17インチではあるものの、
F90/80-17 R110/80-17という旧車並みの細さ。

タンク容量だって9Lしかありません。
2stでそれって航続距離大丈夫なのかと思いますが、
オフ系2stエンジンは比較的低回転が強いため燃費はさほど酷くはありません。
それでも多分200kmは難しいと思いますが。

今様のバイクに跨る人間からすると
この細さは貧相だなんだと言われそうなところですが
SDRに関しては細いからこそ美しいものだと私は考えます。

確かに太いタイヤは車体に迫力をだし安定感にも寄与しますが、
250クラスのスポーツなんてやっぱ細くてナンボじゃあないかと思います。

元々たいしたパワーは望めない小排気量エンジン。
なら車体を重量も操作感もひたすらに軽くして
軽さで走って楽しめるバイクにするのが本筋じゃあないかと。

確かに多少--あー、だいぶ利便性は捨ててますが
利便性求めるならスクーターでも買うが良し。
走って楽しめてしかもかっこいいんだからSDRは文句なしです。

それこそYAMAHAは中国からYBRを持ってきている場合じゃなく、
今こそSDRを復活させるべきです。

幸いYAMAHAにはWR250という大変元気なエンジンのモタード/オフロードがありますから
エンジンはコイツを流用しましょう。
4st単気筒ですしラジエーターサイズ2stの2/3くらいにできるでしょう。
倒立フォークなんて不要!Φ39の正立!
フロントシングルディスク片押し2ポットキャリパーあたりで十分。
タイヤなんか太くしちゃダメです。
むしろF90/80-17 R100/80-17くらいやっちゃって大丈夫!
太いタイヤなんて飾りです。
太い扁平タイヤの重量さえ勿体ない。
そんな勢いでひたすら軽量化して装備110kg未満に抑える、
そんな新型4stのSDRをリリースしたらYAMAHAに鞍替えしそうな気が……。




現在の600SSはかつての400レプリカ並みの車重になっています。
しかし600ccのパフォーマンスに耐えうる車体を考えると、
現在の車重より著しく軽くなることはないと思われます。

故に小排気量の圧倒的な軽さは大排気量では絶対に得られない
絶大なアドバンテージになると私は考えます。
大排気量では実現できない圧倒的軽さを以て、
あくまで公道をほどほどのスピードで走っても楽しめるような、
低い限界の中でもパフォーマンスを突き詰められるバイク。


今の小排気量市場にはそんなバイクが欲しいなと感じるところです。

2012/07/20 01:52 | 無縁レベル 3COMMENT(14)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

SDRはヤマハらしい美しいバイクですよね。

んでオチは同じく中型で単気筒の美しいバイクですね?w

No:927 2012/07/20 20:50 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

No title

125㏄だったら売れてそうですね。
WRのエンジン積んだ4stSDR見てみたいですね~。

それかYZF-R125のカウルとっぱらって、SDR125でもいいです!

No:928 2012/07/20 22:38 | ZZR600E10 #- URL [ 編集 ]

No title

>Impさん
ホントに美しいという言葉が似合うバイクです
え?ガチョウ?ガチョウのことですか?

>ZZR600E10さん
コメントありがとうございます。
4stSDRは悪くないと思うんですが……

確かにR125のカウルレスネイキッドはいいですねw
ただツインスパーフレームのカウルレスは……かつてのTZR125?

No:929 2012/07/22 12:20 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

こんなのが・・・

発売されそうですねぇ。↓

http://news.webike.net/overallDetail.do?news_id=2923

コンセプトが似てて、思わず買ってしまいそうです。

No:1035 2012/11/20 22:10 | ゆせみん #8b5rtD7M URL [ 編集 ]

sdr?

http://www.fastpic/images.php?file=6644376300.jpg

No:1242 2013/05/12 20:19 | nanashi #- URL [ 編集 ]

アド訂正

SDR?

http://www.fastpic.jp/images.php?file=6644376300.jpg

No:1243 2013/05/12 20:26 | nanashi #- URL [ 編集 ]

≫名無しさん

なんじゃこりゃ!
SDRかと思いきやWR(?)のエンジンを積んでますね!
かっこいい…ヤマハ作ってくんないかな…

No:1854 2014/01/22 02:15 | ウォーリー #- URL [ 編集 ]

未登録、未使用のSDR…出てくるものですねぇw
http://www.goobike.com/bike/stock_8500167B30140209003/

No:1955 2014/02/20 15:41 | ひぃや #- URL [ 編集 ]

ひと月程の付き合いでしたが…。

入院する同僚から、しっかり焼いておいてくれと頼まれたので、足にさせて貰いました。

極一部、出荷時に、ステアリングステムのトルク管理が出来ていないロットが有って、或る業界内では一時的に評価を落としてしまいましたが、整備が出来ていれば、乗り手の度胸しだいで、20Km/h~80Km/hの加速において、同時期の2st250レプリカを一歩リード出来る、玄人好みのマシンでした。

只、余りにもやり過ぎの感も有ってか、ジェットエンジン付き紙飛行機と揶揄されることも…。
乗る時は何時も、ドライブスプロケットを、後2丁程大きくしたいな、と思いながら、恐々とスロットルを開いていました。

先のステムさえ直せば、TZRやFZRと同じく、所謂「ヤマハ乗り」で、コーナーをオン ザ レールの感覚で抜けて行けます。
車重が軽くてタイヤが細い分、マシンを倒さずに済むので、スロットルにさえ気を使えば、つづら折では非常に楽でした。

走行距離は、メインタンクで180kmを少々超える位だったでしょうか?。
都内のゴー・ストップの繰り返しだと、大体その位だったと思います。

プレスやバイク便で一時期見られましたが、軽量のメリットと燃費のデメリット、一寸難しい判断だと思いました。

※燃費に関しては、メインタンクのみで、京都四条大宮から、東京青山まで帰って来れた、GPz250が、自分の乗った中では最高でした(約43km/L)。

No:3501 2015/05/19 22:06 | Koh #RQebquaQ URL [ 編集 ]

SDR、社会人1年目の時に中古で買って乗ってました。1994年のことです。
国道走ってると原付と間違えられるのか、煽られまくるし
どノーマルなのに「どこいじったの?」とか聞かれるし
高速乗ると軽すぎて怖いしで、1年弱で売却してしまいました。
思い出すと、とぐろ巻いたチャンバーがちょっとキモイですね(笑)


No:4298 2016/04/20 01:33 | なつかし屋 #bxvF113M URL [ 編集 ]

3台乗り潰しました

有料道路では必ず「原付バイクは通れないよ」と料金所で止められた記憶が。
当時のDT用のエンジンパーツ叩き込んだり、後ろに2XTのホイール入れて130履かせたり…リアの110/70って純正以外無かったんですよね。固くなった純正タイヤでペイント上でラフに発進するとホイルスピンしたまま前が上がって斜めになってロデオとか(汗)
軽量&スリムを本気で活かしたバイクってこいつとCB250RSくらいしか思い浮かびません。機会があればもう一度欲しい一台です(私の今の愛機は間逆の重厚長大1200)

No:4319 2016/04/27 03:14 | 温泉太郎 #- URL [ 編集 ]

現在、SDRを探していてここに来ました。
冷やかしに入ったバイク屋であまりに安かったのでNinja250SLを、20年ぶりのバイクとして衝動買いしたのですが、慣らしも途上だというのに、何故か思い出すのは昔に乗っていたコイツの事ばかり。
コイツのヒラヒラ感は他とはちょっと違いますよね。

No:4422 2016/06/10 14:46 | #- URL [ 編集 ]

これもなつかしい、

DTピストンを入れてポートとエキパイの段付き修正をしてサイレンサーを交換、
PWKキャブを入れるためにフレーム一体のキャストクリーナーボックスに大穴を開け、エレメントは掃除機用紙パック、
これで1・2・3速までウィリー注意のとんでも変態バイクとなり、信号待ちで400レプリカに挑まれたことが何度もありました。

面白かったなぁ、

最近は空冷化が密かなブームらしく、次なる変態バイクを予定しています。

No:4452 2016/06/22 19:02 | nomunomu #fddzkx5k URL [ 編集 ]

昔、SDR安かったんですよ。
最近、15年位ぶりにバイクに乗りたくなってSDRを買いにバイク屋に行くと思っていたより高い。
ショックでした。
最近のバイク達、値段が全体的に高騰してるんですね。
結果、BUELLのX1を買って帰りました。

No:4670 2016/12/28 09:49 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。