その46 CBR1100XX SuperBlackBird

世界最速のCB


CBR1100XXSuperBlackBird


無縁レベル:2




リクエストがありましたので前回に続き300km/h規制の戦犯バイク



メガスポーツと呼ばれるジャンルがあります。
かつてレーサーレプリカと呼ばれたサーキットスポーツモデル達、
現在ではスーパースポーツ(SS)と呼ばれていますが、
その変遷の中でリッタークラスのレプリカから派生した車種達がありました。
それらはレプリカにツアラー的な要素を組み合わせ、
多少余裕のあるポジション・車格を持ち、
レプリカのカウルと排気量を拡大し超高速安定性に特化したモデルでした。

ならばそれらは「ハイスピードツアラー」でもいいのではないかと思います。
ZZ-R1100まではそのように呼ばれていたのでしょう。
しかし後年になって何故メガスポーツという言葉が生まれたのか。
スーパーカーブームでもそうだったように思えるのですが、
300km/hというのは一種のスターシンボルのようなものだと感じます。
メガスポーツという言葉にはその性能の内に300km/hを捉えたという
称号のようなものが含まれているのだと思っています。





Honda CBR1100XX 96
CBR1100XXSuperBlackBird('96)

ウィンカー、フェンダーに到るまで
空力的に研ぎ澄まされたフルカバードボディ。
その内に擁するは奇しくも最速GPZ900R NINJAと同じく
サイドカムチェーンを採用した4筒の心臓。



最大出力164PS/10000rpmというパワフルなエンジン。
乾燥重量は223kgとさほど軽いとは言えないながらも
当時最速だったZZR1100(D4:233kg)に比べれば確実に軽量で、
かつHONDAお得意のマスの集中化によって
そのハンドリングはミドルクラスに匹敵すると言われます。
しかもエンジンに2軸バランサーを採用。
エンジンの振動を極限まで減らしライダーへの負担を軽減。
最高速を目指しつつもそれ以外のパフォーマンスも詰める。
このあたりは流石HONDAと言わざるを得ません。

KAWASAKIとかSUZUKIだったら
最速性能以外は知ったこっちゃねーとか素で言いそうですよね。

っていうかまぁ見事にそういうバイク出してるKAWASAKI。



しかし当時最速を誇る性能だったものの、
300km/hにはわずかに届かなかったと言われます。
とはいえおそらく300km/hを想定して設計していたには違いないのでしょう、
多少のチューニングで300km/hに届くには届くそうです。


レビューを見ているともはやこれは運命というか……
HONDAのフルカウルは揃いも揃って熱問題が挙げられますね。

先日も駐輪場にてVFR800が隣に停まりましたが
まだ真夏とも呼べない気温だというのにラジエーターファン轟々です。
記憶の限りだとFireBladeだのFireStormだの皆同じように熱問題が欠点とされてますが、
マスの集中化をしてしまったが故にしょうがないことなのでしょうか……。

レビューで多く見られる熱以外の欠点は燃費なんかが挙げられますが、
300km/hに届くバイクが燃費良かったら気持ち悪いですからそれは適正です。

それにしてもえぇい……優等生なバイクですねぇ……。
レビューの件数が多いだけにそれが際だっている気がします。



'07年まで作られたブラックバードですが、
発売からわずか2年、'98年に大々的な変更を受けていました。

それはキャブレターからインジェクションへの変更。
時代は排ガス規制による締め付けがちらほら見え始め、
各社とも細かい燃料調整が利くFIの採用をボチボチ始めた時期のこと。
自動車と比較してレスポンスが鋭いバイクのエンジンですが、
FI採用初期は各社かなり苦労したようで、
ことスポーツバイクに関してはそのレスポンスに関して叩かれる車種も少なくはありません。
ブラックバードもそのような時期にFIを採用しているにもかかわらず、
それに関する悪い評価はさほど見られないように思います。

なんというか……本当にHONDAってバイク作るの上手い気がします。


FIで過激なZX-12Rとは逆に、
ブラックバードはキャブ仕様の加速がヤバイと言われます。
6000rpmから先は危険な加速と呼ばれるほどに。
それに比べるとFIを採用した'98年以降のモデルはだいぶマイルドだそうで、
FI仕様もキャブ仕様と同じ速度域まで伸びはするそうですが
加速感に大きな違いが出てしまったようです。

HONDAにしては珍しい「過激さ」を匂わす一面だったために、
そのようなモデルチェンジはいささか残念な気がします。




CBXXには「究極」という意味合いがありました。

その特別なアルファベットを2つも背負った最強マシン。
HONDAらしい真摯なバイク作りの姿勢で最速を目指したブラックバード。

CBRという名をハリボテの単気筒にさえ用いてしまう今のHONDAですが、
せめてXだけは安売りせぬよう。




次の究極を楽しみに待ち続けるとしましょう。

2012/07/05 23:19 | 無縁レベル 2COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

リクエストにお答え頂いてありがとうございます!
トリも期待してます!

No:916 2012/07/06 00:39 | いつも見てます #- URL [ 編集 ]

No title

>>CBRという名をハリボテの単気筒にさえ用いてしまう今のHONDAですが、

売れちゃえば企業にとって正義なのかもしれませんが、
おっさんライダーとしては単気筒にCBRの名は寂しいですよね。

さて、次の更新はオチ担当かなw

No:917 2012/07/11 20:14 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

No title

いつも更新楽しみにしてます。
隼の回で思い出したのですが、Blackbirdにもネイキッドモデル・X11がありましたよね。販売台数も少なかったせいか、あまり街中で見かける事も少なかったですが。。

個人的には好きなバイクだったので、機会があれば是非、紹介してください!

No:925 2012/07/15 21:53 | smgr #zdvXpt9s URL編集 ]

No title

>smgrさん
コメントありがとうございます。
X11はネタ待機組に入っています……が、
かなり先の出番になるのではないかという状態です……
気長にお待ちいただければと思います。

No:926 2012/07/16 22:04 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

No title

私の思ってる事や言いたい事を、全て書いていただきまして、ありがとうございます。

1997年の春、バードを相棒に選んでから早15年。
常に私だけの相棒であり続けてくれました。
そしてこれからも私の相棒です。

「パワーだけじゃなく、ライダーに優しいバイク」なんて、ふざけた事ぬかしてパワー競争から逃げたホンダは、もう二度とこういったバイクは作らないでしょう。
いえ、作れないでしょう。


個人的には、地に落ちたCBRの名をこれ以上汚さない事を祈ります。
双璧をはったVFRに対しての過ちを繰り返さないでほしいものです。

No:987 2012/10/12 21:34 | siro-kuma #- URL [ 編集 ]

No title

>siro-kumaさん
コメントありがとうございます。
他記事のコメントも拝見いたしました。
現役ブラバ乗りからお褒めにあずかり光栄ですw
「時代じゃない」とバッサリやられると言い返せない部分はありますが、
しかし趣味の乗り物が白物家電化してどうするんだという話です。
なんだかんだ言って250はNinjaもCBRも受け入れられたんですから、
もう少しとんがったバイクが出ても大丈夫じゃないかと思うんですが……
CBR250RRかむばーっく

No:993 2012/10/13 14:41 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |