スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その54 250CS

×カジュアル単気筒最強



250CS



無縁レベル:3



250ccクラス単気筒


4stの話をしますと、単気筒のメリットは
軽量頑丈安価低速トルクに溢れ、低燃費であるという
公道を走る市販車としては計り知れないメリットを持ち合わせています。

デメリットは多気筒との比較になりますが、
高回転化・高出力化がしづらくレスポンスが悪く振動も多いと言った
これだけ聞くとスポーツシーンに向かないような印象を受けるデメリット群。

とは言えエンジンそのものの軽量さ、低速トルクに起因する全域の扱いやすさは
オフロードシーンではデメリットを打ち消せる武器です。
排ガス規制によって2stエンジンが締め出されてからは、
4st単気筒250ccのオフロード車が多く排出され愛されてきました。
そんなこんなで現在では
単気筒スポーツマシン=オフ系(モタード系)
というイメージが出来上がっているように感じます。

実際の所、現行の250クラスで単気筒最強と言えばYAMAHAWR250R/Xのでしょう。
70万円オーバーというプレミアム価格なだけあって、多種車体装備を充実した上で
31馬力/10000rpmというハイパワー。
今の250単気筒というとその出力は20馬力前半がゴロゴロしており、
25馬力を超えるエンジンというとスカイウェイブCBRくらい。
それどころか2気筒スポーツのVTRNinjaが30馬力そこそこに留まっている状況下、
出力で不利な単気筒機が31馬力というのは驚異的な数値と言わざるを得ません。


WRは最強なのか?

一概にそうとも言えない。


小排気量スポーツマシンの神髄はレプリカブームにあるのです。


250ccにさえリミッターがついていた狂った時代。
250ccが当たり前に180km/hだしていた時代に、
単気筒もまた狂い咲いていたのです。






kawasaki 250cs_1985
250CS('85)

水冷4stDOHC4バルブ単気筒249cc
34馬力/10000rpm
2.5kgm/9000rpm
乾燥重量118kg




えーと、手元の資料全部漁りましたが、
多分4st単気筒機で馬力の数値最強はコイツです。
漢カワサキです。

'85年というとフルカウルレプリカブームの火付けとなったガンマ登場の2年後、
どのメーカーもまだ試行錯誤してアクの強い2stマシンを出していた頃。
ユーザーが夢中になるのもその辺りのマシンだったので
4st単気筒という馬力がパッとしない250CSは必然的に不人気車に。

でも後年まで含めて単気筒最強


エンジンは元々オフロード系のマシンKL250Rから持ってきたもの。
そもそもこのKLというのが特殊なマシン。
当時の250オフロードというと軽量でパワフルな空冷2stエンジンを使うのが普通で、
4stマシンに力を入れるHONDAでさえ重量増を嫌って空冷OHC4stに留まっていたところに
4stDOHC水冷という重量増トリプルパンチを搭載して
KAWASAKIが出したのがKL250R。
出力だってオフロード車としては驚異的な28馬力/9500rpm。
(HONDAのXL250なんかは20~22馬力)
オフ車で低速落として出力求めてどうすんだって話ですが
KAWASAKIならしょうがないです。


そんなKLの心臓に6馬力増という驚異的なチューニングを施し
専用設計のパイプフレームに搭載して生まれた250CS。
車体サイズはかなり小さいらしくフルサイズ原付と同レベルだそうです。
フロント16インチ リア18インチのタイヤも時代を感じます。
しかしKLに搭載していたシングルサスをコイツに搭載してなかったのは謎です。

数少ないレビューをいくらか漁ってみると当たり前というかなんというか、
バッチリ高回転型エンジンに仕上がっている模様。
~5000rpmがかったるくてそれ以上が気持ちよく走れる、
そして10000rpmまで平然と吹け上がる。


た、単気筒……?

現行の単気筒というと大抵タコメーターがついていません。
というのは単気筒は回転数管理しなくてもある程度走れるほど懐が広いエンジン。
過剰に回ってしまうようなエンジンでもないから
気持ちいいフィーリングで走れるように吹かしてギアチェンジすれば
タコメーターなんていらないわけです。
250CSは当然タコメーター装備。その上回転数管理して走るべき……。

お前はレプリカか。



足回りこそ年代相応にチャチなものの、
パンチのあるエンジンと軽量な車体が相まって
乗ってて楽しいシングルスポーツであるのは間違いないようです。

流石KAWASAKIらしいというか、
カリッカリのスポーツマシン--ん?





kawasaki 250cs-2

か、カジュアル……!?


casual
1 〈態度・雰囲気などが〉うちとけた;〈服装が〉略式の,カジュアルな
Don't be too ~ with me tonight.| 今夜はなれなれしくしないで/
~ wear| [集合的に] ふだん着/
Dress ~.| (招待状などで)平服[ふだん着]でおいでください.
2 [通例限定]〈事が〉偶然の,思いがけない(accidental)∥
a ~ discovery [meeting]| 偶然の発見[出会い].
3 [限定] 思いつきの,出まかせの,何気ない∥
~ comments| でまかせの批評/
give a ~ look at ...| …を何気なく見る.
4 おざなりの,無頓着(むとんちゃく)な;うわべだけの,表面的な∥
He took a ~ glance through the documents.| 彼は書類にざっと目を通した.
5 [限定] 不定期の,臨時の∥
~ expenses| 臨時的経費.
―【名】
1 =~ laborer.
2 [~s] ふだん着,軽装;=~ shoes.
3 〔軍〕(発令)待機兵,分遣兵.





コイツがカジュアルなのリアの2本サスだけだろ。


250SingleSportsどころか250SuperSportsと書いても違和感ないマシン。
なんせベースのエンジンから20%以上出力向上してるんですから。
KAWASAKIがカジュアルを勘違いしているのか、
それとも漢はカジュアルに最強でなければならないのか。


カジュアルスポーツですから
きっとカジュアルとスポーツのいいとこ取りをしたかったのだと思われます。
カジュアルに関して軽いのはいいとして回転数管理は致命的でしょう……。
KAWASAKIカジュアルっていうと
なんか馬の耳に念仏的なニュアンスを感じるのは私だけでしょうか。


さて、カジュアルと言う言葉がゲシュタルト崩壊気味ですので
最後に個人的に考える250CSの最大のカジュアル間違いを挙げてしめたいと思います。

















カジュアルの割に格好良くないんだよなぁ……

2012/09/13 18:00 | 無縁レベル 3COMMENT(20)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

こういうの大好きだ・・・
灰色のやつはめちゃくちゃかっこいいと思うの・・・。

No:953 2012/09/13 20:26 | C3 #- URL [ 編集 ]

No title

この時代の漢カジュアル=革ジャンでしょうか(笑)

それよかこのバイクのタンデムシートには乗りたくないな。ケツから落ちそう…。

No:954 2012/09/13 23:19 | ZZR600E10 #- URL [ 編集 ]

No title

おお、これは知らないバイクだ。管理人さん、ありがとう。

No:955 2012/09/14 03:58 | 武州の鳩 #- URL [ 編集 ]

No title

トリビアを一つ。サイドからの写真では分かりづらいのですが、CSのリアカウル下部はウイングのように外側にひらいていたのです。
それは、まるでZZ-R?。

No:957 2012/09/14 17:46 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

No title

単気筒でカジュアル・・・
つまり例のバイクの前振りですね?w

No:958 2012/09/14 23:28 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

No title

はじめまして。
zx-12rを漁ってたらここにたどり着きました。
とても面白いブログで、時間も忘れて読んでしまいますw
kawasaki乗りですが癖のあるバイクはとても面白くて魅力がありますよねw
まだまだ立ちゴケをやらかすペーペーバイカーですが・・・^^;
更新楽しみにしてます。

No:960 2012/09/16 00:19 | zx250r #- URL [ 編集 ]

>C3
NZ クラブマン SRX含めて軽量シングルスポーツ大好きだろうw
確かにガンメタになるとかっこいいんだけど……カジュアルとは違うなぁw

>ZZR600E10さん
革ジャン!?その手があったか!!!
さすがKAWASAKI乗りです。
レプリカブームの頃の250はタンデムシートなんてオマケですからねぇ……
なにげにコイツにもシングルシートオプションあったみたいですし。

>武州の鳩さん
結局日の目を見なかった感じですがレプリカ期の単気筒は最高です。

>GAMERAさん
なぬ!?と思ってケツの画像探してみました。
なんか生えてますねw

>Impさん
例のバイク……はっはっはッなんのことか分かりませんなぁww…………(汗

>ZX250Rさん
コメントありがとうございます。
割と適当な事ばかり書いている文章ですが、お気に召していただき光栄です。
乗りやすいバイクはツールとして優秀なんですが……
やはり趣味の乗り物としては味がある(という名の不出来)ほうがいいですねw
こちとら5年以上ほとんど毎日乗り続けて未だに立ちゴケ用クラッチレバー常備ですぜはっはっはッ……
更新ペースは遅いですがこれからも記事を書いていきますので
お読みいただければ幸いです。

No:961 2012/09/16 12:46 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

No title

はじめまして
20年程前CS乗ってました
想い出補正あるでしょうけど 回るし、ブレーキもがっつり効くし
16インチですが妙な癖は無かったと思います
低速は細いかもしれないけど、車体が小さく軽いので不足なし

あえて短所上げるなら仕上げが荒かった フレームの溶接痕とか
単独の部品の質感とか安っぽ  錆びる錆びる
車体の剛性が解る腕前じゃなかったけど高速走行ちょっと怖い
フルブレーキでフロントが本当によれる

No:1027 2012/11/08 11:43 | rukiki #- URL [ 編集 ]

はじめまして
KLRのような80年代のエンジンだと、流石に実性能でのWR超えは無理ではないかと…
実測だと、後継の闘う4ストKLXキャブ版と比べて25%増位のパワー差あるし(出典ガルル2007年12月号)
実際他の単気筒が頭打ちになる回転域からもう2千位の伸び分がそのままパワー差と言う感じ
最近のバイクは車重も含めてカタログ値控え目/昔のは盛々
まあ本当にオーパーツを開発してしまってたと言うのなら面白いけどwカワサキだし

No:1787 2014/01/03 20:19 | WR250X #- URL [ 編集 ]

返信

>WR250Xさん
コメントありがとうございます!
カタログ値をどこまで信用できるかは、当時を知らない私にとっては悩みどころなので、
記事を書く際にはもうバッサリとカタログ値信用しきっていますw
冒頭ではこんな論調ですが……実際は負けますよねぇww
それこそ性能曲線比較なんて出来れば良かったんですが--
CSの性能曲線なんて見つからんです、はい……。
ただKAWASAKIがオーパーツを、という可能性も最近は否定できないなぁなんて思いますw
KAWASAKI車、カムの動作角が全体的におかしすぎて…………

No:1788 2014/01/03 21:29 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

正月休みなんで遡って読ませていただいてます
オフ会ヤマハ参加0ですかw平日休みなもんで参加できず残念

折角なんで、件の記事でのカタログ値→実測値

WR250R 装備132→130kg 軸出力31ps→後輪出力26ps
XR250最終型 車両133→135.4kg 軸出力28ps→後輪出力20.8ps
KLX250Rキャブ 乾燥117→132.8kg 軸出力29ps→後輪出力20.5ps

※1車重はガソリン満タンで測定
※2標準装着トレールタイヤ装着での後輪出力
 参考値、コンペCRF250Rの場合 MXタイヤ27ps→17インチスリック33ps、YZ250F MXタイヤ27ps
※3KLX現行FI車実測値は車重のみ5キロ増出力キャブと同等との事

250CSスペック凄すぎwと言いたい所ですが、まあ色々盛ってるかなと…
後、触媒入りマフラー込みで90年代車より軽いWRはカタログ値で大損してる…
と言う訳でROM専に戻りますが、今後も面白い記事期待してます

No:1792 2014/01/04 00:46 | WR250X #- URL [ 編集 ]

返信

>WR250Xさん
なんと興味深い情報をッ!!
KLXはDトラと共通になる寸前のヤツですね。
WRは後輪までの損失の少なさがすごい……
ヤマハの言う装備重量って荷台かなんか着けてるんじゃないかとw

軸と後輪出力データがどんどん世に出回ってくれると有り難いですが、
雑誌企画なんかだとやっぱ広告の関係で厳しそうですよね。
いや、面白いデータありがとうございました!
またツッコミお待ちしています!

No:1794 2014/01/04 14:27 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

初めまして。
不人気車だとか珍車・迷車を調べてるとここに行きつくことがあり
そのたびに貶すには貶してるけど何故かオーナーの思っていることを妙に突いてくる文章が面白く毎回楽しく見させてもらってます。

前々から「250CSってカジュアルか?」って思っていましたがやっぱりそうですよねw
機会があれば乗ってみたい単車の一つです。
新しい記事も楽しみにしてます。
失礼しました。

No:3093 2015/01/21 15:31 | FZ6RSC #- URL [ 編集 ]

返信

>FZ6RSCさん
コメントありがとうございます。
後輩達が「マイナー車検索すると出てくるお前のブログはどうにかならんのか」とイチャモンつけてくる今日この頃。
カジュアルと呼ぶにはカリッカリな気がするんですが、
多分この頃はすでに「カウルレス≒カジュアル」な雰囲気があったのでしょうね。
……とは言え30馬力オーバーを張る必要はあったのかはやはり謎ですがw

No:3099 2015/01/24 21:36 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

初の書き込みです!
このバイク、オフ車エンジン流用の単気筒スポーツだなんて、今春出るNINJA250SLにそっくりですね。
あれも125cc並みの車格で(今時のバイクとしては)軽いみたいですよ。

No:3239 2015/03/02 00:20 | REI #- URL [ 編集 ]

返信

>REIさん
コメントありがとうございます。
あー確かに250SLですね……。
以前アーカイブで250SLと他車を比較しましたが、
今様の250ではなくレプリカ期のジオメトリでしたね。
いやいや楽しみで仕方ありませんねぇww

No:3249 2015/03/07 19:42 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

この頃は…、

レプリカが、自動車で言う所のカローラやシビック等、大衆車の位置付けにまで成り下がり、それらに対して軽量、低出力の250シングルは、軽四輪扱いで、十二分にカジュアルと呼べる程の、狂った良き時代でした。

No:3477 2015/05/16 20:39 | Koh #RQebquaQ URL [ 編集 ]

返信

>kouさん
レプリカがカローラシビック、すんごい納得!!!
これが軽四輪なんて信じられん世界ですな……本当に狂っている。

しかしGPZ250Rを2台とは恐れ入ります。
外装取った姿なんて見たことがありませんねwww
アメリカン的とは意外な。
安定性が強いやらフロントロックさせての緊急回避やら、
外装のみならず妙な性質ばかりですね。

GPz250 GPZ250R ZXR250ってしれっと恐ろしい車歴をコメントして行きなさる。

No:3485 2015/05/17 18:23 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

御返信、有り難う御座います。

16歳になって、免許取得直後の高校生が、一番最初にNSR250やTZR250を、普通に入手してましたし、納車後数分で廃車とか、見てる分には笑える状況も多々ありました。

エントリー違いで申し訳有りませんが、GPZ250Rのフレームは、鋼管の種類の変更や、キャスターの微調整を経て、そのままGPX250Rに引き継がれました。
更に、フレーム製造時の冶具は、その後、タイに渡り、Ninja250R、Ninja250に、若干の修正を加えて使用されています。
エンジンと同じく、基本を変えずに30年に渡って作られ続けているのは、一寸感慨深いですね。

後、車歴ですが、所有に限らなければ、他にも使用していた車種は有ります。
丁度、SDRにも縁が有りましたので、今度、一寸コメントさせて頂きます。

No:3496 2015/05/18 12:03 | Koh #RQebquaQ URL [ 編集 ]

性能曲線ですが

はじめまして。いきなりで申し訳ありません。
久しぶりに検索してみてHitしたところで読ませていただきました。もっとひどいこと書いてあるかと期待したのですが残念(笑)
現役ユーザです。

さて、性能曲線ですが、カタログ掲載のものでよければ

http://www.bluehall.jp/cms/index.php/%E7%A7%81%E8%A8%AD%EF%BD%83%EF%BD%93%E3%82%80%E3%82%89/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0/103-%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%82%B0%EF%BC%88%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%89%88

ここの”ショールーム”にあるカタログ画像の4ページ目右側にちょっとだけ。(カタログ掲載値なので参考程度でしょうけど)

かなり個人的趣味のバイアスかかってますが、高回転域使用での山岳路でのフィーリングは今の車両では味わえないかなと。

決して乗りやすいとはいいませんが現行車種には無い、挑戦と危うさが同居した楽しいヤツです。おかげで、わけのわからないところに気合が入ってる割には大事なところ(フレームや足回り)にはお金をかけないというちぐはぐさには苦笑い必至ですよ。

エンジンに関しては、参考としては東京-西宮間を平均時速=法定速度(2回の給油時は除く)で往復可能なシングルくクォーターだったりするなかなか丈夫なヤツです。(何回か日帰り明石イベント参加もこなしていたりします)

乗ってみないと判らないもののひとつといえるでしょうね。ここ10年ほどで輪をかけてメーカーからの部品入手が難しくなってきている(ほとんど出ない)のが痛いところ。まぁ、カワサキだからパーツ番号が違ってもなんとなく使える部品はあるのでもうしばらくは大丈夫かなとも。まだまだ現役続行です。

長文失礼しました。

No:4307 2016/04/25 18:34 | ひよこまめ #KfmPqE6Q URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。