その55 FZ250Phazer

高回転の道標


FZ250Phazer


無縁レベル:2




かねてからリクエストに挙がっていた車種です。



Hornetの記事でも書きましたが、たかだか250ccという排気量に
ハイメカの塊である4気筒が当たり前のようにラインナップしていた日本は異常です。

今でこそ海外各社もその高い技術力を投じてスポーツバイクを開発しており、
10000rpmオーバーまで回るエンジンは珍しくもなくなりました。
しかし恐ろしいことに日本メーカーのラインナップには
10000rpmオーバーなんて80年代からすでに存在しており、
しかもそれを年間何千台と量産していたのですから恐ろしい話です。

特に250cc市場には20000rpmを実現する車種が存在していたり、
レプリカブーム後期には4st250ccなんて15000rpmオーバーが当たり前なんて状況。
そのエンジンをレーサーでもなんでもないネイキッドに流用していたんだからアホです。

250クラスの高回転型エンジンの代名詞とも言える水冷4st4気筒エンジン
一番最初にこれを実現させたのはSUZUKI
'83年に登場したGS250FWという車種。
量産車250ccで世界初の水冷4気筒機で、36馬力を11000rpmで発揮します。
--が、VT250F35馬力/11000rpmというスペック。
オマケにGSはレッドゾーン11500rpm、VTは12000rpmオーバー

前年に発売され2気筒で4気筒より高回転型VTの方がすごい。


こんな感じでGSの登場は画期的には違いないんですが
高回転型エンジンという意味ではボロボロ


ここから状況を一変させた4気筒機が
YAMAHAより送り出されました。










Yamaha FZ250 85 1
Yamaha FZ250 85
FZ250Phazer('85)


水冷4stDOHC4バルブ並列4気筒249cc
45馬力/14500rpm
2.5kgm/11500rpm
乾燥重量138kg



'83年登場当時36馬力で4st最強だったGS、
そのわずか2年後に馬力規制いっぱいの45馬力を実現、
なによりPhazerがすごかったのは
レッドゾーン16000rpmとなる高回転型エンジンだったこと。

この回転域は量産車としては世界初となりました。

エンジンのみに留まらず各種装備も充実した物です。
フロントはダブルディスクブレーキ。
フレームはスチールながらレプリカをイメージさせる角パイプフレーム
ハーフカウルを装備していますが、当時としては珍しい尖ったノーズ
そしてなによりカウルからタンク、テールまで流れるような洗練されたデザイン

特にサイドビューの美しさは近代車に引けを取らないデザインです。

またYAMAHAの750レーサー系「ジェネシス」に準ずることをコンセプトとしており、
低重心化を狙ってシリンダーが45度前傾したエンジンが採用されています。


その性能は2stのRZと比肩すると言われたようですが、
エンジンの性格としてはやはり2stほどピーキーなものではなく
比較的扱いづらかったようです……が。

調べているとどうも7000~8000rpmあたりにトルクの谷があるようです。
ユーザーレビューを漁ってみると確かにその記述が
やはり250ccの4stでパワーを出すのは無理があるのだなぁと感じます。

そう言えば手元にSUZUKIの絶版車カタログを収録した資料本があるんですが、
性能曲線図見ると2stでも4stでもトルクの谷当たり前みたいな世界です。
なんで4stで谷ができるんだ!?なんて思いましたが、
私が性能曲線を見るような資料に溢れた近代車は技術が熟成しているってワケですね。



話は逸れましたが、
速いには速いがデザインがあと数歩足りないHONDA
速いっていうかパワーあるんだけど踏み込みすぎてるKAWASAKI
踏み込む方向がずれてるSUZUKI
これらに比べるとシンプルに美しく速くを徹底できるYAMAHAはすごいです。



Phazerがキッカケとなったのか、
2気筒で十分なんて言っていたHONDAが翌年水冷4気筒250機を投入。
Phazerをパクッた意識したタンク一体デザインのハーフカウルを装備し、
HONDAらしく独自技術カムギアトレインを搭載したCBR250Fourをリリース。
CBRは後にR/RRとなり20000rpmを実現する結果となりましたが、
Phazerはフルカウルに押されてわずか2年で退場。
あまり他車と変わらないフルカウルを纏ったFZRへと交代してしまいました。





優等生のHONDA
デザインのYAMAHA
漢KAWASAKI
変態SUZUKI

なんてネタがありますが、
個人的には一番優等生なのはYAMAHAではないかと感じます。

欲しいと思わせる第一印象「スタイル」
GenesisだのExupだの独自技術による「キャラクター」
そして煮詰められた設計・試験に裏打ちされた「走行性能」


これら当たり前のことを最も真面目にやっていると感じるのがYAMAHAです。
それが売れたらパクって出すので商売のHONDA。





赤とんぼから続く速く美しいのコンセプトを貫くYAMAHAのスポーツ車。
現在250クラスにはWRがあるものの、400クラスにはスポーツ車無し。

SUZUKIがGSRで59馬力を破ったように、
スタイリッシュで速いスポーツ車をリリースしてくれることを願って。

2012/09/20 12:38 | 無縁レベル 2COMMENT(17)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

あー、懐かしいですね~
80-90年代にバイク小僧だったおっさんにとっては
ここは心休まるところですよw
それにしても管理人さんとは美味い酒が飲めそうだw

色んなところで昔の250の4stマルチは20000rpm回って
うんたらかんたらって話を良く聞きますが、実際に乗って
回してみると、そんなに感動は少なかったですよ。

10000rpm以上は回しても回るんだけど、トルク感が無くて
アクセルの開度と速度が一致しなくて違和感を感じた記憶があります。

当時は59馬力の400ccに乗ってたこともあるかもしれませんが。

No:962 2012/09/21 00:48 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

No title

4st4気筒250ccマシンには、以前自分も乗ってました。
と言っても、20年以上前のこと。当時軽いバイクに乗りたくて、変態SUZUKIのGF250のしかもカウルの付いた「S」タイプ。
GFは、フェーザーに比べると下のトルクがあって乗りやすかったですが、回して乗るバイクには違いなかったですね。
サイクロン・タイプの集合マフラーの音は良かったです。まあっ、その頃から自分の中で変態が芽生えていましたが・・・。

No:964 2012/09/22 09:26 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

CBR、FZR、ZXR、GSX-Rのそれぞれ250、400、750のラインナップがあった訳で、今なら到底あり得ない話です(震々)。それ以前にフェザーは既にいたんですよね。
私が乗ってた2ストレプリカの'91 Γも45馬力でしたから、凄さがわかります。

No:967 2012/09/23 22:29 | emAcu #- URL編集 ]

No title

フェーザー懐かしいですね!昔乗っていました。
よく言われるトルクの谷は結構個体差があります。
私のはフル加速する分には気になりませんでした。友人の1HXはひどかったのですが。
あと、フロントが安定しないので峠を攻めるには不向きでしたね。
FZRに比べてエンジン全幅が広く、出っ張ったシャフトカバーを縁石にぶつけやすいですね。私もぶつけましたので。

No:969 2012/09/25 23:30 | ウェムラ #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>Impさん
20代がこんなネタばかり書いていていいのかと自問しながら記事を書いております。
250の4気筒機は今でも「音だけF1」みたいな言葉を目にしますが、
計算上は20000rpm近くでトルク合わせれば50馬力オーバーするようなエンジンを45馬力にしてるわけですから、
体感出力にメリハリが足りないのだろうというのは想像つきます。
こと、メリハリが強すぎる2st250と一つ上の次元でパワフルに吹ける4気筒400が同時ラインナップしてる状況でしたし。
一方で回るなら吸排気系見直しでトルクバンド高回転側にずらして低速が嫌になるような愉快マシン作ったら面白そうなどと考えてみたり。

>GAMERAさん
GF? ん?GF? GFってあれだよな?FWの後の……え?GF?と軽くパニックになりました。
まさかコメントいただいてる方にGF経験者がいるだなんて……変態しかいないのかここはッ!!?
250cc4気筒機は全体的にやはり回さないと走らない機がします……
自分でホーネット乗っても低速かったるかったですし、
道行くバリオスなんかを見ても異様に吹かしてたり--
GFもツッコミ所満載なのでそのうち登場予定ですw

>emAcuさん
FZR、GSXRに到ってはリッタークラスも同時でしたからYAMAHA SUZUKIは恐ろしいです……
バブルの体力?ですかねぇ
2stも4stも45馬力ですが、γとホーネットのフィーリング差を考えると
4stは数値以上に大人しい気がします……が。
今の4stは30馬力そこそこなんだから、今のバイクと乗り比べたら張り合いを感じるかもしれません。

>ウェムラさん
コメントありがとうございます。
経験者からのコメントはホントありがたいのです。
峠は不向き--って高回転で走る場所が無くなった気が。
縁石にぶつけるクランクシャフトカバーってのもまた珍しいですね……。

No:970 2012/09/26 23:51 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:1019 2012/10/29 23:12 | # [ 編集 ]

いや〜懐かしいなぁ
フェザーは、よろメカの次原隆二さんのロードランナーが印象的でした。
2万回る4スト250は実用は1万回転前後だけでしたよ。
それ以上回すとエンジンがキチガイみたいに唸るし、回転の上がり下がりが激しくてギクシャクする。
1万回転以下はパワー無さ過ぎ。
とつてもしんどいバイクでした。

No:2436 2014/06/20 23:49 | マア坊 #pYrWfDco URL [ 編集 ]

こんばんわ、MT03でコメントした軍曹です。

学生の頃、スタイルに、憧れて中古をさがしてのりました。アンダーカウルつきのYSP仕様でした。

その時点で13年落ちでしたが、、なんと、オーナーズクラブがありました!また、17だった自分は、レーサーレプリカ世代のおっさんにおこられたものです。

まだガキでしたが、トルクの谷は半端ではなく、公道でながせば、トルクの谷にはいる楽しいバイクでした。
高回転はノイズがありながらも迫力があり楽ました。
マフラーはワンオフで作ったりしたら、、、余計高回転型になり、谷どころか、2サイクル車みたいになりました。

16インチタイヤはキレキレでしたし。
ブレーキはきかない(笑)

その10年後に、YZF-R6なんてのにものりましたが、こいつの経験が生きてた?のか恐怖はありませんでした。

親戚のヤマハのもとエンジニアのオヤジいわく、この頃のエンジンは、耐久性に問題があるとのことでした。
自分も最後はコンロッドはまがるわ、二番シリンダー死ぬわで大変でした。

最期はジールのエンジン載せて延命してました。
手はかかりましたがよい思いでです。


つーか、、俺ののってたバイクこのブログに結構のってるんですよ、、、CB-1とか、SRX250とか、、、

No:2936 2014/12/05 23:10 | 軍曹 #HfA1ASCo URL [ 編集 ]

はじめまして

このバイクとの付き合いも、もうすぐ30年になります。癖のある乗り味ですが今でも斬新なスタイルに魅了されています。

しかし、整備性悪いです。外装パーツ全バラしないと始まらないことが多く全て樹脂製なので経年劣化が進みひび割れが・・・。

前後16インチ、タイヤ選べません。と言うよりダンロップさん頼みです。雨に弱いです。3発になります。トルクの谷、ありありです。2ストやと思って割り切っていますが街乗り時の常用域なんですよね。

耐久性に難ありの1HXのエンジンですが28年間ノントラブルでした。しかし、一昨年末にオイル上がりでOHしました。欠品パーツの嵐で閉口しましたが3LNの流用加工とWPC&モリショットでしのぎました。腰上のみでしたが軽く¥30万越えに。(>_<)

今年には点火系の強化でウオタニSP-Ⅱ、まめしばさんのMSAをぶち込みました。これからも70歳まで乗れるよう、ますます変態っぷりを発揮したいと思います。

ちなみにフェザーではなくPHAZER フェーザーが正解です。(笑)


これからもブログ楽しみにしております。長文失礼いたしました。

No:3164 2015/02/15 02:40 | かわぴょん #ulYx6Mu6 URL [ 編集 ]

返信

>かわぴょんさん
コメントありがとうございます。
30年!!?!なんとすごい……。
カウル機は着脱時にツメやらが割れるのがどんどん怖くなりますよね……30年前のバイクともなればうわぁ……。
古いバイクのカタログなどに記載された性能曲線やら見てみると、
本当に4st機がトルクの谷を持ってるんですよね。
私はどうにも4stに谷が出来るようなイメージを持っていないので驚きます。
しかし30万かけてまで維持なさる根性愛情、敬服いたします。
僭越ながら70どころか80歳まで元気に乗られることを祈っております。

No:3176 2015/02/15 19:33 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして、通りすがりです。
昔乗っていたバイクが懐かしくなってググったらたどり着きました。後期型に乗っていたのですが、たまたま友人が買ったものの忙しくて乗れないからと走行1000kmほどの状態で安く譲ってもらいました。ええと、28年前のことかな。今もそうですが、さらに当時は女子並みの体重しかなかったし、攻めるような走りはするつもりもなく、8000以下でも十分に使えるバイクで、就職した後も通勤などでしばらく乗っていました。通しで8年間ほど楽しみましたが、その頃から電装系が怪しくなってきて(ホーンが鳴らないとか)、女房とタンデムするとさすがに重く、ギャイギャイ回さないとタンデムはきつい。それと多少の前傾姿勢からタンデム向きとはなかなか言い難い。それで流行り始めていたスクーターに乗り換えを考えていたところで事故。通勤途中で駐車しようとした車の左側に巻き込まれ小破。保険の関係から一度は修理しましたが、その約1年後にMajesty(初期型MC後)に。
トルクの谷は実用上やっかいなことがありましたね。
高速道路で6速80km超えのときにちょうどこの谷間に当たります。それだけならまだしも、しばらくその状態のまま走行しているとエンジンの調子が悪くなり、アクセルワークにほとんど反応しなくなります。2stでいうところのカブリみたいな現象とでも言えば良いのか・・・
それと、たま~にどっかの1気筒がお休みしたりします。何度か回してやると大体復活するのですが、子供だった自分にとっては「壊れちゃった・・・?」みたいにちょー焦りました。
でも、粗っぽい使い方でもほとんどメンテフリーでしたし、そのスペックとは裏腹に良くバランスの取れたバイクだったと今でも思います。ああ、懐かしい。
ということで書き込ませてもらいました。
古い記事のようですので読んでもらえるかわかりませんが、こんなオヂサンもいるということで。

No:3461 2015/05/11 13:09 | uraran #- URL [ 編集 ]

返信

>uraranさん
そうこう1000kmでとはまた羨ましい。
8000rpm以下でも十分に使える、という表現に時代を感じます……
さすがにこの世代の250でタンデムは酷ですねww
トルクの谷、なかなかやっかいなところに発生するようですね。
私のような若造ではおそらく乗っていられないのだろうなぁ……
また何か車歴にかかる記事がご覧になりましたら、
思い出ネタをコメント頂ければ幸いです。

No:3467 2015/05/12 21:24 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

原点のバイクです

駅で電車待ちしていたところに現れたソイツは、
まるでジェット機のような音を響かせて目の前を走り去りました。
記憶ではおそらくⅠ型のフェーザーです。

スラントノーズのデザインとエクゾーストノートに、
当時ヒコーキ少年でまだバイクを全く知らなかった自分は
「あんな飛行機みたいなバイクが有るんだ!」
と大興奮しました。

その日以来バイクに乗ると心に決めバイトと中免取得の教習所通いをして、
散々落ちまくってやっと中免取得。
しかしフェーザーは51万円とレーサーレプリカ並みに高価であっさりと断念。
バイクの原体験とはかけ離れたエリミネーター250を購入しました。

Ⅱ型の青白が一番好きでしたが、同じⅡ型の赤白やYSP仕様の銀黒(通称サバ)のツートンカラーも綺麗でした。
それとカウルスクリーンにPHAZERの文字が裏文字で書かれているのがカッコよかった!
前走車がミラー越しに見ると正文字に見えるという小憎らしい演出!

エリミネーターやその後に乗ったザンザスももちろん大好きですが、
FZ250フェーザーは初恋(?)のバイクとして想い出の存在です。

No:3760 2015/08/18 21:46 | PolarStar #- URL [ 編集 ]

Orange Road

2型のといっても2年間しか売ってないバイクですが、赤白に学生のころ乗ってました、チェーン調整という行為を知らなかったという恐ろしい話ですが、高速をガチャガチャいわせながら、言えないスピードで走ったのが今思い出しても…。2速でレッド手前まで引っ張ると、大型なんていらないだろって中免当時思いこんじゃってました。もういっぺんのってみたいな~
VX800に続き書き込みさせていただきました。素敵なところですねここは

No:4417 2016/06/09 08:54 | ハズ #- URL [ 編集 ]

すみません書き忘れました、上のタイトルですが、昔きまぐれオレンジロードというマンガにこのバイク登場してたんです。当時はほんとに話題のバイクだったんでしょうね。

No:4418 2016/06/09 08:58 | ハズ #- URL [ 編集 ]

当時のタンクバックはマグネット装着が出始めの頃だったのか、型落ちの商品はゴムバンドをタンクの裏から回してプラスチックバックルでパチンと装着するタンクバックもあった。
で、フェザーとかVTのFG型とかってタンクのサイドがプラスチックでマグネット式タンクバックが付かなかったのが、ちょっと不便だったんだよねw

あとは常用域は8000rpmだった…だからトルクの谷って言われてもって感覚だったかなぁ。
VTとRZRも乗ったけど、クォーターマルチは其々キャラクターが違って面白みあったけど、「なんかスピードの乗るのが遅い」って印象だったかな。
結局、高回転域まで延々と伸びていく感じがタルイ…。
2stがパワーバンドからドカーンと加速するのと違って、別の意味で失速を取り戻すリカバリーが大変…というより、高回転をキープし続けないと速く走れないって感じで、実質そんなの公道では難しい訳で。

低速のトルクは細いけど、息も絶え絶えノッキングする様な2stと違い、粘りがある様に思えた。
VTの様なゴム動力の様なトルク感は無かったけど、まぁマブチモーターみたいな‟ビョウ、ビュオウッ…ヒイイィィィン”って感じ?
ちょっと違うけど6発の滑らかさに似てる軽やかさというかな。

でもまあ街乗りでは十分でも、400マルチと比べるとやっぱり無理がある誤魔化した速さというか、加速の伸びにダイレクト感は無いよね。


No:4512 2016/09/01 08:27 | spobiamecr #- URL [ 編集 ]

レッドゾーンが遠かった。。。

こんにちは。懐かしさのあまり投稿させてもらいます。
Phazer、当時MVXからの乗り換えでした。
いろいろな側面を持つバイクでした。
第一印象:速い!当時の2スト並み。
第二印象:下から使える。なので慣れてくると高いギアを使う。
しかしそうすると、パワーバンドが遠い、、、
2ストなら2段落としで済むのが、こいつは3段落とし。
第三印象:長距離でMVXより疲れる。特に高速道路。
理由は高周波音。100キロで8000も回っているから。
第四印象:なぜか当時のナナハンが飛ばしていてもついていける。体感的な力強さはなくても、馬力はちゃんと出ていたようです。
第五印象:雨が降ると2スト並みの燃費。油温が上がらないから。燃料タンクが小さくて満タン200キロ走れなかった。
他にも独特なハンドリングなど、見どころがあったバイクです。
車体が小さいからか、女性が多かったけど、そんなバイクじゃなかったな。

No:4716 2017/02/05 23:10 | MVX #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |