その57 ルネッサ

垢抜けたイタリアンVツインカフェレーサー



Renaissa



無縁レベル:3




DragStarの際にちょろっと触れた単車、SRV250


Yamaha SRV250 92
SRV250('92)




Vツインエンジンを搭載する英国車風のバイク。
VツインスポーツはDucatiによって市民権を得ており、
日本メーカーでもHONDA SUZUKIは
ニュースタイルネイキッドでVツインを搭載したモデルを持っています。

とは言えそれらのモデルは前シリンダーがだいぶ寝た形のシリンダー配置で、
SRVみたく前後シリンダーがハーレーのように
どちらも上を向いている英国風はかなり珍しい部類です。
まぁエンジンの出所がジャメリカンのViragoなんだから当たり前ですが。


それにしてもかっこ悪い。

YAMAHAにしてはもっさりしすぎているデザイン。
良く言えば落ち着きすぎている。
悪く言えばオッサン臭すぎ

本当にこれがYAMAHAの作ったバイクなのか。
一部からはSUZUKIみたいとの声も聞こえてきます。(当社調べ)

そういやSUZUKIがこんな感じの作ったら便器フレンドリーなヤツになりましたね。


てなわけで英国風としてもYAMAHAとしても変わり種のSRV。
'83年の登場から10年以上に渡りなんとなく作り続けられました
250のSRポジションにしたかったのかもしれませんが、
流石にYAMAHAのプライドが許さなかったのか、SRVから派生するバイクが登場しました。






Yamaha renaissa250
ルネッサ('97)


上下に薄いタンクに低めにマウントされたハンドル。
タンクに合わせたカラーのシャープなテールカウル。
ヘッドライトカバーもボディカラーに合わせたもの。
まるでレーサーなプレートマウントの単眼のメーター。


SRVと同じエンジン・フレームを使いながらなんだこの差はッ!!?


なんだかものすごくオサレな感じのカフェレーサーに生まれ変わったSRV。

諸元は

空冷4stOHC2バルブ60度Vツイン248cc
最大出力27馬力/8500rpm
最大トルク2.5kgm/6500rpm
乾燥重量142kg




可もなく不可もなく、と言った構成でしょうか。
登場した時代を考えると250クラスでは単気筒がすでに幅を効かせており、
20馬力そこそこしかない空冷単気筒がゴロゴロしてた時代だと思われます。
そんな中、空冷のVツインで27馬力あるんだから比較的スポーティな部類でしょうか。
乾燥重量142kgというと、現行のCBR250Rが乾燥重量141kgってことで同レベル。
っていうか27馬力/8500rpmもCBRと一緒
トルク値はルネッサに軍配が上がり、回転域もルネッサの方が下です。
出力曲線はあるいは最新のCBRよりルネッサの方が優秀?なんでしょうか。

ここが時代を感じさせる--というかスタイルとしての問題ですが、
前後18インチですので17インチ車ほどしっかりスポーツってワケにはいかないと思います。
とは言え細いタイヤの前後18インチというのは前だけ18インチと比べれば
適度なヒラヒラ感と適度な抵抗感(立ちの強さ)が両立された気持ちのいいサイズです。
この辺りもイタリアンな感じが出ていて味のある部分ではないかと思われます。


初めて見たときはこの柿色が気に入らずかっこ悪いと思ったんですが、
別カラー見てみると思ったよりセクシーでいい感じでした。


トップスピードは130km/hそこそこの模様。
5速ミッションですから6速あればまたちょいと違ったかも知れません。
前身があくまでViragoとSRVなためスポーティーさに欠けるのはしょうがないです。
その代わり燃費では非常に優れており、リッター25km以上を安定してマークできそうです。
空冷Vツインらしいガザツさが残っており、VTRのような水冷Vツインと比較されると辛いところ。
これもガザツさの解釈が問題で、
そもそもこのスタイルでモーターのようなエンジンを必要とするかどうかというところ。
スムーズなバイクが欲しければ最初からVTR買ってるでしょうし、
ルネッサを選ぶ人の場合このガザツさを味として解釈できるものと思います。

スポーティーさに欠けるとは書いたものの、
それでも同年代の空冷単気筒勢に比べれば十分スポーティなエンジンで、
ワインディングをほどほどに楽しめる性能は持ち合わせていると言えるでしょう。


欲を出すならば以前書いたことと同じ内容ですが、
トルクを活かした走りをするために400ccで出して欲しかったところ。
250ccではどうしてもエンジンパワーに余力がないため、
そこそこあちこちでオールラウンダーに走れるバイクとするならば
やはりせめて400ccは欲しいところ……。
逆に排気量を大きくしすぎると車重が増えすぎて軽快さが激減するため、
大型クラスの排気量はいらないなぁと感じます。

ってなわけで最後にこんな個人的な理想に準じて
大きなルネッサを考えるとどうなるか?


空冷4st2バルブ70度Vツイン399cc
最大出力 40馬力/8500rpm
最大トルク 3.5kgm/7000rpm
乾燥重量 170kg前後
タイヤサイズ F 100/80-18  R 120/80-18


こんなところでしょうか。
ちなみにエンジン諸元はドラスタの先代、Viragoのスペックより参照。
正直ドラスタの30馬力は非力すぎるので、
数値上は上だったViragoのエンジン使った方が良さそうです。

現状YAMAHAの400ccラインナップはSRにドラスタとマジェスティがあるだけなので、
SRよりスポーティー枠としてSRVルネッサ400を出してくれたら嬉しいところ。

知名度は高くない車種ながらもそのスタイルは比較的良いので、
新型の如くさりげなく復活すれば案外いいのでは。





--っていうか無縁レベル3のバイクがカッコイイなんて……
YAMAHA恐るべし。

2012/10/04 12:20 | 無縁レベル 3COMMENT(13)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

SRVはヤマハ嫌いな自分が格好いいな-と思ったバイクなんですが、

>>一部からはSUZUKIみたいとの声も聞こえてきます。(当社調べ)

なるほど、だからかw


>>トルクを活かした走りをするために400ccで出して欲しかったところ。

おしゃれなVツイン400には既にアレがありますからねぇ。
複数台持ちが許されるなら3台目あたりに欲しいところです。

No:980 2012/10/04 23:03 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:981 2012/10/05 09:53 | # [ 編集 ]

No title

大きなルネッサ…
何年か前のモーターショーで、「SAKURA」なるコンセプトバイクが展示されてました。排気量は忘れましたが…。

しかし柿色でもオシャレバイクに見せてしまうヤマハって、ある意味変態?w

No:983 2012/10/06 22:17 | ZZR600E10 #- URL [ 編集 ]

No title

知り合いの爺様がSRVをカフェスタイルに弄って乗り回しておりました。

いっそドラスタ1100のエンジンを積んでスポーツ思考のカウル付きにだな・・・
おっとS社のバイクを引き合いに出すのは野暮ってもんだぜ

No:985 2012/10/11 19:33 | 萌父 #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>Impさん
周囲の声で「SUZUKIっぽい」をちょくちょく聞いてます。
ImpさんのSUZUKIセンサーの精度が高すぎる……ッ
オシャレなVツイン? あれー? そんなのあったかなーぁ?
ともあれアッチは比較的ガチスポーツなので、
かつてのモンスター400のように馬力は過剰に求めずなヤツが一台あってもいいかなーと考えた次第。
まぁ仰る通りメインバイクとしては--ですね。


※コメ返信
ご指摘ありがとうございました(汗
こちらに恥をかかすまいと閲覧制限コメにて指摘をいただき、お気遣いに感謝しております。
やっぱSRVってリッター30km走るんですねぇ……燃費いいなぁ。
そしてそれが「微妙に速い」から「楽しい」。
確かにスタイルは重要なんですけどそれ以上に「楽しい」が重要です。
リクエスト車種にご希望の排気量があれば拍手コメなりコメント欄なりにて
お知らせいただければ幸いです。


>ZZR600E10さん
YAMAHAの'08年のコンセプトバイクですね。
旧XS系をイメージした1000ccVツインカフェレーサースタイルのヤツです。
あれは色合いも絶妙でスタイルも良し、ものすごく市販して欲しいんですが--
無理ですかねぇ……。
ルネッサにせよSAKURAにせよ妙な色を使っても魅せられるバイクですが、
YAMAHAは造形のレベルが違うんでしょうかね?w


>萌父さん
SRVカフェレーサースタイル……いいですねぇ。
確かにいじれば映えそうっていうのは分かるんですが、
純正がダサイってのはYAMAHAにしてはやっぱり珍しいと感じます。
ドラスタエンジンで--ってなるとやはりSAKURAか……
SAKURAカフェレーサー? あぁいいじゃないかッ

No:994 2012/10/13 14:43 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

RG125ガンマのところでコメントしたoshinです。
ツーリングで臭い臭いと言われ、最後尾しか走らせてもらえないので、よりによってルネッサを安く買い、ちょこちょこ直してます。
ツーリングに行っても大丈夫かな?というところまで来たので昨日行ってきました。
年配の方には、「こんなバイク、あったような、、気がする。」と言われました。
ただSR乗りには、「懐かしいバイクに乗ってますね」と言ってましたが。

むちゃくちゃ楽な上半身に、折りたたまれ感のあるやや窮屈な下半身というアンバランスが若干気になるものの、回転数を上げるとモーターのように回りそこそこパワーのあるエンジンで、鈴鹿スカイラインを気持ち良く走れました。

が、「本気で固めたピンクナンバー」には、峠ではやはりかないません。
住んでいる場所柄、自動車専用道路がせめて通行できれば、行動範囲が広がるのでいいのですが。
動力性能はルネッサを余裕で上回るだけに残念です。
当分は2台持ちですかね。

SAKURAはやはりルネッサの大排気量版だと思います。出たら真剣に購入を考えそうです。

遅くなりましたが、祝100回!
これからも無理せずに続けて、楽しませてください。

No:1625 2013/11/03 09:32 | #- URL [ 編集 ]

返信

>oshinさん
ガンマはオイルも散りますものねぇ……
自分のケツもナンバーも黒い斑点、後続車のカウルにポツポツと。
高専時代の思い出です。
SR乗りは流石ですねぇ……と言っても多分知ってる人はやはり希有なのではと思ってしまいます。
ルネッサは「ほどほど」に走るのであれば楽しいのでしょうが、
ガンマのスポーツ性を体感しているとどうしてもルネッサはしんどい部分があるのでしょう。
しかし羨ましい2台体制でいらっしゃるw
YAMAHAのコンセプトは市販に遠いというジンクスもあるらしいですが、
どうにかこうにか市販してもらいたいモンです。

相も変わらず駄文を垂れ流すブログではありますが、
これからもお楽しみ頂ければ幸いです。

No:1630 2013/11/03 23:46 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

SRVのデザイン

懐かしいです…。
当時、私の周りでは比較的評価が高かったような気がします。「さすがヤマハだな、オシャレだね」といったような。
ヤマハのバイクで10年以上販売されたというのは、デザインが受けいられた証拠では?と、思ってしまいました。
おっさんの戯言なので、お気になさらず(笑)
これからも、ブログがんばってください。

No:1737 2013/12/21 18:55 | カイト #- URL [ 編集 ]

返信

>カイトさん
評価があったというお話を聞くと、やはりバイク(というかデザイン?)は難しいなぁと思います。
フロントから流れてくるタンクのラインがあまりYAMAHAらしくないかなぁと感じました。
それこそMunchのTTS1200みたいな、戦後すぐ辺りのヨーロッパ車みたいな雰囲気だなぁと。
緑になると案外いいなぁ、なんて思いましたがw
また何か思うところあればコメントをお願いします!

No:1739 2013/12/22 21:06 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

>それにしてもかっこ悪い。

おかしい。こんなにかっこいいのに。
おっさんくさいだと…
本当に価値観は人それぞれですね~

No:2032 2014/03/18 17:40 | #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>> 本当に価値観は人それぞれですね~
好きな人には申し訳ない書き方をしてしまってます。
私感ですが、タンク形状が重さを感じさせる割に貫禄が足らないのと、
SRで感じたタンクからテールに流れるラインが無いなぁ……と。
しかしやはり好みの世界は人それぞれだと、これだけは絶対だと思います。

No:2034 2014/03/18 20:56 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

SRVのタンクの形状、個人的にはたまらないです。
エキパイの取り回しといい、ここまで色気のあるバイクないと思うなー

No:2351 2014/05/25 01:52 | 24歳 #- URL [ 編集 ]

初めまして。
この記事を読んで免許取ってすぐに初バイクとして買っちゃいました。しかもルネッサじゃなくてSRVの方。
存外7000回転くらいから上がスムーズに回って面白いです。
奥多摩に遊びに行ったところ年配ライダーの皆様からは好評でした。

No:4320 2016/04/27 20:53 | 馬旦那 #w9ztqkMU URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |