スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その60 DR800S

ファラオの怪鳥



DR800S



無縁レベル:3




オフロード系というのは基本的に小排気量で展開されています。
不安定な足場で車体を操らなければならないため、
絶対的なパワーよりも軽量さの方が重要になってきます。

日本でオフ車と言えばメイン市場は250ccクラス。
海外でも著しく大きい排気量は少なく、500cc以下が主要排気量だと言えます。

--と、これが過去の話で、近年面白いジャンルがラインナップを増やしています。
オフ系の車体に大排気量エンジンを積んだビッグオフ「アドベンチャー」系です。
大排気量による長距離走行の快適性
ミニカウルやウィンドスクリーンによる防風性
オフロード車体による悪路走破性
パニアケース等装備物による積載性


デュアルパーパス系をサイズアップしたもの、とでも言えば良いでしょうか。
源流を辿ってみるとパリダカマシンこそがそれではないかと思われます。

パリダカというのはダカールラリーというレースで、
かつてはフランス パリからアフリカ西端 セネガルのダカールまでを走る
世界一過酷なレースと言われたものです。
1台のバイクが砂漠を駆け抜ける酔狂な絵がたまにありますが、
大抵このパリダカ絡みの画像だったりします。
ちなみに現在は諸々の事情により南米で行われているそうです。

パリダカ系の市販車を積極的に出してるイメージがあるのはBMWやHONDAでしょうか。
BMWのGSシリーズとかHONDAならアフリカツインあたり。
まぁこんなバイク共が80年代から存在しており、
今日のアドベンチャー系の基盤を作り上げたのではないかと思います。

普通のオフ車に比べると排気量の大きいこれらですが、
そこはやはり普通のオフ車と違って多気筒エンジンを採用しているマシンが多いです。
そりゃ単気筒なんてタダでさえ振動がでかいのに
ピストンサイズ大きくしたら余計に振動が悪化します。
素直に2気筒化したほうが利口ってモンです。
ってなわけで大排気量単気筒と言えば各メーカー600cc半ば程度が限界です。





1社除く。



もうね、ホント何作ってんだろうね!!




suzuki dr800s
DR800S('90)


SUZUKIは期待を裏切らない。
量産車世界最大の単気筒です。
その排気量779cc
何やってんだ。


ってなわけで諸元。

油冷4stOHC4バルブ単気筒779cc
ボア×ストローク 105mm×90mm
最高出力54馬力/6600rpm
最大トルク6.32kgm/5400rpm
乾燥重量194kg

(諸元は'91年モデル参照)


779ccの単気筒でしかも油冷
もうなんか色々と楽しくなってきます。
極上の変態バイクです。

ナナハンオーバーでありながら乾燥重量で200kg切ってますから
車重は比較的軽い部類だと思います。
54馬力という数値も排気量の割に低いようですが
回転数が低いのでパワー不足と断ずるのは早計というもの。
ガソリンタンク容量24Lというオフ車としては破格の容量。
'90年の前期型や先代のDR750Sなんて29Lタンクです。
リザーブ容量だって7Lとか5Lとか。
トライアル車のタンク容量並みのリザーブ……。
シート高も890mmという日本人には嫌がらせ級の高さです。
なんせオフ車で輸出車ですからそんなもんです……。

何より驚くべきはそのボアストローク数値
直径10cmのピストンってなんだ。
しかもそんな重量物が毎分何千回も9cm往復作業

なんか6600rpmも回したらバラバラになりそうです。


ちなみに写真の雰囲気がいつもと違いますが、
このバイク友人所有の車両です。
なんて珍車に乗ってやがるんだッ

そんなワケでこんな珍車に乗車した経験があったりします。


まず不安に思われるところは足つきでしょうが、
案外足つきはイジメと言うほどではありません。
890mmもの高さがありながらシート幅が狭いため、
シートに乗せた股からほぼ真っ直ぐに両足がおろせます。
いやまぁおろせたところで170cmしかない私の身長では
両つま先立ちの三角木馬になってしまうんですが。

オフ車としては重すぎると言わざるを得ない200kgオーバーの車重。
確かにオフ車としては重いんですが、ツアラーと考えると軽いので無問題。
重心は高いものの300kgに迫るBMWのRTに比べりゃこんなの屁でもないです。

乗車姿勢は全くの直立で非常に楽な姿勢。
ハンドリングも素直だった記憶があります--が、
攻める気にさせるかというとちょっと別問題。
あんまりガチなスピード域でこのサスはちょっと--と思った記憶が。

んで特筆すべきはその独特なトルク感
まぁ800ccの単気筒なんだから当たり前ですね。
連続でケツを蹴られるように進んでいきます。
ギクシャクはしてないんだけども確実にガザツ。
4気筒はモーターみたいだと言われることがありますが、
コイツに乗ると確かにその意味合いがよく分かります。
よくハーレーのエンジンは鼓動感があって良いなんて言われます。
これは爆発間隔が大きく、不等間隔なことから生まれるフィーリングですが、
ハッキリ言ってハーレーとDRを比べると鼓動感だけならDRの方が上です。
不等間隔のリズム感?そんなモンは知らん!
粗雑で力任せの鼓動こそが漢のリズム。



はい、なにか意味の分からない熱に目覚めました。すみません。

そう言えば記事サブタイトル。
「ファラオの怪鳥」とはウェブ上で見かけたDRを形容する言葉です。
ファラオ、とはカタログに
砂漠を駆け抜けている姿が印刷されていた
ことに起因するワードだと思われますが、
怪鳥というのはなかなか言い得て妙なワードだと思います。

この手のクチバシに見えるデザインは現在ではBMWのGS系のイメージが強いですが、
このデザインを最初に量産していたのはSUZUKIのDR750Sでした。
ノーズからタンクカバーまでを一体化させたデザインであったことから、
稀代のカウルフェチ ハンス・ムートの仕業ではないかと言われますが、
どうもDRのデザインとムートは無関係のようです。

GSと比較すると一般感性ではとてもじゃないけどカッコイイとは言わないだろうこの姿。
確かに垢抜けた流麗な鳥達が増えた現在では怪鳥と呼ばれても仕方ない気がしま--








suzuki dr800s (4)
'91のSUZUKIのバイクカタログ






suzuki dr800s (5)

…………ん?







suzuki dr800s (6)
狙ってたーーーッ!!


20年以上前から狙ってたーー!!!

時代に取り残された故の怪鳥じゃなくて
最初から怪鳥だったーー!!!






うん、なんかもうDR大好きです。



完。

2012/10/25 08:40 | 無縁レベル 3COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

確かにこれは異様なテンションにもなりますよ。ははは。
マッサージチェアーなら全身の疲れをほぐしてくれますが、長距離走ったら、違う意味の虚脱状態になりそう。200~300kmなら自転車の方が楽な気がします(;^_^A。

こんなの見ちゃったら、将来自分がまたバイクに乗るとしても、SUZUKI以外の選択肢はないなぁ(笑)。

No:1007 2012/10/25 19:27 | emAcu #/jROnekQ URL編集 ]

No title

オット出ました変態SUZUKIのDR。DRの250ccには、走ると車高が変わるというトンデモナイ機能が付いたモデルもありましたよね。DR800Sのコピー“ファラオの怪鳥”の“ファラオ”とは、ファラオ・ラリーのことですよ。当時のワークス・ラリー・マシン「DR-Z(ジータ)」の市販バージョンがDR800Sだったと記憶してます。パリ・ダカでもファラオでも結構活躍してました。

No:1009 2012/10/25 21:40 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

No title

相変わらずスズキは20年先行ってますよね。

レーサーをカウル外してストリート用にしているストファイだって、
スズキはウルフとコブラで既にやってましたからね。

個人的にはGSR系はコブラにして欲しいところ。

それにしても管理人の回りには変なバイク乗りが多いですねw

No:1010 2012/10/25 22:22 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

No title

>emAcuさん
その虚脱マシーンで北は北海道 南は鹿児島まで走り回っている友人が……
マイナーバイクに惚れ込むのはいいんですが、
タマが見つからんのが難点ですねぇ……

>GAMERAさん
そういやDR250も珍車でしたねぇ……SHでしたっけ。
ファラオラリーってのもあったのですね、知りませんでした--迂闊
しかもDRはジータだったのか……
いや、色々と情報感謝です

>Impさん
カタナも未来見据えすぎですしw
しかし未来を見据えてもなにかずれてるSUZUKI
コブラはともかく、ウルフはカウル脱がしただけに飽きたらず足回り弱体化ですからね、
どんなバツゲームだソレと。
えーと……なんか類は友を呼んでます。

No:1011 2012/10/26 00:49 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

はじめまして

ネットをテクテクとしていて
このサイトを見つけて嬉しくて書き込みました。
まだ、乗っています(笑)
部品がないのでいつまで乗れるかは判りませんが
頑張ります。

追伸
先日、トライアンフのタイガー乗りの友人に乗せて欲しいと
頼まれて貸しました。
感想は「前に進みませんね」「振動でバックミラーは見えませんね」と散々でした(>_<)
でも、それで良いと思って乗っています(笑)

No:3588 2015/07/02 14:47 | 中尾 #Ebn2Ssi2 URL編集 ]

ファラオの怪鳥+TL1000エンジン−ロリダン=DL1000 v-strom
ですかね?

No:4375 2016/06/02 00:02 | koo #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。