その62 SEROW

在り続けたオフロード



SEROW



無縁レベル:1





ラインナップし続けること。

ベストセラーではなくロングセラー。
爆発的に売れるわけではないが一定の支持を集める。

適当な言い方をするとベストセラーなんてのは
流行に合わせればそれで出来てしまうわけですが、
(それこそが難しいことではありますが)
ロングセラーというのはいつの時代でも支持されうるだけの
普遍的な価値を持たなければなりません。

それはカブにおける燃費であったり、
V-maxNinjaにおけるスタイルであったり、
流行廃りで変動してしまう価値観に対抗できるものを持たなければ
十年以上の月日を生き残ることはできません。

カモシカと呼ばれる一台のバイクも
四半世紀以上ラインナップを続けるロングセラーです。




Yamaha serow225 89
SEROW225('85)


空冷4stOHC2バルブ単気筒223cc
最大出力20馬力/8000rpm
最大トルク1.9kgm/7000rpm
乾燥重量102kg



特に目立ったスペックを持たないオフロード車。
そのエンジンは軽量さがウリだった4stオフロードXT200のものをスケールアップしたもの。
しかし闇雲に馬力を求めることはせずXTから2馬力アップにとどめ、
低速トルクの確保に努めつつ車重もXTからわずか4kg増加に抑えています。

さらにオフ車では高くなりがちなシート高を810mmに抑え足つき性も確保。
ハンドルの切れ角も大きめに設定し、軽量な車重と相まって
非常に良好な操作性を持つバイクに仕上がっています。


扱いやすいエンジン
軽量な車重
足つき性の良いシート
大きく切れるハンドル
良好な燃費
メンテナンス性の良い空冷単気筒



バイクとして欲しい用件を全て取りそろえているようなバイク。

過激なものを良しとする性格であればつまらないの一言で斬られますが、
セカンドバイクとして考えるならこれほど優れたバイクもないでしょう。
その上転倒時の被ダメージを考慮した設計までされているんだから驚きです。


競技車的にオフロードを速く走ることは求めず、
あくまで市販車として扱いやすさという観点でオフ性能を求めており、
同時に燃費が良いため比較的小容量のガソリンタンクでも
ツーリングを可能とするほどの航続距離を持ち合わせています。


レビューを漁った印象だとトップスピードは120km/hに届かない程度
そりゃ250ccに満たない空冷単気筒じゃそのあたりが限界でしょう。
元々風をモロに受けるスタイルなので高速に乗れるのはおまけ程度と考えればよいでしょう。
絶対的な加速性能も知れた物との記述が多いですが扱いやすいんだからしょうがないです。



それにしても登場した年代を考えると
セローがロングセラーになったのは非常に興味深い事実だと感じます。

セローの登場は'85年の8月のこと。
カウルレプリカブームの火付け、ガンマの登場は'83年2月
セローまでの2年半の間で登場しているのは--

NS250R
NS400R
KR250
RG250γ
RG400γ / 500γ
RZV500R


TZRの登場は'85年11月のことで、まだこの頃のYAMAHAは250クラスはRZに依存しています。

この通りγの登場以降、
空気読まないKAWASAKIまでもが250レプリカ市場に乗り出しており、
車検クラスの2stレプリカはもう揃いきっている状況。

レプリカブームのこの状況下、パッとしないスペックで今日まで売り抜けてきたセロー。
なぜこのバイクがこんなにも長い間生き残り続けたのか。


このキモになるのが、先にも書きました普遍的な価値だと考えます。
原付はさておき、バイクにおける普遍的とはどういうことであるか?


個人的な考えとしては
初心者にとっても、熟練者にとっても、
というのが普遍的であるということかと思います。

セローにおいて考えるならば、
軽量な車重は初心者にとっては取り回しに関わるのでもちろんありがたいことですが、
軽さは絶対的に運動性に寄与することから熟練者にとっても大きなメリットとなります。

このことを念頭に置いて先に挙げたセローの特徴を見てみると

扱いやすいエンジン
軽量な車重
足つき性の良いシート
大きく切れるハンドル
良好な燃費

メンテナンス性の良い空冷単気筒


--と、このように少なくとも赤字の点に関しては
熟練者にとってもありがたい部分でしょう。

また扱いやすいエンジンというのもマルチユースのセカンドバイクとして考えると
熟練者にとってもメリットになりますし、オフロード車であるということが
併せてマルチユースの幅を大きく広げてくれます。

空冷単気筒が良いかは別として、
メンテナンス性が良いのはむしろ熟練者にとってのメリットでしょう。

しかもコイツは車検のない250ccクラス
ガレージに置いておいても邪魔にはなりません。


初心者にとっては扱いやすい1台目として。
熟練者にとってはいろいろ使えるセカンドバイクとして。

幅広い層をターゲットに出来るんですからそりゃ一定数売れるわけです。
私が思うに、
250クラスにおいてセローは最も完成されているのではないかと思います。




スポーツできる250クラスのカブ、セロー。

'05年にフルモデルチェンジして排気量も249ccにアップしましたが、
2輪不況の状況下コイツがあと何年ラインナップを続けるのか。



できればカブと同様に無くならないで欲しいバイクです。

2012/11/10 17:07 | 無縁レベル 1COMMENT(13)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

自分はバイクは回してこそ、コーナーの立ち上がりを楽しみたいと思っており、
ジャンルとしてはオンロードをいかに楽しく走りたいって人間です。

知人はバイクはツーリングや旅、車では入っていけないところに
気軽に入っていけるのがバイクの楽しみといってる人がいます。
そんな人はセローとか軽量オフ車が好きみたいですね。

車で言うとジムニー?パジェロミニ??

バイク乗りといって安易にツーリングに一緒に行くと
林道とか砂利道に躊躇無く入っていくので大変ですw

とはいえ、日本は色んなジャンルのバイクが有り、そのバイクを楽しめる
色んな場所があることはすばらしいことですよね。

No:1029 2012/11/11 00:46 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

Re: No title

>Impさん
シビアな回転数管理こそが醍醐味ッ!ってタイプにゃあ
ちとばかし大人しすぎると感じますねぇ。
とはいえフリーダムにダートを走れるってのも魅力的に見えます。

No:1030 2012/11/13 00:11 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

どうもこんばんはです。

コイツも我が家に縁のあるバイクでして、
ジールを壊した親父が当時自分が乗っていたDT50を真似て乗り換えたのがセローだったのです。
最終的には自分が譲り受けた訳なのですが
DT50→RZ250R→セローという具合に2stからの乗り継ぎのせいか、逆に乗り難く感じました。
今でも4stのエンブレが好きじゃないです。

去年セローからトリッカーに乗り換えましたが、セローより面白いバイクですよ?

次のネタにでも如何でしょうか?



No:1373 2013/06/29 19:27 | KNZW #qBVoaApM URL [ 編集 ]

返信

>KNZWさん
2stから4stでエンブレが怖いってのは友人から聞きました。
というかDTからRZとは……なんて素敵な乗り継ぎ方をッ!!
トリッカーは軽いから面白そうですねー。
タンクさえ……と思いつつ、タンク容量増やしたらもうトリッカーではないですね。

No:1377 2013/06/30 00:28 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

セローのエンジンで車検のないSRを作ってくんないかな~

…って需要ないか!!Σ(゜Д゜)

No:1915 2014/02/11 01:06 | ウォーリー #- URL [ 編集 ]

返信

>ウォーリーさん
セローでSR……案外ありかも知れませんねぇ。
いっそSRどころかSakura風のデザインにして……。

No:1919 2014/02/12 20:33 | Chaos-T #- URL編集 ]

最近、知人から教えてもらい追いかけているところです。

90半に免許をとりその前後の雰囲気を思い出し懐かしく思いました。当日はレプリカブーム終わり頃とはいえまだ熱は残っていました。オフ車も事情が似ており、エンデューロは各地で行われ、素人レースが結構あったことをこの記事を拝読し思い出したところです。

私は2stオンロード派でウルフ250から最終Vガンマ(VJ23A)に乗り換えたくちでしたからオフは全然でしたけど。

これからも楽しみにしてります。

No:2926 2014/12/01 21:43 | す #- URL [ 編集 ]

返信

>すさん
コメントありがとうございます。
VJ21AからVJ23A……時代を感じる乗り換えですね……。
私は走行会情報に明るくないので現状が果たしてどうなのかはよく分かりませんが、
やはり昔の方がレースイベントなども多かったのでしょうね。
昔を羨んでも仕方ないのですが、それでもどうしても羨ましいもんですww

No:2933 2014/12/03 21:34 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

レースイベントも探せばまだまだありますよ.
ただ,新規参入がすっかり減り,昔からの人ばかりですが.

私がまさにChaos-Tさんぐらいの年代の時に現役だったバイクが取り上げられているので,ここは素晴らしいおじさんホイホイだと思います.

No:2939 2014/12/05 23:47 | す #- URL [ 編集 ]

返信

>すさん
私はVJ22Aに乗ったことがありますが、乗ってるのがカタナでしたから曲がるように感じましたね……
23Aなんか乗ってみたいモンです。
500ガンマは本当に低速がそこそこあるようですね。
ポジションも厳しくないからツアラー運用がある程度可能だとかなんとか(燃費以外)

昔からの人ばかり--たまにみる雑誌の記事見ると、
確かに元気なオジサマ方が跋扈されてる写真が多いような。
おじさんホイホイな記事を認めていると、
やはり先輩方が羨ましくなります。

No:2950 2014/12/14 20:09 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

うちにあるセルつきのモデルは120km/h越えます。
その代わりフロントフェンダーがぶるぶるいわします。
扱いやすくてほんとにいいバイクなんですが、唯一の欠点が
始動性の悪さ。
最新モデルはインジェクション化してそこもクリアしてるんでしょうか?

しかしリッターバイクのセカンドとして購入される方も多く、
そしてそのまま母屋を取られる方も多い、魔性のバイクですw

No:3060 2015/01/12 10:30 | #- URL [ 編集 ]

返信

>> うちにあるセルつきのモデルは120km/h越えます。
さすがに出るには出るのですね。
ってフェンダーが震えるということは厳しいですなww
セロー始動性悪いのか……
評をザッと見てみるとFIは冬場始動性が段違いなんてのもありますね。
セカンド便利バイクの母屋乗っ取り率は異常ですwww

No:3071 2015/01/13 19:49 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:4462 2016/07/04 12:06 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |