その65 RZ250

始まりのマシン



RZ250



無縁レベル:1




2stシリーズ第2弾。


マイナー変態緑色に次ぐマシンは
30才以上のバイク乗りならば恐らく誰でも知っているであろう名車中の名車。


若造込みの知名度考えたら無縁レベル2ってとこでしょうが、
これをレベル2にしてしまうことはできませんでした。






'73年10月のこと。
第四次中東戦争によって石油価格が高騰しオイルショックが発生
石油価格が高騰してしまい、
それまでシンプル・軽量・ハイパワーをメリットとして生き延びてきた2stエンジンが
その燃費の悪さから立場を危うくしてしまいました。

これによってそれまで基本的に2st専門メーカーだったSUZUKI
4stエンジンのGSシリーズをリリースするに至ります。

さらにはアメリカから始まった自動車排ガス規制の締め付けも
排ガスが汚い2stエンジンが割を食うところ。

2stエンジンもボチボチ無くなるかもしれない。
そんな兆しが見え始めた頃、空冷2stスポーツの正統進化形として生み出されたマシン。







yamaha RZ250 80 1
RZ250('80)



空冷2stのカフェレーサーRD250の進化形として生まれたRZ。

伝統の空冷エンジンを水冷にリファイン
マフラーは当時一般的ではなかった膨らみが目立つチャンバー型マフラー
標準で装備されたバックステップ
そしてロードスポーツ初のカンチレバーシングルサスペンション


その構成はレース専用マシンとして販売されていたTZ250に近く、
装備、技術のフィードバックという意味合いならば
これこそが最初のTZレーサーレプリカ


ではでは諸元を。


水冷2stピストンリードバルブ並列2気筒247cc
最高出力35馬力/8500rpm
最大トルク3.0kgm/8000rpm
乾燥重量139kg



今見るとパッとしませんが、
当時250クラス最強のスペックを誇ります。
エンジンのハイパワーさもさることながら、何より軽さが効いています。
そもそもアルミ部材の利用があんまり一般的でなかった時代に、
鉄だらけの車体で乾燥重量139kgというのは驚異的です。

そのパワーウェイトレシオは400クラスに匹敵し、
軽量さを武器に400を煽れることから400キラーと呼ばれ、
兄貴分にあたるRZ350も同様の理由で750キラーと呼ばれました。


その技術的装備的なフィードバックによって上位排気量に劣らぬ性能を得たRZ。
それと同時に何よりこのバイクが素晴らしかったのは格好良かったこと



Yamaha RZ 350LC YSP

350でしかも限定版の画像ですがサイドビュー。
流麗な形状のタンク。
タンクに合わせてサイドカバーからテールへと連続性を感じる形状。
そしてその連続性を強調するタンクからテールへと描かれたアクセントライン。
ホイールもスピード感の強いサイクロン型10本スポークキャストホイール。
チャンバーも複雑に湾曲しながら膨らみ窄まり美しいラインを描き、
それをメッキではなく塗装色の黒でグッと締める。

随所に散りばめられた速さの説得力。
そして実際に速い。


当時はバカ売れしたらしいですが、そりゃ売れないわけがないですね。
格好良くて速いんだから誰でも飛びつきます。


RDもロードスポーツとしては非常に流麗なスタイリングをしていましたが、
あちらは今となっては時代を感じてしまうカフェレーサースタイル。

それに対するRZは完全に近代型ネイキッドの体を整えた上で
今見ても古さを感じないかっこよさを持ち合わせたロードスポーツ。
個人的には現行のラインナップと並べてもなんら遜色がないと思っています。


エンジン特性はお約束な2st的加速フィーリング。
いわゆる二次曲線的加速のようで、
そのあたりはやはり同じ馬力を持つとはいえ4stのVT250Fとは違う刺激的な部分。
乗ってみれば楽しそうですが所有するのはしんどそう。

当然古い2stのお約束。
カブりによる片肺、始動難はあるようです。
まぁその辺は下手打ちゃ90年代のガンマですらそのザマでしたし、2stとカブりはセットです。






現行ラインナップでYAMAHAには普通のネイキッドがありません。
一応250クラス最強マシンと言えるWR250が居るには居ますが、
やはりあのWRのスタイリングは舗装道路を走ってるイメージが弱く、
あれで最速といわれても意外性が先に来て直感的な説得力が弱いです。

ロードスポーツ型による最速。

WRのエンジンを流用した軽量ネイキッドを--
--ってSDRの時も書いたなぁ。


なんだかんだ言ってCBRもNINJAも受け入れられてるんですから、
スポーツバイクはそこそこ売れると思うのでYAMAHAさん本気出して欲しいです。


っていうかRZのスタイルそのまま復活の方向で!

2012/12/09 12:36 | 無縁レベル 1COMMENT(11)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

No title

お、2st特集ですかw

後輩がRZにFZRの足回り移植してフルカスタムしてました。
何度か焼き付かせて350のエンジンを移植しようとして四苦八苦してて、
そのうち手放してましたが。

そのうち、空気を読まずフルモデルチェンジして大爆死した
俺の愛車も紹介も宜しくお願いします!w

No:1046 2012/12/16 23:21 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

Re: No title

>Impさん
RZをそこまでやるとは……なんか刀研ぎに似た執念を感じますね。
こう当たり前に焼き付きという言葉が出てくるところが旧車2stクオリティ。
愛車ってまさか……RZ…………

No:1048 2012/12/22 09:54 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

No title

私の一番最初のバイクです。レプリカブームの中で値段がものすごく安くて、先輩にただ同然で譲ってもらいました。E/Gは定番の350積み替えでしたが、事故後でフロント周りは250のままというちょっと怖いバイクでした。

No:1088 2013/01/20 14:48 | おてつ #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>おてつさん
コメントありがとうございます。
RZ・RZV経験者がいらっしゃるとは……。
レプリカブーム期に刊行されたヤンキー漫画見てると
たかだか3年落ちの初代ガンマが「型落ちオンボロ」なんて言われてましたが、
本当に日進月歩だったんだなぁと頂いたコメントを読んで感じました。
それにしても350エンジンの250フロントは怖いです……。

No:1089 2013/01/20 23:56 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

No title

ここ読んでいるうちに2stに乗りたくなってきました。
今インドネシア在住ですが、カワサキの2st150ccが新車で手に入ります。
名前はNIAJA150RRって、おい!と言いたくなる名前ですが。

No:1090 2013/01/21 21:33 | おてつ #- URL [ 編集 ]

No title

http://www.motorkawasaki.com/product/KR150K/kawasaki-Ninja-RR-150-New.htm

これでしょうか?10年くらいまではKRR150という名で日本にも輸入されてましたね
未だ30馬力を維持し、新型が出ているのは驚きです
13年式の6Rなんかもあるみたいですが現地ではどんなお大尽が乗っている気になりますね

No:1091 2013/01/22 12:51 | #- URL [ 編集 ]

No title

>おてつさん
海外在住でしたか。
東南アジアはまだ規制が緩くて2stマシンがあってうらやましい限り……
乗るには大変な環境ではあるのでしょうが。
ガンマの150は知ってましたがまさか2stでNinjaがあるとは……。

>10年くらいまではKRR150という名で日本にも輸入されてましたね
……………………なんと日本に来てたのですか……。

No:1092 2013/01/26 10:24 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

ああ、ほんと懐かしいですねぇw
自分が大学時代にバイトして新車で買った最初のバイクです

その後乗ったTZR(3XV)に比べると、6000rpmを境にドカンとパワーが出る、ある意味快感、ある意味ちょっと怖いバイクでした

まだ、レーサーレプリカという言葉はなく、スーパースポーツというカテゴリで、まだセンタースタンドも付いていましたね
この軽快さにどっぷりと嵌ってしまった自分は、その後も2st250を乗り継ぎ、今では重たいバイクは全然乗れなくなってしまいました(苦笑

No:1619 2013/10/21 22:42 | TZR(3VX)再生中 #6AWUBD.o URL [ 編集 ]

返信

>TZR(3VX)再生中さん
なんとおおおおおお最初のバイクがRZ!?
羨ましくてたまらんのです。
3XVなどは排気デバイスもチャンバーもだいぶ発達した頃ですし、
それに比較すればとんでもないバイクでしょうねぇ…………。
>>この軽快さ
2stレプはここがキモだと私は感じています。
現在の600SSは確かに驚くほど軽く、とんでもないパワーを持っていますが、
それでも2stレプのヒラヒラ感に敵う程まで軽くはならないのでは、と思います。
小排気量が熱かった時代……もはや効率重視の現在では敵わないかも知れませんが、
今一度復活してくれたら、なんて思います。

No:1620 2013/10/24 23:26 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

貴殿のバイク談義楽しく拝読させて頂いております。
私も学生終って中古のRZ手に入れ早29年すぎました。
子供が産まれ単車に乗らなくなって17年間倉庫に仕舞っていたのをフルOHして5年が過ぎました。レストア後の走行距離は未だ8000キロを超えた所。
AT-1 Z250FT XE75 TY175 RZ250 36年単車と連れ合い どれも思いで多い単バイクですが、ネジ1本まで分解したRZは嫁以上に愛おしくなってしまってます。「RZクラブ」的なノリは好みませんが、時折30年前の風を求めて走っております。
いきなり馴れ馴れしい書き込みお許し下さい。
何故か、何故か凄く懐しいホッとする文章を見付け思わず書き込んでしまいました。

No:1628 2013/11/03 21:53 | 都のタヌキ親父 #nzvULwM6 URL [ 編集 ]

返信

>都のタヌキ親父さん
コメントありがとうございます。
お持ちのRZより若輩の文章をお読みいただき光栄です。
8000kmのRZ250……なんと羨ましい。
乗り継いでいらっしゃったバイク達も、また若造には何とも羨ましいものばかりです。
分解したRZに対するお気持ち、僭越ながら分かってしまいます。
私も自分で整備するカタナにボチボチ異常な愛着が……。
至らない部分が多く見苦しいこともある文章かと思いますが、
なんぞ思い出のバイクでも出てきた際には気軽に書き込みください。

No:1632 2013/11/04 00:08 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/01/16 | 空我's Moto Life |

RZ350/R

最近、80年代バイクの話題が続きましたが、10代半ばにバイクに目覚め、いろんなバイク雑誌を眺めては、「カッコいぃな!」「いつかコレに乗りたいな!」などと夢を見たものです。 それ故か、80年代のバイクには原体験というか、思い入れ深いものがあるんです。カターナに今だ乗っているのも、そういうことかも知れませんね(650Gが好きですがw)。 WGP500が好きで、2ストが好きで、鈴菌で(笑)。本当な...

 | BLOG TOP |