スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その68 RG250γ

レーサーレプリカの幕開け



RG250γ



無縁レベル:2




2stシリーズ第5弾


これが書きたかった


80年代頭、この頃は馬力規制なんてものもまだなかったのですが、
それに対してスタイリングに関する陸運局の規制
今に比べると非常に厳しい時代でした。


バイクに絡んだ人的な問題として挙げられるのが暴走族もとい珍走団
70年代はバイクのキャッチコピーすら珍走を連想させられ危険だと変更されるほどに
珍走絡みの問題は深刻だったのでしょう。
騒ぎ立てて走る珍走以外にも走り屋まがいも多かった時代、
レーサーを模してカウリングを纏うこと道交法で禁止されていました
それどころかセパレートハンドルだのバックステップだのも禁止。

これが750カタナのアップハンドルをセパハン換装して警察に捕まる
刀狩りの原因にもなっていました。


同時に、元々日本メーカーのバイクというのは最大公約数的な物作りを基本としており、
ようは誰が乗っても楽なポジションを基準として
ハンドル等が選択されているように感じます。

それ故にポジションが前傾で腰に負担が来るセパハンは敬遠され気味で、
流麗なスタイリングの中にハンドルだけが宙に浮くようなデザインが横行しておりました。


つまりレーサーライクなポジションやスタイリングは
商品的にも法令的にも難しいものだったのです。


とはいえカウリングに関しては、その風防効果はBMWが実践していたとおりで、
ツアラーとして絶大な効果を発揮するのは間違いありませんでした。

今で言うメーターバイザーのようなミニカウルを装着したバイクはいくらかありましたが、
'82年のCB750Fインテグラは(多分)国内向けで初めて
これほど大仰なカウリング(フェアリング)を行ったバイクだと思われます。
(一応CBX400Fインテグラが1ヶ月早いですがフロントのみなので除外)
国内向けで作ったという点は多いに評価すべき点ですが、
スポーティーかというと別にそうでもない上に
純スポーツマシンだったCB750Fに
BMWのR100RSパクったようなツアラーカウルかぶせてどうするんだって感想が先立ちます。



そんな状況下、
ついに過激時代の幕開けとなるバカマシンが投入されました。




Suzuki RG250 83 1
RG250γ('83)


ヘッドライトをマウントするカウリング
フレームから離れて取り付けられたバックステップ
低めにマウントされたセパレートハンドル
当時のGP流行のフロント16インチ
オプションとはいえフルカウル設定可能
シングルシートに換装可能



まるで陸運局にケンカを売るようなレーサー装備の数々。


スタイリングと同時に投入された技術も一線級です。
当時溶接が難しく量産には向かないとされた
軽量なアルミ材をフレームとして使用

水冷化されたパラツインエンジンから絞り出されるパワー
当時クラス最強の45馬力

以降馬力競争の勃発を避け、
各メーカー自主規制として45馬力を超えないようにエンジンパワーを抑えることとなります。

まぁ自主規制なんて言いながら、
こんな愉快バイク作るメーカー
そんな常識的なこと考えるワケないので
行政指導が入ったと見てまず間違いないでしょう。



諸元をば--


水冷2stパワーリードバルブ並列2気筒247cc
最大出力45馬力/8500rpm
最大トルク3.8kgm/8000rpm
乾燥重量131kg
定価46万円



当時モデルチェンジ前のRZ25035万で売ってたのに10万以上高い価格設定。

しかしその強気な価格設定もこのスタイリングを実現したのですから伊達ではありません。
なによりコイツの名前は「ガンマ」
WGPで走る500ccレーサーと同じ名前を与えられたのです。


ここからレーサーレプリカが始まりました。


ガンマのセールスは驚異的で、
1年に約30000台売れたとされています。
す、すげぇ……。


ちなみにHONDAのCB400SFのプレス記事、
'11年12月のカラー変更時のものを確認すると
年間販売計画は2900台


せ、世知辛ェ…………




さて、45馬力8500rpmで出力するその特性。
まぁ後期のレプリカ勢は10000rpm近い回転域
ようやく40馬力を絞り出す連中ばっかりでしたから、
そんな連中に比べれば回転数が低いだけ優しい特性なワケ無い。

高回転域でパワーを出すほどにピーキーになるという定型はありますが、
この場合ちょっとワケが違います。

後期レプリカ勢は60馬力オーバーくらい平気でだせるのを
抑えに抑えて40馬力にしてある特性で、
抑えた分の出力は低中速のトルクになっていると解釈できます。
排気デバイスというハイテクな特性柔和化装置もついています。

確かに4stよりも低速トルクで劣るのは確かですが、
それでも昔の2stに比べると格段に乗りやすくなった2stなのです。


ところがこの初代ガンマは違います。
当時の技術で絞り出した45馬力です。
もちろん排気デバイスなんてついてません。
ようするにキャブとチャンバーが定義した回転域でのみ
凶悪なパワーをだす純血の2stマシン。

6000rpm以上で文字通り豹変するマシン。
それがガンマ。


そしてなにより----




rg250gamma mater[2]
3000rpm以下の存在しないタコメーター。

低速トルクどころか
低回転がありません。






きっとアレです。
SUZUKIは市販車売ってるつもりはありません


装備の豪華なレーサー売ってるつもりです。
レーサーにアイドリングは必要ありません。



アメリカンなどはそもそもタコメーターが無かったりしますが、
タコメーターがある上で3000rpm以下を書いていないのは
後にも先にもSUZUKIだけです。

※訂正
YAMAHAのTZR250の2代目(3MA)もありました。
ただ3MAはYAMAHAの中でも極端に特殊な車両なので、
コイツは3000rpm以下が無くてもおかしくありません。
それに対してガンマは平成に入ってフルモデルチェンジしたVJ21Aになっても
3000rpm以下無しというアホ仕様
さすがにこれは強情というかなんというか執念めいたものを感じます。



もはや古く忘れられたバイクであるためレビューは限りなく少ないですが、
それでも探して読みあさってみると思っていたより酷評はされていない模様。

……というか、リアルタイムでガンマに乗ってた方にとっては
画期的だったマシンだったのと思い出補正がありそれらで酷評に値せず、

今もなお乗ってる方からすれば欠点なんてわかった上で乗ってるので
これまた酷評する必要もないわけです。

傾向としてはNSRやTZRに比べると曲がりづらいというのがありますが、
そもそも2年ほど後にでたNSRなどと比べるのはナンセンスだし
SUZUKI車が曲がりづらいというのは一種の常識ですから
それがどうしたという感じです。



まぁそれが間違っているんだけど。



ちなみにオプションで用意されていたフルカウルはどんなものなのか。



Suzuki RG250 83 3
こんな感じです。

確かにこれならあの年代からすればレーサーそのものです。

さらについでに、歴代のレーサーカラーの中で私が最も好みなのが
2代目ガンマに用意されていたカラーです。



Suzuki RG250 84
ハーベーカラー

昔から今に至るまで様々なワークスカラーがありますが、
私が一番好きなのがこのハーベーカラー。
イエローカウルにレッドのシートという思い切った色遣いが好みです。
ちなみに2代目のガンマは1代目と比較してカウルのノーズがスラント気味です。

はい、余談でした。







それまでのバイクの流れをガラリと変えてしまったガンマ。

コイツを皮切りに250クラスはリッター換算180馬力が当たり前
戦国時代へと突入していくのです。
(ちなみにNAスポーツカーの要件はリッター100馬力とされます)


この流れが良かったのか悪かったのか。
それは私には判断がつきません。


ただ一つわかることがあります。



ガンマは間違いなくキチガイだったのだと。

2013/01/03 00:52 | 無縁レベル 2COMMENT(29)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

こんにちは、いつも楽しく拝見させて頂いてます。
今回はガンマですか。ガンマは私の思い出の車種でして、ほんの一年前まで大学生だった私ですが、当時の相棒がガンマだったのです。
2010年にもなって80年代のバイクを選ぶという頭が相当アレな人間だった訳ですが、それはさて置いて。

タコメーターに3000rpm以下が刻まれてないのはSUZUKIだけじゃありませんよ。
TZR250、これも3000rpm以下がありません。ちょっとスロットル開けるだけでは針がピクリともしません。
これが言いたいが為だけに初投稿したって訳じゃないデスヨー、ホントデスヨー

2st特集という事ですが、お尻が可愛いTZR3MAちゃん、トラコン付きハイテクオフのランツァ、ビモータにトドメを刺したビモータ・500Vdue辺りの記事が上がらないか期待に胸を膨らませつつ、〆たいと思います。
長文失礼しました。

No:1062 2013/01/03 09:45 | ひふみ #- URL [ 編集 ]

No title

コイツ、嫌いでした。
速くて!

私のVFR400R(NC30)より古いくせに、峠じゃ常に置いてきぼりにされ、ツーリングや街乗りは逆に気を使ってやらなければ走れない。
どうして欲しいんだよ!って。

名前も嫌いでした。
私の大好きなレーサー、ケビン・シュワンツのマシンと同名なのが悔しかったし、許せませんでした。
だからNSRで対抗しましたが、エンジンブレーキに馴染めず自爆、廃車&入院でした。

でも本心は乗りたかった、憧れたマシンです。
私の近所にはスズキの店や赤男爵はありませんでしたから。

意地を張らないで乗れば良かったって今でも思います。

No:1064 2013/01/03 12:35 | siro-kuma #- URL [ 編集 ]

No title

ついにガンマ書いちゃいましたか。
鈴菌新年に相応しいマシンですね。

さてガンマに3000rpm以下が無い理由は、昔鈴菌のおっちゃんに真意を聞いたことがありますが…
『2stに低回転は不要!』とか『パワーバンド以外のメーターは無くてもいい』とか都市伝説のようにありますけど、全く違ったような。酒の席だったし、俺、カワサキ党だしwwww
話半分で聞いてましたので覚えてません…。


それよかCB750Fインテグラの価格までナナハンで揃えているとはホンダ恐れ入る・・・・

No:1066 2013/01/04 22:05 | ZZR-X #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>ひふみさん
コメントありがとうございます。
大学生のRG250γ乗り……なんと恐ろしい駐輪場の光景ッ
調べてみたとこTZRの3MAが確かに3000rpm以下ないですね。
1KTや3XVはそんなことはない様子--やはり3MAは特別か。情報感謝です。
2stシリーズは1月いっぱい分まで車種が用意してあります。
何が来るかは楽しみにお待ちくださいませ。


>siro-kumaさん
siro-kumaさんの感想を読むと良くも悪くもレーサーだったのだなぁと感じます。
VFRより速いって……乗りこなすとホントに恐ろしいんですなぁ……。
私も試乗はともかく自分で買うならHONDAは買わねーなんて意固地になる部分がありますが、
本心は「HONDA楽そうでいいなー」ですw
この先ガンマに巡り合わせるようなことがあれば、
そのときは素直に跨って、でやっぱり意地になって嫌ってやってください。


>ZZR-Xさん
もうホント年明け1本目からこれですよ……。
おっしゃるとおりで、何故3000rpmで切ったのかの根拠が情報として得られません。
パワーバンドなんてのは大抵の車種でタコメーターの12時位置に来てるわけですから、
結局表示を削った糸が全くわかりません。

そしてインテグラの価格にまったく気付いてなかった私。
今となっては400SFがこれより高いだなんて……。

No:1067 2013/01/05 00:12 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

No title

新年、あけましておめでとうございます。
本年も、おじさんフォロワーを増やす記事をお願いしまい(笑い)。

さて、ついにΓ(ガンマ)。発売当時の衝撃は、今でも忘れられません。50cc版が先にリリースされ、その後バイク各誌がボケたスクープ写真を掲載してました。発売後、Mr Bike誌が大型バイクからガンマに乗り換えた方々の特集記事を掲載したいたのが印象的でした。ある意味クラスレス、ボーダーレスの先駆けを作ったモデルでしょう。
純正タイヤがミシュラン製というのにも狂喜しました。

No:1070 2013/01/05 22:43 | GAMERA #Xv39sy/s URL [ 編集 ]

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

新春一発目からオメデタイ記事ですね(笑)。20年前中免取得後最初のバイクは'91Гで、'83からすると相当マイルドになってたんでしょうが、SUZUKIのおバカっぷりを象徴するようなГの血筋を前に、他のメーカーや4ストを購入する気はさらさらなかったことを思い出します。

No:1071 2013/01/06 22:18 | emAcu #/jROnekQ URL [ 編集 ]

No title

油冷GSX-Rシリーズも3000rpm以下が無いタコメーターでしたね
1100なんか普通に走ってるとほぼ針が動かないという素敵仕様でした

No:1073 2013/01/08 14:48 | #- URL [ 編集 ]

No title

>GAMERAさん
あけましておめでとうございます。
そう言えば50ccが先でしたねぇ……。
私にとっては50ガンマはNSR50の後ろをやっとこさついて行ってるイメージしか……。
純正ミシュランという部分にもSUZUKIの気合いの入れようが感じられます。


>emAcuさん
今年もよろしくお願いいたします。
20年前の中免取得時'91年--えーもう20年以上前なのか……と一人で勝手に落胆。
'91ガンマにも自爆装置ありましたねぇ……とはいえあの3段排気デバイスもNSRに比べるとピーキーとは聞きます。
まさか最初にガンマに乗るとは……


>油冷GSX-Rシリーズも3000rpm以下が無いタコメーターでしたね
コメントありがとうございます。
そう言えばRシリーズも初期はそうでした。
考えてみると1100なんかは確かに針動きませんね……
なんて恐ろしいヤツだ。

No:1074 2013/01/09 23:07 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>ガンマーさん
ハーベーカラーだなんて一番イカすカラーじゃないですか
そら同年代のバイクはもう滅多におりますまい…………
一般的には経年劣化による問題を「故障」と呼ぶのではないかと思いますが--
経年劣化なんて所詮メンテの一環だと思います。
私のはさほど古いバイクではありませんが、互いに大事に乗りましょう。

No:1101 2013/02/02 23:42 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

友人が新車で購入で乗ってました
当時、自分はRZ250(4L3)にバックステップつけたりしていましたが、窮屈というか過激なポジションにびっくりしたもんです

しかし、16インチのフロントは接地感がなくて、みんなコロコロこけてましたねぇw
自分も、RZのあと3型ガンマ(WWカラー)に乗り換えたのですが、1年たたずにフロントからいってフォークとフレームが逝って廃車になりました。。。

あと、懐かしいのはフルカウル仕様に写っているガンマスタンドw
新車でガンマ購入した人の9割くらいは、このスタンドも購入していたんじゃないでしょうかね?(件の友人も購入してましたw)
まあ、それだけメーカ(というかスズキ)も、レプリカに本気に取り組んだ時代でしたね

No:1596 2013/10/06 09:34 | TZR(3XV)再生中 #6AWUBD.o URL [ 編集 ]

返信

>TZR(3XV)再生中さん
コメントありがとうございます!
新車で--リアルタイム世代の方ですね。
私みたいな若造から見ると大したポジションに見えないのですが、
やはりリアルタイム世代の方のコメントを拝見すると衝撃的だったのだなぁと痛感させられます。
接地感薄……そりゃ怖い……。タダでさえタイヤが細い世代なのに、
その上で接地感が無いとは…………。
これはガンマスタンドと言うのですねw
本当に良くも悪くも本気すぎるバイクです。

No:1597 2013/10/07 19:47 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:1688 2013/11/30 23:29 | # [ 編集 ]

走行中軽くブレーキをかけたら、左ANDFが轟音とともに取れた(ボルトは残っているw)、懐しいおもひで。
フォークオイルがディスクをぬたぬたにしてくれて、さぁ大変。ブレーキレバーを握っても全く減速しないw 最終的にはキルスイッチを入れたり切ったりして速度を殺しつつ、スニーカーの摩擦で停まった。

No:1962 2014/02/22 00:16 | #- URL [ 編集 ]

返信

>> 走行中軽くブレーキをかけたら、左ANDFが轟音とともに取れた
そんな状況に遭遇したら余裕で死ぬ……
懐かしい思い出で済んでよかったです……。
っていうかアレ取れるんですねww

No:1967 2014/02/23 20:20 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

92年の話です。
バイク屋にSW-1を見に行ったところ、
15分後にローンを組んだのは87年式の新古車、
白青のガンマでした。
以来愛用してましたが、街で同じ単車を見掛けた事がありませんでした。
87年式ってANDFがついてないんですよねぇ。
其の点ガンマらしくありませんが、
マフラーまでのフルカウルはついてました。
結局1年ほどで200ガンマに乗り換えましたが、
いい単車だなぁと今でも思ってます。
その後KR250を所有したり、
VJ23Aを所有したりしました。
オイラはここ向きの人間なのでしょうか?

No:2249 2014/05/09 16:52 | 天プラ #JalddpaA URL [ 編集 ]

RG250Γ「実はセパハンとアンダーカウルとエアプレーンキャップは弟の方が先に搭載したんだよな~」

No:2403 2014/06/10 19:38 | wolf50 (TV50) #0c3UfzGo URL [ 編集 ]

返信

>wolf50(TV50)さん
実はガンマネームも50のが早かったりするんですよね。
記事仕上げた後に年鑑見てて気づきましたので後の祭りー……

No:2422 2014/06/16 20:39 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

返信ありがとうございます
コイツはレプリカブームの中一度もフルモデルチェンジされなかったり(17年間)
前述のとうり輸出車以外で初めて(恐らく)のセパハン車だったり
超トルク型エンジン リアドラムブレーキなど突っ込みどころの多いバイクですのでこいつも載せてやってください

No:2424 2014/06/17 12:28 | wolf50 (TV50) #0c3UfzGo URL [ 編集 ]

ガンマも試乗しました

こんばんは。 KR250でコメントを投稿した「けろけろKR」です。 友達が乗っていたので、貸してもらい爆走していました。 その時の感想です。
あの当時では、すごく切れてた(プッツンでなく かっこいい)感じだった。 借りたその場で、3ケタの速度を出したから、自分には合っていたみたい。 タコメーターは関係なし、見ていなかった。 見たら逆にエンストばかりしていた。 感覚でクラッチ繋げていたから。 バッテリーが弱っていたから、信号では気を抜くとエンジンが止まったので、レースさながら押しがけで走り出していた。 切れて速いのイメージが強くて、3代目?のモデルチェンジからはフルカウルのせいでブタに見えてきた。 ああ~ また白煙出して走るお財布に厳しいバイクにのりたい。 
あっ、友達のガンマですが、峠を攻めコケて、観光バスの下に潜り込みお亡くなりになりました。 運転していた友達は、肋骨にヒビが入っただけど、人間ってアルミフレームよりタフだったですね。 またほかのバイクでコメント書きます。 では、では、 

No:2888 2014/11/19 20:05 | けろけろKR #- URL [ 編集 ]

返信

>けろけろKRさん
タコメーター見ずにフィーリングで、ってのがたまりませんね。
確かにフルカウル化された辺りは少々太っていたかも--その後TLに……?
いやいや、ご友人も怪我で済んで不幸中の幸いですね。よかった……

No:2905 2014/11/23 21:22 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

3000回転より下がないタコメーターはFZR250にも付いてるし案外探してみれば他にも色々あると思いますよ

No:3930 2015/11/02 14:39 | #- URL [ 編集 ]

タコメーター

VJ21Aの話ですが、3000回転以下ではたぶんマイコンがパルスを見て自己発振で点火タイミングを作っているのに対して、3000回転以上だとパルスから直接点火させている仕組みになっているから、
タコメーターの3000回転以下がないんだと思います。
前にイグナイターのパルス検出回路の片側だけ壊れたことがあるのですがそのとき3000回転以上だと方肺になるので何となくそういう仕組みなんだと解りました。
つまりは3000回転以下と以上で針の動きが違うから感づかれないように以下をカットしたんだと思います。

No:4001 2015/12/09 20:59 | okada #Ab5Y94Bs URL [ 編集 ]

3,000rpm以下が無い理由

 初めまして。還暦を随分前に超えたオフ車乗りです。大変面白く,また懐かしく拝読しております。

 発売から間もない頃,友人の初代ガンマに,ワインディングで乗せてもらったことがあります。6千以上で気持ちよく加速し,旋回中に開ければ寝ながら旋回力を増していく特性は,大変新鮮でした。また,走った後にタイヤに触れると,手が真っ黒になったのには驚きました。

 ところで,当時の雑誌に載っていたのですが,『GPレーサーのガンマのタコが3千以上だったので,同様にした』ということでした。その点でもレプリカですね。街中で乗る時は,ほとんど動きませんでした。

 そうそう。エンジンオイル注入口がゴム製(もしかしたらオイルタンクそのものも?)でしたが,補給し難かった記憶があります。

No:4006 2015/12/14 00:22 | bearcat #2KCaFcpI URL編集 ]

ガンマ乗ってました。最終型のWWカラーでフルカウル、シングルシートです。RZRからの乗り換えでしたが、フロントタイヤの接地感の無さ、異様にフラフラする車体等に慣れるまでは何でこんなん買ったんだと何度も後悔した覚えがあります。慣れてからは、山に行ったりツーリングに楽しく走っていました。今もWolf125で楽しく走っています。時代に逆行してますが、2st大好きです

No:4157 2016/02/07 10:07 | #- URL [ 編集 ]

250γ走行シーン

楽しく読ませていただいておりますm(_ _)m
数ヶ月前に今も、そしてこれからも続いて欲しい戦隊シリーズの1984年の傑作『超電子バイオマン』のDVDを借りて観たら、リーダーのレッドが赤γ、今では以降例外もあるけれど、基本的に定番となった初の2人目の女性メンバーであるイエローがハーベーに普段乗っていました。ちなみに他の3人はMAZDAの四輪(四輪はあまり詳しくない…と言うか好きではないので興味なし)一台に乗っていましたよ。
貴重な当時の走行シーンが観られるのは嬉しいですね(^O^)

No:4257 2016/04/03 08:41 | 僕、ブースカれす #- URL [ 編集 ]

はじめまして

今日とあるとことからRG250Γを入手しまして、レストアしようと情報を集めていて見つけました。
もう10年近くバイクに乗ってないのにこんな車体をレストアして乗っていけるのか不安ですね。
そしてそのカラーが青白とHBの2台です。まだバラしはじめたばかりですが、乗るのが怖い・・・のと楽しみの半々です。今月中にできたらいいなと思います。

No:4279 2016/04/09 20:24 | かにまん #0bktOyqs URL [ 編集 ]

初めては重要

いつもにやけながら拝見しています。
およそ20年前、ひょんなことから初期型ガンマに乗る羽目になり
(その時点ですでに13年落ち)
いつもいつもNSRやらCBやらにすれば幸せだったのにと思いながら乗り続けたバイクでした。
エンジン降ろさないと取れないエアクリーナボックスなどに
慣らされて自分のバイクの基準が出来てしまいました。
SRSスガヤも今はあさっての方向になってしまいましたが
何でかまだ書付で残っています。
いつまでたってもネオクラにもならず価値も上がらず
何で400/500じゃないのと言われ続けて自分でも良くわかりません。

乗るかなー 乗らないなー 乗る?いや?うーん

初めての相手にしては色々アレなバイクだったんですね。

全盛期を過ぎてしまうとどうにも理解されないヤツです。

キライじゃないんです。でも常に他に目移りしてしまう。
変な罪悪感を抱かせる愛車です。

No:4414 2016/06/08 17:54 | GJ21A #GMNk.CBs URL [ 編集 ]

×スズキは曲がりにくい
○スズキで曲げられないヤツは下手くそ

No:4584 2016/11/05 12:52 | #- URL [ 編集 ]

はじめまして

古い記事にコメントしてしまい申し訳ありません
とても面白いブログで最新からどんどん遡ってここまで来ましたw
パラガンマ懐かしくてついつい書いてしまいました。
現在28歳の私ですが初めて買った中型が初期型のパラガンマでした(しかもあんまりいない赤白カラーです)平成20年にゾンビのように不動車を蘇らせて乗っていました。オジサマホイホイでしたねーw
さて、3000rpm以下の記載されていない漢タコメーターですが乗ってるぶんには全く気になりませんでしたよ。というよりもタコメーターほとんど見ませんでした、下が本当に使えないんでwあとANDFは本当にいらない子でしたねw

またあの暴力的な加速感を味わいたいですね、全開時はフロントの設置感なさ過ぎて慣れるまではものすごく怖いですがw
2stとスズキは麻薬です。

No:4593 2016/11/09 02:01 | こーきち #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。