スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その74 COBRA

コブラ。



COBRA



無縁レベル:3





Honda - CB 1100 SF 00


X11?

ネイキッドでツインスパーってのは珍しいね。
でもストファイというには丸目1灯だし、
メーターの形状凝ってるけど変だし、
アクセントとしてラジエターシュラウドあるけど、
全体的なデザインとしてはちょっとね……
日本では売れなかったのも頷けるかなー……。


--ん?

そう言えばこのラジエターシュラウドって……













Suzuki cobra_1989
COBRA('89)



時はレプリカブーム真っ最中。
カウルを纏いセパハン当たり前
速ければ偉くみんなリミッター装備
250ccが一番熱かった時代。

そんな時代に生まれた文字通りのネイキッド




Suzuki GSXR250 89

規制値を45馬力を絞り出す4st250ccレプリカ GSXR250から
ブレーキディスク1枚取り上げて
カウルを外して代わりにラジエターシュラウドつけて
トップスピード伸びないように5,6速を加速寄り設定。


基本的に引き算でできています。

メーターがR250の3眼メーターそのままだったり
強化スイングアームもそのままだったり
随所に見て取れる手抜き感。
スペック見る限りエンジン内部もギア以外いじってなさそうです。


そう考えるとラジエターシュラウドも
CBR750の成型不良もらってきたんじゃないかって気がしてきます。





水冷4stDOHC4バルブ並列4気筒248cc
最大出力45馬力/15000rpm
最大トルク2.6kgm/11500rpm
乾燥重量139kg




今の気の抜けたバイクと比較すればわくわくするスペック。
そりゃR250ほぼそのままなんですから遅いワケはありません。

その上でレプリカからハンドル位置を変更し乗りやすくしており、
カウルを外すことでレプリカよりも気軽さを強調しています。
レプリカとは言え4stのエンジンは特性も大人しく扱いやすいので、
普段使いのネイキッドと考えれば結構いいバイクに思えます。




しかしHONDAはCBR250RRのエンジンをキッチリデチューンし、
フレームも作り替えてネイキッド相応の雰囲気に仕立てたJadeをリリース。
その後のモデルHornetは大ヒットしています。

KAWASAKIでさえ手を抜かず設計し直したBariusを出してヒット。

YAMAHAも手抜きネイキッドは作っていません。

ようするに4stの4気筒ネイキッドは市場がそう言う方向性だったのです。

なにより--







Suzuki GSF 250 Bandit 1990

SUZUKIでも手を抜かず
市街用デチューン&フレーム新造ネイキッド作ってます。

COBRAの存在意義自ら潰しにかかってます。



数打ちゃ当たるにしてもこれはひどい。

確かにスペック的にはR250そのままのCOBRAの方が上です。
しかし気持ち市街地向けCOBRA
デザインまで本腰設計市街地向けBANDITじゃ
どう足掻いても後者に軍配が上がります。



ちなみに値段はCOBRAの方が

そもそも何故名前がコブラなんだ。
似た設計思想の相方はウルフ
何故コイツは爬虫類なんだ。





「何故俺を作ったんだ」
なんてCOBRAの叫びが聞こえてきそうです。









レプリカブームの過渡期に生まれ大爆死したCOBRA。
奇しくもCOBRAに似たラジエターシュラウドを着けた不人気X11。


メーカーよ気をつけろ。

2つ穴のラジエターシュラウドは呪われている

2013/02/20 16:08 | 無縁レベル 3COMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

R250自体が当時基準で言えば爆死でしたからね…

No:1128 2013/02/21 17:32 | #- URL [ 編集 ]

初めまして

初めまして、ここ半月ほどの間にくまなく目を通し、毎日爆笑させて頂いています。
本当にお若いのに?お目が高いと驚かされてしまいます(笑。

>「何故俺を作ったんだ」
もうアレですね、デトロイトメタルシティ仕様の痛車にでも改造しましょうかね?
おお、なんかカッコ良さそう!

>2つ穴のラジエターシュラウドは呪われている。
Gooseに定番の刀カウル+COBRAシュラウドってカッコイイかも・・・
って、一瞬考えましたよ。

ええ、変態ですとも。
Gooseに20年乗り続けるくらいには・・・(照笑。

No:1129 2013/02/21 23:17 | rasukaru #KJQw171M URL [ 編集 ]

そういえばヤマハのジールはどういった位置付けになるんでしょうね……?

No:1130 2013/02/22 04:48 | ひふみ #- URL [ 編集 ]

No title

GSXのノンカウルがコブラ、ガンマのノンカウルがウルフですよね。
B-kingがコブラの名前で出してたら間違いなく買ってたましたw

スズキはスペック至上主義なのでネイキッドと言えども
デチューンして出すことは希です。
そこがスズキの良いところなんですけどね。

それにしてもバンディットってデチューンでしたっけ?
見かけに騙されて乗るとかなり尖った、良い意味で高回転型の
乗りにくいバイクだったイメージが・・・

当時はフルカウルのレーサーレプリカが主流でしたんで
フルカウルは嫌なんだけど速いバイクに乗りたい=ウルフ、コブラって感じで
それとは別の路線の新しいジャンルがバンディットってイメージでした。

とは言え、スペック至上主義のスズキがデチューンを出すわけもなく、
バンディットもかなり尖った乗りにくいバイクでしたがw

No:1132 2013/02/23 00:15 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

Re: No title

>>R250自体が当時基準で言えば爆死でしたからね…
スラントにもならずに消えていった記憶が……2バレルの珍しいバイクだったんですが。

>rasukaruさん
コメントありがとうございます。
COBRAの文字も殴り書きですし、パンクな雰囲気似合うんですかねw
シュラウドそのものはいいと思います。確かにフロントカウルとの組み合わせでは映えるかも。
Gooseに20年……………………変態だーーーーー(AA略)

>ひふみさん
ジールはBanditやらの仲間になるんではないでしょうか?
ということで次回記事にてジールぶった切りです。

>Impさん
「ノンカウル」まさにそうなんですよね。
ウルフなんてそれで足回りが弱体化してるから恐ろしい話です。
Banditは一応デチューンなんですが…………後期はともかく、
前期型はあんまりデチューンされてない気が…………。

No:1134 2013/02/27 01:13 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

はじめまして。

COBRAを検索していて辿り付きました。
実は私、数年前までCOBRAに乗っておりました。
カウルがカスタムされラジエイターシュラウドも処分された状態の青塗装の一台でした。
フォルムに一目惚れして購入したのですが、やはりどうしてもCOBRAトレードマークのシュラウドが欲しくて、たまたまご近所にCOBRAが放置されてあったので、お願いして型を取らせてもらい、シュラウドを自作してまで付けた変態です^^;

不調に次ぐ不調を抱えたバイクだったのでしょっちゅうショップに入退院を繰り返した愛車でしたが、乗り味は最高で、今でも思い出すとときめきます。
現在は同じスズキのSV1000(ネイキッド)に乗っていますが、私的に個性にあふれた凄いバイクをばんばんリリースするスズキ万歳ですね。

また遊びに来ます。
更新楽しみにしております。

No:1384 2013/07/03 14:23 | COBRIDER #qeiWtWzQ URL [ 編集 ]

恐ろしいことに、コブラの車名は

 GSX250S

なんだよな。

No:3621 2015/07/08 23:56 | #- URL [ 編集 ]

返信

>>コブラの車名はGSX250S
ハーフカウルですらないのにSをつけられたコブラ
本来SであるハズのGSX250SSカタナ……

No:3626 2015/07/11 09:50 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

何故スズキがレーサーレプリカのネイキッド版にウルフとコブラをチョイスしたかは分かりませんが...

1968年のT500初期型は海外ではコブラのペットネーム(Ⅱ型からはタイタン)で販売、更に1969年にはウルフT125が発売されたそうです。

名前の由来はおそらくこの2台からでしょう。

No:4486 2016/08/01 17:43 | ジャン #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。