スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その75 ZEAL

デザイナーズ・ネイキッド



ZEAL



無縁レベル:3





前回の流れからもう一つ続きを。


80年代の終わりに投入されたゼファーの登場によってか、
90年代にはいると各クラスには専用設計ネイキッド勢が増え始めます。

250クラスにおいてはゼファー的なオールドルックネイキッドではなく、
レプリカ的にリアはシングルサスだったり飾りっ気のあるスタイルだったりの
近代型ネイキッド勢がラインナップを始めます。

エンジンは各社250の4stレプリカから持ってきたものをデチューンしており、
4気筒のレスポンスや吹け上がりを持ちつつ、
低中速を強化し街乗りでもパフォーマンスを失わないようにされています。




Suzuki gsf250 bandit[1]

SUZUKIからはBandit

兄貴分の400と同等のスタイルとGSXR250をデチューンしたエンジン。
鋼管で組まれたトラスダイヤモンドフレームがイタリアンな雰囲気を醸しだし、
そのスタイルは伊達ではない走りを見せるデザインネイキッドです。




honda-cb-250-jade-01.jpg

HONDAからはJADE

超高回転ユニットCBR250RRからエンジンを継承。
カムギアトレインの独特の音を奏でながら高回転まで淀みなく吹け上がり、
低中速を強化することでライダーフレンドリーな特性を示します。
しかしスタイルはオールドルック寄りでブレイクを逃します……が。

世界一のバイクメーカーの意地として二度は外さない。
後に登場するHornetにて遅れは十分に取り戻しました。



Kawasaki balius250 1


KAWASAKIからはBalius

神話の馬から名前を拝借したネイキッドの心臓はZXR250
荒々しく回り散らす高回転ユニットをデチューン。
Banditほど派手なスタイルではないにせよ、
シングルサスに見せるパイプフレーム、アクセントになるラジエターカバーなど
オールドとニュースタイルの絶妙なバランスは見事なもの。
半分珍走まがいの中免小僧達に絶大な支持を受けロングセラーとなり、
後年はBalius2として2本サスへ退化モデルチェンジしました。




4st250ccの4気筒ネイキッドと言えば上記3車種+1(Hornet)の名前が挙がりますが、
不思議とYAMAHAでこのジャンルの代表車種は名前が挙がりづらいです。
不思議と、というか単に不人気だっただけなんですが。






Yamaha FZX 250 Zeal
ZEAL('91)


耐久レーサー的なスタイルを貫くFZR250からエンジンを継いだデザインネイキッド。
前傾45度で搭載され低重心を実現するジェネシスはそのままに、
ジャンプするイルカをモチーフとしてデザインされた車体によって
走りにスタイルにとナウなヤングにバカ受けしそうな感じのネイキッドです。







海に帰れ。



辛らつな言葉を向けますが私はこれがさほど好きではないのです。
Banditほど洒落っ気も無く、
Baliusほど絶妙でもなく、
Jadeほど典型的でもない。


その微妙なスタイルは外観を覚えられても名前までは覚えられないタイプです。
スタイルを微妙と感じる理由は前後の整合性というか齟齬だと考えます。


Yamaha fzx250 zeal 2


サイドビューで見るとわかりやすいかと思います。

ジールの前半分のデザインはハッキリ言って見事です。
前に食らい付き後ろに引きずり込むような躍動感のあるタンク形状
ガッチリとした力強さを感じるツインスパーフレーム
バイクの存在感を強調する巨大なラジエターカバー
250ccの痩せたエンジンだということを考慮しても、
これらのデザインは十分に力強さを感じさせてくれます。
むしろデザイン的には近代のスーパーネイキッド的な方向性を感じます。
登場した年代を考えると本当に素晴らしいデザインだと思います。



で、何故ケツが下がっている


厳密には下がっていません。
しかしテール形状にハリが感じられません。
上に挙げた他車種写真と比較してみると、
どのメーカーもテールカウルの下ラインは直線的に上を向いています
ジールはここが曲線で構成されています。
さらに他車がシートカウルからテールカウルまで連続的に仕上げているのに対して、
ジールはシート・テール間にリアサスが入ることでこの連続性を遮断しています。




zeal hikaku

イメージ画像を使うとこんな感じです。

前半部の力強さを後方に跳ね上げるのではなく、
すぐ後ろにべちゃっと吐き落としている感じ。



恐らくこのケツが下がってる雰囲気こそがイルカっぽいと言うことなのでしょうが、
だからこそ言いますよ海に帰れと。


YAMAHA的にはこれで他車のネイキッド勢と張り合うつもりだったのでしょうが、
ライダー達は素直なモンであんまり相手にされませんでした。

とは言えシートが低いとか低重心だとか大人しいエンジンで
初心者向けという認識はされたようですが……。

ただジールにはちょいと特殊なユーティリティーが一つだけあります。



yamaha zeal250 case
小物入れがあるよ!


いや、確かに便利かも知れません。
便利かも知れませんがこの使わなそうな感じ。

この甘ったるいユーティリティー性能も合わせて初心者向けな感じです。





外部デザイン会社を擁立するYAMAHAは
奇を衒ってもキッチリまとめてくることが多いのですが、
コイツはデザイン的にも爆死した珍しいバイクです。







もう一度ケツを手直しして、
このご時世珍しい4気筒積んでリターンすればあるいは返り咲くことは可能かも知れません……。
250クラスにネイキッドも無いことだし、
YAMAHAさん如何でしょうか?

2013/02/27 17:00 | 無縁レベル 3COMMENT(23)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

思い出補足で長くてすみません

>走りにスタイルにとナウなヤングにバカ受けしそうな感じのネイキッドです。
キタ---!!
もうアレですね、登場する時代が80年代なら・・・無いか(ボソッ

昔バイク便だった頃、同僚が「これ欲しいんですよー!」って言ってたのを思い出しました。
彼は走りはNSRが良くて、日常はジールで、と申しておりました。
「二本サイレンサーが繋がってて、ヒュー!!って笛みたいな共鳴音がするんだよね」って言ったら、
わが意を得たりとばかりに喜んでいました。
SRV(実は好きですが・笑)然り、排気音質とか無駄な所に凝ってるんですよねぇ・・・。
いや、上品な音質は大事ですが。

実はリアの2本サスも、モノサスだとシート下に配置する関係から、
限界まで低シート化するためには必然の採用だったと聞いています。
そのため女子とか、小柄なライダーにはありがたがられていました。

>何故ケツが下がっている。
さらに、タンデムシートとツライチなテールカウルのおかげで荷物が積み易く、
低速を強化したエンジンとあいまってツーリングライダーには好評でした。
荷物も低重心化しますしね(笑。

旅から旅へ暮らしていた頃、全国を行脚するタイプのライダーには何人もの愛用者に遭いました。
低速粘るんで、結構林道なんかも行けるんですよ!
腹を擦ってましたが(Gooseも同様・笑。

しかし・・・二本サス、ダンパー室がバネ下の奴なんですよ。

ダンパー室が下の奴
       ↓
ダンパー室が上の奴(ガス加圧もこのタイプからだったかな?)
       ↓
ダンパーオイルのリザーブと、ガス加圧によるオイルの泡立ちを押さえるための、
リザーバータンク付きの奴

と云う進化だったと記憶していますが、カブやSRとかじゃないんだから、
いくらなんでも一番古い奴使わなくても・・・!!


とはいえまさに徒花、コンセプトもデザインも一代きりの無縁バイクですなぁ・・・。
合掌。

No:1136 2013/02/27 23:42 | rasukaru #- URL [ 編集 ]

No title

当時はデザインが迷走している時期でしたね。

ゼファー人気にあやかって各社オールドスタイルを出したものの、
JADEやBaliusはモノショックで出したが故に人気がイマイチでした。

ZEALはご指摘のようにデザインのヤマハがオールドスタイルを変にいじって
失敗した見事な例です。
その後に出したXJRの成功は語る必要もないでしょう。

免許取得OKの学校でバイク乗りが多かったのにZEAL乗りだけは
見たこと無かったですからw

それにしても、ここは当時を淡い思いを思い出せて最高ですw

No:1137 2013/02/27 23:48 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

No title

各社、発売当初の印象はお洒落なバンディット、ぼーいずなジェイド、やっぱり漢のバリウス、そしてオンナの子大好きジール、って感じでした。実際ジ―ルはシート高がメチャ低く、背の高い男性だと膝の曲がりがアメリカン並みになってました。
ここでトリビアを二つ。タンク前部には、小物入れを装備してました。更に、ジールバックというのが付属されており、普段はシート下に収納。使うときは広げてリアに装着することができました。この点も女性ユーザーを意識した作りかと思います。
アッ、もちろん知ってましたよね。

No:1138 2013/02/28 21:57 | GAMERA #.ciQz8fI URL [ 編集 ]

Re: No title

>rasukaruさん
なんというか……調べると徹底して「優しいバイク」を作ろうとしてたんだなーと感じます。
しかし林道まで走破可能とは恐れ入りました……。
今風にケツを跳ねてリファインしたら売れそうな気はします。
それこそ400あたりで。

>Impさん
ジールの現物は未だに数えるほどしか見たことがありません。
その後TWやマジェを輩出したせいでジェネシスがもったいない気がします。
もっと硬派に作っていればッ

>GAMERAさん
今回記事を作るにあたって調べて小物入れだのジールバックだのは初めて知りました。
なんせ現物がいないもので…………w
デザイナーが女性とされていますが、
女性向けな面を多々見受けられるのはそのあたりが影響しているのでしょうか。

No:1140 2013/03/05 23:39 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

No title

大阪の有名ショップに三台も現物が置いてあったのでつい先日じっくり眺めて遊んできてました。

FZRが男向け、ジールは女向けということで、確かにガソリンタンクの前の部分に本当に小さい握りこぶしくらいの小物入れが付いてます。ヤマハによるとヘルメットで乱れた口紅を直してほしい…らしいです……

異常に足つきがいいので女の子が乗るなら確かにバリオスよりいいなぁといった感じです。身長155cmでも両足付きます。150cmなくても乗れるかもしれません。それでもかなり速いので時代を感じますね

No:1141 2013/03/06 18:10 | あいかしあ #- URL編集 ]

Re: No title

>あいかしあさん
なんとあの小物入れは化粧品入れ!?
スポーツバイクにそういうのをつけてくるというのもまた大胆ですねぇ……

No:1144 2013/03/08 11:52 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

出、出たぁ。15年ほど前、入ったばかりのツーリングチームで気になっていたヒトが乗ってました。イルカがとても好きという彼女を、どうしても誘うきっかけが欲しくて、マリンワールドという水族館にイルカを一緒に見に行こうという口実で、ツーリングデートに連れ出すことに成功しました。身長150cm未満の彼女の愛車ZEALに跨らせてもらうと、160cmしかない私でもベタ足でしたね。
一番最初に買うバイクの基準に、何故か二本出しを考えてて(笑)、Vγと共にザンザスとこのZEALも候補だったこともあり、私の中では好印象でしたね。そう正に、恋は盲目、アバターも笑窪のパターン。
しかし、彼女はツーリングチームのリーダーとねんごろな仲だっていう事実を知ってしまい、私の恋は身を結ぶ前に散ったのでありました(泣)。 ちなみにこの時の私の愛車は、GSX-400S(笑)。

No:1146 2013/03/08 16:09 | emAcu #/jROnekQ URL [ 編集 ]

No title

こんばんわ^^
親父が昔写真と同じ色のjadeに乗ってましたw
僕が中学に上がる前くらいに事故でお亡くなりになりましたけど、小さいころから家にあったバイクなのでとても思い出のあるバイクです^^

No:1148 2013/03/11 20:19 | ksr #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>emAcuさん
ついに来てしまったドラマチックに行った思い出話コメント。
しかも散った方……
ツーリングチームで若い女性がいるのが時代というか羨ましいというか……
イマドキはバイク乗ってる女の子探すのが大変です……
などと言う積極性すらない腰抜けた現役400カタナ乗り。

>ksrさん
これまた思い出話--で、なんとも言えないパターンとは……。
こんなブログを見にいらっしゃるのですからksrさんもバイクに乗ってると思います。
勝手な言い方をさせて頂くと、多分息子がバイク乗ってる様を見てお父様あの世でニヤリとしていることでしょう。
互いに事故に気をつけて安全に乗り回しましょう。

No:1149 2013/03/19 20:59 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

No title

夜遅くにこんばんわ。
お亡くなりになったのはバイクだけで親父は生きていますよーw
僕は今学生で実家からはなれて下宿していますが、実家に帰ると僕のバイクをじろじろ見ながら悪いところがあると指摘してくれるいい父親ですw

No:1159 2013/03/25 01:18 | ksr #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>KSRさん
ぬわああああああああああああああああああ
早とちったあああああああああああああああああああああああああああああああああ
ちょっと切腹という名のカタナ夜間走行行ってくるのでお父様によろしくお伝えください。

No:1161 2013/03/25 01:36 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

これ、FZXの系列なんだよね。
あのVMAX代用品ナナハン…FZX750の。
だから、形式はFZX250ZEALなんだなw

うちの妹が所有してたから、ちょくちょく乗ったけど、
車高が低すぎて、逆に脚が疲れるんだよ。
特に股の付け根部分w
けっこう速いんだけど、脚を折りたたんで
ニーグリップしてると疲れるんだよなあ…

No:1206 2013/04/21 09:23 | #- URL [ 編集 ]

どうもこんにちはです。

ジールは昔親父が乗っていまして、たまに(勝手に)乗らせてもらってました。

まぁ原付小僧からしたら大きく感じましたが、改めて乗ってみるとやはり250なんだなって思います。

因みにジールのメッキ部分って錆びやすいんですよねー。

No:1367 2013/06/28 12:56 | KNZW #qBVoaApM URL [ 編集 ]

返信

>KNZWさん
父親が乗ってるバイクは子供の頃は大きく見えますね……。
父のRTはガキの私から見るととても大きく、
そして大型免許を取った私が跨ってみると--あれ?やっぱでかい?
ともあれジールはだいぶコンパクトですね。
メッキ部分の錆びというとSDRのメッキフレームも憂き目にあってる話を聞きますねー。

No:1370 2013/06/28 23:03 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

ソフィアブルーのジールは中々カッコイイというか、かなりイケてると思うんだけど、、、3年程乗ってましたw

No:2699 2014/09/21 08:19 | #- URL [ 編集 ]

返信

>> ソフィアブルーのジールは中々カッコイイというか、かなりイケてると思うんだけど
どれや……と思って検索したら絶妙な色合い。
ただなんか……ジールに見えない妙な違和感がw

No:2711 2014/09/22 21:51 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

お初です

いつも楽しく見させていただいてます、初書き込みです

最近バイクに乗り始めた友人が乗ってます
聞いたことないなと思ったら、なるほど無縁単車でしたか

タンク上のユーティリティ……化粧品入れとは!
財布はおろかケータイも入らないし一体何なんだ!?と友人共々くびをひねっていました。すっきりです

彼には、バイクの次は女装を趣味にしてはどうかと打診しておきますww

No:2784 2014/10/21 19:19 | VTR乗り #- URL [ 編集 ]

返信

>VTR乗りさん
コメントありがとうございます。
最近乗り始めてジール……チョイスが恐ろしいですねぇ。
そう、考えてみたら小さいんですよねー容量。
女装ライダー……ゴクリ……

No:2790 2014/10/26 19:31 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

小物入れ

FZX750はタンクの上に水温計とワーニングランプがレイアウトされていました。
ZEALも小物入れではなく何らかの表示機能を持たせるつもりだったはずと思っていました。
GPz400FのノンカウルバージョンFⅡも表示機能の代わりに小物入れとされていました。

No:3487 2015/05/17 20:42 | saikurou #- URL [ 編集 ]

何故か父親に人気のバイク
いやうちも親父が乗ってたけど

No:3572 2015/06/28 23:18 | #7J7ee.tE URL [ 編集 ]

返信

>>何故か父親に人気のバイク
そ、そんなキャラがッ!?!

No:3608 2015/07/04 09:13 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

今の愛車の前がこいつでした。
キャブがきちんと整備されていることが前提ですが、
オーバードライブと称した6速ギアをうまく使うとリッター30キロ近く走るため、北海道のツーリングに重宝しました。

No:3619 2015/07/06 22:17 | #- URL [ 編集 ]

返信

>>今の愛車の前がこいつでした。
おぉッ元オーナーさん!
オーバードライブとのコメントに当時の記事を見直しました。
ジール5速がFZR6速相当らしいですね。
最高速も5速で出るとかなんとか……随分思い切った設計だったんですねぇ。

No:3630 2015/07/11 10:02 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。