スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その78 BROS

レプリカ×アメリカン



BROS



無縁レベル:3





前回はどっちつかずVツインの紹介となりましたが、
実はその登場の3年前。

世界一のバイクメーカーHONDA様もどっちつかずVツインをだしていました。








Honda NT400 Bros 89
BROS Product1・2('88)


昭和の終わり際、年明け早々に登場したVツインスポーツ。

Product1は650ccクラス。
Product2は400ccクラスに該当する排気量。


アルミ製の極太ツインスパーダイヤモンドフレーム
フローティング式の大径ディスクブレーキ
路面をしっかり掴む太いリアタイヤ
そしてHONDA得意のレーステクノロジー
片持ちスウィングアームの「プロアーム」




これらの装備を見てみると、レプリカブームが懐かしくなる構成。
まさにサーキットから公道に降り立ったレプリカマシンのような装備です。


そしてその中で違和感を覚える搭載されたVツインエンジン


Vツインスポーツのエンジンといえば、Ducatiに代表されるような
前のシリンダーが水平に近いタイプが多いです。

しかしBrosのエンジンはどう見ても水平からほど遠い
アメリカンタイプのVツインエンジンです。
それもそのはず、このエンジンは本当にアメリカン由来のものなのです。

ただしアメリカンエンジンとは言え、
ヨーロピアンクルーザー用途も考慮された
端的にアメリカンフィールとは言い難い水冷エンジンです。
バランサーレスで振動消すために異相クランク採用したり、
安易な2バルブではなくちょっと吹けに有利な3バルブ採用しているあたり、
若干スポーツ寄りの傾向もあります……が、やはり根本はおとなしめのエンジン



レプリカ車体+クルージングエンジン

まさにどっちつかず


そんな構成のバイクが、一体どのようにバイクとして収まっているのか……




Product1
水冷4stOHC3バルブV型2気筒647cc
最大出力 55馬力 / 7500rpm
最大トルク 5.7kgm / 6500rpm
乾燥重量165kg
タイヤサイズ F110/80-17 R150/70-17
メーカー価格589000円


Product2
水冷4stOHC3バルブV型2気筒398cc
最大出力 37馬力 / 8500rpm
最大トルク 3.5kgm / 6500rpm
乾燥重量 164kg
タイヤサイズ 同上
メーカー価格 559000円





えー、生まれる時代間違えた感が半端じゃないです。
特に400の方。


とりあえず400の方から見ていきましょう。
前身となるNV400は43馬力あったんですが何故馬力を下げた。
いや、別に下げても低速からのトルク感+ヒラヒラ車体で
シングルスポーツみたいな趣があればそれはそれで成功だと思います。

ところがどっこい。

1425mmというホイールベース数値はレプリカほど短くはありません。
とはいえ、Vツインで400ということを考えれば標準的か若干短いくらいの数値。
問題はキャスター角とトレール。
コイツ、キャスターが27度でトレールが111mmもあるんです。
レプリカの場合キャスター23度チョイ、トレール100mm以下が普通でしょう。
マルチのネイキッドはキャスター25度前後、トレール100mm前後と言ったところ。
さらに車体の重量配分も後方寄りの設計であることから、
このマシンのハンドリング特性は基本的にアンダー気味
ようするに曲がりづらいタイプのバイクなのです。

後押しするかのように接地感が強い太めのリアタイヤ
車体は安定するもののヒラヒラ感を殺す低重心

この馬力で考えられる速度域では
フレームやプロアームの剛性の恩恵を受けられるかも微妙です……。

あれ?ひょっとしてコイツのレプリカ装備って飾りなんじゃ……


…………そッそう言えばプロアームならリアタイヤの交換が楽なはず!


あ、ダメだ。

右マウントのマフラーがタイヤ取るのに邪魔だわ

それどころかプロアームはチェーンの調整が結構大変なのです。
メンテ性も結局悪い。


レプリカ装備は飾りでした……。


結論としてはレプリカの皮を半端に被せたアメリカンとでも言いましょうか。
しかしクルーザーと考えるにもタンク容量12Lなので
長距離走るのも面倒という始末。



カリカリサーキットのレプリカとのんびりクルーズのアメリカンを交配したバイク。
両極端を混ぜるとやはりダメっぽいです。




割と安定してダメな400。
それに比べて650の方は個人的にはいいバイクだと思う点が多いです。

・排気量分だけトルクがある
55馬力という数値は高くはありませんが、
CB750の性能曲線と比較してみると4000rpmまでのプロフィールが
ほぼ一緒かBrosが若干パワフル
Brosは5速4000rpmで80km/h前後となりますが、
その速度域までは低速があるとされる空冷750クラスのパワーを見せるわけです。


・同クラスと比較してコンパクト
CB750と比べるとホイールベースが50mm以上短く
車重に至っては50kg軽いのです。
このクラスでこのコンパクトさは足バイクとして十二分に価値があります。

燃費は2気筒のわりにはさほど良くはなく、
さらにタンク容量12Lのため長距離移動は多少面倒な面がありますが、
馬力を抑えたOHC3バルブの2気筒は
恐ろしく頑丈なエンジンで故障知らずです。


燃費は悪いものの、
ある意味コイツは650カブみたいなモンでしょう。
あるいは耐久性のあるチョイノリ650

その上で250ccや400ccのレプリカ勢が60万円オーバーだった時代に、
コイツは650ccの排気量で60万円以下という価格設定。
しかも後年はもっと安かった。


安い・軽い・そこそこパワフル・扱いやすくフラット

Product1はその外観とは裏腹に究極の足バイクだったのです。





VX800と比べれば確実にかっこいいコイツが売れなかったのは
登場するタイミングが悪かったのだと思います。


大型バイクの免許が教習所で取得できるようになって数年後、
Product1が60万以下で出ていればそこそこ売れたのではないかと思います。

そもそも売れてないため中古市場で状態の良い物を見つけるのが大変になりましたが、
パワフル足バイクとしてはコイツは買いです。





タンク容量だけ改善してまた作ってくれれば良いのですが……。
Fusionみたいに復活してくれたら嬉しいバイクです。








2013/04/09 12:41 | 無縁レベル 3COMMENT(17)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:1184 2013/04/09 19:05 | # [ 編集 ]

No title

コンパクトで操作はしやすいってことで、今でもジムカーナでは人気みたいねー。
400は乗せてもらったけど、だいぶアメリカンなエンジンフィールだった。
熱影響でリアバンクを濃くしてあるらしいけどそれが一因なんかなー。
(そういうフィーリング好きでゼルビスの燃調いじっている人がいた。実際ブロスに近くなってた。)

No:1185 2013/04/09 19:46 | C3 #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>poiさん
コメント&ご指摘ありがとうございます!
登場がNV400Customの方が早かったのでアメリカン用と書きましたが、
確かに仰るとおりでCustomもSPもほぼ並列でラインナップしていたのですから
エンジン自体のコンセプトは「新クルーザー」向けだったんですよね。
と考えると安易に「アメリカン用」的な書き方をしたのは早計でした。
ただやはりあの車体に搭載するほどハードなスポーツエンジンではないのは確かだと私は考えています。
750は…………あれはあまりに狂気のエンジンなので
NVと一緒に名前を出してやるには方向性が少々違う気がいたします……。
そう言えばアレもアホバイクだったなぁ……そのうち書かなければ。

ショートサーキットで速いというのは興味深い話です。
確かに下からのトルクはあるし吹けはそこそこなので、
高回転の伸びを必要としないような状況では強いというのは納得がいきます。
カタログにはストリートでの新しいフィーリングなんてありましたが、
まさかそれがサーキット向けで発揮されるとは……。
キャスター角がもったいない辺りは、
フォークの突き出し量とリアサスの高さで補正すればいいわけですし。

記事の方は近日中に多少修正いたします。
非公開コメントにてこちらを気遣っていただきありがとうございました。
これからもまたツッコミどころがあったらご指摘ください。


>C3
ジムカーナで人気か……
上の非公開コメントでもショートサーキットが速いと教えてもらったけども
考えてみれば確かにおいしいバイクのような気がしてきた……
いやいや、やっぱりレプリカブームの頃のバイクは面白いのが多い多い
そして前後バンクの燃調補正でフィーリング変えるとかビックリですよ。

No:1191 2013/04/09 20:52 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

No title

おばんでやす。

既に書かれていますが、自分もジムカーナで初心者から中級者まで速く走れるマシン、
と云うイメージがあります。
それから、最近ではどうなのか知りませんけど、
BOTT(バトルオブザツインズ)系の中排気量クラスのレースでは常勝マシンだったような・・・
アレはフレームも大改造してたんだっけ?
カリカリにチューンするとかなり速いらしいです。

自分の記憶が確かならば、なんちゃってハーレーソフテイルのスティード、
ミドルデュアルパーパスのトランザルプなんかもこの系統のエンジンだった筈で、
確かにカブの横型エンジン並みに、ツブシの効くエンジンだったのかも知れませんね(笑。

No:1194 2013/04/12 00:58 | rasukaru #- URL [ 編集 ]

No title

おあ!リクエストに答えていただけたみたいで嬉しいです
650に乗ってましたが意味無しプロアームやらタンク容量の小ささ、ハブダンパーが小さく
チェーンもすぐ偏延びするなど泣き所が
多い奴でした
数値上は軽いバイクのようですが重心が高く
狭い実家から出すのに何度か倒しもしました
しかし高い剛性と低く構えるポジションで
最高速200キロまで延ばすのに不安のない
車体でありました
欠点も多いけど愛すべきバイクでOCの人達との
交流は今も続いてます
別れは旅先で不調になり仲間の足を引っ張る
ようでは良くないとZRX1100に乗り替えました
しかしインテーク構造に問題あって
濃霧霧雨ではフィルターが吸湿しやすいクセが
あったと手放してから知りました
それさえ知ってればいまも乗ってたかもしれません

No:1196 2013/04/13 02:36 | ゲキヒコ #JalddpaA URL [ 編集 ]

No title

こんばんわ^^
今日は車輪村というイベントにツーリングで行ったんですが、BROS見ましたよ!w
排気量まではわかりませんでしたが・・・^^;
他にも3型katanaをバリバリに自分で魔改造してる方がリーダーの知り合いでしたりTL1000s乗りの方がいたりといろいろおもしろかったです^^

No:1198 2013/04/14 22:15 | ksr #- URL [ 編集 ]

Re: No title

>rasukaruさん
毎度コメントありがとうございます。
ジムカーナもろくすっぽやったことなくて……やはりコメント情報有り難いです。
そう言えば登場時のカタログには「BOTTが楽しみ」なんて一文がありましたが
まさかマジでBOTTに強いとは……HONDAすげー
VT系しかりDOHC空冷CB系しかりでHONDAのエンジンは長続きするのが多い印象です。

>ゲキヒコさん
このようなカタチの駄文で登場させるだなんて……ご要望に添えられたかはわかりませんが、
お待たせしました。
というか元・オーナーさんなのですね
良く見られる話から細かいところまで泣き所が多いとは……。
ZRXの重さがしんどくなってきたらまだBROS復帰してみるのも面白いのでは……!?

>ksrさん
BROSを発見されましたか!
見つけるのはいいけど外見が変わらないので、見かけてもどっちかわかりませんよねw
3型カタナ……TL1000…………へ、変態祭や

No:1200 2013/04/15 23:54 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

今更ながらコメントさせて頂きます。
たまたまブロスの記事を検索していて、ここを見つけました。
本当に面白い紹介の数々、非常に楽しませて頂きました。
ブロスに関してですが、設計思想としては「何でもこなせるバイク」だった様に思います。
プレスリリースによると、スポーツ走行ツーリングから町乗りでちょっとそこまで、をそつなくこなす為、最新の技術と新しい風向きのエンジンを融合させ、どんな方面からでも欠点のないバイクにした、ということでした。
結局各々の短所が猛烈に化学反応してびっくりがっかりマシンになってしまったわけですが…
タンク容量12Lはあんまりですよねぇ。
新しい記事も楽しみにしています。
私は昔バンディット400LTDを所有した事があるので、blog主様の文才で紹介して頂きたいなぁ…なんて。

No:1834 2014/01/15 11:43 | #- URL [ 編集 ]

返信

>>たまたまブロスの記事を検索していて
コメントありがとうございます!
こんな適当な文章で良いのか悩みながら書いておりますが
楽しんでいただけたならば嬉しいです!
欠点の無いバイク…………まさに仰るとおりで短所の爆発的反応ですね。
しかし上のコメントで頂いたとおり物としては悪くないらしいので、
一度くらい乗ってみたいバイクですね……
400LTD----そ、そっちが来たか……
あるいは近いうちに----

No:1837 2014/01/15 20:10 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

この週末、
久々にメガドライブの『ゴールデンアックス』をプレイしてクリアしたんですが、
エンディングのスタッフロール中に
DIRECTOR・BROS400
という方が居らっしゃった件、報告致します押忍。
http://bbs83.meiwasuisan.com/bin/img/1980s/13477685230008.jpg
さだめし、愛車だったんでしょうねえ。

80~90年代のゲームのスタッフロールは、制作スタッフの引き抜き対策からか
ふざけたニックネームで載せている事が多く、バイクネタも多く散見されました。
極めつけがコレ、
コナミのサーカスチャーリー電源投入直後のハイスコアランキング
http://bbs83.meiwasuisan.com/bin/img/1980s/13477685230007.jpg
どうにも頬が緩むのは私だけではありますまい。

No:3408 2015/04/28 07:25 | ゲームセンター1677 #c1ds2r8g URL [ 編集 ]

返信

>ゲームセンター1677さん
おえええええええええゲームにいいいい!?!!
ハイスコアランキングもすげぇ……
制作者側の遊び心も凄いですが、
バイクの余波がゲームの方にも流れ込んでるのが凄いですね。

No:3414 2015/04/30 12:34 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

隠れ名車

確かに一時期ジムカーナで使われてましたね。
特に改造に制限がある場合は。
ヌルッとしたハンドリングやエンジン特性がよかったんでしょうね。
あまり好きではなかったけど。
当時は限定解除の時代なので400が39万に対し、同程度の650は29万で売られてました。(笑)

No:4076 2016/01/03 21:02 | U #CMpYvT3Y URL [ 編集 ]

これも珍しいですね...

このバイク知人から新車の売れ残りがあるが買うか?と言われたことがありますが、タンク容量の少なさが最大のネックとなり断りました。

エンジンはシャドウ400と同じ?らしいですね。今思うとデザインも良くV型エンジンの特性,走行安定性も良いし悪いバイクではないんですよね・・・



因みにまたまた友達から聞いたお話...

このバイクは元々海外向けとして開発したらしくアメリカに『BROSて名前でバイク出すよ~』と連絡したら現地のスタッフから怒られたそうです

理由は『BROSはアメリカではホ〇友達』を表す隠語?らしくそれが理由だそうです(笑)

No:4151 2016/02/04 22:02 | N.H #- URL [ 編集 ]

はじめまして。。。
講習会に27年ぶりに通い始めた『ごぼ』ともうします~
今、手に入れて28年たってるFTR250で参加してるのですが
BROS650でも出てみようと思い
いろいろ検索しているうちに
こちらにたどり着きました!

いや~いろいろお褒めいただき
とっても嬉しいです(笑

で・・・最後のほうでVX800が出てきて
笑ってしまいました。。。
25年前に限定解除して新車で買ったのが
VX800・・・

カッコイイと思ったんですよ!
でも、自分以外のVX800を見たのは
新潟とフランスのパリの2回しかありません(希少・・

で、こちらの記事の前回のを見たら
VX800!(笑

いや~ワタシ、
シビレルバイクばかり?所有してたみたいで
鼻が高いです?
VX800は3年くらい乗り回して
BROS650を買うときに手放しましたよ。
とても、懐かしくなりコメント入れさせていただきました♪
長文、失礼しました!

輪留め記事?も 面白いです!!

No:4294 2016/04/15 23:48 | ごぼ #- URL [ 編集 ]

BROSオーナーです。

最近再度バイク熱が再燃している40代おっさんライダーです。ここ8年くらいBROS400に乗っております。BROSは私が高校生の時に登場したバイクで当時は友人と一緒にこのバイクのことをバカにしておりました。中途半端な格好のネイキッドモデル。ずんくりむっくりの車体。なのにアルミのキャストフレームにプロアーム。何をやりたいのかよくわからないバイクで、どう考えても時代に合ってないなーと。
まさか三十代も後半になって自分の愛車になるとは。
でも、乗ってみるとこれが実に丁度良いバイクで心地良いです。若い時にはこいつの良さはわからないだろうな、と。
本当はもうちょっと排気量に余裕がある650ccが良いのでしょうけど、普段使いには400ccでも十分ですね。
結局自分のバイク歴の中で一番長く乗っているバイクになってしまいました。

そういえば、自分は管理人さん好みのバイクを乗り継いている事が多いようです。
人気車は別としてKAWASAKI KR250、90年代のSUZUKI GS400E(これも良いバイクでしたよw)、YAMAHA TZR80不人気な珍車を好む傾向があるようです。今欲しいのは昔出たYAMAHAのディバージョン、SUZUKI SV650Sなどが欲しくてたまりません。

No:4332 2016/05/07 11:25 | つよT #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:4499 2016/08/18 11:42 | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:4739 2017/03/13 21:47 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。