スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

閑話休題 時代と共にトラブル対処

vtz250前期に乗る機会がありました。

43馬力楽しいです。

ゼルビスも乗りましたがあちらはデチューンの36馬力。
ゼルさんとは明らかに違う加速感、吹け。
たかだか7馬力差があれほどまで楽しいとは……
ってことは現行のvtrはどんだけつまらんのか……。






トラブル。


どんなライダーも多少なり経験しているものでしょう。
軽いものは立ちゴケ程度から、
キツイものになると事故だの焼き付きだの。

事故の類は日頃のメンテナンスは関係なく起こりますし、
メンテをしっかりしていてもメンテ項目から外れた部分が不意に破損したりということもあります。


自宅にバイクを置いていて、
いざ乗ろうと言うときに車体の下にオイル染みが!!
なんてのはオールドKAWASAKI乗りなら日常茶飯事かも知れませんが、
自宅からの出発前に発見されるトラブルはまだ対処のしようがいくらでもあるので
まだ辟易するような事案ではありません。

問題は出先のトラブル。


気分よく走っていった先で始動不能に陥ったり、
走行中に突然ストールしたり。


ライダーが一番遭遇したくないイベントでしょう。
私だって考えたくありません。出先で走行不能なんて状況。


しかし素晴らしきかな電脳時代。
今は割とどこでも携帯が使えます。
困ったときには即レッカー。
いやー便利な時代になったものです--って私も電脳時代のゆとりライダーですが。



で、気になるのは携帯がなかった時代のライダーはどうしていたのか。
携帯普及が甘かった時代に発刊されたメンテ・応急処置本が手元にありますので、
それを参考に古き時代のトラブル対処法をいくらか挙げてみたいと思います。

恐らく少数派だろうこのブログをご覧になっている若造ライダーよ刮目せよ。
これが昭和のバイク乗りだ。






トラブル1.ガス欠

えーと、良く聞く話ですね。ガス欠。
ガス欠起こす前に給油しろって話なんですが、人間ですから1度や2度はミスしますって。
多分多くの人が対処法として想像するのはガソリンスタンドまで押すって方法。
体育会系ですね。
なおKAWASAKI乗りはこれ以外の方法は認められていません。

さて、基本的に予防策しか書いてありませんが、
連れだってツーリングしているときの対処法、
仲間にガソリンを分けてもらう方法というのが書いてあります。
ガソリンの入れ方はともかく、ガソリンを抜く方はあまりやりませんね。

どのように行うかというと
車載工具でキャブ側のガソリンホースを抜いて空き缶の口に突っ込み、
空き缶にガソリンを移した後でガス欠車に空き缶で補給。



………………とりあえず4連キャブ車は難易度高そうです。

燃料ホースを50cm~1m程度 車載工具に紛れ込ませておけば、
キャブ側ではなくタンク側(燃料コック)にホースを差し込み
空き缶による燃料移行--ができると書いてあります。
こちらの方が現実的でしょう。




トラブル2.ヘッドライトバルブ切れ


これもなんか良くありそうな話。
というか私にとっては割としょっちゅうある話。
昔から使われているH4バルブなどは1つのバルブにフィラメントを2つ備えており、
それぞれがハイビーム・ロービームとして機能します。

で、フィラメントが切れる可能性が高いのは使用頻度が高いロービーム側です。

フィラメントが切れたらどうするのか。

光軸を無理矢理下げてハイビームにして走る。
光軸をいじる程度なら車載工具でも可能でしょう。
これはある種現代でも通じる方法です。

光軸を下げてもハイビームの照射範囲が思ったより上に広い場合、
ビニールテープをレンズに貼って照射範囲を制限してやります。
ビニールテープは案外使えるので車載工具に入れておいてもいいのではないかと思います。




トラブル3.ドライブチェーン切れ

ヘヴィーなトラブルですが--
現代のチェーンはまず切れません。
チキンレースやってるような使用限度の限界にチャレンジとかやってない限り、
きちんと注油、掃除を行い、張りの調整をして使用限度で交換していれば
チェーン切れなんてトラブルはまず起こりません。

いざ切れたらどうするのか。

確か応急用のチェーンジョイントコマが売ってたと思います。
車載工具に1つ入れておいても良いかも知れません。

ジョイントなんて持ってねーよ?

針金で結びます。
持ち運べて結べる太さの針金なんて乗ったら当然切れます。

しかしバイクを押して移動する場合、
針金でチェーンを復旧させておけばエンジンをかけて押すことが出来ます。
ようするに針金復旧は補助の範囲にとどめておけという話です。

極低速で何度切れても結び直すのを覚悟しているならば
乗って走行してもいいんじゃない?と本には書いてありますが--勧めませんねぇ。




トラブル4.パンク

良く聞く話の上で結構面倒なトラブルです。
とはいえ良く聞くからこそ応急処置製品が充実しています。
特に携帯性を意識したアイテムが、パーツショップに行けば大抵置いてあります。

問題はそれらが無い場合の応急処置ですね。

チューブレスタイヤの場合。

パンクの原因を探し出しそれを引っこ抜きます。
抜いて出来た穴に木ねじをねじ込みます

( ゚д゚)

穴のサイズに合わせてやれば空気の漏れが遅くなるので急いで修理屋へ



チューブタイヤの場合。

ビードストッパーが付いているホイールの場合は
タイヤチューブを抜き取り代わりに草を詰めます。


  ( Д )  ゚  ゚

マジでこう書いてあります。
これで一応は自走できるそうです。
ビードストッパーが無い場合は自走不可とのこと。





トラブル5.スロットルワイヤー切れ


スロットルが使えなくなった場合はアイドリング回転数を上げて対処します。
ちんたらでも一応走れる回転数+500~1000rpmくらいのアイドリングに設定してやると
スロットル無しでも走行可能です。
カタナ(400cc)でやったときは4500rpmあたりでした。

この方法の問題は信号で停車中。
常に空吹かしの状態なので非常にみっともないことです。

とは言えインジェクション車でもアイドリングの調整はできますし、
最近のバイクはノーマルだとかなり静かなので
この方法は覚えておいて損はないかと思います。








トラブル6.クラッチワイヤー切れ

スーパーヘヴィーなトラブルです。

結果的にワイヤー切れじゃなかったにせよ私も一度経験しましたクラッチ不能。
自走して帰りましたが。

クラッチが使えずともシフトアップダウンくらいはできるモンです。
シフトアップの時はシフトペダルを上に押し気味で
スロットルを一瞬戻すとギアが上がります。
シフトダウン時はペダルをダウン方向に押し気味で
空吹かしする要領でスロットルを煽るとギアが落ちます。

問題は発進です。
実はクラッチが無くても発進は可能です。

1.車体を前後に揺さぶってギアをNに
2.エンジンをかける
3.押しがけの要領で全力で押す
4.惰性が付いたところでバイクに飛び乗る
5.飛び乗ると同時にシフトペダルを2速にねじ込む


アレです、ボブスレーとかリュージュのスタートシーンみたいなもんです。

あとは信号に引っかからないようにうまく加減速して走りましょう。
え?信号に引っかかったら?

1.エンストさせるorキルスイッチ
2.車体を前後に揺らしてギアをNに
3.歩道へ退避
4.横断歩道を使って信号の向こう側へ押していく
5.進行方向の信号が赤になり車が途切れたらボブスレー

ちなみに私がカタナでクラッチ不能になったとき。
市街地20kmをボブスレー4回で帰ってきました。

ボブスレー以外の手法としてはセルを使って発進する方法が考えられます。

1.ギアを1速に
2.跨ったままセルを回す
3.モーターの動力で発進

だいぶ楽ですね。
ただしこれはセルモーターに強烈な負荷をかけてしまいます。
元々セルモーターはスターターリレーが必要なほど大電流を扱います。
本来ニュートラルのエンジンを回す程度の負荷しか想定してないセルモーターに
さらに車重+体重分の負荷を与えるわけですから電流が爆発的に増えます
モーターコイルが焼き切れる可能性もなきにしもあらず。
楽な発進方法ですが、発進回数がかさみそうな場合はボブスレー推奨です。






推奨ですっていうかやっぱり携帯で助けを呼びましょう。

慣れない発進で事故ったらどうしようもありませんし。
















トラブル番外編.穴


Q.ガソリンタンクに穴が開いちゃった


A.穴に石鹸の欠片を押し当てて
 上からガムテープを貼っておきましょう



( ゚д゚)





Q.クランクケースに小さい穴が開きました





A.練ったご飯粒を押しつけて
 上からガムテープを貼りましょう



( Д )  ゚  ゚














ご飯粒の下りで昭和ライダーには勝てないと思ったゆとりライダーです。





2013/05/09 11:16 | 閑話休題COMMENT(19)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ゼルビスとVTZ、馬力もそうだけどやっぱり重量。
中低速に振ってあるとはいえ、パワー下がっているのに
20kg近い違いは大きいと思う。

石鹸、ご飯、チョコレートは聞いたことあるね。
あとスロットルワイヤーが切れた時は、引き側と戻し側を入れ替えたり…。
まぁ、一本引きのスロットルには使えないけどw

No:1227 2013/05/09 18:44 | C3 #- URL [ 編集 ]

追記
関東にはブラウンにオールペンされた黒エンジンのゼルがいて、
「エンジンも塗ったんですか?」って聞くと
「VTZのをスワップしたんだ」と。
峠で遊ぶならノーマルより楽しいらしい。
http://bit.ly/12Z7SAe

No:1228 2013/05/09 20:14 | C3 #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>C3
そう言えばゼルは重かったなぁ……
確かに20kg差あるわけか。ちなみにブレーキは笑えるくらい効かなかったww
2本ワイヤーなら入れ替えってのも書いてあった。
ただカタナで考えるとワイヤー入れ替えってとんでもない手間だから……
結局アイドリング調整の方が簡単かなぁなんて思ったりする。
………………このブラックゼルはヤバイ。かっこいいなぁ

No:1234 2013/05/09 20:48 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

毎度長文で失敬!

はっはー!
ガス欠、2年に一回ほどは自分、もしくは他人のそれに遭遇します(笑。
>仲間にガソリンを分けてもらう方法
自分の場合ホースを持ち歩くだけは一緒ですが、供給側を高く、受給側を低い位置に置いて、
供給側の給油口からホースを口で吸い、ガスが来たらつまんで止めて受給側の給油口に突っ込んでます。
ガソリンの味?・・・"スーン"とします。
直後に口をすすいでも、しばらく喰い物の味が変になる(笑。

>ビニールテープは案外使えるので
旅暮らしをしていた頃、布目のガムテープを常時携帯していました。
アレは耐水性もあるし、色々役に立つのです。
ガムテープ幅に切り出したプラ板に、ロールから巻き直して板状にして持ち歩くと、
意外なほどに携帯性と使い勝手を両立出来ます。

>針金で結びます。
自分は幸いにして未経験ですが、先輩方が林道からオフ車でコレで帰還しました。
手で結ぶような細い線だから無理なんで、工具を持ち歩いてプライヤーで捩じる位の太い線なら、
ゆっくり走るのに問題はないとの事です。

>ワイヤー切れ
猛者になると、純正より少しだけ長いケーブルを用意して、タイコをかしめるキットを持っている奴がいます。
旅暮らしの諸国行脚中の奴ですが。
そうなる前にメンテを・・・と云う訳にも行かない旅暮らしでした(苦笑。

一昨年の北海道で不可抗力の転倒を喫した際、ステップごとシフトリンクが逝ってしまい、
シフト不能になった事があります。
結局停車中にシフトロッドを蹴り入れて4速固定、
160km先の行きつけのバイク屋まで走り切りました。
半クラッチ時間長ぇー(苦笑。

>やっぱり携帯で助けを呼びましょう。
旅先で知り合った女子ライダーに、押し掛けでバッテリー上りを脱する方法を教えてやったところ、
一人で出来るモンな彼女は見事にマシンに置いていかれて、
少し先でBMWが孤独に大地と戯れていました(汗。
自分も寝起きで判断力が鈍っていたんですね、・・・か弱い系の女子には無理だ。

>練ったご飯粒を
自分の時代でも既にメタルパテがありました。オイルに克てたかどうかは記憶に無いですが。
そもそもいつもご飯粒って持ってる?
きっとアレですよ、常に腰に飯盒と残りご飯を携帯して闘っている日本兵の手記なんですよ。

No:1235 2013/05/09 23:47 | rasukaru #PkMiEDzk URL [ 編集 ]

僕がまだninja250しかなかった時に大型の教習帰りに雨の中、山道を走ってるとスリップダウンして右のステップが折れたときは右足をあげたまま自走で帰り、また別のこけたときにはハンドルが曲がり、バイク屋まで真夏のくそ暑い中を押していきましたw
バイク屋に引き取りにきてもらうと高くつくので、貧乏学生にはそうするしかなかったっていうのもありますけどねw

No:1236 2013/05/10 18:49 | ksr #- URL [ 編集 ]

VTZが出てきましたのでちょっと書かさせてください。
VTシリーズはこれの他SPADAを所有し、VT250FE、XELVIS、MAGNAにすこしだけ乗りました。

最初カタナに乗りたくて免許を取ったものの、400/250は新車が出たばかりで、とてもビンボー学生が手を出せる状態ではなく、(当時すでにプレミア価格が付いていた)大型など夢の世界の話で今でもカタナへのあこがれはあります(保菌者のようです。)

そんな折、手元にきたのがVTZでありました。
カブ250と呼ばれているのを知ったのは後のことですがハンドリングに癖がなく、下道ツーリングなら大型の足手まといにならないペースで付いていけました。
何より故障知らずで燃費がよい(30~35)のはビンボー学生の何よりの味方でした。

このVTZは前所有者がオイルパンのねじ山を痛めており、オイルが漏れる状態(だから安かった)でしたが、当時のバイト先のガソリンスタンドで教わった応急処理はねじにシールテープを巻き付けるもので最初は目を疑いましたが、特に問題も起きず、そのような仕打ちをしたにもかかわらずその後VTZは大変人の良い紳士の運転するグロリアと絡んだ後にSPADAに姿を変えました。

当時学校の駐車場にXELVISがあり、並ぶとXELVISは400、SPADAは125に見えてしまい、オーナー同士長所短所がよーく分かっているものでしたから苦笑するしかありませんでした。

トラブルに関してはその後手に入れたFZR1000にてたくさん経験させてもらいました。

まずオークションにて見た目きれい、小走行に飛びついたところ、実は長期保管によりタンク内錆だらけ、それに起因する各種トラブルが手放すまでつきまとうことになりました。

ボブスレーもFZR1000で行いました。
ツーリング中油圧クラッチが徐々に切れなくなり、油圧故に応急処置もできず、最終日100キロ近くを信号待ちごとボブスレーをしながら帰りました。
下道故2速ですべてカバーできるのでなんとか帰れましたが、そうでなければ途中で心がへし折れていたと思います。

ZX-12Rではそんな思いはしたくないので、普段から各ケーブルの点検、給油を心がけていますが、チョークケーブルだけは給油がしづらくかつ雨が侵入しやすい位置にあり、さらにエンジンの熱がかかるためか数年おきに腐食で冬場に切っております。
まぁチョークケーブルなんて走行に対して支障がないので対して気にしておりませんし、交換の難易度はそれほど高くないので気にはしておりませんが、以前高速走行中に速度のピックアップセンサーが故障して速度計が0キロで動かなくなり、その直後に公的機関に強制的に速度を有料で測定していただいたときはさすがに「KAWASAKIか!」とSAの中心で叫んで(当時はやっていた。)しまいました。

テープを使った液漏れ補修は先日も洗濯機の補修で行いました。
水が相手なのでさすがにご飯は使いませんでしたが、身近な物で確実に液漏れを止めてしまうあたり自分も昭和ライダーのようです。

No:1238 2013/05/11 00:26 | SIG #- URL [ 編集 ]

VTR,キャブ後期32ps(タコ付き)に1年、FIの試乗車30psに乗った事がありますが。
(キャブの方はそれが初バイクだったのでそれ以外何も知らない状態ではありましたが・・・)
楽しかったですよ?慣れてしまえば大した事ないパワー・速度ですけど、
Vツインの脈動感と音が気持ち良いですし、言葉にするのが難しいんですが、とにかくワクワクする。
乗っていて楽しいんです。その辺の道走ってるだけで。
最後は事故で手放したんですが、今でもこれに乗りたいぐらいです。
・・・今乗っているのはGSX-R750(K9)なんですが。(あとサブでセロー)

チューブレスタイヤの応急処置、アリだと思います。車のパンク修理をよくするのですが、
木ねじによるパンクって案外漏れが少ないものなので。(もちろんちゃんと修理・交換等必要ですよ)
クランクケースに穴を開けてしまった時は石鹸をすり込んで止める、と聞いたことがあります。
ご飯粒はさすがに・・・思いつきませんでしたね。

No:1239 2013/05/12 00:15 | #- URL [ 編集 ]

VTRは5速で高速巡航が厳しいけど、低速はしっかりあるんで
以外と街乗りや普段では不便を感じないですよ。
大型と一緒の高速ツーリングでは厳しいですけどね・・・

昔は今ほど通信手段が発達していなかった分、トラブルに対して
事前に対処しておくってのが、より強かったですね。
それにライダー同士の交流も強かったような気がします。
当時はピースをすればほぼピースしてくれた気が。

話は変わりますが、管理人主催のOff会、ツーリングなどは
開催しないんですか?
まあ、とあるメーカーの車種ばかりの濃い集まりになりそうなんですが・・・w

No:1240 2013/05/12 00:26 | Imp #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]

Re: 毎度長文で失敬!

>rasukaruさん
サイフォンですな。まさかガソリンを口でやってのける漢がいたとはッ!!
布ガムテはツーリングで荷物的に余裕があるとき用の装備ですね--と思ったら
なるほど、平芯を用意してやるわけか……
プライヤーでやるレベルの太線でもさすがに走行は--と思っていたのですが
案外行けるもんなんですねぇ。
で、ワイヤー切れのタイコ修復セットは…………あれ、私持ってるんですけど……猛者?w
4速固定で160km先て……お見それいたしました。
シフトペダル不能はプライヤーをシフト軸に噛みつかせ、針金でグリップを巻いて固定する--なんて手法も。
あとステップ折れはシャコ万をフレームに噛ませれば体重をかけなければなんとかいけます。
押しがけは初心者には押す→飛び乗りでやらせないとやっぱそうなりますよねぇ……
飯粒利用は多分自宅でメタルパテ無いときの応急用かなーと思いました。故に出先ではなく番外編。
ワタクシはドイツ製ながらポン刀に跨る男児としてご飯粒を選択しますがねッ!!


>ksrさん
私もボブスレー帰還のキッカケは貧乏学生故でした……
やはり学生は引き上げ料金が気になる気になる……仲間がいて嬉しい限りでございます。


>SIGさん
ミドルカタナはプレミアだったのか……しらなんだ……
VTZは音を聞いたときホントにカブだと思いました。
メンテ状況がさんざんな車体っぽいんですが……アレでエンジンが吹けるからHONDAは恐ろしいモンです。
ガス工事なんかで使う白い薄手のテープガスケットでしょうか?オイルも行けちゃうもんなんですねぇ。
FZRのボブスレー…………大型ボブスレーは出来る限り経験したくありませんね。
油圧クラッチでもやはり不具合が出たりするものか……
メーター死亡でサイン会とは……なんというかもうKAWASAKIな雰囲気がバリバリですね。


>>VTR,キャブ後期32ps(タコ付き)に1年
コメントありがとうございます。
恐らくは非常に素直に動くから、バイク的な楽しさを堪能できるという意味合いではないかと思います。
非力でも走ってみると楽しいというのは旧車GS400に乗ってみて私も感じましたが、
私自身まだまだガキな部分が多く、どうもわかりやすい特性の方が楽しいと考えてしまいがちです……
----ってR750だなんて恐ろしいものに……
ご飯粒は練り込んだ後でクランクケースの熱で硬化するから都合がよいそうです。


>Impさん
やはりあくまで便利なコミューター+アーバンスポーツかなぁと思ってしまいます、VTR。
今は携帯やネットに取って代わられましたが、
昔のバイク・自動車というのは歴としたコミュニケーションツールだったと考えます。
移動手段として人が集まる場所に移動することができ、共通する嗜好の相手を探し--
SNSなんて味気なくて気の落ち着かないツールなんかよりよほどいいのに……
なんてのは私のような携帯世代が言うべきではないのかも知れませんが。
オフ会………………案外需要あるんでしょうか……?
私のバイク活動を基本的に載せていないブログなので
走行会だのその手の活動は無くてもいいかなーと思いましたが--
無縁単車墓地群ステッカー作って参加者に配って貼っていただいて--とか?



※記事を作った時点で予想していましたが、
案の定皆様の体験談からライブラリができそうなコメントを頂きました。
ありがとうございます。
最近のクソガキァこんな事は知らんだろうがぁ!なんてネタがあったら
今後もタレ込んでくださいませ。

No:1244 2013/05/12 22:36 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

またまたおばんでやす。

>あれ、私持ってるんですけど……猛者?w
持ち歩いて、緊急に備える・・・
常在戦場、これを猛者と呼ばずして何と呼ぶかッ!

>シフトペダル不能はプライヤーをシフト軸に噛みつかせ、
・・・Goose奥まってて出来ないの・・・
>ステップ折れはシャコ万をフレームに
咬ませる場所も無いくらい、バーの根元から折れちゃったの・・・(泣。
まぁ、旅暮らしから社会人?に復帰してから色々持ち歩かなくなってるんですけどね(苦笑。

>ご飯粒は練り込んだ後でクランクケースの熱で硬化するから
そうか!そう云えば聞いた事があるような・・・
でもコンビにおにぎりだと、あんまり練れ無そうですよねぇ・・・
>ポン刀に跨る男児としてご飯粒を選択しますがねッ!!
勇 者 の 誓 い !

>ボブスレー帰還のキッカケは貧乏学生故でした……
昔、旅暮らしの途中漁師町で漁業をやっていた頃、バッテリーが上がっても忙しくて修理できず、
ワンシーズン押し掛けで通勤していた事を思い出しました(笑。
旅暮らしも気楽で楽しいけど、お金は残らないのよねー・・・

No:1246 2013/05/16 00:59 | #F8Bk1E3. URL [ 編集 ]

ワイヤー切れたら、ワイヤー引っ張り出してワイヤー直接操作ですよ。
ノークラ発信は、またがったまま軽く押し出すぐらいでも意外と発進できたり。
チューブレスに修理不能な穴が空いたら、チューブ入れてもらいましょう。

No:1657 2013/11/16 10:51 | #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>>ワイヤー切れたら、
他記事のコメントも拝読しました。
ワイヤーの直接操作とは……力業すぎるww
跨ったまま発進というのは試してみたらシフトショックが大きくて結構ビックリしたので
結局ボブスレー発進かなーと相成りました。
距離が短ければ良かったんですが、そこそこ距離があったのでなるべく負担を減らしたかったので……。
大排気量だとそっちの手法を使うかも知れません。

4,5ガンマやらRZV、KRなどのクランク2本エンジンをU型と呼ぶのを知ったのはだいぶ後でした。
まぁ仰るとおりで、400やら500ならともかく2気筒であんなの作るか?って話ですww

No:1661 2013/11/17 22:16 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

トラブルといえば、200ガンマに載ってた時、
高速でミッション破断というのがありました。
怪我なくて済んだものの、ガンマは廃車に…
よくぞ無事だったと思います。

No:2251 2014/05/09 19:07 | 天プラ #JalddpaA URL [ 編集 ]

こんにちは

ライトの応急処置でビニールテープは先日自分もやりました。

正月にツーリングに行こうとエンジン始動した途端に
LO側が切れて時間が無いので真ん中3分の1くらいの
とこを横に帯状にビニールテープでマスキングすると
対向車には眩しくなくて、それでいて運転する自分には
さほど暗く感じないんですよね。

No:2252 2014/05/09 19:43 | 九州急行 #mQop/nM. URL編集 ]

返信

>九州急行さん
H4だと確かハイビーム側は若干出力が高いから明るめですよね。
それにしても制限しても暗く感じないのはちょっと驚き。
テープマスキング法いいですね。

>天プラさん
なんかずいぶん色んな車種に乗られたようで……。
私も125ガンマ手放した後、200ガンマに乗ろうなどと無謀なこと考えてました。
タマ、無いですもんねあれ……。そしてミッション破断って……よく生きてましたね。
パラガンやらKRやら、もうボチボチVJ23も維持が大変なバイクですね。
やはり若造としてはこれまで乗ってこられた方々が羨ましくてたまりません。
どう考えてもこのブログ向けの車歴ですので、
遠慮無くコメントくださいませww

No:2256 2014/05/10 23:04 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:2656 2014/09/08 20:58 | # [ 編集 ]

クラッチではねー

こんにちわ。
オートバイじゃないんですが、2tトラックの油圧クラッチのオイルがレリーズから噴いちゃって、操作できなくなったのを運転しましたよ。回転合わせでシフトするんですが、押し掛けはセルモーターにてで。エンジンOFFでローに入れといて、そのままセルを回す、と。停止はニュートラルに入れてそのままOFF。
20Kmくらいの距離をこれで。

ま、真似はしないでください。危ないですから。
でも、芸は身を助く!積車代が浮きました。(笑)
よかった、よかった。

No:3459 2015/05/10 11:29 | けだまおやじ #- URL [ 編集 ]

クラッチワイヤー切れ

ワイヤーインジェクターを知らなかった昔、一度だけやらかしましたゎ…私のとった方法は「自転車のブレーキワイヤー」
自転車屋なら探せばなんとかなる!インナーだけ差し替えて、レリーズ側はガチガチに結んで200kmの下道を帰ってきました(笑)

転倒でケースカバーにヒビ入れてオイル漏らした時には固形石鹸。ヒビに刷り込んで上からガムテープで帰ってきましたが…エンジンの中に回ったらメタルをダメにしそう、今なら即ロードサービス呼びますね

No:4318 2016/04/27 02:38 | 温泉太郎 #- URL [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No:4741 2017/03/19 10:53 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。