馬鹿工房 可変バッフル

ネタに困ったときの新カテゴリ!






はい、新カテゴリ「馬鹿工房」です。

なんかカタナ関係の部品を作ったときにアップします。

というわけで第一回目。



バッフルなる部品があります。
ノーマルマフラーで乗ってらっしゃる方々にはあまり聞き覚えのない部品ですが、
マフラーを変更している方の大半は見覚え聞き覚えのあるものかと思います。

マフラー--サイレンサーの出口に取り付けられる絞りです。


なんで最初から排気口径を設定せずわざわざ別部品で絞るのか。

抜けの良いマフラーを装着すると低速トルクが落ちるから低速を確保するため
--だなんてもっともらしいリクツが並べられるんですが、
私はようは車検対策だと解釈しています。


珍走車検の一種でしょう。

珍走族が車検時だけおおむねノーマルに戻すように、
車検時だけ騒音規制通過させるためにバッフルで音量落として車検通過
→車検後はスパナ1本でバッフルを外して爆音へ。


だいたい低速トルクを確保するってアンタ
抜けがいいマフラーを抜け悪くしてるんだから意味無くなってるじゃあないですかい。



--と、批難気味に書きましたが、
私の400カタナもリプレイスのマフラーがついております。

前に乗っていた友人が購入したときからついていたもので、
1000円そこらで売っているアルミのちゃちなバッフルではなく、
ちゃんとメッシュ筒にグラスウールを巻き付けられる
消音効果の強いバッフルが付いていました。


あぁ、やっぱり車検対策部品なんだなコイツ。


シングルから4気筒まで、
250やら400クラスが爆音垂れ流して走ってるシーンは珍しくありませんが、
実際のところ250やら400ごときに排気口径がΦ45もあるようなマフラーが必要かという話です。
カタナの吸排気を色々試してみましたが、
どんなに高回転に寄せても400ならΦ30もあれば十分でしょう。
それ以上径を大きくしても音がうるさく低速が抜けるだけ
恐らく吸排気カムをいじらないと効果は実感できないでしょう。

エアクリノーマルのカタナではΦ24もあれば高回転まで過不足無く使えます。
街乗りで高回転使用頻度が少ないならばΦ12にするととても静かでストレスフリーです。


本来は排気側のみのセッティングなんてのは邪道なんですが、
ボルト1本で着け外しできるバッフルによるトルク域の移動は正直いじってて面白いです。



はい、前置きが長くなりました。


バッフルによるトルク域の移動--調整は結局のところ
どの回転域に特化させるかを選択するだけで、
リニアに特性を変化させるわけではありません。

排気側でのリニアな特性変化というと古くはYAMAHAのEXUPでしょうか。

エキパイの集合部にモーター制御する絞りを設置することで
排気管の特性を変化させてトルク特性をリニアに変化させます。


また新しいところではHONDAのCBR1000RRの排気デバイス。
大雑把に言うと2本の排気口を持っていて低回転では片方を閉じておき、
高回転になるとモーターによって2本とも解放される、というタイプです。


私もリニアな特性変化装置が欲しい。

上記2つ、どっちも基本的にはモーター:電子制御されているデバイスです。
確かにコレは制御が楽なんですが熱を帯びるサイレンサー周りに
自作でモーターを設置するのはどうも怖い。

じゃあモーターは別の場所に設置しておいてワイヤーを伸ばせば?となりますが、
それはそれで外見的にカッコ悪くなりそうでNGっていうか面倒です。


で、色々考えたときに最も安直に出てきたプラン。






バネと排圧。




P1650854[1]

というわけで作りました可変バッフル試作1号機。


右側が出口側、左が内側になります。
サイレンサーの出口径に合わせて外形を作っております。
これをサイレンサーの口にカポッとはめまして、
エンジンをかけますと隙間から排気ガスが漏れるわけです。

この隙間の面積は様々な径のバッフルを試作してとったデータから割り出した数値です。





P1650855[1]

高回転時、排気圧力が高まるとこのように開きます。

全開時の排気口面積は上記と同様に高速用で過不足無い面積にしてあります。


内側に来る長いシャフト部にスプリングがつけてありますので、
高回転時に開いたバッフルは低回転時にはスプリングによって閉じます。



多分こんな風に動作するはず!!!

という圧力計算すらろくすっぽせずに設計してしまったこのバッフル。

試作1号機だし、動かないだろうなーなんて思ってたら--

吹かしたらちゃんと開きました。


案外うまくいってビックリ。
ただ乗った感じ変わってる気はするけどプラシーボの可能性も否定できません。

トルク特性に与える影響は恐らくスプリングの強さに一任されています。

ほどよいスプリング探しをボチボチやっていく予定です。




※追加補足
バッフル細かい話

2013/06/28 00:00 | 馬鹿工房COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

世の中には同じような事を考える人が3n(ry・・・

おはようございます。
コレ、自分も考えた事があります。
尤も、排気口ではなく、サイレンサーに入るテールパイプになんですが。

自分の妄想元は90年代初めのドイツのSOS(単気筒)レーサーで、
プライベートコンストラクターにそんなバネ式排気デバイスを着けている物があると知り、
サイレンサーに入るメガホン部分にテーパーなバルブをバネ式で・・・などと妄想しておりました。
自作できる技術がある方がうらやますぃ・・・。

こちらの試作1号機は、サスのダンパーピストンバルブに似ていますね。
いい感じに仕上がるには試行錯誤があるとは思いますが、頑張ってください!

No:1362 2013/06/28 08:04 | rasukaru #9ahlL4HU URL [ 編集 ]

エキパイを一部バイパスさせ、バルブを付けて低回転時はそれを開き、一部排気を戻し排気抵抗をつける、
高回転時はバルブを閉じてストレートに排気、そのバルブを回転数で電子的に、もしくは手元で好きなように制御、
ってのを自分が良く行くショップが作ってたなー。

しかしこれ見てるとバッシブなアプローチでも意外と行けそうね。
素人考えだけど、写真左の内側に入る部分に円形の板を付けて、排圧を受ける面積を変えることで特性が変わったりはしない?
バネを変えるよりも楽かと思ったんだけど・・・。

No:1363 2013/06/28 08:06 | C3 #- URL [ 編集 ]

返信

>rasukaruさん
可変バルブが一般的になってますし、
多分考えている人は多いと思います。
バネ式デバイスの情報は欲しいですねー、
ネット探してもリニアな可変バッフルの情報転がってないのでね……。
試作機で煮詰めたら外観もちょっと凝りたいなーと考えている次第。
完成したらまた記事にあげます。気長にお待ちください……。

>C3
バイパス--って脈動の排気干渉はよく理屈が分からんから困る。
それこそイグナイタからArduinoに信号とって
そっからモーターバルブの開度制御するのが一番確実なんだけどね。
排気圧がどれくらいか全く計算せずに--っていうか計算できないのでとりあえず作ったけど動作はして驚きですよ。
内側に入る部分への受圧板装着は--
サイレンサーと出口のパイプは横から見るとくの字になっているので、
内側に部品をつけるとサイレンサー内部のパイプの上面に接触することになるのさ……。
このボルト長さは若干干渉気味なのでちょっと短くしないと……。

No:1366 2013/06/28 11:31 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

サイレンサーエンドでの「圧」の調整は、正圧・負圧ともにそこにある時点でリニアではないのではないかと・・・
市販車では集合部直後にあるのはそれが理由なのでしょうね

No:1368 2013/06/28 19:45 | #- URL [ 編集 ]

返信

>サイレンサーエンドでの「圧」の調整は、正圧・負圧ともにそこにある時点でリニアではないのではないかと・・・
まさに仰るとおりです。書き方がまずかったですね。
自動調整してくれる程度に解釈していただけると有り難いです。
実際排気系は正負圧力の脈動波で考えなければいけないのですが、
この度は脈動を完全無視して各種バッフルから取った面積と体感のデータだけでモノを作りにかかっています。
EXUPは集合部にありますが、CBRのものは出口付近なのでサイレンサーエンド付近でも効果はあるのかなーと踏んでいます。
正直脈動込みでは理論を組むのがまず私にはハードルが高いですし、
エキパイを試作できる環境がないとどうも先に進まない気がして断念しております……。
最終目標もパワーチェックで検証じゃなくて、あくまで体感の向上ですw

No:1369 2013/06/28 21:49 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

n人目?

私は、VTエンジン相手にスーパートラップ風の物を付け、バネの負荷でディスクの枚数分の抵抗を調整できないかと考えていましたが、軟弱でしたので安直に排気量アップと純正排気デバイスが装着されたFZR1000に走ってしまいました。
EXUPの恩恵による低速トルクの増加と排気音の抑制は故障して初めて気づきました。
特性を穏やかに変化させないと乗りにくいが、乗りやすいことが必ずしも喜びにつながらないのは業かと思っています。

ご存じのことと思いますが、12Rの吸排気系を不用意に変更すると1割程度の出力増と引き替えに、アイドリングしない火炎放射器になります。
サブコンで調教するのが現実的な解ですが機械的デバイスで抑えられるものなら…と妄想してしまいます。
ですが火を噴くだけでも十分迷惑なのに発射するおそれがあるものをつける訳にはいかないのであくまで妄想に留めておいてます。

いい物が仕上がるのを期待していますので頑張ってください。

No:1371 2013/06/29 08:34 | SIG #- URL [ 編集 ]

返信

>SIGさん
>乗りやすいことが必ずしも喜びにつながらない
私もこの意見には支持派です。
じゃあなんでンなモン作ってるの?って話ですが、要は遊びですw
zx-12Rの話は知りませんでした……カムプロフィール調べたらちょっと洒落にならん設定ですねコレ。
もはやこれレースカムじゃ………………。
シャーシダイナモでデータ取るわけでもありませんが、
なんとか形にしたいと思いますので気長にお待ちください。

No:1378 2013/06/30 00:35 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

確かに車検対策です

バッフル・・・
こいつの取付用レンチがトルクスなんですよね。
明らかに〇〇対策です。
でも、私は高速道路時以外は付けていました。
なぜなら、暖気中に通報されたから

No:4098 2016/01/10 11:46 | 元SV400S乗り #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |