その90 DREAM50

世界最小の馬鹿単車



DREAM50



無縁レベル:2





レベル2です。

レベル2なんですがコイツは書かなければいけない。




DOHC

Double OverHead Camshaft

4stエンジンにおける動弁系の形式です。

高回転になるとエンジンの内部部品というのはとんでもない速度で駆動しており、
動弁系--バルブなどは特に複雑な動きを高速で、というシビアな条件下に置かれます。

バルブの動きを制御するカムの位置は、
昔ながらのエンジン形式ですとバルブから遠い場所に置かれていました。

それがバルブのすぐ近くに設置されて、
さらには吸気バルブと排気バルブをそれぞれのカムで制御するDOHCエンジンへ発展しました。
中にはTOHC(Triple OHC)エンジンなんていう変態原動機もありますが--



私みたいなゆとり片足のライダーにとってはDOHCなんて珍しいものでもなんでもなく、
むしろOHVエンジンなどがキャラクターとして認識されてい----
というかメカの形式を気にしている若いライダーなんてほとんどいないですね。

気にする必要もないほどにDOHCという技術は一般的で身近なものになったのでしょう。


しかし昔はそんなことはありませんでした。


性能として有利なDOHCは商業的なデメリットを持ち合わせています。
部品点数増によるコストアップ、故障率増、重量増。
特に故障率なんていうのは工作精度の悪かった時代には致命的な部分で、
これを採用するということはメーカーの技術力の誇示という面もあったのではないかと思います。





さてさて今日珍しくないDOHCエンジン。

いくら珍しくないと言っても滅多にDOHCが見られないクラスというのはあります。



原付一種、50ccクラスです。


原付でガッチガチの高回転が必要な場面なんて無し。
パワーが欲しいレーサーならば2stエンジンを採用した方が手っ取り早いですし、
バルブ制御面で有利だから燃費に貢献と言っても
カブがOHCなんだからやっぱりカムシャフトは2本もいりません。
そんなワケでデメリットだけが残りがち--
というか割に合わないので原付のDOHCは基本的に作られてません。






Honda-CR110-002[1]
カブレーシング CR110('62)

原付のDOHC4バルブエンジン採用車。
そんな逸品を50年以上前に作っていたのだからHONDAは偉大なのです。
60年代なんてそもそも大型バイクも自動車もろくすっぽDOHC車が無かった時代です。
そんな時代に利益も知れた50ccでDOHCエンジンを作ってくるメーカーなんて
キチガイ以外何者でもありません。

10000rpm以上平然と回るエンジンは
まるで2stエンジンの様な7馬力オーバーのパワーを発揮。

基本的な立ち位置は写真にある通り保安部品を持たない市販レーサーです。
しかし少数ながら保安部品を搭載した公道用のCR110がありました。

世界最小のDOHCに賭けるプライド。
これこそが本田宗一郎。
他社がやらないことをやるHONDA。


まさに夢を体現するマシンです。



言ってみればコイツこそがレーサーレプリカのハシリなんですが、
今回はコイツの話ではないのです。





年月は下りて35年。

あの頃原付レーサーに目を輝かせた少年も
ボチボチメタボと戦う頃合い。



タイヤ2つを愛する神はこの世を去っても、
その意志を継ぐ技術者達はまた夢を体現させます。








Honda dream50
DREAM50('97)


すでに当たり前となっていたDOHCにもう一度価値を吹き込んだマシン。

差別的だと言われようが知ったこっちゃねぇ。
女子供には分からない夢が
コイツには詰まっている



'97年なんてのはすでにレプリカブームは収束済み。
レーサープレミアムなんて要素は単車には必要なくなったご時世。
そんなご時世に32万9000円という
原付とは思えないプレミアム価格でだしてきた辺り、
コイツもVJ23Aと同じくHONDAの執念めいた何かを感じさせます。

世界最小のDOHC。
この言葉に取り憑かれたとしか思えません。



空冷4stDOHC4バルブ単気筒49cc
ボア×ストローク 40mm×39.6mm
最大出力 5.6馬力/10500rpm
最大トルク 0.42kgm/8500rpm
乾燥重量81kg





空冷フィンでボリュームは増えていると言っても所詮単気筒。
ピストン直径なんてたった4cm
シリンダーはなんて相当細身です。
そのシリンダーと比較するとDOHCのヘッドがあまりに大きく見えます。

カブレーシングも同様ですが、
その頭でっかちなサマは某米国黒鼠のように見えるとのことで
そう呼ばれることもあったそうです。


30年以上前のエンジンを引っ張ってきたとか、
あるいは他車種のエンジンを変更し作ったエンジンなのかと思いきや
このエンジンはなんと新設計
それどころかよりによってHONDAのお家芸カムギアトレインまで採用する始末。
レッドゾーン13000rpmオーバーは伊達ではありません。

単気筒とは思えないスムーズさでレッドゾーンまで回り抜ける。
それがついつい楽しくて、速度が乗ってしまい白いハゲタカについばまれるという。
排気量故にだいぶ不憫なバイクではありますが、
そこはまぁ最小DOHCのノスタルジー税とでも思いこむほかありません。


その外観はまさにカブレーシングを継承しています。
端的にカブレーシングを焼き直すのではなく、
細部は今風にアレンジしつつ、というのが好感が持てます。

個人的にこの手の露骨なスタイルのネオレトロは好きではないのですが、
このドリーム50は悪い気が全くしない、洗練されたスタイルだと思います。

特に旧型小排気量カフェレーサーの典型とも言える超ロングタンク。
イマドキのバイクにそんなもの着けても滑稽な外観になりがちです。
これをこの時代にあえて採用したというのは相当に勇気のいることだと私は考えます。






色々書きましたがハッキリ言ってコイツには
DOHC以外の特徴はありません。


DOHC故にドリームは素晴らしく、
DOHCで無ければ何の価値もない。



DOHCなんてイマドキ珍しくもない。
こんなバイク、どこのメーカーでも作れる。


だなんて思わないでください。

作れる、と作った、は同じではありません。
タダでモノは作れません。
アホなエンジンを作るなんていうのは言ってみれば浪費です。

そして浪費を可能とするのは熱さです。馬鹿さです。

馬鹿であるのは勇気がいります。難しいことです。


しかしHONDAが馬鹿だからコレが生まれたんです。
(もちろんいい意味で)




極端に古いというわけでもなく、
輸出車だったために知名度がないというわけでもなく、
珍妙さ故に見向きもされずマイナーだったというわけでもなく。



そこそこ新しく
そこそこ知られている



されど珍車。



原付ですらこのザマ。
日本メーカーというのは本当に怖いすごいのでございます。








2013/07/18 00:21 | 無縁レベル 2COMMENT(19)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

んー!

まさにドリーム!笑

ボクがバイクに興味を持った頃にはもうプレミア価格でした!
今だに欲しいバイクの内の一つです。

意味の無いことをやる。そこに意味がある!笑
愛すべきホンダですね。

No:1431 2013/07/18 07:22 | あぺ #VEjJlpAQ URL [ 編集 ]

バイト先のおっちゃんが乗っています(笑)低中回転ではカムギヤの音が、上まで引っ張ると不思議な音がします。そして小排気量で高回転型なエンジン故に2st50ミッション程ではないにしろ5000rpm位までスカスカですw最近マッハⅢを買ったので足バイクと化してます(泣)

No:1432 2013/07/18 11:36 | さんま! #- URL [ 編集 ]

大排気量だとNR以降ホンダは「馬鹿」っぽいの作ってないんですよね・・・ブラバも実は堅実だったし

No:1433 2013/07/18 20:55 | #- URL [ 編集 ]

こういう「コレにしかない個性」の強いバイクって、70~80年代のバイクのほうが光輝いているような気がします。
GL400、XJ650D、RE-5、KR250とか・・・
そういう意味ではドリーム50ってとても貴重なモノなんでしょうね。(近くのバイク屋は「あれは置物だ」なんて言ってましたけど)



そういえば、去年ツーリング先でピンクナンバーのドリーム50を見かけました。
ボアアップキットとか売ってるんですかね?

No:1434 2013/07/18 22:52 | ○ #Kd.7ux32 URL [ 編集 ]

どうもこんばんはです。

高校生のとき地元で乗ってる人がいましたけど、コレ初めて見たときベンリーだと思ってました。
ベンリーにしてはタンクが細長いし、レーシーだし、ヘッドがデカイなぁと思いましたけども…

たしかにコイツからツインカム取ったらカフェレーサー風原付なだけですな!!
というかカッコいいベンリーだと思います。

そぉいえばあの頃地元で何故かYB-1が流行るという謎現象が起きてました。

No:1435 2013/07/19 01:37 | KNZW #qBVoaApM URL [ 編集 ]

夢と名付けられたこのバイクが何故こんな価格になるのか理解した時、人はちょっぴり大人になれる…

moto3の制限が緩ければ、ホンダは2万回転回る4st単気筒を作ってたんじゃねーか?とか最近そんな事ばっか考えてますw

No:1436 2013/07/19 02:19 | ひぃや #- URL [ 編集 ]

返信

>あぺさん
実用性度外視ですが私も欲しいですw
しかし高い!まだ高い!!きっとこの先ずっと高い!!!
CBRは安売りされベンリィはスクーターと化しましたが、
ドリームだけは安売りせんで欲しいものです。

>さんま!さん
馬力的にはおとなしめのセッティングにしてありますが、
やはり小排気量の限界ですね……低速だけは。
しかしHONDAのDOHC単気筒は上まで回る上に音が綺麗ですごいです。
マッハ3とドリーム………………紛う事なき変態ですね。

>>大排気量だとNR以降ホンダは「馬鹿」っぽいの作ってないんですよね
ブラバはクオリティは高いですが結局ZZRの後追いに近い形になりましたからねぇ……。
もはやVTは足バイク、VFRはツアラー、CBRは単気筒。
私の考え方が時代遅れか、HONDAが腑抜けか、寂しいラインナップとなりました……。

>○さん
80年代はバイク好景気やバブルに任せての探求期だったのでしょうね。
ある意味ではその時にバイクという乗り物の進化は一つ終えたのだと思います。
置物だなんて……まさにその通りッ
ボアアップはタケガワからキットが出ていたかと。
モンゴリエイプの類人猿よりさらに高価なでかいプラモですね。

>KNZWさん
ベンリィも私は好きです。というかカフェレーサーが好きです。
確かにDOHC無くしたら単なるカフェレーサーベンリィ……
局所YBブーム……珍車好きとしては皆が乗るバイクを流行に乗って跨るというのは
どうにも気が引けてなりませんが……バイクでブームが起こる心理って気になりますね。

>ひぃやさん
これの価値観を分かるのは案外難しいと思います。
20000rpm単気筒……HONDAだったらやりそうで怖いですなぁwwwはははは……………
とは言え今のMoto3用単気筒レーサーもスペック見ると面白そうですね
あれが市場にフィードバックされればいいんですが…………まぁ無理ですかねぇ……。

No:1443 2013/07/21 10:02 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

ホンダの夢のマシンだから「ドリーム」
ネーミングがいいですねぇ~。

50㏄なのに距離があれば100km/h出るとか言うwww
学生の頃欲しい一台でしたけど、とても50㏄に出せる金額じゃなかったですね。
中古市場もプレミアついて新車以上の価格とかザラですしwww今でも買えないですがwww

No:1444 2013/07/23 22:48 | ZZR-X #- URL [ 編集 ]

返信

>ZZR-Xさん
あぁーやっぱりトップスピード伸びてしまうのですねぇ……。
スタイル・メカ共にかっこいいんですがいかんせん価格ですねぇ。
中古市場も本当に高いです……

No:1445 2013/07/25 21:29 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

デザインだけなら、これのSOHC版のようなCB50と云うのがあったかな?
エイプのエンジンの元ですね。
これのタンクを板金で延長すると、まさにこんな感じで。
実際そんなカフェカスタムしてる人が居ました。
でも、似てるけど非なる物ですね(笑。

昨年だったか、摩周湖の展望台で出会った団塊オサーンは、
急坂の峠で全く登れない、40km/hがやっとだ!
とか言っておりましたが同時に、下りサイコー!!
と、のたまっておりました。

条件を選びさえすれば、まこと漢の心を熱く滾らせるものがあるようです(微笑。

No:1461 2013/07/29 01:18 | rasukaru #Wx7RHXp. URL [ 編集 ]

返信

>rasukaruさん
CBありましたね。カフェ風CB、トラディショナルCDでしたっけか。
下りは速そう--と思いつつ、あくまで足回りは原チャのそれですから
多分私が乗ったら足回りの貧弱さに腰が引けそうな……。
まぁ50ccで何やってんのさというお話ですがw

No:1466 2013/07/31 11:29 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

DREAM50の素晴らしさを知った時、バイク乗りとして一つ大人になれた気がしました。

RCレーサーの時代から続くホンダの「回るエンジンこそ正義」という信念がVT250F、ニダボ、NRと受け継がれ、このミッキーマウスヘッドへとつながる・・・胸熱です。

「誰も作らないものを作る」
我々がホンダという企業に魅せられたのはそこにあるのではないでしょうか。

「高回転エンジンは扱いきれない。バイク本来の楽しさを・・・」とか言ってハリボテCBRを出した今のホンダを見ると、やはり企業としては死んだんだなと思ってしまいます。
ハリボテバイクの利益で体力が戻ったら、もう一度夢でできたバイクを送り出してほしいですね。

No:1525 2013/09/06 00:35 | カワキド #- URL編集 ]

返信

>カワキドさん
我々若造にはDOHCのありがたさというのは分かりづらい、と思っております。
高回転なんてのはシンプルであり難しい用件ですから、
そこを突き詰めるHONDAの姿勢というのは胸に来るモンがありますね。
--正直なトコ今のHONDAが展開してるバイクは
バイクというより単なる「製品」とか「道具」にしか見えません……。
扱いきれるまでの己の錬磨もまた「バイクの楽しさ」なのに、
それを否定して誰でも便利に使えるモノを作ってますから……。

No:1530 2013/09/07 21:03 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

初めまして。
Dream50……二年半前まで乗ってました。壊すのがイヤで全開を控えてましたが…ドナドナされる前の夜これでもかとアクセルを……まぁうるさくスゴい振動が脳天に突き抜けました。スピード出ませんけど…楽しかったです。
高回転はCB50に敵いませんけど何か?って感じです。

No:1927 2014/02/14 22:38 | ブーターR #- URL [ 編集 ]

返信

>ブーターRさん
コメントありがとうございます!
CB50……昔の小排気量はなんだか狂ってた感が……
回したさぞ楽しいのでしょう。

No:1930 2014/02/15 21:02 | Chaos-T #- URL編集 ]

よい記事でした。
なぜか男泣きです。

No:3061 2015/01/12 10:56 | 黒親爺 #- URL [ 編集 ]

返信

>黒親爺さん
お褒めにあずかり光栄です。
三度市場に現れるのを、うっすらとですが期待しています。

No:3072 2015/01/13 19:52 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

50.8ccくらいにして、DREAM50「PLUS」つーのを作ればもっと売れたんじゃねってバイク屋と真顔で話をした記憶がある。

No:4072 2016/01/03 19:58 | U #CMpYvT3Y URL [ 編集 ]

初めまして。
自分の初バイク(&初月賦払い)でした。

エンジンは見た目どおり、軽快に上が回りますが下がスカスカで、サーキットで回すぶんにはすごくたのしそう。でも街はしんどいので武川の84cc組むとかなり楽にはなるも軽快な高回転が死んでしまう、という悩ましいエンジンでした。

あとは車体、ペダルだのトップブリッジだの小物パーツにアルミ鋳造品をたっぷりとおごっていて、今考えるとお座敷バイクとして買われるのも納得の(ムダなw)贅沢さでしたね。
後年代車で乗ったRZ50(二代目)がそこらへんただの鉄板プレス部品だったり安そうな鋳物だったりと割り切っていたので、なおさら印象際立った感じです。

バラバラにして部品単位で某オクに流してしまいましたが、お金と置く場所があったらまたほしいバイクです。

No:4608 2016/11/17 13:43 | 田宮宗一郎 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |