その92 XB12R

アメリカンスーパースポーツ



XB12R



無縁レベル:2





2009年

Buellバイク事業撤退


いやー衝撃でしたね。

なんつーか国産が持ち得ない奇抜さを持つと言えば
ヨーロッパメーカーなんかよりまずここだったんですもん。

教習所の待合室でハーレーのパンフの横にこっそり並んでいたり、
ハーレーの試乗会でこっそり3台くらい試乗できたり。

田舎にいた私でもちょくちょく見る機会があり
それでいて強烈なインパクト。



そのエキゾーストはまさにハーレー。
そのルックスはスーパーネイキッド。



子供の頃からハーレーを見る機会は多かったですが、
まさかハーレーのエンジンを搭載するスポーツバイクがいるなんて思いもしませんでした。

さて、免許取り立ての頃は訳も分からずそのスタイルに惚れたワケですが、
今考えると実はBuellのバイクってとんでもないマシンなんですよね。








Buell XB12R Firebolt 04 3
XB12R Firebolt('04)

Buell XB12R Firebolt 04 2
Buell XB12R Firebolt 04



とりあえずBuellの代表として紹介するのはその面構えからチョイス。
XB12Rです。



ヘッドライトはプロジェクタ2灯
一度見たら夢に出そうな前をガン見している面構え

まるでレプリカのフロント部品だけとってつけたようなフロントカウル

1枚しかないディスクローター
しかしその1枚を限界まで大きくしたブレーキシステム

とりあえず丈夫にしたと言わんばかりの帯状フレーム

刻まれたフィンは紛う事なき空冷
ハーレーから持ってきた45度Vツインエンジン

リアホイールを隠さない
車体下にキッチリ納めたアンダーマウントサイレンサー

スポーツバイクには珍しい
静寂性に優れるベルトドライブ

見間違いか異常に短い前後長




ざっと見ただけでもこれだけの特徴を兼ねそろえるマシン。
特にブレーキ・サイレンサーなんかは日本車には見られない特徴です。
あと顔はとりあえず変態です。


諸元を見てみましょう。


空冷4stOHV2バルブV型2気筒1202cc
最大出力 103馬力/6800rpm
最大トルク 11.6kgm/6000rpm
乾燥重量 179kg
タンク容量 14L
ホイールベース 1320mm
キャスター・トレール 21度-83mm





えーと……色々やり過ぎ。



まずエンジンパワー、103馬力というのはたいしたことのない数値のように思われます。
なんせ今日日ストリートファイターなんて120馬力オーバーが割とゴロゴロ。
問題はその回転数。

国内使用のXJR1300(1250cc)は100馬力8000rpmで発揮します。
排気量で勝るXJRより低い回転域で同レベルの馬力を発揮。
高回転を端から諦めて低速中速の強化に努めたのでしょう。
高回転まで回るエンジンというのも優れてはいますが、
理想的なのは低い回転域からパワーが出せるエンジンなのです。
この排気量のバイクが公道で高回転を維持する要件なんてまずありません。
さらに最大トルクの回転数も6000rpmと最大出力回転数に近い回転域に。
性能曲線まで見てはいませんが、
恐らく体感的には
7000rpm辺りまでストイックにトルクを発揮し加速するエンジンだと思われます。
スタートからおいしく走れる回転域まで、
とにかくそこのパワーに終始した完全割り切り型のエンジンがコイツです。

そんな強烈なエンジンをわずかに179kgの車体に載せているから恐ろしい。


車重で言えば400のネイキッドクラス。
そんな車体に1200ccのトルクを遺憾なく発揮するエンジンが積んであるんですから
その体感フィールはさぞ刺激的でしょう。

なにより今までビューエルを見た経験上、
恐らく加速フィールよりも振動がヤバイと思われます。


ビューエル乗りはツーリング前にとりあえず増し締めなんて冗談がありますが
現物見ると冗談に聞こえないんですよ。


あれは一種の振動兵器だと思います。
まさにアレこそ痔主の敵
尻穴ブレーカーファイヤーボルト。
ライダーのケツにライトニング


なんかよく分からないことを書きましたが
とりあえずビューエルの振動はヤバイんです。

多分ビューエル乗りはよほど強固なケツの持ち主とんでもないドMです。




やりすぎているのはエンジンだけではありません--
--というかやり過ぎているのはむしろコッチ。


ホイールベース 1320mm



えーとですね…………

車重が400並みなんだし400ネイキッドと同レベル?

400カタナ ホイールベース 1430mm


じゃあ250クラス並みかー

バリオス2 ホイールベース 1380mm


……まさか250の2stレプリカ並み?

NSR250R MC28 ホイールベース 1340mm



2stレプリカより短いホイールベース。
1200ccのホイールベースじゃねぇ……。


さらにキャスター角--フロントフォークの傾きが21度

どういうこっちゃねん?って話ですが、
キャスター角が大きくなるとハンドリングが鈍くなります。
ネイキッド系がだいたい25度前後。
レプリカやらSSになると23度前後。
つまりスーパークイックステア。
私は21度はちょっと見たことないですね……。




高回転を捨てた全域パワフル超振動原動機
軽量化に努めた車体
驚異的旋回性能を生むホイールベースに
体感ハンドリングまでクイックにするキャスター角



こんな極端なマシン日本メーカーじゃ企画にも上がらなそうですね。



ストリートに絞って考えればこれほど楽しく走れそうなマシンはないと思われます。
そらタンクが小さいだの振動がすごいだの色々ありますが、
刺激的の一点ではコイツは強烈です。

2stレプもボチボチパーツが危うくなって久しいですが、
免許を持っているならば2stレプではなく
Buellマシンも選択肢として考えては如何でしょうか。

まっこと、これが生産されなくなったのは惜しい話。


ハーレーの業績が好調になりBuell復活なんてならないかなー。





2013/08/01 00:05 | 無縁レベル 2COMMENT(22)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

どうもこんばんはです。
自分もさすがにコイツは見た事ないです。

だがしかしビジュアル的なインパクトは充分ありますね!

あと痔主の方は絶対に乗れなそうなバイクだと思いました。

No:1469 2013/08/01 00:40 | KNZW #qBVoaApM URL [ 編集 ]

以前大学前で1台だけ見たことがありますが、あれは1回見たら忘れられません。

ライダーの方は涼しい顔で乗っておりましたが、表情に出さないだけで彼も振動と闘っていたのでしょうね・・・。

No:1470 2013/08/01 01:02 | taka #sq4QJOk. URL [ 編集 ]

XB12Rに乗ってました。懐かしい&ありがとうございます!

振動はハーレーのエボそのもので、加速は80km/hまでなら2stのKDX220SRと同じくらいでしたね。ショベルヘッドに比べれば、振動なんて無いようなもんでした。

…もちろん、増し締め地獄・パーツ折れ天国でしたが。。

「軽くて旋回性が高く、加速が鋭いバイクであれば、楽しんで速く走れる」というエリック・ビューエルさんの思想が色濃く出た一台だと思っております。

撤退のお知らせの手紙を貰った時はとても残念でした。
今はレース活動のみされているようですが、また是非妙なバイクを作って欲しいと願っています。

No:1471 2013/08/01 01:03 | smgr #EBpUXwRE URL編集 ]

リク採用ありがとうございます!
この見た目からハーレーのサウンドってのを実際に見たら結構キますよw
欲しいとは思っているんですがアメ車の部品供給とか変態技術ゆえの整備性の不安から二の足を踏んでる状況です。
曲がろうと思った時には既に向きを変えている強烈な1次旋回と強烈なトルクによる異常な立ちの強さで癖のある2次旋回…聞くだけでワクワクしますよね。
マフラー変えただけでここからさらに10キロ軽くなるとか、車名に「ファイヤー」がつく車種恒例の股間の熱さとかネタにこまらなそうな車種です。
コメかいてたら余計に欲しくなってきた…

No:1472 2013/08/01 01:11 | ひぃや #- URL [ 編集 ]

このバイクは年に一、二回はみます笑
ホイルベースがかなり短いのが凄く特徴的で、峠とかはスイスイ行けて楽しそうなバイクだなーと思ってはいましたが、振動があるのは考え物ですね。

No:1473 2013/08/01 01:29 | KSR #- URL [ 編集 ]

かなり昔の話ですが、友人に誘われてハレー乗りの夏の祭典「ブルースカイ・ヘブン」に行ったことがあります。
今もそうですが、自分自身ハレーに乗りたいと思ったことは、一度もありません。しかし、ここで試乗した12Rと9Rには強烈な印象を受けました。
富士サーキットのショート・コースを数周しただけですが、ともかく良く曲がるし、トルクが強烈。振動も、回せば許せる範囲だったと記憶しています。特に9Rは、お金が許せば欲しいと思わせるバイクでした。
ご存知と思いますが、タンクはダミーでここにエア・クリとインジェクションがあります。極太フレーム内が空洞でガソリンとオイルがここに入り、徹底したマスの集中化がされています。
後期タイプでは、タンク部分がスケルトンのモデルが登場してましたが、このセンスが何とも“アメリカン”。

No:1474 2013/08/01 09:45 | GAMERA #Xv39sy/s URL [ 編集 ]

ビューエルにおいて、XBは邪道であり洗練されちゃってるかと・・・
やはりライトニングやサンダーボルトといった初期こそが
その変態具合に迫れるのではないかと思います
その時期の車体のエンジンのマウント方法なんか見ただけで卒倒できますよ?

No:1475 2013/08/02 20:32 | #- URL [ 編集 ]

リムブレーキについては「おっきい」だけで済ましてはいけない技術だと思います

No:1476 2013/08/02 20:34 | #- URL [ 編集 ]

開発コンセプトが
「TZRにHDのエンジン乗っけりゃ超早くね?」
という噂が…

No:1477 2013/08/03 03:20 | 甜麺醤 #- URL [ 編集 ]

乗ってます。XB12scgっていうさらに見かけないヤツですが。

こいつを語るなら欠かせないのが「フレームにガソリン」「スイングアームにオイル」でしょう。全長を短くするために穴という穴に油脂類を貯めてタンクをなくしてます。

異常にクイックで物凄い走りができます。リアフェンダーをショートにすると125のシグナスより小さいです。それでいて1200なので楽しいですね。標準仕様でも腹下のサイレンサーはうるさくて車検で「ホントに純正か?」って言われるし、サイレンサー出口が真横を向いてる車種もあって県によってはそれもアウトですが。

XB9シリーズは腰高でアメリカ人仕様なのですが、XB12はシート高が低くて日本人でも両足が付きます。

今はビューエルを街乗りにしてステップアップでV-Rodですが、それもイカれたバイクです。また機会があったら記事にして下さいね。

No:1478 2013/08/03 03:26 | むん #- URL [ 編集 ]

こいつを初めて見たときは衝撃的でしたね。まだNS-1に乗っていた頃、信号待ちしているときに後ろからハーレーサウンドが…どーせ流行りで乗ってるだけのオッサンだな~とか思っていたら、若い兄さんが乗るXB12Rでした。見てるだけでコッチも辛くなりそうな振動とスタイル、リム内側にマウントされた巨大なブレーキディスクと8ポット(前期は6ポット、リヤは1ポット)のキャリパーが印象的でした。後で調べてみるとかなりの変態バイクで即お気に入りに仲間入りしました(笑)
油脂類がフレーム内に収められるので、コケて凹ますと容量が減るというトラブルが良くあるらしいです(笑)

No:1479 2013/08/03 11:10 | さんま! #- URL [ 編集 ]

返信

みんなBuell大好きだなぁチクショウ!

>KNZWさん
いやーホント現物はかっこいいです。
コメントでも頂いていますがこの世代は振動がだいぶマシ……
ハーレーがそういう設計になってからのエンジンだからなのか、
走っている間はそこそこ振動はマシみたいです。
でもケツは死ぬと思います。

>takaさん
端から見ると並みならぬ振動を
ゆりかごの揺れ程度にしか感じなくならなければ
コイツには乗れないのかも知れません。

>smgrさん
おぉ!実車経験者ですか!
っていうかショベルヘッド!!?!
サラリととんでもない名称が出てきた気がしますが……
ボルトゆるみのみならずパーツ折れまであるとは知りませんでした。
やっぱりとんでもねーバイクですねぇw

>ひぃやさん
Buellは一台書きあぐねている車種があったので、この際--
ということでこの度書かせていただきました。
地元にいた頃ハーレー試乗会にBuellがいたのに……なぜ883に跨った当時の私。
友人が乗って超おもしれぇ!って言ってたので私も興味があります。
もはや部品供給だの振動の部品脱落だのは一種のステータスです!
特攻しちゃいましょう。

>KSRさん
あのホイールベースの違和感はなかなかインパクトがありますね。
国産単気筒でも振動がーなんて言いますが、
アメ車の振動はちょっと洒落にならんレベルですからチョイ怖いです。

>GAMERAさん
サーキット試乗とは羨ましい!
私もハーレーには試乗したことありますが、楽だけどこりゃー乗ってられないなーと思いました……。
ダミータンクだのフレームタンクだのまだまだ書き損ねたネタがあったのですが、
それを書いた辺りでこりゃ文章長すぎるなーとボツに。
それでも冗長な記事になってしまいましたが。
アメリカ人は本当にインパクトを与えることに対するセンスはすごいです。

>>ビューエルにおいて、XBは邪道であり洗練されちゃってるかと・・・
コメントありがとうございます。
今回はリクエスト車種ということで新しめのXBを選択いたしました。
仰るとおりBuellとして洗練された車種だなーと調べていて思ったので、
サブタイに「スーパースポーツ」を充てた次第です。
実は前の世代のBuellも書きあぐねている記事が……いつか表に出さねば。
で、リムブレーキの方も「閑話休題 ブレーキ」として書き投げている最中の記事に
説明を含んでしまいました……。
こちらもそのうち--がいつになるか分かりませんが、表に出す予定なので気長にお待ちくださいませ。

>甜麺醤さん
うわーい。それが真実ならばやっぱり奴らメリケンは頭のボルトが脱落していますね。

>むんさん
こちらにもオーナー様が……ってscgってまさにスケルトンの変態じゃあないですか。
フレームガソリンは調べていましたが、スウィングアームのオイルは知りませんでした。
ドライサンプとは書いてあったのでどこにタンクがあるのかと思えば……。
マフラーは下手すれば側方排気になるんじゃないかと思っていたらやはりアウトなのですね。
12が日本向けと、いいことを聞きましたねぇw 私が乗る際には12をば……。
ハーレー製DOHC。いつになるかは分かりませんが気長にお待ちください。

>さんま!さん
転倒して容量が減る……なんてこった……。
あのナリでハーレーサウンドだから違和感がw
しかしその振動具合はやっぱりハーレーという。
機会があれば乗ってみたいものですねぇ。

No:1480 2013/08/03 23:13 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

エンジンが股の下でよく見えるのは、パイプフレームに軍配が上がる?

十数年前、仲間がS1ライトニングに乗り換えてやってきたのがファーストコンタクトでした。
振動についてはGooseのブーンって感じとは違って、大きく揺れるユササササ、グォオオオオって感じだったかと。
彼も初期型SRX-6からの乗換えだったので、それほど振動にドン引きはしなかったのですが。

エンジンマウントに付いては既に仰られているように、シャフトとピロボールの連結でパッと見よく判りません(笑。
何でこれでフレームに収まってるんだ?みたいな。
それがアイドリング中ユササ、ユササ、と揺れていて、走行中は股の下で、ブルゥーンって揺れまくりで・・・。

ええー、つまり何が言いたいかと申しますとね、普段は貧乳を愛でて已まないワタクシメが、
この時ばかりはアメリカーンなおっきい二つのブルンブルーンに心奪われてしまったという訳ですよ。

No:1500 2013/08/19 22:06 | rasukaru #3H2iNR2A URL [ 編集 ]

初めまして、
[buell]で検索していてHPにたどり着き、
面白く記事を読ませて頂きました。
私は大分前から現在もS1Wに乗っていますが、振動はそのうち慣れてしまいますし、
パーツの脱落も大きい物でナンバーとマフラーが落ちましたけど、
「何時もの事」で済ませられるようになってきます(笑)。
むしろあの振動と後ろから特大ハンマーでぶっっ叩かれたような加速が無いと禁断症状に陥るようになります。
後、低回転では振動でバックミラーは役に立たないので、
高額納税しないように気をつける必要もありますよ(笑)。
他の無縁単車の更新も楽しみにしています。

No:2232 2014/05/05 17:18 | taka #- URL [ 編集 ]

返信

>takaさん
コメントありがとうございます。
ライトニング乗りからのコメントとは。
マフラーが脱落って初耳なんですけど。
やっぱ振動でミラーが見えないのか……
ホントに納税的意味合いであれは怖いですねぇww

No:2235 2014/05/06 21:11 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

まさかの接近遭遇してきました
オーナー様いわく
・ヘッドライトが凄く暗いよ
・部品が出ないよ
・同じバイクに会った事が無いよ
だそうです(笑)

No:2314 2014/05/19 23:51 | NC42VTECRevo #JalddpaA URL [ 編集 ]

返信

>NC42VTECRevoさん
あちらの投稿拝見しましたww
バンディット1200でも言われてましたけど、
やっぱプロジェクタって暗いんですね……。
あの補助灯の存在感が私は好きですがw
部品も意外。海外勢は部品だけは手に入る印象でした。んなことはないのか……

No:2323 2014/05/20 20:28 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

プロジェクター方式は決して暗くは無いです。
光度計で測ってみるとそこそこ明るいです。
ただし、プロジェクターは構造上、設計上の照射範囲外を全く照らしません。
リフレクター方式は照射範囲外にも結構光が漏れるので、漏れ光で見える範囲があるんですが、プロジェクターはそこを照らしません。
なので照射範囲外が真っ暗闇に見えてしまうんですよね。
最近は俗称「肋骨」と言われる若干散光させる設計のプロジェクターも出ていますので昔ほど暗くはないです。

No:2335 2014/05/21 21:56 | NC42VTECRevo #- URL [ 編集 ]

買っちゃいました!

はじめまして!半年くらいロム専していて初めて投稿します。
バイク歴40年、中型免許から始まり、22歳で限定解除し50台位乗り継ぎました。10代のころはマッハをはじめ2st専門でしたが現在は4stメインの複数持ちです。
現有車両は、GSXR1100、DUCA900SS、FXDWG1450、Dトラ250、RG250Γ、Gマジェ250、BETA250TR34、TY125ですが更に追加しました。
それと言うのも、私の半分くらいの年齢にもかかわらずウィット&シュールな表現をされる喪主の的確な車評のおかげです。
恥ずかしながら、ビューエルを知ったのもこのHPでした。カッコよく、速くなければバイクとして認めない私が目に鱗でした。
XB12Rを知り、興味を持っていたところヤフオクで堀だし物を見つけてしまい先週、落札してしまいました。感謝してます。
富山の田舎だから出来る複数台持ち。でも流石に女房の意見が厳しく2台(RG250Γ、TY125)を処分することになりました。
因みに車はSLK350(R171)です。ジジイの自慢になってしまいすみません。
今後とも、更なる車両アップを気長に期待します。

No:4204 2016/03/07 23:11 | izu3854 #- URL [ 編集 ]

ある暖かい日、道の駅に颯爽と乗り込んでくるファイヤーボルト。
上下を使い込んだ黒革で決めた爺さんでした。

エンジンを止めて、降りる爺さん。
カッコ良い…。俺もあんな爺さんになるんだ…。

ゴォォォー。
…そして、爆音のような掃除機音が道の駅に響き渡ります。

そうなんです。
大排気量空冷エンジンがぶら下がるは、ガソリンタンク兼用の極太フレーム。
熱抜きに難有りで、停車中は轟音ファンが回りっぱなし。

漢のバイクや…。
革パンでないと火傷するそうな。

走りの性能の為に色々捨てたオートバイ。
やはりカッコ良いです。

No:4208 2016/03/13 08:16 | #- URL [ 編集 ]

乗ってました

過去にXB12R乗ってました。
現在はXBシリーズのひとつ前に出てたX1に乗っています。
やはり変態性を強調するならスイングアームにオイル入ってるとか、フレームがガソリンタンクとかですかね。
ちなみに05くらいまでのスイングアームはブレーキで有名なブレンボです。

No:4496 2016/08/17 08:14 | さるの #QMnOeBKU URL [ 編集 ]

はじめまして

検索しておりましたら、貴ブログに遭遇しました。

XB12Scgを駆っております。
2台乗り継ぎました。
振動は然程ありませんが、マルチエンジンに乗っておられる方からすれば、強烈かもしれません。^^
完成度の高さでは、ピカ一でしょう。
僕の言う「完成度」とは、単車については、いかに手をかけることが出来るか。という事です。
振動については、体よりも、ワイヤーハーネス、スロットルケーブル、プラグコードに影響がありました。
問題は、ECMの学習機能でしょうか。
こいつのおかげで、毎度ROMの書き換えをしなくてはなりません。でも、ECMspyという無料ソフトのおかげで、なんとか書き換えができております。
かれこれ、10年、XBとはお付き合いさせていただいておりますが、他車に興味が全くわかないのです。
15万キロ近くの走行距離になりましたが、まだまだいけそうです。まだエンジンOHもしておりませんが、全くその気配がありません。
マイナートラブルはつきものなので、それを克服していくという面白さ。
変態バイクの所以でしょうか。w
突然の書き込み、申し訳ございませんでした。

No:4565 2016/10/27 19:34 | teppei #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |