スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その97 GSX1100F

油臭いメガスポーツ



GSX1100F




無縁レベル:3








トップスピードの意味合いで世界最速というと
ZZR1100を浮かべる人は少なくないのではないでしょうか。


私の頭の中ではGPZの後にZZRが来てしまいますが、
GPZの登場からZZR登場までは5年もの間が空いています。

当然その期間にはGPZを超えて後続に追い抜かれた
刹那の世界最速達がいくらかいるのでしょうが、
私はそれをあまり詳しく存じません。


恐らくレプリカ的であったり、ハイスピードツアラー的であったりして
「世界最速」であるキャラ付けが甘かった連中なんだろうなーと推測しています。

漢カワサキだなんて保守的なイメージのある修飾をされるKAWASAKIですが、
度々流行を動かす改革的なセンスは感嘆すべき部分があります。

--いや本質は空気を読まない漢らしさ所以なのでしょうが。





さてさて、合間にあるその5年間。
この中で生まれた影の薄い世界最速が今回の主役です。







Suzuki GSXF 1100 89
Suzuki GSX 1100F 92 2
GSX1100F('88)



あ、流行らなそう。



BMWツアラーお得意の電動ウィンドスクリーン。
実はBMWより先にSUZUKIが採用していました。

電動の可変スクリーンがこの1100Fにも採用されているんですが--



コピー ~ Suzuki GSX 1100F 92 2
このとってつけたような後付け感

こういう部分は所詮SUZUKIです。



全体的な丸っこさやテールに感じられる若干の古くささ加減から、
ZZR1100と非常に似た雰囲気を持ち合わせています。
ジャンルがハイスピードツアラーという形で似通っているので当然なのですが、
ZZRに比べればコチラの方がまだツアラー寄りの性格を持ち合わせていると思われます。



油冷4stDOHC4バルブ並列4気筒1127cc
最大出力 136馬力/9500rpm
最大トルク 11.4kgm/7000rpm
乾燥重量 244kg
タイヤサイズ F120/80-16 R150/80-16




はい、必殺の油冷マシンです。

GSXR1100に搭載されていた1052ccの油冷エンジンを
ボア・ストローク共にアップして排気量拡大
130馬力から136馬力にパワーアップした上で搭載してあります。

ちなみに排気量アップした1100Fのエンジンはその後R1100に返却され、
R1100はその排気量のまま最終的に145馬力までパワーを引き上げます。

半分空冷みたいなエンジンでよくそこまでやるモンです。


ちなみに恐らく'88年当時、出力として世界最強だったのはV-maxの145馬力だと思われますが、
時点が1100Fの136馬力ではないでしょうか。

スポーツバイクにカテゴリを絞るならば当時の世界最強というヤツです。
油冷で。


※追記
一瞬世界最速なんて言われた1100Fですが、
トップスピードなど調べてみてもスペック上はどうもR1100の方が速いようです。

で、なんで「一瞬」なのかが分かりませんでしたが、
コメント拝見して思い出しました。
同年KAWASAKIのZX-10が登場しています。
「一瞬」と言われたのはひょっとして1100Fの方が1,2ヶ月登場が早くて、
直後ZXに抜かれたのではないでしょうか。
発売月情報が得られなかったので確証はありませんが。

ちなみにZXさんは137馬力を叩き出します。
馬力でも敗北。そら影薄いわコイツ……。




Suzuki GSX 1100F 88 2

世界最強なんていいながらオプションでクラウザーのパニアケースが設定されている辺り、
コイツの本質は紛う事なきツアラーです。

エンジンのパワフルさやパニアの利便性が欧州では評価されており、
向こうの方ではコイツは案外人気だったようです。


人気の一要因としてはタイヤサイズに起因する操縦性もありました。


タイヤサイズ F120/80-16 R150/80-16


リアタイヤの細さに時代を感じますが問題はそこではなくタイヤの直径。
コイツ、前後16インチです。

現代のタイヤラインナップ事情から考えると、
前18インチとか16インチですら苦労するのに後ろまで16インチというのは最悪です。


なんかオーナーさんのサイト見ているとタイヤ4種類しかないとかなんとか。
しかもラジアルの選択肢ほぼ無し。

一応軽く調べてみるとブリジストンのラジアルでこのサイズがありました。




アメリカンのフロント用のタイヤですが。


泣ける……



しかしこの現代では苦労させられる前後タイヤ径。
この前後小径タイヤがツアラーらしからぬ操縦性の軽さを実現していました。

当時同時にラインナップしていたハイスピードツアラーであるCBR1000F
乾燥重量はCBRの方が軽いのですが
操縦性の軽さは1100Fの方が上と評価されていました。


フロントのみ16インチというタイヤが一時期流行りましたが、
これの操縦性というのは慣れないと結構違和感が強いです。
とにかくフロントの方から一気に旋回しようとするフィーリングで、
私は結局あまり慣れることは出来ませんでした。

またカタナはフロントのみ18インチという構成。
これはこれでまた特殊。
ハンドルの方はセルフステアに任せるままに、
自分はとにかく車体を傾ける乗り方になるんじゃないかと思います。
それでいて一定以上傾くとハンドルが内側に切れ落ちるのが怖い、とは友人の評。

前後17インチ構成に慣れきると前後異径タイヤというのはそのフィーリングに違和感を覚えます。
現在スポーツバイクに前後異径が残らなかったのは
前後同径が普遍的に優れていたからではないでしょうか。

実際のところ旧車GS400の前後18インチには乗ってて全く違和感がありませんでした。


前後16インチというのは普遍的なフィーリングでありながら
クイックな旋回性を得られるのではないかと推測されます。

軽量なCBRより軽い操縦性と評されたのはそのあたりが関わっているのではないかと。
もちろん他の部分もあるのでしょうが。


また、これも当時ラインナップしていたツアラーFJ1200

GSX1100FはFJ1200とCBR1000Fをクロスさせたようなモンだとあります。

ハイスピードクルージングのツアラーとして運用できながら、
軽量な大排気量マシンとしての操縦性を併せ持つ。




あれ!?
意外とすごいぞコイツ!!




というか高速域を求めながらも普遍的な操縦性を捨てなかった
というのはまるでハヤブサのようです。

つまりコイツは今風に言えば----






油冷ハヤブサ!?





Suzuki GSX 1100F 92 4
しかし北米名称カタナ

SUZUKIはGSX-F系にカタナと名付けるのやめて欲しいのです……。




割と評価が高い州間高速ツアラー。
しかしやはりというか、日本人にはちょっと大きすぎるようです。
確実に流行ったバイクではないでしょう。



長々と書きましたが最後に。

英文紹介記事だったんですが、
1100F唯一の妥協点なる文章がありました。

それはシリンダヘッドが振動対策でラバーマウントになっていること。

ハイスピードツアラーとしてなら剛性を出すためにリジッドマウントの方がよいのでしょう。
エンジン単体で振動を処理できなかったのがコイツの問題だということです。


と、このように書いてある文章の後にフォローもありました。


決して全域で振動が出るわけでは無い。
振動が出るのはだいたいトップギアで60~75mphの時だ。
それ以外は快適だ。










60~75mph

95~120km/hくらい









日本においては
一番ダメなタイミングで振動でてる気がする
のは私の気のせいでしょうか。











タイヤはフロント用です。

2013/09/07 13:07 | 無縁レベル 3COMMENT(21)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

この振動問題はスズキのクセなのでしょうか。R750K9でも似たような速度域で手に、厳しい振動が伝わってきます。
それはさておき、この時代のハイスピードツアラーは尖って見えないので、肩肘張らずに乗れる気がします。
実際に所有したことは無いので本当のところは分からないのですが・・・
しかし油冷Egは様々なジャンルに搭載されているのですね。(ジェベル(DR)が油冷と知ったときもびっくりでした)

No:1528 2013/09/07 19:39 | #o9aVJLuw URL [ 編集 ]

このころは270km出るといわれるZX-10がその最速と軽量さを誇ってましたねえ。
FZR1000やGSX-R1100のいかにも!ってスタイル(中身は今のSSほどでは過激じゃなかったような?)が嫌な人は大概、900R RX ZX-10と続いたモデルを選び、ZZR-1100の大人気になった気がします。

でもレプリカっぽいのもいや、カワサキはカワサキのくせに大杉という捻くれもんが周りに多かったような?
当時所属していたクラブが結構長距離走るので、
GSX-FとCBR-Fも一台ずつありましたね。
影響されて、私もヤマハの炬燵を買ったのですが。
R150/80-16のサイズは私の炬燵と同じです。
私の炬燵は88年型からフロントだけ17インチになりましたので、安定性はこっちの方が上のように思います。
当時轍だらけだった名阪国道(Ω状のカーブがあり、100~120kmで流れる一般国道)では私の方が速く走れましたので。
ただし、前後16インチのRZVは安定性と機敏性を両立してたようにも思います。確かに切れ込みは怖かった。
前後16インチの時代の炬燵は乗ったことありませんので、あまり比較はできませんが。
しかしタイヤ本当に選べなかった。
ずっとメッツェラー履いていました。

No:1529 2013/09/07 20:38 | おてつ #GclqcKss URL [ 編集 ]

返信

>>この振動問題はスズキのクセなのでしょうか。
K9のR750にすら出ているとは知りませんでした。
考えてみたら秒間百数回転のものが振動出さずに回るなんてのは
とんでもないことですから……共振くらいは起こって当然なのかも知れませんね。
見た目が柔らかくて、張りがないと言われればそれまでなんですが私も嫌いじゃありません。
--が、CBR750に乗った感想からすると大人しくないヤツが潜んでいる気がww
油冷はあちこち使われてる割に残ってないのが残念です。

>おてつさん
コメント頂くまでZXのこと忘れてました!
この時期YAMAHAにはFJが、HONDAはCBR-Fが……と思って資料漁り、
KAWASAKIはGPZだよなーと思ってたら……まったくとんでもないのを忘れてたモンです。
レプリカとメガスポーツが明確に分離してなかったからあの時期の最速事情はごちゃごちゃしてますね。
しかし--コタツとはwww
確かに大排気量ハイパワー空冷でカウル付きなんて冬場すら大変そうですねw
やっぱりタイヤは大変ですか……それでも昔のタイヤに比べれば今のタイヤは良くなってますから、
バイアスとは言えそこそこ走るのでしょうが選ぶ楽しみをスポイルされるのはなんとも……。

No:1532 2013/09/07 21:18 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

あれ?400はスルーっすか?(;_;)/~~~
結構な埋もれた名機なんですが・・・


ところで福島行きますよね?よね?よね?
待ってますので(^_-)

No:1533 2013/09/07 22:10 | TL万歳 #- URL [ 編集 ]

返信

>TL万歳さん
実は400と1100でどっち書くかかなり悩みました。というか400書きかけがありますw
残念ながら400の方がお目見えするのはその100以降となります。
申し訳ありませんがもうしばらくお待ちくださいませ。

福島? 福島?? うえっへっへっへッwww
ひょっとしたらみすぼらしいナリのカタナで現れるかも知れませんww

No:1534 2013/09/07 23:00 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

GSX-Fと聞いて、お魚ー!!と思ったのですが、
1100だったのですね(笑。

青い写真を見て、あれ?右にチェーンが来てる?って思いましたが、
左右反転でしたか。

それにしても、メガスポーツでありながら、
Fのキャリパーが2ポットなのが時代を感じますねぇ。
BMWのR100があんなナリで200km/hオーバーで走りながら、
ブレンボ2ポットのダブルってのもありましたし、
当時的には十分と考えられていたのでしょうか。

まぁ、フォークの剛性とかふん張りの問題で、あとタイヤもか、
多方面の問題であまり強力なブレーキは無理だったのかもしれませんね。
って、既に異径4ポット時代じゃないですかー!!(91年版資料で
サスがSUZUKI・・・?


>400
400の方は自分的には、間違う方無きお魚フォルムなのである意味期待しています(笑。

No:1535 2013/09/08 01:42 | rasukaru #V.0OP7KY URL [ 編集 ]

なんとビックリ! Fが取り上げられるとは...

実は現在の似非カタナの前に89年型のGSX1100Fに乗っていました。

今から12年ほど前、ふらっと入った赤男爵で見たことのないバイクが売られていました。
1100ccで22.8万円!異様な安さが気にかかり、帰って調べてみたら油冷の136馬力。
パワープライスレシオを計算してみると1馬力あたり1676円!
走行1万キロで程度も良かったので次の日には買ってしまいました。

初めてのリッターバイクでしたが、とてもパワフルで乗り易かったです。
特にポジションはさすがツアラーといった感じで、何キロ乗っても疲れない。
北海道で1日に600キロ走っても全く問題なしでした。

5年ほど乗って買い替えのために手放しましたが、置き場所さえあれば今でも乗り続けたいバイクでした。

買い替えの際、同じ油冷ながら排気量(+29cc)、車重(-43kg)、出力(-36ps)、年式(10年新)
等でINAZUMAとどちら速いか気になりましたが、加速だけで言えば確実にFの方が速かったですね。
+36psは重量差などモノともしないパワーでした。

乗ってしまえば快適さ故にデザインのダサさも気にならない。そんなバイクでした。

No:1536 2013/09/08 02:32 | 108 #- URL [ 編集 ]

これの750cc版もありましたよね。同じくペットネーム:カタナで。
仮面ライダー龍騎の北米版、KAMEN RIDER DRAGON KNIGHTで主人公がそれに乗ってましたよw

No:1537 2013/09/08 02:37 | 牧野P #- URL [ 編集 ]

 初めましてm(_ _)m さる方の紹介でこのブログを読ませていただいてます。

当方GSXRとGSX-Fのアイノコに乗っておりまして今回御先祖様の話だぁ!!
と記念パピコさせてもうべさです。

F系は400と750と1100とちゃんと三姉妹、90年代にはアクロス(250F)や600F
を加えれば大所帯だったのに今やバンデット家からの1250Fと650Fの
みですね。。。しかも650Fは正規輸入でもない無縁ぶり。

 ミドルクラス~1000ccクラスまでの純然なツアラーやスポーツツアラー
がなくて寂しいかぎりです。
気が付いたらVストロムのエラが気になりだしてますwツインいいなぁ常に
ラインナップがされていて。。。

RFも含めてF系に後継機と国内ラインナップが欲しいです。
えっ!イランナップ!?

No:1538 2013/09/08 17:39 | こぶ@SUZUKI900 #JalddpaA URL [ 編集 ]

返信

>rasukaruさん
魚類の方ではないですw
というか魚……言い得て妙ですねw
青の写真が左右反転!? --正直気付いてませんでした……。
資料本なんかでもたまーに左右反転画像がありますがウェブで拾った画像もこれとは。
差し替えておきます!
今考えるとブレーキが貧弱なのは仰るようにフォークの関係かなーと思います。
750がΦ38とかブレーキ以上に考えられないですよねー……当時は普通だったんだなぁ。
ローターはフローティングなんですけどねww
少々時間かかると思いますが400の方もお待ちくださいませ。

>108さん
な、なんと元オーナー!?
なんか油冷に並々ならぬこだわりでもあるのですか!?
22.8万!?そりゃ安い!
パワープライスレシオに笑っちゃいましたが、確かにコスパいいですねww
「ブスは慣れる」だなんて乱暴な言葉がありますが、
愛着がわく頃には外観も気にならなくなりますね。
--っていうか個人的にコイツは好きなスタイルだったりしますw
この絶妙な珍車感………………ひょっとして私もカタナの次はコレに…………。

>牧野Pさん
コメントありがとうございます!
ペットネームカタナのFで一番最初に知ったのは仰っている750の方でした。
750の方は--なんとなく、ZZR1200を連想するなぁと思ったのが直の感想。
1100カタナがそもそもアウトバーンの高速スポーツだったことから、
そう言う意味合いではペットネーム「カタナ」は間違ってないのかも知れません。
っていうかドラゴンナイトの主人公750F!?
そりゃ知りませんでした…………あんなん乗ってるのかいライダー。

>こぶ@SUZUKI900さん
コメントありがとうございます!
粗雑乱暴浅学なブログですが多少なりお楽しみ頂ければ嬉しいです。
SUZUKIの900っていうと…………RF? アイノコっていうと多分そうですよね……?
そう言えばアクロスもFファミリーなのですねー。そうか……バンディットもなのか……。
Ninja250/400が一定支持受けてるようですし、
RF復活かグラディウスにRFッぽいカウルつけてもいいんじゃないかと思います。
っていうかRF600かむばーっく!!!

No:1540 2013/09/08 21:29 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

ありがとうございます

GSX1100Fオーナーズクラブ、平会員のあわぞうです。
等クラブのマシンを取り上げて頂きありがとうございます。
さっそくURLをクラブ員に配信させて読みたいと思います。

確かに疲れないバイクです。この快適さが現状のMCであればみんな乗り換えるのかもしれませんね。

部品の少なさや、老車体に鞭打って、クラブ員は維持しております。

No:1673 2013/11/25 09:05 | あわぞう #IjUZIPhA URL [ 編集 ]

返信

>あわぞうさん
コメントありがとうございます!
いえ、礼を言われるにはあまりに失礼な内容の記事ではないかとビクビクしていますが、
そちらのオーナーズクラブHPのBBSを拝見させていただいたところ、
ひとまずネタとしてお許しは頂けたようで……w
この手合いのでかいツアラーというと私はR1100RTくらいしか経験がありませんが、
取り回しさえ考慮しなければ本当に疲れないバイクだと感じます。
RTとFとではまた別の快適さになるかとは思いますが。
旅先でFを見かけた折はオーナーさんに話しかけたいと思いますが、
もしお会いできることがありましたら話をお聞かせ頂けたら幸いですw

No:1674 2013/11/26 01:36 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

今日2chのスズキ変態スレでホンダ乗りがGSX1100Fで初スズキ車デビュー!
不人気故バイク屋長年展示されたあげく2008年にバイク屋自ら登録し自分で乗ったそうな。総走行距離2000キロ未満のほぼ新車だそうな。うらやましい。かっこいい

No:2131 2014/04/12 07:23 | グラディエイター #3m4qO1gA URL [ 編集 ]

返信

>グラディエイターさん
HONDA乗りが事故りすぎですねww
それにしてもそんな極小走行の旧車と巡り会える運気と
それに乗り換える踏ん切りの良さ。見事です。

No:2133 2014/04/12 22:29 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

懐かしいです

はじめまして
私は、この前モデルのGS1150EF
(仕様違いはGSX1100EFらしいです)を所持していました
中古で購入した前後ぐらいに1100Fが販売され当時
電動スクリーンと油圧クラッチを羨ましく思ってました

同じショップ仲間に購入された方が居まして、何度か
ツーリングをご一緒しましたが、オイルクーラーの容量違いで
渋滞でのオーバーヒート、油圧クラッチと電動スクリーンの恩恵等々当時はかなりハイスペックだな~と痛感しました

今はさすがに体力的に軽量リッターに乗っていますが
またチャンスがあれば乗ってみたい一台です

No:3194 2015/02/19 20:54 | GS1150EF #SFo5/nok URL [ 編集 ]

返信

>GS1150EFさん
コメントありがとうございます。
1100F、さすがフラグシップツアラーというべきでしょうか。
渋滞耐性があるというのはすごいですね。電動スクリーン、笑える装備なんですが便利なんですよねww

1150EFを見つけたので再購入しちゃった、なんてコメントをお待ちしています。

No:3204 2015/02/24 20:27 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

GSX1100Fで検索したら見つけちゃいましたw
体力的にも最後の大型になるかもですが車重感じさせない軽快な走りで長距離ホント疲れないいいバイクですよ。
ちなみにハンドルはジェベルのハンドルポストがポン付けできるので簡単にアップハンドルに出来ますよ。

No:3556 2015/06/13 16:26 | 現役1100F乗り #SFo5/nok URL [ 編集 ]

返信

>現役1100F乗りさん
コメントありがとうございます!
輸出専用だったのが惜しまれる車種ですが、なんだかんだ言ってノックアウトされてるオーナーさん多いようですねww

えぇー……ジェベルのが着くんですかい……えぇーぇぇぇ…………

No:3601 2015/07/04 08:57 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

1100F乗り

1100Fの16インチタイヤはIRCタイヤがオススメです。
前RS-310 後ろWF-920 HDで適合サイズあり。
速度表示がVからHになりますが最高速出さなければ異常なしです。
そこそこグリップいいしライフも長持ちで価格は安いし満足です。

No:3686 2015/07/27 23:06 | V4 #t50BOgd. URL [ 編集 ]

返信

>V4さん
コメントありがとうございます。
スピードレンジが下がる辺りにやはりタイヤの苦労が見えてしまいますね……
しかし最高速出さなければ問題無いなら、十分に使えますね。
古いとは言え1100の最高速なんて用事はありませんし。

No:3722 2015/08/07 21:29 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

コメントありがとうございます

前後IRCタイヤ大丈夫でしたよ。
ハヤブサとかとツーリング行っても実用域での不満はありません。
K300GPは減り早いしBT45Vは高い割にグリップもライフもIRCタイヤと変わらない感じです。
鉄フレーム、バイアスタイヤの最強バイク?いや最高バイクです。

No:3806 2015/09/03 15:30 | V4 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。