スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その100 GSX1100S KATANA

モーターサイクルデザインの転換



GSX1100S KATANA



無縁レベル:1




とうとうその100です。
100車種目の紹介--と言えたらかっこよかったんですが、
実際のところ400カタナを2回紹介した上で、
オフ会、モーターショー、モーターサイクルショーにナンバリングをしたため、
紹介したのは実質96車種ということになるんでしょうか。


96車種扱ってなお紹介しきってない感があるのが
日本のバイク業界の恐ろしいところです。
いや、海外の珍車もまだまだあるので
恐らく200車種扱ったところで様々な車種全く網羅できず、
大したライブラリにはならないんですが。


ともあれ、記念すべきその100にどの車種を持ってくるか非常に悩みました。
記念すべき回は愛車のことを書いてやろうかと思いましたが、
流石に400カタナも3回目になるとイチャモンのようなネタばかりになります。
いえ、普段からそうですけども。
3回目はないなーと思っていたら--オリジナル書いてないじゃあないかッ!!

排気量に100が入ってるし、丁度いいかーということでようやくコイツの紹介です。







Suzuki GSX 1100S Katana
GSX1100S KATANA('81)


SUZUKIを代表するバイク。
一目でソレと分かる特異な外見を持ち、
その登場から30余年経とうとも世界中にファンを持つ。
生産終了されつつ度々復活し、
2000年の最終生産1100台は現在プレミア付き。
終いには後年の1200や1400をベースにしてまで姿を模す始末。



多分若者にはコイツがなんでこれほどまで持ち上げられるか分からないでしょう。
しかしこれの登場をリアルタイムで見ていた方々は
その印象の良し悪しは置いといても衝撃を受けたのではと思います。

カタナの登場は何故すごかったのか。



事の発端は簡単です。


SUZUKIのバイクは速いがカッコ悪い





Suzuki GSX 1100E 79
これです。


当時SUZUKIのフラグシップ--今で言うハヤブサみたいな立ち位置のマシン。
2バルブのGSから4バルブのGSXと名を変えて、
1000ccから1100ccにサイズアップした新型マシンGSX1100E。
逆輸入が必要だったため国内ではあまり存在感がありませんが、
海外ではそれなりに好調なセールスだった模様。
それに伴って上記のように囁かれるんですね、カッコ悪いと。


そんなわけでSUZUKIとしてはちょっとデザイン方面でどうにかしなければならんという雰囲気に。


丁度その頃、BMWでカウルいじりに精を出していた希代のカウルフェチ
ハンス・ムート氏がBMWデザイナー仲間の若者を連れ立って独立。
ターゲットデザイン社を作ります。


ちなみに彼がBMWのバイク部門でカウルをいじっててできたのが--



BMW R100RS 1
R100RSです。

アウトバーンでの高速ツーリングを快適に行えるように、
ライダーを大きくカバーするように取り付けられたカウル。

それまでレーサーの空力部品でしか無かったカウルを、
初めて市販車に高速巡航の風除けとして導入した、
モーターサイクル史の一種の革命とも言えるマシンです。

しかし今見るとかなり大仰なカウルなんですが、
このアングルから見るとまたさらに変態的なフォルムです。



ターゲットデザインを作ったムートさんご一行。
バイク雑誌とのコラボで未来のバイクってことで
R100RSとは別路線のカウルを作ってみました。


MV Agusta target
その名もRosso Raptor
深紅の猛禽類とでも言えば良いでしょうか。

カウルからタンクへの連続性はカタナを連想させます。


そう、ムートと愉快なカウルフェチご一行がやりたかったのは
造形要素としてのカウルの利用。

MV Agustaのマシンをベースに作られたコレに目をつけたのか、
ドイツのSUZUKIはターゲットデザインに話を持っていきます。

カウルさえ作れればどこでもよかったカウルフェチ軍団ターゲットこれを快諾。


そんなワケでメカの変態とデザインの変態がめでたく手を組みます。


2つのプランが進められ、
カウルレス--今で言うネイキッドモデルとしてデザインされたのがGS650Gです。

そしてカウル有りとしてデザインされ、
SUZUKIとターゲットの綿密な連携の元に生み出されたのが--


Suzuki GSX 1100SX Katana Prototype 81
始まりのカタナ
ケルンモーターショーで登場するプロトタイプのカタナです。


あくまでコンセプトモデルだったのですが、
SUZUKIというビッグネームがこのように先鋭的な造形のマシンを出したことは世間を驚かせ、
ケルンの衝撃なんて言葉まで残ってる始末。

そしてその評価はすごく良いすごく悪いに完全に分かれたようです。


市場はまさかこんなトンデモバイク量産すまいと思っていました。


そんな空気の中で、SUZUKI内部ではこんな結論が出されました。




すごく悪いを切り捨てれば売れる


もうアホです。
素敵な馬鹿野郎です。



それまで日本メーカーは全てのライダーに愛されるようなバイクを作っていました。
それは確かに普遍的に扱いやすく性能的にも優れていました。
ただそれは高性能であるだけの機械でしかありませんでした。
しかしここに来てようやく生まれたのです。

愛してくれるヤツへ向けたバイク。


これはHONDAやYAMAHAだったらボツプランだったかも知れません。
SUZUKIだからGOサインが出てしまった例だと思います。


そして端的なデザインモデルとしてだけではなく、
SUZUKIの顔となるフラグシップとして性能面をスポイルしないために
200km/hオーバーを想定して効果を出すようにフロントのスクリーンが追加されます。


Suzuki GSX 1100S Katana
カタナはこうして生まれました。


Rosso Raptorと同様に、
フロントノーズからタンクまで連続するライン。

市販車で風防としてフルカウルを広めた次は
デザインとしてマスコットカウルを使い、
さらにカウルとタンクの連続デザインを行ったムートとターゲットデザイン。

彼らの仕事は再びのカウル革命を起こし、
現在、カウルの在り方に大きな影響を与えています。




日本のバイクは高性能でなくてはなりませんでした。
それはスポーツ性能としてだけではなく、日常の利便性だとか、燃費だとか頑丈さだとか、
そういう意味合いも含めて日本のバイクは常に「高性能」でした。

その中にあってカタナは特殊なマシンです。
登場当時は最先端の性能でも、その高性能さはすぐにひっくり返されました。
それでもカタナは作られ続け、復活し続け、
登場から20年経とうとするとき、ようやく生産を終えました。

ファイナルエディションが出る頃にはすっかり旧型設計の、
曲がらない止まらない遅い重いポジションしんどい
端から見れば乗ってられないような単なる旧車になっていました。

しかし生産を終えてなお、未だに「カタナだから」乗り続ける多くのライダーがいます。
多くのカタナが日本各地を、世界を走っています。
そのスタイルを模すカスタム車が作られています。

高性能でなくても
コイツだから愛されるマシン。





たまーに便器とかカナブンとか、
妙なバイクを出してくるメーカーさんに
次なるカタナインパクトを期待したいところです。







2013/09/28 23:57 | 無縁レベル 1COMMENT(25)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

「刀乗りは多分地球最後の日でも刀に乗ってる」
「あのメーターで現代風のオープニングセレモニー機能が付いたらそれ見るたびに射●しそう」
「ハンス・ムートは実は黒魔術師で刀は実はバイク型の魔方陣なんだよ!」
友人とバイクの話をしている時、刀が話題に出るたびにこんな感じで変な盛り上がり方をしてました。
自分みたいな若者の間でも、形こそ違えど刀って特別な存在として愛されているバイクだと思います。
やっぱりバイクって見た目が大事ですね。

No:1580 2013/09/29 00:43 | ひぃや #- URL [ 編集 ]

 12Rの納車待ちをしていたときにファイナルエディションが発表され、少なからず気持ちが揺れたことを昨日のように思い出します。
 免許にも車両にも現在の銃刀法並みの規制がかけられていた時代に現れ、その後たどった数奇な生涯は伝説という言葉だけでは表現しきれないと思います。
 次なる衝撃を期待したいですね。

No:1581 2013/09/29 06:41 | SIG #- URL [ 編集 ]

祝 100エントリー

教科書には載らないけど、バイク乗りなら誰でも知っている、伝説の刀狩り。
二輪やめた今でも、上がりバイクはカタナだと決めてます。中刀といえどカタナ乗りだったことを誇りに思います。
しかしカタナのマーク、どうしても刃(やいば)に見えるんですけど、、、。

No:1582 2013/09/29 09:59 | emAcu #/jROnekQ URL [ 編集 ]

1980年の“ケルンの衝撃”を雑誌で見た時以来、KATANAを“目指すべき指標”と感じたバイク乗りは、それこそ星の数ほど居るでしょう。かくいう自分もその一人。1981年市販開始時は、大型免許の壁に阻まれ、逆輸入車であることの高額におののき、同じ名称をもったGSX250E KATANAを購入することで、フラストレーションを緩和させていました。時がたち大型免許を取得しても、空冷、フロント19インチ、たよりないブレーキ、維持費の高さに尻込みし、デザインが同じ250SSに帰着した情けない経緯の持ち主ですが、一体型のオムスビ・メーターを眺めると、不思議に心が落ち着きました。本棚には、今でもKATANA関連の書物が数冊並んでいます。自分に鈴菌を植え付けた記念碑的バイクですが、“こだわり”という意味では、世界中のオーナー分だけそれがある希有な存在だと思います。以前、モーター・ショーに出品されたストラトスフィアをデザインした担当者が何かの記事で「意識しないのにKATANAに似てしまった。」とコメントしていたのが、印象的でした。

「その100」達成、おめでとうございます。前回「スリー・ナイン」と記したのは、「目指せ、その999」という意味です。某マンガ・アニメとは関係ありません(笑い)。

No:1583 2013/09/29 10:36 | GAMERA #- URL [ 編集 ]

身近に刀乗ってる方が三人もいるので、ついつい刀欲しいなーっと思わせられちゃいますね笑
最近は刀1000の玉がかなり少なくなってますね。

No:1584 2013/09/29 13:58 | KSR #- URL [ 編集 ]

祝・100回。

やはりカタナ、いいですね。
ちょうど今、友人が2万円で入手したナナハンカタナをベースに、20万ほど掛けて17インチ化しています。見てると欲しくなりますね。

油冷カタナって、俺の理想かも、と思いつつ、1100L型のカタナカウル仕様を模索(笑)

No:1585 2013/09/29 16:52 | 鳩 #- URL [ 編集 ]

そういえばコイツ居なかったですね。

100回?おめでとうございます。

親父が乗ってましたねぇ…維持費の関係でなくなく手放しましてましたが。

またスズキが新しいカタナ作れば良いのになぁ~
どっかのリメイク品は200万と高額になってて手が出ませんわ…

No:1586 2013/09/29 17:03 | Ryougi #aIcUnOeo URL [ 編集 ]

返信

>ひぃやさん
「刀乗りは多分地球最後の日でも刀に乗ってる」
えぇ、乗ってます。多分。
ビグスクから入ったとか、Ninja250Rから入ったとか、
その手合いの方々が案外知らなかったりでたまに驚く機会があります。
カタナの話で盛り上がれる若者はヤバイ領域に片足つっこみつつあるんじゃないかなどと思ってしまいますw
このブログ書いてる私も読んでるひぃやさんも大概ヤバイんじゃないかとww
この特異すぎる見た目のバイクを私ら若造がネタにして話を広げていきましょう。

>SIGさん
おぉう、ファイナル登場時の思い出ですか……
12Rとカタナで揺れたら--12R行きますよねー。
ファイナルっつっても何度も復活してたから本当にファイナルか怪しいですしw
結果的に本当にファイナルとなって、初代からいろいろな伝説という名のネタを纏った絶版車となりましたが、
本当に今後このようなマシンが生まれることを切に願うばかりです。

>emAcuさん
セパハンダメ、バックステップダメ、カウルもダメ。
そんな時代があったなんて私のようなCB400SFで教習した若造には想像も付きません。
もう今となっては執拗に1車種が警察に狙われる、なんて事態はありえないでしょう。
本当に妙なバイクです。私も400に乗っていますが、
次のバイク買っても400は手放さないかも知れないなぁなんて思っています。
--刃はよくつっこまれますww カッコイイエンブレムなんですがwww

>GAMERAさん
年上の方からこうしてコメントを頂くと、やはりコイツはすごかったんだなぁと思わされます。
今なお世界中にいるオーナーのこだわりや、ストラトスフィアの話なんか聞いていると
存在感が暴れ回ってるバイクですね……。
気が向きましたら是非ともカタナを所持してくださいw
スリーナインかぁ……週1ペースで行くと----18年後……くらい?
うえっへっへっへっへ…………とりあえずネタが続くとこまでは頑張りますw

>KSRさん
なんと3人もww あえて650G系のカタナを--
1000カタナはその素性から台数も少ないし乗ってる方も多くないしで、地味に狙っています……。

>鳩さん
ありがとうございます。ようやく100です……。
旧車カタナをいじる方々の根性というか執念はもはや異常なほどだと思います。
なんか高確率で車体費より改造費が高いような……。
L型……ってR1100!?
いやー友人でR1000にカタナカウル被せてカタナを旧車と侮る輩にトラウマ見せるなんてのたまってたヤツがいましたが……
まさか鳩さんも………………。

>Ryougiさん
ありがとうございます。100?回ですw
正直なところストラトスフィアを出して欲しいなぁという思いです。
某一角獣製は……いい物だと思いつつ、私はどことなく食指が動きませぬ。
と言いつつ、見かけると羨ましいんですがw

No:1587 2013/09/29 21:44 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

祝100回!

初カキコです。はじめまして。

私が人生の中でオートバイというものを意識したのは、
仮面ライダーV3のハリケーン号の次にカタナでした。
近所にリトラクタブルのカタナがあって、それはもう、
カッコイイ!の一言でした。
こんな夢のようなバイクが実際にあるんだ、
と感じていました。

腰があまり良くないので、前傾スタイルのライポジは
少々尻込みしますが、
いつか乗ってみたいものです。

No:1588 2013/09/29 23:20 | 大佐 #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:1589 2013/09/30 00:37 | # [ 編集 ]

無縁単車100回、おめでとうございます。

記念の一台は1100カタナでしたかぁ。当方、ベースとなった1100E(750E)、所謂ベコも結構好きなんですよ。野暮ったいデザインがいかにもスズキらしくて(苦笑)。あと、カタナチックな250Eや400Eと同じデザインの1100Eもありましたよね。国営放送「プロジェクトX」ヨシムラの回に、なぜかスタジオに置かれていたヤツです。いつかはコイツも採り上げてくださいな。次の101回も期待しています。

No:1590 2013/09/30 22:52 | kazu #86jtnIRQ URL編集 ]

バイクのことなど何も知らない中学生の頃、近所によく止まっていた銀色のバイクに一目惚れしたのが32年前。
750S、250SS、1200Sと乗ってきて25年以上になりますが、未だにこのデザインには飽きが来ません。

もっと速いバイク、もっと乗り易いバイクはいくらでもあるのでしょうが、
カタナよりカッコイイバイクなんて自分的には考えられません。

なんて典型的な刀乗りみたいなことを言ってみましたが、
これって事実なんですよ...


#更新休止は残念ですが、これほど面白い記事を書くのは相当な労力が必要なことと思います。
十分に休んでたっぷり充電してください。
再開を楽しみにしています。

No:1591 2013/09/30 23:09 | 108 #- URL [ 編集 ]

「KATANA」は別格ですから。

 簡単にはいけませんでしたよー

 荷が遅れ、店長と本当に来るのかどうかやきもきしていたときにファイナルが発表されました。
 あえて聞いてくれる店長にバイクに乗り出した頃からのつきあいとはいえ、地方の小規模店で早期予約の逆輸入車を納車直前にキャンセルする意味が分かっていたからこそあえて即答しましたが、1100台が即日完売と聞いたとき、喜びの中に一抹の悲しみがありました。
 現在の所、乗りまわしたことのあるKATANAはGSX-F750のみですが、旅先でオリジナルを維持しているものから魔改造されているものまで見かけてそれを肴に話すのは旅の楽しみの一つでもあります。
 そういえば例のカタナは一角獣でみごと再生したようですね。

 再開楽しみにしています。 
 
 

No:1592 2013/10/01 10:41 | SIG #- URL [ 編集 ]

返信

>大佐さん
コメントありがとうございます。
そう言えば3型も書いてませんね……。
アレはアレでカッコいいバイクですよね。
カタナ系のデザイナーの仕事っぷりは本当すごいです。
400なら案外前傾きつくないかも知れませんw

>kazuさん
ようやく100です。ありがとうございます。
ベコ系はあまりに形状が独特すぎて……私も実は嫌いではないですw
しかし一般受けするかというと「そりゃ無理だわ」とバッサリやりますねww
650G系デザインは旧車としては絶妙なデザインですよね。
今も残ってるGS125E辺りを取り上げるかも知れません。
それではちょいと充電してきます!

>108さん
コメントお待ちしておりましたw
カタナがすごい点というのは108さんのようなユーザーを多く持っている点であり、
性能が進化していくプロダクトにおいて最も重要なのはその一点だと私は考えています。
私もたまたま400カタナに乗りましたが、そのたまたまの機会が
CB400SFだったら乗っていたかというとまず無かったでしょうし。
可能ならば今の技術にリデザインを加えた新造カタナを出して欲しいですが、
同時にカタナを名乗れば1100S系のデザインは超えられないだろうなぁとも思っています。
というわけでしばし充電期間を頂きます。
また1ヶ月後に!

>SIGさん
乗ったカタナがF750ってのもまたすごいですねwww
出先で遭遇するカタナの種々打ち直しっぷりは本当に見ていて楽しいです。
例の--というとクラッシャー男爵?ですかねw
あれは片が付いて本当によかった。
それでは1月ばかりの充電タイムをば。

No:1593 2013/10/01 19:54 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

初めて書き込ませてもらいます
2ヶ月ほど前からgsx750s s1に乗り始めた、26のバカ者です
これに乗っていると、以前に乗っていたninja400rと違い、色んな意味で見られる事が多くなりました
同様に年配の方などからも話しかけられる事も多くなり、伝説を聞かされる事があります
こうして見るとやはり、1100の残した功績は大きいのかなと
そして750sはネタに近いのかなと思い始めた次第です
ただ思ったよりも走る上に乗りやすい事にびっくりしました

No:1598 2013/10/07 22:54 | maidpower #- URL [ 編集 ]

追記ですが、
購入する際に他のバイクとしてgsx1100f,inazuma750,1200等と迷ったのは内緒です

No:1599 2013/10/07 23:00 | maidpower #- URL [ 編集 ]

返信

>maidpowerさん
コメントありがとうございます!
まさかのS1乗りでしかも同い年ですかww
先輩方ライダーからすればやはりカタナは特別でしょうし、
イマドキ若者がそれも750に乗ってるとなると気になるのでしょう。
750はある種の伝説が多すぎて何が何だか…………

旧車の設計の古さを感じるのは結構な速度域になってからではないかと思います……。
普通に走るだけなら各部のプアさは感じるまでも十分走りますし、
近代車と比較すると妙な粗雑さがハマったりしますw
ブレーキの止まらなさ加減だけはやめて欲しいですが……。

えーとですね。
チョイスがおかしいですw
イナズマの750とか国内にろくすっぽ無いじゃあないですか!?

No:1600 2013/10/07 23:08 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

返信ありがとうございます
何であんなチョイスになったのかというと、
inazuma750やら色々とがあったからなんです
まあ、店のオーナーが持っているバイクすべて油冷の油冷大好き人間、
むしろ鈴菌なのでお察しください
ちなみにブレーキはスラローム中心の北川ワンポイントレッスンを受けていても問題ないぐらい効きました
というか、この個体がどうも効きやすいらしく、普通のgsx750sでは考えられない程かっちり止まります
多分2年経ってもgsx750sから買い換えるかなんて事にはならず、このままいくかもしれません
もし買い換えるとしても油冷系、出来ればgsx1400あたりかなと
そしてできればでいいので、gsx1400の不遇っぷりをとりあげてくださいまし

No:1601 2013/10/08 01:51 | maidpower #- URL [ 編集 ]

返信

>maidpowerさん
油冷好きとはなんたるユートピアショップ。
個体差で効くなんてのは面白いですねww
言われてみると1400は予定表に入ってませんね……追加です。
オジサマ方に囲まれるカタナライフをお楽しみくださいませw

No:1604 2013/10/09 21:34 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

やぁ、暫くで御座候。
刀で来ましたか・・・確かにあらゆる意味で別格ですよね。
自分的には、主にネタ方向で(笑。

大好きなデザインのマシンですが、色々謎ポイントがありますよね?
例えばサイドカバーのダミースイッチとか。
少年時代の自分は、もし刀を手にしたらば、
あそこにニトロブースターのスイッチを付けてやるんだッ!!
と、固く心に決めておりました(笑。

ウィンカーの付いている曲面には穴を穿ち、
三連機銃の様にしてシャークマウスとか。
メーカーやデザイナーがはっちゃけるならば、
ユーザーもはっちゃけるべし!
と云うところでしょうか。
あ、でもいつでもノーマルの良さに戻せる様に、
オリジナル部品は取っときますよ?


話は逸れますが、ロッソラプターのデザイン、今改めてみると、
TLエンジンを積んだイタ車のVラプトール(確かそんなだった)
そっくりですね(笑。
つまりパ◎リ?!

欧州からやって来たデザインが日本で形となり、
日本から旅立ったエンジンが欧州で形となる?
でしょうか。
因縁めいたものを感じますなぁ。
嗚呼、変態は変態を呼ぶのか(苦笑。

No:1613 2013/10/17 01:10 | rasukaru #TIjmgAvw URL [ 編集 ]

返信

>rasukaruさん
おひさデス。体調その後如何でしょうか。
ガラかと思っていたらありゃダミースイッチでしたか……
ニーグリップをするたびに連射されそうな位置によくも……。
本気出したカタナオーナーの刀研ぎは恐ろしい物があります。
故に一角獣なんぞも後年の新型でカタナを模したりするのでしょう。
ユーザーやらショップにそこまで執念を燃やさせるだなんて……カタナって妖刀!?
TLエンジンはカジバのラプトールですね。あの手のクチバシデザインは目立ちますし
似たり寄ったりに近くなりますねぇ。パク--げふんげふん、似ただけですよw

No:1614 2013/10/19 10:10 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

なぜスイッチ?

 電装品過多の今ならいざ知らずなぜあの時代にスイッチ用が4カ所も設定されていたのでしょうか?
 確か左側にはグリップヒーターシートヒーター用の配線がありますが、田舎暮らしのためか未だにそれ(しかも純正)が装着されているカタナに遭遇したことがありません。

 そういえば実家にメーカー純正ウィリーマシンがあったことを思い出しました。
 今度帰省した際に本人が乗らないのであれば横取りしてカタナ化に着手してみようかな。

No:1615 2013/10/19 13:22 | SIG #- URL [ 編集 ]

ご心配おかけしまして、ボチボチやっとります。

>妖刀
研げば研ぐほど斬りたくなるんですよね(何を?

>SIG さん
あらら、ダミーじゃないヤツもあるんですね。
ファイナルエディションとかでしょうか。
自分的には、ニトロで「アフターバーナー全開!」とかやってみたかった訳ですが(笑

No:1616 2013/10/20 00:55 | rasukaru #P1bpp.Ak URL [ 編集 ]

>rasukaruさん
 永く、そして様々な仕様が生産されているので例外があるかもしれませんが、少なくとも初期の1100/750にはスイッチの配線と外部電源用のヒューズがあったかと思います。

 ダミーかと思ったら実はNOS/ドラッグシュートというのはいかに秘密兵器のようで何ともかんとも…
 体内に保菌している鈴菌が顕在化しそうです。 

No:1617 2013/10/20 07:07 | SIG #- URL [ 編集 ]

返信

>SIGさん
ホントだ……調べてみたら空のスイッチがついているそうで……。
ヒーター類やETCなんかのスイッチとしてはいいですねぇ。
400カタナにもどうにか着かないもんか……。
GSFとは羨ましいw
前輪上げながら加速していくカタナ……ぞくぞくするじゃあありませんかッ

No:1618 2013/10/21 21:20 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/01/05 | 空我's Moto Life |

無縁単車 墓地群 その100 GSX1100S KATANA

みなさん、お正月は( ´・ω・`)_イカガ? お過ごしでしょうか? 今年最初の記事は、ワタシが昨年末から一気に全てを読破した(ぃゃ読んじゃうって!w)めっちゃオモシロい!(ノ∀`)ブログをご紹介します。   『無縁単車 墓地群』     ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイですねー!レア?マイナー?変態バイク?たちの墓場です(≧∇≦) 80~90年代の生き字引を自認するワタ...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。