その113 ZN1300 Voyager

でかいぞZ型有人州間探査機



ボイジャー



無縁レベル:3




さぁさベンチャーロイヤルに引き続きゴールドウィングに隠れる第2弾。

メグロを吸収し端からアメリカをターゲットにしていた大排気量主義者川崎重工。

車格も排気量もでかけりゃでかいほどベリーグッド。
あらあらなんとグランドツアラーにマッチしたナイスメーカー。
作っちまおうぜ最強のツアラー。
アメリカの大地を隈無く探索してやろうじゃあないの。


知名度はそうでもありませんがKAWASAKIさんもちゃーんと作ってました




しかしペットネームそのものは未だに生き残っているため、
その名称だけは聞いたことある人がそこそこ居そうな気はしますね……。


ともあれ、此度は初代の漢式金翼をご紹介。






Kawasaki ZN1300 Voyager 83
kawasaki-zn_1300_voyager-21384_88953399a31da16e.jpg
ZN1300 Voyager('83)


でかいぞボイジャー
素敵だボイジャー

まるでゴールドウィングのフェアリングに剥離剤塗って
そのままFRPを上塗りして作ったみたいなフェアリングの大柄さだ!


その貼り付けたようなウィンカーはなんなんだ!



ベンチャーロイヤルと比較するとあまりに無骨なその姿。

その雰囲気は妙に角張ったZ達を彷彿させます。


それもそのはず。
なんせコイツ中身がZなんですから。

そりゃあ角張ってしまうってモンです。


しかもただのZとはワケが違う。



水冷6気筒のZです。




Kawasaki Z1300 3
超重量級旗艦Z1300


CBXに遅れる形となったものの、
1286ccで水冷機で120馬力!というフラグシップとしては不足無いスペック。
まぁCBXより50kg近く重いのが難点ですが。





KZ1300-B2-AD.jpg
スペックが幸いしてか重量が祟ってか、
その後ツアラー路線を開拓し始めて装備を与えられて
リリースされたのはKZ1300B touring


こんなモデル今回調べて初めて知ったよ……。



128192-10911.jpg
タミヤすごいわ……



1300Bもだいぶボイジャーですが、
コイツはあくまでZ1300のツアラーパッケージ
そこからエンジンのコンパクト化専用フレーム化を行うことで--


kawasaki-zn_1300_voyager-21384_88953399a31da16e.jpg
晴れてZN1300ボイジャーが誕生しました。


エンジンはコンパクト化したと言っても
結局並列6気筒ですからそりゃでかいわけです。

どのくらいでかいのでしょうか。
あちこち少ない情報を漁ってみると……

ベンチャーロイヤルが恐らく乾燥340kg程度。
年代の近いGL1200は乾燥330kg程度だと思われます。

個人的には250kgオーバー辺りから別次元の重量車になりますが、
2車種ともグランドツアラーの名に恥じぬ重量級です。


で、ボイジャー。

情報が少ないのですがあちこち探してみたところ--




乾燥417kg


重いってレベルじゃあねーぞ!!?

見た目のボリューム感は伊達ではありません。
中身もギッシリです。



さて、ではコイツには6気筒以外どんな中身が詰まっているのか。


垂直方向光軸はメーターパネルのボタンで調整可能

あら便利


コンプレッサー搭載で操作パネルから前後サスの空気圧調整可能

ベンチャーロイヤルにも搭載されていましたが、
あちらは自動、こちらは手動っぽいです。


デジタルフュエルインジェクション搭載

'80年代にして電子制御燃料噴射です。
といってもKAWASAKI車はあれこれインジェクション搭載車がありました。
しかし。

調子が悪くなったときに復帰するノウハウが十分じゃなかったせいか、
インジェクション外してキャブ換装ってのがよくある話だったそうで……。
海外サイト見ててもインジェクションがいいイメージを与えてる記事がさほどなかったり。



トドメに。

ホーンがデカイ

いや、マジで。


kawasaki-zn_1300_voyager horn2
ラジエターの下にファンネルのついたボックスがあります。
位置からして排ガス浄化関係のナニモノかか、
あるいはサス用のコンプレッサーじゃないかなーと思っていました。











zn1300 voyager horn
ファンネルじゃなくてラッパだった


バイクにこの形状だとファンネルだと思うじゃん!?
ラッパだと思わないじゃん!!?

確かに古いバイクにはたまに見かけますが、
まさか'80年代の最新系バイクで、
しかもボックスに収納してラッパだとは思いませんって。

1300Bにはついていなくてボイジャーに突如現れた装備だったので
なんだこれとあれこれ考察していましたが
そんなことに時間を使ったのが悔しい。

どんな音で鳴るんでしょう……。




超重量級ボイジャー、寿命は意外と短いものでした。



Kawasaki ZN 1300 Voyager 86
ZG1200 Voyager Ⅶ('86)

角が取れて落ち着いた装い。
エンジンは水冷4気筒へと積み直され、
車重が100kg近く軽くなりました。


100kgて……

ボイジャーを知っている方はコッチのイメージが強いのではと思います。
一応1300ボイジャーは'88年のA6まで作られたとされています。


そして現在ボイジャーの名前を冠するのは
バルカンバリエーションとしてのボイジャーです。
随分と落ち着いた印象を受けます。

まぁまた車重が400kg超になってるっぽいですが……1700ccあるし。





まるでHONDAに力尽くで対抗するような、
超重量級グランドツアラー 初代ボイジャー。

機会があるならば、コイツにも一度くらい跨ってみた----




並列6気筒で重心が高く
倒すと車重と併せて詰む

byとある海外のボイジャラー




やっぱ跨んなくていいです。


続く




2014/02/18 21:47 | 無縁レベル 3COMMENT(23)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ボイジャースゲェ

417kg…スバル360より重いですね。
小錦+白鵬位でしょうか?
ちなみにGROMだと4台分だったり。

No:1944 2014/02/18 22:08 | あおベル #- URL [ 編集 ]

重すぎて軽トラには積載不可ですね。
(軽トラの最大積載量は350kgまで)

No:1945 2014/02/18 22:22 | NC42VTECRevo #- URL [ 編集 ]

ライバルに対抗するために無茶苦茶やらかすこの姿勢が日本のオートバイ作りを支えてるのだと思いますw

No:1946 2014/02/18 22:28 | ローンライダー #- URL [ 編集 ]

まるで宇宙戦艦のような存在感(汗)
装備重量+トランク満載だと500キロにも迫りそうな感じですねぇ…写真だとサイドスタンドが凄く頼りなく見えますねw

No:1947 2014/02/18 22:30 | ひぃや #- URL [ 編集 ]

うへぇー。
400kgはえげつないですね笑
コカしたら間違いなく一人じゃ持ち上げられないです笑
しかし、最初の方の文書(車格もっていう所から)がラップ調で頭の中に流れてきました(^^;;

No:1949 2014/02/19 01:54 | KSR #- URL [ 編集 ]

あはは…重た過ぎ~~~orz
そう、直6から直4というグレートダウンをやっちゃったんですよね~。。。クオリティにおいても、ヤマハ・ベンチャーの勝ちですね。全てに優っているのは、ラッパ?(笑)
もう、カバさんが待ち遠しいですーーーっ!!!

No:1950 2014/02/19 02:16 | 空我 #- URL編集 ]

ほんとすごいですねぇ…

 まぁ航空「宇宙」事業部を持っている会社ですし、誘導弾も作っている会社ですからからジャイロやRCS組み込んで自立させることぐらい楽勝なのですが、COCOMの規制で仕方なく取り外し、ホーン機能だけ残しているんですよ。(大嘘)

 フェリー料金が750ccを超えると大幅に上がるのはこういった連中に関する危険手当だと思いますが、こいつはもはや特殊荷物とはいえないように思えます。
 

No:1951 2014/02/19 08:01 | SIG #- URL [ 編集 ]

6気筒はやはり安定の重さがあるのに、
そこにあの重装備をつけるなど、
まさに漢カワサキの名に恥じない武者ぶりですな(笑)

その装備のままで精神と時の部屋にて修行すれば最強になれたであろうに(笑)

しかし何故だかゴールドウィングよりもカッコいいと思ってしまいます(^o^)
これ10台くらいでツーリングなんてやったら圧巻でしょう(  ̄▽ ̄)

インジェクションというのには驚きましたが、
あの車体をライダーの力だけでコントロール出来るかと言われれば、
やはり答えはNOですから、ある意味では納得の装備ですね(^^)d

No:1952 2014/02/19 12:32 | 21歳のNZTR #- URL [ 編集 ]

この流れ、次はGS1000GKですね、わかります

No:1954 2014/02/19 22:19 | NC42VTECRevo #- URL [ 編集 ]

普段、小〜中排気量車でもりあがっている自分には、
このクラスのバイクの話は新鮮ですね。
ところで400kg越えのバイクって、タイヤ交換とかどうするんでしょう?
市販のリアスタンドでは耐えられなさそうな気が……

No:1956 2014/02/20 16:25 | 自爆☆霊 #o6.nH2Qo URL [ 編集 ]

出ました。期待通りの展開に大満足(笑い)。
実際、自分もKZ1300は数回目撃しただけで、ボイジャーに至っては
皆無です。それにしても、あんなところにラッパとは恐るべし。

当然、次はアレですか。
今月号のMrBike BG誌に記事が載ってますよ〜。
ご参考までに。

No:1957 2014/02/20 19:50 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

返信

>あおベルさん
360より……うわぁ、本当だ……。
そしてグロム4台www いやー重量に尽きますねぇ。

>NC42VTECRevoさん
380kgって数値もあったりしたんですが、どのみち軽トラではアウト。
バイク配送でも文句なしに委託拒否車種として名を連ねています。
そして……ボイジャー書いててミスったなぁと思っていました。
やっぱ…………そっちですか……。
いや!残念ですがあえて私はヤツで書きます!

>ローンライダーさん
全メーカーのこの得体の知れないモチベーションはホントすごい、というかすごかったんだと思います。
もう時代が違うのでしょうが、規制規制で今となっては……。

>ひぃやさん
この重量なのでセンタースタンドも2段式で持ち上がるとかなんとか……
ボスホスなんかも強烈に重いですが
こっちはバイク用で固めてこれですからね……恐ろしいモンです。

>KSRさん
久々に全文没にしたもんで冒頭はだいぶテンションが飛んでますw
コイツで立ちゴケ……想像したくないなぁww
でもエンジンだのカウルだのが邪魔で足下が見づらいらしいです。
なんつー恐ろしいヤツよ。

>空我さん
さすがに4気筒化はしゃーないかなーなんて思いますが、
だったらボイジャーじゃなくてもいいよなぁと思ってしまいますね。
ボイ7の方もゼファーの祖先なんて経歴ですから珍っちゃ珍ですが。
河馬さんは次回ですww

>SIGさん
登場がもう少し早ければ、宇宙繋がりで仮面ライダースーパー1もボイジャーに乗ってくれた方が……。
実は後年トップケースに置き換えるジャイロと、DFIの制御盤の8ビットよりハイテクな16ビットの制御基板がオプションで登場してるんですよね(赤すぎる嘘)
750以上は重いっちゃ重いですが、コイツなんかはもう別物扱いしちゃったほうがいい気が。

>21歳のNZTRさん
Z1300のスペック見たときにもうその車重でどん引きでしたが、
それよりガンガン増えてましたからね……。
このデザインはまさにKAWASAKIだなぁと感じます。
バッチリ魅了されてますねww
この車重も今ならまだギリギリセーフくらいの扱い受けそうですが、
流石に'80年代でこの車重は……。

>自爆☆霊さん
センタースタンドがあるようなのでセンターで片輪浮かせて……?でしょうか。
コイツと並べりゃあの必要十分の太さのスタンドがチャチに見えるでしょうねぇ……。
天井の梁からタイダウンでつり下げるくらいしか……。

>GAMERAさん
1200の方のボイジャーは1度だけ見たんですが、流石に1300は発見できません。
このラッパ……欲しいなぁなんて思ったり。
次はやっぱりヤツです。というかこの流れ自体ヤツのためだったり。
それにしても雑誌の方と企画が被ったのはちと残念です……。
しかし情報が出てこなそうなので見ておかなければ!

No:1958 2014/02/20 21:14 | Chaos-T #- URL編集 ]

スーパー1

最近のライダーはそのようなバイクに乗っているのかと思いきや思いっきり昭和のものですね、小生はその頃戦隊モノばかり見ておりライダーものの記憶は再放送のV3までぐらいで止まっています。
もしかしてスズキのアレはVマシンとして設計したものを流用したでしょうか?

オプションの16bit基盤の行方はもちろんあのモノコックフレームの固定翼機でしたね、あの不思議な安定感はそのためだということが分かりました。(一部嘘)

No:1964 2014/02/23 00:13 | SIG #- URL [ 編集 ]

Re: スーパー1

>SIGさん
最近のライダーは私もわかりませんw
歳的には平成ライダーを知っておかなければならないんですが、改造人間大好きなので昭和ライダーの方が……。
ちなみにデンジマンはちょくちょくビデオで見ましたw
スーパー1は唯一?ハーレーに乗ったライダーですね。
アレが河馬さんならどれだけおいしかったことか…………。

>>オプションの16bit基盤の行方はもちろんあのモノコックフレームの固定翼機でしたね
なにがなんだかわからなくなってきたwww

No:1969 2014/02/23 20:25 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

最初にバイクを購入したバイク屋の社長が、広告のためにZ1300(ボイジャーの元になったほう)を購入して飾っていました

社長自身も何度か乗ったとのことで感想を聞いたら、とにかくトルクのあるエンジンなんでタイヤがすぐ負けてしまい、乱暴なアクセルワークはヤバいって言ってました

まあ、当時としてはバイアスタイヤだし、自分の3XVよりも細いサイズで、あの車重とトルクを受け止めるんだから、無理ありますよね

大学の友人が乗っていたCB750Fも、今思うとものすごく細いタイヤを履いていて、当日を振り返るとよくあんなので飛ばしていたなぁと思いますねw

No:1988 2014/03/01 22:40 | TZR(3XV)再生中 #6AWUBD.o URL [ 編集 ]

返信

>TZR(3XV)再生中さん
あの世代の旧車フラグシップは足回りだのタイヤだのどうなのかなーと思いましたが……
なるほど、やっぱり無理なんですねw
それはそれでかえって、当たり前に乗り「こなす」までが修行みたいで楽しそうなんて思いますがw
父が「大型は曲がらん」なんて言ってましたが、
そういう部分も総合して無茶できんバイクで無茶してた時代なんだなぁと恐ろしく思います。
ただそういう不安定な乗り物だからこそ、乗り手側が鍛えられると感じるのですが
今となってはこんな考え方は時代遅れなんでしょうかね……。
CB750FもZ1300もいいなぁ………………。

No:1991 2014/03/02 20:47 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

どうもこんにちはです。

先週某レッドバロンにてKZ1300が190万オーバーで置いてありましたけど、ボイジャーって中古相場いくらなんですかね?

あ、あとX11復活しましたが明後日ドナドナされる事になりましたw

No:1995 2014/03/03 12:54 | KNZW #qBVoaApM URL [ 編集 ]

Z1300乗ってますがとても乗りやすいですよー!
コーナリングもクセがなく結構パタッと寝ます!
乗車姿勢はまんまカブですが…
ちなみに燃費は町乗りリッター8です^^;

No:1999 2014/03/05 09:20 | #- URL [ 編集 ]

返信

>KNZWさん
190万オーバー……。
ボイジャーは相場調べられるほど市場に無いのが泣けますw
今Goobikeで掲載されてるのはサイドカー付き1台のみという。
珍車は何から何まで難儀です。
X11ドナドナ!?

>>Z1300乗ってます
コメントありがとうございます!
タイヤが進歩した現在だと良い感じなんでしょうか?
ポジションがカブ……昔のフラグシップはスパルタンなポジションじゃなかったのですね。
6気筒でKAWASAKIでリッター8km。
…………あれ?思っていたよりいい気がww

No:2002 2014/03/05 21:40 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

返信

なるほど…ベースのKZ1300より使用が豪華だけど、マイナー過ぎてバイク屋さんもいくらで売ろうか迷ってしまいますね(  ̄▽ ̄)

この度X11を手放しまして新たにRVTを迎え入れました☆
無縁単車墓地群のステッカーが貼ってあるので興味がありましたら水戸の某レッドバロンにて確認できると思いますw

No:2004 2014/03/07 07:11 | KNZW #qBVoaApM URL [ 編集 ]

返信

>KNZWさん
RVTというと……北米VTRじゃないですかw
また恐ろしいバイクを……。
今後見かけるRVT全てにピースサインしてやるうううう!!!

No:2011 2014/03/09 22:40 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

カワサキワールドに行ったらボイジャーが展示されてた。てことはボイジャーはカワサキを代表する一台なのか!?うそだろ!

No:2227 2014/05/04 01:42 | #yrK1S5gg URL [ 編集 ]

返信

>>カワサキワールドに行ったらボイジャーが展示されてた。
そりゃあもうこれを語れなくばKAWASAKI乗りにあらずの勢いで代表車ですよ

No:2237 2014/05/06 21:18 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |