その122 VTZ250

コント電装の汎用スポーツ



VTZ250



無縁レベル:2




100回越しのVTエンジンとかやったら良さそうなんですがね、
現在のナンバリングが122。
127まで5記事仕上げるっつったら今のペースだと夏終わりそうな気がしてなりません。

思い立ったが吉日じゃーいってことで95回越しのVTエンジンです。




2stのRZ250に4stで対抗したHONDAの雄 VT250F

250スポーツ市場を4stで貫き通すかと思いきや、
結局あっさり2stに翻りMVX250Fを経てフルカウル機NS250Rをリリース。
その後名機NSR250に昇華させるあたりはさすがHONDAです。

250クラスの最先端スポーツのストリームから外れてしまったVT250F。
いや、外れたというのは言い過ぎで、
登場の翌年にこんなフルカウルを着けてもらったりしているあたり
当初はひょっとしたらコイツ推しで行くつもりだったのかも知れません。
しかしWGPのレプリカ感を推した大ヒットのガンマを追うように、
HONDAもWGPレプリカであるNS250Rを推し始めます。


VT250Fの登場から2年後の'84年。
フレームは丸パイプから角パイプとなり剛性を上げ、
リアタイヤが18インチから17インチに小径化。
そして35馬力だったVTエンジンは40馬力にパワーアップしました。

そして同時にバリエーションとして、
カウル付きのFとは別に廉価版でカウル無しのVT250Zが追加されます。

それからさらに2年後、'86年。
VTエンジンはしぶとくパワーアップの43馬力化。
結果として45馬力までは持って行かなかったものの、
NSの裏でここまでひっそりとパワーアップを続けました。
43馬力世代のVT250Fはフレームもまた一新されており
バイク開発にガンガン金かかってるのが羨ましくてしょうがないです

で、43馬力のVT250Fに対する廉価カウルレス機
何故か名前はVT250Zとはなりませんでした。






honda vtz250_198704
VTZ250('87)

VT-ZからVTZになりました。


水冷4stDOHC4バルブV型2気筒249cc
最大出力 43馬力/12500rpm
最大トルク 2.5kgm/10500rpm
乾燥重量 144kg (装備159kg)
価格 39万9000円



HONDAお得意のコムスターホイールはやめて
空気抵抗を軽減するS字断面スポークのキャストホイールを採用。
フレームはスチール製で剛性の高いツインチューブのダイヤモンドフレーム
フロントブレーキはシングルながら大径のフローティングディスクを装備。
VT250Zの乾燥152kgから144kgへと大幅な軽量化
しかもパワーは3馬力アップ。

あらゆる意味でパワーアップしているVTZ250は
それでいてVT250Zより3万円安い39万9000円

良くなって安くなってってこんなにお得でいいのかい!?
ってテレフォンショッピングみたいな単車です。

えーと、どの程度安いんでしょう。
同時期の250スポーツでHONDA他車種を比較すると--

CBR250R 55万9000円
NSR250R 55万9000円
CBR250F 54万9000円
NS250R 53万9000円
VT250F 47万9000円
VTZ250 39万9000円
GB250クラブマン 37万9000円
CBX250S 32万9000円


異様に安い。

そりゃDOHCの250で4気筒なんて精密機械なCBRが高いのは当たり前ですし、
WGPレプリカのNS-NSRが高いのも当然っちゃ当然です。

しかしVTZだって廉価機と言ってもDOHCで水冷でVツインですからね。
DOHCとは言え空冷単発のクラブマンと2万円差ってのはやっぱおかしいです。

車体が廉価でタイヤも細いので価格が安く、
軽量ハイパワーな割に燃費もさほど悪くなく、
エンジンも丈夫で始動性良好。


なんだこのバイク。
出来すぎてて怖いですね。

案の定バイク便に使われまくったそうです。
そういえば今でも見かけるなぁ……。


登場した翌年'88。
なんとこの廉価バイクもモデルチェンジを受けています。


honda vtz250 88
VTZ250('88)


前期型と後期型ではリアのウィンカーが異なります
前期型ですとウィンカーがカウル内蔵型なんですが、
後期型は見ての通りリアウィンカーのユニットが張り出しています


水冷4stDOHC4バルブV型2気筒249cc
最大出力 40馬力/12000rpm
最大トルク 2.6kgm/9000rpm
乾燥重量 145kg (装備160kg)
価格 39万9000円



馬力ダウンでトルクが微増。
多少高回転を犠牲にしつつ、
常用域の扱いやすさをかなり強化したのではないかと思います。
思えばこれこそがこの後のVTエンジンの方向性を決めたリファインですね。

後期VTZのエンジンは実はSPADA用にリファインされたものらしく、
そのため1速から6速までのギアも入れ替えられています。


vt250 gear

こうして並べて見ると1~6速まで後期型はローギアード化されていますが、
スプロケ比の見直しにより後輪時点の減速比は全体的にハイギアード化。
つまり回さなくてもスピードが出る仕様に変わっています。
中低速が強化されてる後期型エンジンと相性の良いギア比ではないでしょうか。

逆にパワーフィールは中低速用リファインした割に
スプロケ比は前期VTZと似たような数値のSPADAはとんでもねーヤツです。



で、前期型のVTZを割と好き勝手乗らせて貰ったことがあるので多少評を書きますと--

VTエンジンすごいです。

VTエンジンの評価基準が以前乗ったゼルビスなんですが、
低速はトルク感には欠けるもののしっかり粘りエンストが怖くありません。
このフィーリングがゼルとさほど変わりなく、
ゼルに比べて低速が無いというイメージがまったくありません。
ただしそのスムーズさ故かツインらしい鼓動感というのにも割と無縁。

7000rpmあたりを境界にして、それ以下で燃費を気にしてのんびり走っても良し。
シート低いポジション楽、エンジン的にもさほどしんどくはありません。
チェーンやブレーキのメンテがしてあれば街乗りでもリッター25kmは超えそうです。
7000rpm以上の回転数をキープしていけば結構張り合いのあるフィーリングで吹けます。
ただしやはりというか、ノーマルのマフラーはかなり詰め気味かなぁというフィーリング。
これを交換できればと思いますが、
今時マフラー交換の選択肢があるバイクじゃありませんがね……。
何より驚いたのが高回転使っても振動が少ないこと
4気筒のカタナより振動無いですね。さすがHONDAです。

2stレプほどではないにせよそこそこ軽量な車重。
見栄のないF100/80-17 R120/80-17という細いタイヤサイズ。
Vツインらしい細い車体。
それぞれが絶妙にマッチして振り回すのが楽しいマシンです。
かと言って敏感に旋回するかというとそうでもなく、
旋回性はレプリカ系とは異なった少し「鈍い」曲がり方ではないかと感じます。
だからこそ楽なポジションも合わせて気負わずに振り回せるわけです。

まぁただサスが死んでる車体だったのでカーブ怖いですね。
タイヤの細さも近代車に慣れた人にとっては怖いと思います。

うん、恐ろしく真面目な評だな……。


なんというか、ここまでの文章で割とパーフェクトマシンな気がするVTZ。
しかし弱点ってのはやはりあるモンです。


レギュレーターが弱い。
もうね、HONDAはコレですよ。


レギュレーターというのは電装系の部品で、
レギュレートレクチファイアなんて呼んだりもします。
正確にはレギュレーターとレクチファイアは別モンですがバイクは大抵1セット部品。

役割はエンジンが発電した交流を電圧制御して直流に整流してしまうこと。

この整流する課程でどうしても発熱してしまうんですが、
HONDAさん、発熱する部品に放熱措置とってねーの。
そら壊すよ。壊れるよ。
しかも安くねーの。レギュレーター。

さらに厄介なことにレギュレーターの設置場所もまずい。
エンジンリアバンクの付近ってお前
そこ熱籠もる場所だろアホ!!!
冷やさなきゃいけない部品エンジンの近くに置くってコントか!?

すごーく効いてくる嫌がらせですよね。
レギュレーター死ぬとバッテリーも死ぬし最悪エンジンかかりませんし。

だいたい壊れてから新品のVTZ用レギュを注文しても
結局また放熱器無しがデリバリーされるわけで
何の解決もしてないんですね。
賽の河原の石積みみたいな部品です。

さすがにやらかしたと思ったのか後継や他車種では
放熱フィン付きのレギュレーターを搭載しています。
それでも結局設置場所が悪かったりで車種によってはレギュが死にやすいです。
フリーウェイとかモロにそうで、
「フリーウェイ レギュレーター」と検索すると
『そこはねーだろ』って位置に鎮座したレギュレーターの写真が見られます。

そんなワケでVTZオーナー界ではフィン付きレギュレーターの流用
レギュレーターの移設がセオリーになっているようです。

ちなみにフィン無しレギュレーターはブラックバードにもついてたりしました。
なんでまた使った?
そして案の定弱点と化すレギュレーター
300km/h目指す前にやることある気がしますね。
後年対策品は出ましたが……。




電装以外はパーフェクト。
レギュだけはコント。



隙のないバイクってのはなかなか難しいモンです。




2014/06/20 08:16 | 無縁レベル 2COMMENT(37)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

やはりレギュレーターは持病ですな┐(´д`)┌
知り合いが後期型に乗ってますが、
週末ライダーですが納車半年でバッテリー上がり。
そして原因が伝家の宝刀レギュレーター(笑)
何でも、既に購入時に店員に「レギュレーター壊れますけど、消耗品だと思って下さい」と言われたらしいです(笑)
とはいえエンジンは完成されたタフさで良いバイクですね(^o^)
燃費もリッター20後半らしいです(因みにNZは下道でもリッター30切ったことが無いです)
デザイン的にもちょっと欲しい車種です(^^)d

No:2428 2014/06/20 12:22 | 21歳のNZTR #- URL [ 編集 ]

CB400シリーズも初期型はレギュレーターが鬼門です
VTEC以降はフィン付き対策品になっているそうですが…

No:2429 2014/06/20 13:42 | NC42VTECRevo #- URL [ 編集 ]

確かにレギュレータは持病ありますね…とゆーか、00年以前のホンダ車は共通した持病持ちのフィン無しレギュレータを使用してるようです。

CBR250RRはレギュレータ発火→アルミ部品多数の為、骨も残らなかった、なんてブログを見たことがあります。

因みに知り合いのCBR400RRもツーリング中にレギュレータ不良による発電不良を起こし、ツーリング最中はずっと押しがけ。こっちとしてはふた昔前のレースを見てる様でかっこよかったですが(爆)
※後ほどフィン有りの対策品へ交換したらしいです。

後年、私もNSR250R(最終型)を買いましたが、納車されて最初のカスタム?は対策品レギュレータへの交換でした。本当に最後型のNSRなのに400RRと同じフィン無しレギュレータ笑

別の友人のゼルビスも同じフィン無しレギュレータだったので直ぐに交換。

いわゆるフィン無しレギュレータの対策品であるフィン有りレギュレータは共通部品の為、5000円前後で買える様ですが、最近は値上がりしてるっぽいです。

ホンダの小排気量だけかと思いきや、大排気量のブラバもですか…NSR達と同じレギュレータとは限らないのでしょうが、学習してホンダ先輩_| ̄|○

頑丈と言われるCB750(RC42)も、電装系のトラブルはやはり有ります。基本設計がCBXのままなのに色々な電装(電気メーター、イモビライザー)を積んでるせいでしょうか?
軽いものだとトリップと時計の設定が吹き飛ぶ程度から色々…

こうして見てみると、隙の無いバイク、スーパーカブ(2000年前後)しかないのかとか思っちゃいますね。

でも最近のバイクなら行けるっ…あ、ダメだ新CB400シリーズ、クーラント無くなるらしいし…ホンダェ…(>_<)

No:2430 2014/06/20 15:07 | Ryougi #9fn0MV6o URL [ 編集 ]

バイクだもの

バイクが趣味の乗り物、というのを
具現化してますね。
さすがホンダ。
バイクと一緒に苦労する楽しみまで提供してくれるとは。
…まぁ、壊れない方が良いに決まってますが。
でも 全く故障しないのも味気ない気がしますね。

No:2431 2014/06/20 15:41 | あおベル #- URL [ 編集 ]

はじめまして、いつも楽しく読ませてもらってます!
ついに愛車が登場した!ということで初コメw

紹介どおり、VTZは街乗りはもちろんのこと、ワインディングや峠でも、最高に乗りやすいバイクです。さすがVTの血を引いてることはあり、その気になればずいぶんと峠で楽しむことができます!
細身の車体に細身のタイヤ、これは楽しい要素です。最近の見栄えに力が入ってる250にはそう負けませんよw 

レギュレーターの話になりますが、自分のは奇跡的な個体なのか、問題なしです。
約1年前に20代の自分が初バイクとして後期型を購入、現在まで2万キロ(購入時含むと4万キロ)走ってますが、レギュレーターノーマルのまま、トラブルなしで元気に走ってくれてます。(いや、これからくるのか?・・・)

VTエンジンは丈夫で、センタースタンドがあるからメンテナンスも楽です。だけどリアブレーキはドラムなんですよねw あ、やっぱり廉価。

No:2432 2014/06/20 19:22 | 90度V型 #- URL [ 編集 ]

 ウインカー別体になったのは、バイク便の箱を積むと一体型のウインカーが潰れることが多かったから。別体ウインカーのシートカウルにはちゃんと箱を積んでも潰れない補強がありますよ。
 バイク便で使っているとリヤバンクのコンロッドスモールエンドが焼きついたことが多かったです。

No:2433 2014/06/20 19:37 | 中村商店 #SFo5/nok URL編集 ]

自分も88年式のに

乗ってました。
へッドライトを常時点灯してたおかげか
レギュレターも問題なくよく走ってくれました。
よく回るエンジンだったです。
燃費も良くてCB125Tとあんまり変わらない程度で
このエンジン積んだビジネス車とかも良さそうかな
とか思う事がありましたね。

No:2434 2014/06/20 23:13 | 九州急行 #mQop/nM. URL編集 ]

フィン無しレギュ???

ホンダにそんな物があったとは!?www

初代VT250Fはホンダとしてはデザインも良く、
16inフロントでクルクル!楽しいバイクでしたね♪

VTZの思い出といえば・・・
学生時分、DJ1Rでバイトの帰り道、ギャルの駆るマシンにオカマ掘られ、
尾てい骨が腫れ上がりました!(/ω\*)イヤン…

No:2438 2014/06/21 01:14 | 空我 #- URL編集 ]

中型免許取得してバイクが買えて50万円ってのは学生にも優しい(ちょっとアルバイトがんばって買える)ですね。
やはり今とちがって昔はどのメーカーも泣きどころはありますよね。
それが個性でもあるのでしょうけど。
いや〜バランスとれたいいバイクだと思います。さすがホンダ。

No:2439 2014/06/21 01:16 | Tson_n #- URL [ 編集 ]

ありがとうございます。

 結構知名度はあるので過去帳に載ることはないと思っていました。これで私の身代わりとなって散ったVTZも浮かばれていることと思います。

 以前コメしたとおり、私はコレで「にわか」ライダーとなりました。
 恥ずかしながら当時レプリカ以外に目が向いておらず、譲ってくれた方に「前期型で43馬力あるよ。」と言われても「2馬力少くねー!」などと思う中二病なガキでした。
 しかしながらアニキたちにお披露目したところ意外にも暖かい言葉を掛けられ、乗りやすいことに気がついてからはいつの間にか峠だけでなく未舗装林道や積雪路まで持ち出す始末でありました。
 リアは効いたらすぐロックする素敵な仕様でしたが、細身のバイアスタイヤはスリップからの回復が穏やかなので滑ることの恐怖感はいつの間にか消えていました。

 燃費も良く、満タンにしておけばとりあえずRESまで300キロ以上走れるのもありがたい事でした。
 帰省とバイトの足に使っていましたので、だいたい一月でオイル交換する距離に達していましたがオイル量が2L±100ccなので、4L缶を無駄なく使えることもありがたいことでした。

 レギュレーターも「ホンダタイマーv-237」だとアニキたちから言われていましたのでジャンクヤードから適当なモノを見繕って確保しておりましたが、幸い使うハメにはなりませんでした。
 どうもCPUクーラーを付けている猛者もいるようですねぇ。

 ただ、パーツは純正以外無かったです。数少ない車種専用パーツはモリワキとなぜかメタルスピード「ターボキット」
 あのエンジンの堅牢性はターボモデルが設計に入っていたと聞いていましたが、試作車両が存在していたとは本当に市販寸前だったんですねぇ。

 HRC謹製のオプションでもいいから出せば良かったのに…
 

No:2440 2014/06/21 06:55 | SIG #- URL [ 編集 ]

しまった。

VTZにメタルスピードのターボはありませんでした。
スパーダとゼルビスでした。すみません。

No:2441 2014/06/21 08:58 | SIG #- URL [ 編集 ]

今回も書きに来ました(=^x^=)
40馬力のF、2型に乗ってました。
レギュレターは鬼門でしたね( ;´Д`)
幸い私が乗ってる時は持ちましたが、弟に譲ってから鬼門炸裂でした。

大型に乗ってた後に乗ったのでパワーは感じませんでしたが、よく回り、低速で粘るエンジンでしたから気兼ね無く走れる良いバイクでしたね。

ただ2型は初のカウルマウントミラーが後が見えない・・自分の腕を見てどーする!状態でした( ;´Д`)

No:2442 2014/06/21 10:24 | リュウジン #TIXpuh1. URL [ 編集 ]

人生初バイク

24年前、大学生の時に初バイクとして、今は亡き上野コーリンで中古のこいつを購入。7000以上回すとV特有の甲高い音でよく走ってくれました。

問題のレギュレーターの故障は幸いにも4年間で1度だけ。そとぼりどおりの飯田橋駅過ぎた辺りで突然ストップし、当時はレギュレーターなるものを知らなかった新米ライダー私は、覚えたばかりの「押し掛け」って奴をすればきっと復活するはずと、疲れ果ててバイク屋に助けを求めるまで、相当な距離チャレンジしたもんです。電装系全部死んでるのに、押しても引いてもかかるわけがありませんが、今となっては懐かしい思い出です。

No:2443 2014/06/21 13:10 | まつもと #- URL [ 編集 ]

バイク界のザク

ザクじゃ、ザクがおる(笑。
っていうくらい、かつては巷でよく見かけましたねぇ。

バイク便時代に、大阪で100万㎞を突破した個体があると噂に聞いた事があります。
まさにジャパニーズスタンダード!を体現しているような奴ではないでしょうか。

話題のレギュレーターですが、自分もバイク便時代にゼルビスで経験しましたよ(笑。
自分の専用機はCB400SFでしたが、たまに代用機で使用した時に他府県でトラブって、
押し掛けで帰ってくる羽目に・・・。
距離が長かった為にきっちりバッテリーまで殺してくれる、素敵クオリティのパーツでしたよ(苦笑。

No:2444 2014/06/21 17:11 | rasukaru #t8RLJlCU URL [ 編集 ]

待ってましたのVTZ!何が待ってましたってそりゃF.ブレーキです。私、あのド〇ムブレーキのようなイ〇ボードの見た目が苦手なんです。 「バイクはリヤモノサスでブレーキはディスク」がカッコよく思えた小僧だったので・・・。VF400Fインテグラがイン〇ードを止めて一般的なディスクを採用した時には「これ、欲しい!」と思ったものです。

No:2446 2014/06/21 23:29 | kazu@両毛 #86jtnIRQ URL編集 ]

VTR 1000Fの悩みどころという評判でしたがブラバもですかい…

No:2448 2014/06/22 02:30 | ヨツンヴァイン #- URL [ 編集 ]

「ホンダ レギュレーター」で検索するとホンダの車名の大半を網羅できそうな勢いですね…。

まあスズキやカワサキはレギュレーター以前に充電電圧が弱かったりステータコイルがダメだったりするですが(笑

No:2451 2014/06/22 21:29 | mt #- URL [ 編集 ]

しまった!ステータコイルが弱いのも充電電圧が低いのもOnly on SUZUKIです。
カワサキの電装は強いです。ジェネレータ周りの設計がたまにおかしいぐらいでしょうか。
失礼しました。

No:2453 2014/06/23 00:59 | mt #- URL [ 編集 ]

初めてのバイクがこれでした

前期型に乗ってました、当時、学生なのでイジルお金も知識も無く
セパハンにしてマフラー交換して(それでぐらいしか出来ず)タイヤもノーマルで
膝擦り小僧してました(^^;)。
回りの仲間はCBR250R(ハリケーン)やNSR250R(88)と言った高価高性能なバイク乗って「いいよな・・・」
って思ってた記憶が・・・。
でも、よく出来たバイクでしたよ、街乗りでは全然ストレス無く走れるし、回せばきっちりメーター最後まで回りましたし。

No:2454 2014/06/23 17:25 | momo #vnI2gxsY URL [ 編集 ]

確かに

12Rは余計なものを付けていなければアイドリングで14Vあるので発電能力は強い方かもしれません。
しかしラム圧の有無に関係なくジェネレーターからレギュレーターへ電気ではなくオイルが流れることがあるのは12R特有の持病です。
不用意に近くにウエスを置いた上にHIDなどの高電圧の機械を置いたまま放っておくと時限発火装置が出来上がります。
たまにはこんなのもあります。

No:2457 2014/06/25 00:26 | SIG #- URL [ 編集 ]

や、とうとうVTZが来ましたか、これで私の所有バイク両方が無縁単車に認定されたのですね、大変光栄です(笑)
調子が悪かったVTZもバイク屋に整備に出して、絶好調で帰ってきました。
さすが43psだけあって、以前所有していた初期型VT250Fと比べてパワフルです、もう一台所有のGR650より乗りやすい(^_^;)

そろそろ念願のパーツ、「ハリケーンのセパハン」を組みたい今日この頃、ヤフオクで3万で落としたバイクに、既に3倍以上の金額を掛けているけど、ソンナノキニシナイ(;´Д`)

No:2458 2014/06/26 08:42 | 盆栽 #- URL [ 編集 ]

’87年で399,000円というとヤマハRZ250Rもそうでした。
過激すぎないエンジンに控えめなタイヤサイズ
ノンカウルのベーシックバイクと
ここでもVTとRZはライバルだったんですね※

No:2459 2014/06/26 12:05 | のずたく #z6NnC.rQ URL編集 ]

まるで欠陥商品の様に思えてしまった

No:2460 2014/06/26 12:39 | ちょ #- URL [ 編集 ]

返信

なんていうかHONDAのレギュレーター問題持ち車挙げていくと
ひとしきりHONDAの有名車が並びきる気がしますね。

>21歳のNZTRさん
VTZは幸い安めの開放型バッテリーですからマシですが、
MFバッテリーでレギュと道連れは考えたくないですなぁww
消耗品----納得です。
燃費、レスポンス、パワー感、軽量さ、維持費。
どれもバランス良くまとまってるからホント良いバイクです。
NZ……さすが油冷単発。燃費良好ですなぁ。

>NC42VTECRevoさん
うわーいCB400も引きずってましたか……
なんでフィン無しで行けると思ったのか問いただしてみたい気分です。

>Ryougiさん
調べてみるとホント20世紀のHONDA車よ……
250RRの炎上は笑えんですね。
最終NSRでフィン無し!?っていうか400RRもフィン無し!?
ブラバはレギュレータの設置面に電熱板があって、
据え付けるフレームに熱を逃がすようにという感じみたいですね。
しかし相手はフレーム熱持ちでは随一のHONDAフルカウル。泣けます……。
カブのスキのなさが異常なんでしょうね。
そうそう……CB400のクーラント消失見ましたww
NC700もロッカーアーム脇のボルトが脱落したり……なんだあれ……。

>あおベルさん
確かに張り合いがあるという解釈もできなくはないですが……
やはり旅先のリスクに関わるなら出来る限り回避したいモンです。
あんだけ回るエンジンが丈夫ってだけですごいですがww

>90度V型さん
コメントありがとうございます!
私にとっても結構理想的な、良くできたバイクだと思います。
タイヤの細さが心地よい……あとはサスさえ……。
レギュレータートラブルに遭遇してない方もいらっしゃるみたいですね。
が、やはり皆さん割と先手を打って積み替えが多い模様。
個人的にはドラムは嫌いではないのでネガ要素ではないですねぇww
カタナにセンタースタンド無いのでそこがホント羨ましいです。

>中村商店さん
あぁーなるほど。バイク便対策でしたか。
補強もついたのですね。
コンロッドのスモールエンドの焼き付き……オイル穴の設計でも悪かったんですかね……?

>九州急行さん
言われてみると確かに、CB125Tと燃費変わりませんね……あれ、CBさん……。
ビジネス車とするにはエンジンが弾けすぎかなぁという気もww
結果的にマグナとか現行VTRとかいるので、
出しちゃってもよかったのかも知れませんね。

>空我さん
初代VT今見てもかっこいいです。250の割に凛々しすぎです。
フィン無しは言わずもがな、フィンがあっても駄目なヤツは駄目という素敵仕様。
どうにかしてちょうだいって感じです……。
そら駄目な思い出やないですか……ww

>Tson_nさん
泣き所どころかレギュの件調べるともはや病的な意地みたいな……
やっぱ「使えるバイク」はHONDAは強いですねぇ。

>SIGさん
わっはは、載っちまいました。
あの時代の2馬力は大きいでしょうww
当時の前線にはいなかったのでしょうが、引けはあまり取らないですね。
そうなんですよねー……オイル量の絶妙さが羨ましい。
当時でさえパーツ無しですか。そら今探してもロクに見当たらんわけです。
スパーダやらゼルに着けばVTZにも着きそうな気がしますね……ふふふ。
ジェネレーターからレギュへオイル……? え?
なんなんだKAWASAKIの謎設計………………

>リュウジンさん
VTエンジンのあの低速の粘りが不思議なんですよねー。
並のツインより軽快に吹けて低速粘るってあのいいとこ取り。
カウルマウントミラーは…………どのメーカーも肩チェック用ですな。

>まつもとさん
さすがに皆が皆レギュ地獄というワケでもないのですね--って1回死んでますね。
何も知らずに押しがけだけ覚えてるとホントいい筋トレですよね……。

>rasukaruさん
さすがに古すぎるか今時はとんと見ませんねw
たまーに綺麗なのが停まっておりますが、見かけてもバイク便で使い古された歴戦車を見ることばかりな気が。
ゼルさん……バッテリーまで巻き込むのはホントやめて欲しいですね。

>kazu@両毛さん
はっははっはははは、インボード苦手? 私もですよ!!!
あのもっさり目のセンスが足らん重量感は何だ、と。
ついでに言うと私は大径シングルディスクが大好きです。

>ヨツンヴァインさん
うわーいVTR1000Fも来たーー
電装部門なにやってんでしょうかね。このメーカー。

>mtさん
おやもう仰るとおりでどんどん出てきますね。
GPXのオルタネーターの奇妙さは謎……。
SUZUKIは電装が悪いなんて聞いていましたが身の回りではあまり意識せずに済んでますね。
----あ、そういやイグナイタが2個飛んでますwwww

>momoさん
確かに一線級の250と比較すると見劣り?するんですが--
コスパが異常なんですよね。総合的に。
やっぱCBRやらNSRに負けず劣らず優れたバイクだと思います。

>盆栽さん
来ました来ましたVTZ
GR650はアメ--ジャメリカンでさえ無ければ……。
考えたら廉価バイクで250が43馬力。出し過ぎだなぁww
ヤフオク調達車体はそんなもんでしょうww 冷静になったら負けです。

>のずたくさん
おぉ…………ホントだ……。
一戦退いてなお水面下で……。

>ちょさん
レギュレーターさえ除けば完全商品ですぜ!!

No:2461 2014/06/26 19:12 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

お、VTZ。
VT250Fが特集されたからもう他の兄弟の紹介は無いかな、と思っていたので嬉しい限りです。
SPADAも・・・いずれ?

レギュレータは・・・、ツーリング中にパンクして電装品が全部死んだ思い出があります。必死に手信号使って命からがら帰宅しましたが・・もう二度とやりたくないですw

No:2462 2014/06/27 18:54 | 二月 #iWfHidvU URL編集 ]

はいはい、ブラックバードのレギュレーターパンクしてスピードメーター沈黙→灯火類沈黙→自宅近くのガソリンスタンドまでだましだまし走らせて、給油後、セル沈黙といきましたですよww
ガソリンスタンドは幸い自宅マンションの裏でしたので、駐輪場まで押していってバイク屋さんのトラックを待ちました…。
ちなみに交換したレギュレーターはヒートシンクが付いた対策品でしたが、設置場所が…ですね。

No:2464 2014/06/29 03:45 | ブラバックマ #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:2469 2014/07/02 22:07 | # [ 編集 ]

VFR乗り(RC46-2)ですが、呼ばれたような気がして初カキコ。

No:2477 2014/07/07 19:24 | #- URL [ 編集 ]

返信

>二月さん
ゼルさんとスパさんは多分書くんじゃないかと思います。
恐らくゼルさんが先ですかねぇ……。
レギュレーター鬼門ですねぇwww
それにしても電装一式とは……とんでもねぇ部品ですね……。

>ブラバックマさん
ギリギリセーフ過ぎる状況……ゴクリ
結局ヒートシンク着いてもそれなんですよねー。
熱を舐めてるのか分かってやってるのか……

>トモさん
昔のバイクですよおおお!四半世紀前!!
考えてみればそうなんですよね。VT250F記事でもそう書いたのに、
ドカやらハーレーが頭から離れないのか鼓動感を意識してしまうVツイン。
と考えるとやっぱスムーズに吹け上がるHONDAの技術力スゲーです。

>>VFR乗り(RC46-2)ですが、呼ばれたような気がして初カキコ。
着実に車種が並んでいってますね。増えてます。

No:2478 2014/07/10 22:12 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

新型CB250Fも廉価ネイキッドとしてここに埋葬されそうな予感が・・・

No:2490 2014/07/13 21:59 | NC42VTECRevo #- URL [ 編集 ]

返信

>NC42VTECRevoさん
Z250の後追い感がスゲェ……でもなんか手を抜いてるような雰囲気。
ここ入りしますかねww

No:2498 2014/07/20 22:18 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:2509 2014/07/21 22:29 | # [ 編集 ]

返信

>pirorinさん
コメントありがとうございます。
1200Rとはいえ現在ハーレーに落ち着いたとは思えない車歴。
また気が高ぶってきたらスポーツバイクへのリターンを是非とも。

No:2520 2014/07/25 21:06 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

はじめまして。
バイク屋に「タダでもらって」乗ってました。
(前期型・15年くらい納屋保管の不動車起こし)
いいバイクですよ。
レギュレータは場所少し移動させてヒートシンク付けてました。
TT900GP履いておけばジムカーナでも使えたし、白バイさんとパイスラやって遊んでいても(リアがフェードしなければ)ソコソコ付いて行けたし・・・本当はもてあそばれていたとは思うけど。
で、貰ったバイク屋でスーパーフォア買って(笑)仲間にタダで上げました。 流石に金取る勇気はなくて。
面白かったけど、VTR250のほうがスラロームでは早いのは事実。スパーダよりも。

No:4068 2016/01/03 19:37 | U #CMpYvT3Y URL [ 編集 ]

MC15

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
楽しすぎてその影響でガンマを買ってしまった事もありました。
ベラボーに楽しいバイクでした。

現在はVT250Fの最後期型をちまちまレストアしています。
43馬力エンジン、前輪ブレーキが普通のダブルディスクになったVT250F2H(MC15)なんですが、このVTと、同じMC15エンジンを積んだVTZ250の初期型はレギュレーターやメインハーネス等の電装系に互換性はあるのでしょうか?

F2Hからフロントホイールを替えてネイキッド化したのがVTZという記述も見つけ、見たところ現在装着されているパーツ類はMC15型VTZと同じ物の様に見えるのですが、何せ30年近く前の古参兵なので以前のオーナーさんが力と技の風車を全力回転させてリペアした痕跡が見て取れることもあり、同じ物なのか形が似ているだけなのかの判別が付きません。

もしご存知の方がおられましたらお知恵拝借出来ますとありがたいです。

No:4292 2016/04/14 05:29 | あざぜる篤志 #SHLDkvn6 URL [ 編集 ]

レギュレーターはもちろん共通部品ですがハーネスは別ではないかと思います。
職場にFがありますのでちとのぞかせてもらいましたが、メーターや灯火類のマウント位置が異なるせいかハーネスがその分違うように感じます。
なおポジションの時にVTZはウインカーも点灯していたように思えますが、F2Hは点灯していなかったと思います。

もちろん現物合わせして切った張ったをすればその限りではないでしょうが、配線などの被覆の硬化を考えると作り直した方がリスクが少ないかなと思います。

No:4293 2016/04/15 08:22 | SIG #- URL [ 編集 ]

メインハーネスについて:

パーツリストをみるとVT250F2HとVTZ250Hのメインハーネスは品番が違うようです。

サービスマニュアルの回路図を遠目に眺めたところ、目立ったところでは
ホーンが1個か2個かの差ぐらいしか見つけられませんでした。
電気回路的には極端に違いがある、という感じでは無さそうです。
(きちんと検証したわけではないでので断言はできませんが。)

しかし、配線の長さや取り回し、カプラーの形状が微妙に違ったりすると思われますので、
そのまま「無加工で」流用できるとはお考えにならないほうがよろしいかと。

No:4297 2016/04/20 01:10 | 栃木県在住 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |