スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その127 GSX-F

鈍色の低速機


GSX-F


無縁レベル:3





'90年前後

バイクブームやバブルの体力が残ったメーカーは
様々な珍車を(略








Suzuki GSX 400F 88 1
GSX-F('88)


”走る・曲がる・止まる”という3要素を高次元で満たしながら、
ライダーの多様なニーズに応えるニュー・コンセプトマシン・GSX-F。


排気量ナンバリングを含まない車種名。
GSX-F 一体何者なのか!?




水冷4stDOHC4バルブ並列4気筒398cc
最大出力 59馬力/12000rpm
最大トルク 3.9kgm/10000rpm
乾燥重量 183kg



そうコイツは400cc。
400カタナと同様に、R400系エンジンの兄弟です。



1度だけ現物みたことありますがそのサイズはかなり大きめ。
というのもコイツはGSX-600Fという海外向けの中型ツアラーがベースになっています。
600Fを日本人の体格に合わせてモディファイしてとされていますが
シート高2cm下げただけ他はそのまんまなんじゃないかなーと。
あとはサスのスプリングレートいじったりとか?
日本人の体格にっていうか短足向けシート高下げを施しただけですよね。

そんなわけで車体サイズは大きく、
フレームはレプリカテンプレのアルミフレームではなく十分に剛性を出したスチール製
カウルはフルカウルというよりフルカバードと言った方がよいでしょう。
フロントの投影面だけではなくライダー側もしっかりカバーし、
停車時のエンジンからの熱上がりを抑えますし、
走行時もサイドのカウル穴からライダーの脚を避けて熱を逃がします。

エンジンはGSX-R400がベース。
R400と同様に規制値59馬力を叩き出す高回転エンジンですが、
カムプロフィールの変更により中低速型に振ってあります。
その証拠にトルクピーク域はR400から500rpm下がった10000rpm

馬力を削っておけばもう少し下がったんだろうなと思いますが、
まぁこの頃のSUZUKIにそんな選択肢は無いですよね。

ボディサイズで割を食ったか車重は重め。
ガソリンタンク容量20Lもあるので装備重量ならば200kgは下らないでしょう。
この時期の400としてはかなりの重量車です。

実際GSX-Fが登場する前年のSUZUKIのラインナップを見てみると--


Suzuki GSXR400 86 1
Suzuki GSXR400 87
先端スポーツGSX-R400(GK71F) 乾燥153kg




Suzuki RG400 2
スタイルは多少古いがまだ速いRG400γ 乾燥158kg



Suzuki GSX 400x 86
珍裸ストリートGSX400X Impulse 乾燥153kg




Suzuki GSX 400x 86
青銀の何か GSX400XS Impulse 乾燥153kg



と、まぁみんな異様に軽いバイクばかりで、
その中にどっしり構えられるツアラーを追加するというのは
ラインナップの穴を埋めていて上手いと思います。

GSX-FのネーミングもGSX-Rにあやかって、
中型ツアラーの新たなる指標を示し
展開していく心意気みたいなのが籠もっていたのかも知れません。



残念ながら叶いませんでしたねー


コイツの登場はタイミング的にキツイものがあったように思います。


'88年に追加されたモデルに目を向けてみましょう。




Suzuki RGV250 89 2
レプリカブームの立役者、パラツインγがついにフルモデルチェンジ!
新開発水冷Vツインにスラントノーズカウルとなって市場にリリース!!
フレームも足回りも抜群に強化され、
冠せられたその名はGPマシンと同じく『RGV-γ』

RGV250γ VJ21A



Suzuki GSXR400 88 1
負けじとこちらもフルモデルチェンジ!
400軽量スポーツの道標新型水冷エンジンを採用。
4連スリングショットキャブに換装し、
軽量化された中空ホイールに異径対向キャリパーなど、
その顔に初代の面影を残しつつも着実に進化した『R400』

GSX-R400 GK73A





Suzuki GSX 400F 88 1
基本重量30kg増
ぬるぬるカウルのメタルスライム
GSX-F






負けるうううう
超負けるううううう!!

埋もれるうううう!!!※埋もれました




だいたい'88年と言えばNSRがコッソリ馬鹿パワー出してたなんて言われるほど
レプリカブームが過激だった時期でして、
その時代にこの重量級ツアラーの出現はやはり厳しかったでしょう。

その後'89年か'90年にコッソリ名前がGSX400Fとなり、
'92年にはカタログから消えました

ただしここで終わったというわけではなくGSX-Fの作ったツアラーコンセプト自体は
その後名前を変えてRF400Rとして翌年市場に舞い戻りました。
RF400Rも海外のRF600Rの共通車体の大柄な中型ツアラーですから、
まさにGSX-Fの焼き直しなんですが名前変わったので
GSX-Fのネームバリューが上がるようなことは無かった。

ともあれRF400R自体は2000年あたりまで生きていたので、
GSX-Fが全く報われなかったということは無いでしょう。





……ただRFが生き残れた背景には
最速重工機ZZR1100の登場からそのネームバリューを中型に下ろしてきた
ZZR400市場開拓が大きかった気がします。

先代のコンセプトを、というよりはZZR400さんのとこに間借りしたような。

GSX-FはZZRより早かったのになぁ……登場は。
タイミングって大事です。というかKAWASAKI戦略上手いです。




さて、最後に1つ。
GSX-Fにはある特徴がございました。



超ローギアード


ツアラーというと低中速トルクの豊富さを活かして
回転数を上げずとも巡航できるようなハイギアード設定の印象がありました。


ところがどっこい。
以前作ったギア比記事1 2の後も他車種のデータを揃えていたんですが、
R400SPモデルまで含めて
SUZUKI400cc4気筒機の中でコイツが一番ローギアード

それも6速ファイナルの話だけじゃなくて、1速から6速まで隈無くローギアード。
つまりどのギアで走ってもエンジン唸らせて走るツアラー

お前は本当にツアラーなのか。


まぁここのところは色々と考えられます。
R400系エンジンを使ったとは言え車重がごっそり増えてますから、
重い車体を加速させるためになるべく減速させる必要があったとか、

回転数は上がりがちになりますが、
ローギアードならどの速度域からでも一定のトラクションをかけることができます。
低中速トルクが豊富なエンジンで回転数を選ばず加速ができるのを
ギア比によってさらに補助していると考えることができるわけです。

回転数を気にしなくて良い、
トラクション的な懐の深さがライダーの負担を軽減するというならば
これも立派なツアラーの形態であると思います。


後継のRF400Rが一転ハイギアード化されたあたり、
どうやらそういうニーズは無かったようですが。
400じゃ限界があるよな……




生まれる時代を間違えた妙にマッスルなツアラー、GSX-F

ギア比に対するツッコミは
また後日予定のギア比ネタ改にて日の目を見ると思います。






2014/09/09 21:20 | 無縁レベル 3COMMENT(26)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

お魚ー♪

このヌルヌル感、どう見てもアンコウっぽいですよね(笑。

しかしグラブバーがしっかりしているものの、微妙に荷物が積み難そうな。
テールカウルの辺りがスッキリしているのは、
もしかしたら海外でパニアを着けて使用される前提のデザインなんでしょうかね?
パニア付きなら、もう少しバランスが良い様な・・・。

No:2663 2014/09/09 21:47 | rasukaru #t8RLJlCU URL [ 編集 ]

RFの御先祖・・・

腹抱えて笑いましたW 何から何まで正にその通りです。間違いございません。
しかし「F」の冠するバイクはこれからも栄えない程度に暗躍するでしょう。

No:2664 2014/09/09 21:51 | こぶヽ(・∀・)ノ #JalddpaA URL [ 編集 ]

なんか先日発表のあったGSR250Fみたいですね。スズキのツアラーはヌルヌルクネクネグニャグニャしたデザインにしないといけないルールでもあるのでしょうか?
それとも世に言う風洞実験の成果なのでしょうか?車も最近グニャグニャ系多いですし。

No:2665 2014/09/10 05:20 | #- URL [ 編集 ]

乗ってました

いつも楽しく読ませてもらっています
かつての愛車が登場ということで初コメです
これ、本当に重かったです…
でも速かった、ハンドリングも癖が無くて
ワインディングでも楽しかったです

見た通りウィンドプロテクション性能は良かった
昔から「風は読めても、空気が読めないスズキ」は本当ですねw

No:2666 2014/09/10 10:41 | hide^^ #- URL編集 ]

なるほど~…

RFの前身だったのですね。しかし、そんなに重たかったとは…
600Fの青/白などカッコイイですよねぇ、グラディウスみたいで。
売れなくなってから?「KATANA」と名付けられましたけどw
生き延びたのかな?(笑)

No:2667 2014/09/10 16:18 | 空我 #- URL編集 ]

わ~い!
俺が始めて新車で買ったバイクだ!
こいつさ、俺の載り方が悪いのか体系が悪いのか
ヒザ近辺がタンクじゃなくてチョイ下のカウルに当たるんだ
長年乗ってるとそこのカウルが割れちゃってさ・・・
油断すると「ちょっと挟む」んだよね~
コーナー出口とかでよく「ピクッ」っと下のはいい思い出だぁ^^

No:2668 2014/09/10 20:31 | M-twin #- URL [ 編集 ]

 ラインナップ見ているだけでカタログだけで熱く語れていた厨二病の頃を思い出します。
 もちろんメットインツアラー?を含めてF系は見事にスルーしていたため記憶からすっぽり抜けていました。
 おかげで幸か不幸か後年F750に乗る機会に恵まれましたが、アレは軽くて良いバイクでしたよ。(ただし12Rに比べて) 

No:2669 2014/09/10 20:59 | SIG #- URL [ 編集 ]

仲間内では「チョウチンアンコウ」って呼ばれてましたが、
当時のバイク誌の評価は高かったと記憶してます。
実際、2〜3回見たことがありますが、大柄なボディなのに意外と早かったし、ハンドリングも素直。
フルカバードと言えば外車ではドカ、国産はH社のCBR400R(1986年)が初ですかね。
コイツの前に国内投入された750Fや89年の1100F(共に油冷)は
同じコンセプトでもデザインがまとまっていて(特にリアセクション)
魅力的に感じました。
それにしても、H社のスーパーエアロ・シリーズやK社のGPX400Rなど
フルカバードのカウルは日本人には受けませんね。
一部でもエンジンが見えた方が安心するのかな・・・。

 

No:2670 2014/09/10 22:07 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

白青GPX400Rとこれで、
先に出物があった方を買う、
ということで、
先にGPXが見つかった為
オーナーにはならなかったGSXF
が取り上げられて、
随喜の涙です(^^;;


当時ツーリングクラブに入ってましたけど、
女性ライダーが乗ってました、これ。
手脚の長い方で、膝まわりは軽く曲がって両足ベッタリで、
格好良かったなあ(^。^)

No:2671 2014/09/11 03:43 | グース #- URL [ 編集 ]

数回乗った事があります。
たしかにハイギアのせいで、何処でも速く動けたのを記憶してます。
ツーリングでも、かなりハイペースで走れました。

当時は「同じ重量級のGpz400Rの対抗馬」と思ってましたね。

カウルデザインが同じGSX750Fも数回乗りましたが、当時所有したFZ750やニンジャと比べても、良いバイクだった記憶があります。

スズキって、地味に良いバイクを作ると売れないんですよね〜( ;´Д`)

No:2672 2014/09/11 11:52 | ノブシン #TIXpuh1. URL [ 編集 ]

返信

>rasukaruさん
もうぬるっぬるです。
パニアはどうなんでしょうね。
パニア装備の写真が思ったより全く無く、
設定されてたかも不明です。400にはありませんし……

>こぶさん
祖先--というか親?なんですかねww
750Fも投入されて即行で消えましたし、
GSR-Fは果たして……?

>>なんか先日発表のあったGSR250Fみたいですね
このぬるぬるこそがSUZUKIの持ちうるセンスなのでしょうww
自動車は空力+衝突安全も込みなんじゃないでしょうか。
もう少しエッジが効いても……

>hideさん
コメントありがとうございます。
この時代の車種としては本当に重いですね。
5年も経つとカタナだのRFだの180kgクラスが出てきて
そうでもないように思うんですが。
400Fの少ない評も600Fに通じており仰るような感じですね。
本当に良くできているんだなぁと。
空気が読めない----言い逃れできん……

>空我さん
重いと言ってもカタナも乾燥182kgなのでどっこいなんですよねー……
ZZR400なんて190kgありますし。時代が悪うございました。
そう!750Fとかと一緒にカタナ化されたんですよね!!
うおおおおおおおおちくしょおおおおおと思っていたんですが、
最近は750Fモデルチェンジ後のあの顔が気に入ったり。
600Fも750FもRFと一緒にいたあたり、
フルパッケージツアラー→600F→RF→レプリカ・SS
みたいな立ち位置だったのかなーと思います。RFとの差は微妙ですが。

>M-twin
ようやく来ましたよっていうかえぇ!?最初の新車バイク!!?
この手合いのフルカバード系はカウルのフィッティングが悩ましそうと思ったらまさに……
いやー乗ってみたいですなぁwww

>SIGさん
あのご時世このバイクは確実に不遇になりましょう。
むしろZZRの売り方が上手いです。
メットイン?またそのうちですねww
12Rに比べられたら……

>GAMERAさん
アンコウコメント2件目……
400F評は多くありませんが、600F評を見るとなかなか好評なんですよね。
そういえば確かにフルカバード系国産は流行りませんですねぇ。
SSになってからフルカバード化されてますが、
今ならそこそこ支持受けそうな気が。

>グースさん
GPXとGSX-Fで悩みとは……恐ろしい人だ……
女性でこれ乗ると映えましょう。見てぇ……
数年前東名でZZR1100に乗ったお姉さんに遭遇した記憶が蘇ります。

>ノブシンさん
ホイールベースも長いかと思いきやそうでもなく、
キャスタートレールもさほど大きくはなく、
なかなか良くまとまっているように思います。
GPZの対抗馬……なるほど。
仕上げがいぶし銀すぎて広告が打ちづらいというか、
埋もれやすいんですよねぇ……



No:2673 2014/09/11 20:34 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

海外では売れたのにね。

あ、ウミウシだ!・・・このバイク、近所のバイク屋にずーっと置いてあるんですよね。多分、今もあるんだろうな。(新車ぽい)不良在庫?というより、未来永劫・・・南無阿弥陀仏。
このバイクのベースモデルの600って海外ではよく売れたと聞いています。以前、見く訳本のバイク本でも意外なほど高評価でしたね。なんでも安く買って、浮いたお金でチューニングだ!みたいな書かれ方でした。Rてて出て、もうFは無くなるなーと思ってたら・・・フルモデルチェンジ!そこには、さらにヌメヌメなバイクが・・・。ヨーロッパの感性は日本人と違うと思ったバイクでしたね。

No:2675 2014/09/12 08:41 | トモ #- URL [ 編集 ]

最速の称号はカワサキにくれてやる。だが最強の座は渡さん(カタログスペック的に)

なノリですから最高出力下げる選択肢は無いですよねww

CBR750ハリケーンや1000Fと良い、この頃はフルカバードなぼでいが流行だったのでしょうか?

メーカーによって使うアルファベットの傾向ってありそうですけど、Fってどうもスズキっぽくない感じが自分的には感じます。

そうそう、このGSX-Fって、油臭いエンジンでしたっけ?

No:2681 2014/09/14 01:59 | ブラバックマ #- URL [ 編集 ]

元愛車です

はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいてます
何時もはROMのみでしたが、元愛車を取り上げていただいたので、いてもたってもいられなくてコメントしました(笑)

GSXーFは初めて買ったバイクで、まだハタチの若造でした
その後、年齢なりに色々なバイクに乗りましたが、このバイクの扱いやすさは群を抜いていました。
低速でも粘りのあるエンジンと、クソ重い車重のわりにキビキビとして思い通りに扱えるハンドリング。高速道路上でならメーター読み180kmまでストレスなく巡行できるパワフルさ。
何より20Lも入るガソリンタンクが地味にありがたく、ツーリング時なら25km/Lは走りましたから、ガソリン一回入れたら500km
近く走り続けられました。

大阪の十三で駐車中にオイルを抜かれるという、意味のわからないイタズラをされ、高速上でエンジンが焼け付いて廃車にさえならなければ今でも乗っていたと思います。

このバイクの、キャブが弱点で、一週間も乗らないとキャブ内のガソリンが腐って始動出来ないトラブルが頻発しました。
カウルの間から手を入れれて、ドレンから廃油したらいいだけなんですがね(笑)

No:2682 2014/09/15 22:05 | Coo... #- URL編集 ]

>このバイクの、キャブが弱点で、一週間も乗らないとキャブ内のガソリンが腐って始動出来ないトラブルが頻発しました。

おぉ!!まるでストマジのようだ(笑)

2stアドレス系もそのような症状は頻発します。
ストマジには燃料コックがあるので
収納時はキャブを空にして仕舞ってます※

No:2684 2014/09/16 14:52 | のずたく #z6NnC.rQ URL編集 ]

しかも、ですが

そのツーリングクラブは
女性がリーダーで、
歌舞伎カラーのD型ZZR1100を
黄色にオールペンしたヤツに
乗ってました。
ダボジーが最速バイクとして君臨していた90年代の話ですが。


No:2687 2014/09/18 07:21 | グース #- URL [ 編集 ]

返信

>トモさん
ウミウシ……海棲ばかりww
永劫在庫とはまた哀愁が。
600は仰るとおりで、海外受けいいですよね。
750も国内では400とセットで即刻退場でしたが、
ぬるっぬるになってモデルチェンジでしたし。(しかも名前カタナ)
外国人にとっては「中型」のちょうど良いミドルツアラーだったのでしょう。
やはり向こうの扱いはなかなか成熟しているように思います。

>ブラバックマさん
レプリカカウルの次を模索していたんですかね。
いやはやハリケーンと共に埋没。
400FはR400系の水冷エンジンです。
ベースの600と大型用750は油冷っす……

>Coo...さん
さらに元オーナーさんがww
当時のラインナップからすると重量級ですが、ゼファー以降で考えるとさほど……
その上で59馬力で中低速強化ですしギア比も伴ってますし、
非常によくできたバイクだったと感じます。
キャブは----カタナ・インパルスのBSTキャブも始動性弱点ですから、
GK73AからこっちのBST系はみんな……

>のずたくさん
ストマジもですかwww

>グースさん
女性リーダー……恐ろしい。

No:2690 2014/09/20 00:38 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

販売が下手

このバイクはカワサキのGPZ400Rがバカ売れしてたから、発売したと思う。並べるとデザイン的に似せてある部分もあるし。GPZ400Rの人気は凄くて同じカワサキのGPXも、レプリカなのにデザインを踏襲したZX-4もダメにした。だから良いバイクでもGSX-Fが売れるはずもなく・・・

No:2821 2014/11/05 19:04 | ケイ☆ #- URL [ 編集 ]

返信

>ケイ☆さん
コメントありがとうございます。
GSX1150EFが居ましたし、GSX1100Fとほぼ同時期だったあたり構想はあった、
というか1100Fに引っ張られて行ける!と思ったんじゃないかと考えたりします。
それこそGPZ400Rも900Rに引っ張られた部分もあるでしょうし。
結果的にKAWASAKIは仰るようにそこに拘りすぎてポシャってますし、
1100Fも400Fもどちらも地味埋没車に。

No:2827 2014/11/05 20:58 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

乗ってました

当時赤色新車購入しました、とにかく重く取り回しに苦労しました。あと熱が酷かった、エンジン熱が上昇するのかシートがものすごく熱くなり夏は厳しかった。仕事が無くなったので3年6000KMくらいで手放したが買い取り額は¥100000だったが後日¥170000売約済みと張られて展示されているのを見かけて乗ってくれる人が居るんだなと嬉しくなった事を覚えています。

No:3081 2015/01/15 21:37 | はるき #- URL [ 編集 ]

返信

>はるきさん
おぉ! 当時オーナーさん!
フルカバード系はどこのメーカーも熱キツイのですね。
ZZR400を見ているとそうでもないように思いますが、重いのですなwww

No:3085 2015/01/15 21:51 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

こんな昔の記事にコメント失礼します

最近こいつを中古で買いまして、半年かけて直しておりました。。。
近日車検取得の予定です!

無縁レベル.3 の単車に乗れてうれしい限りです
どこかに仲間はいないのかなあ。。。

No:3565 2015/06/24 21:40 | やす #- URL [ 編集 ]

返信

>やすさん
いえいえ、コメントありがとうございます!
半年かけてとは気が長い……公道走行が楽しみですね!
仲間………………は見たことないなぁ……

No:3604 2015/07/04 09:07 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

おお、懐かしい。買いました。
評どおりの出来栄えです。
結婚後、安く売ってしまったのが悔やまれます。
とってもいいバイクでした。

No:3664 2015/07/17 20:08 | みん #- URL [ 編集 ]

返信

>みんさん
コメントありがとうございます。
ここまで極端なローギアードのフィールとやらを確かめてみたいですが、
そう思った現在ではすでに稀少不人気車に……

No:3675 2015/07/25 09:33 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

今乗ってます!!

いつも楽しく読ませて頂いております!!

今年の7月に車両価格が安いバイクを求めてコレを購入しました!!
普段乗っているのがHA02のカブなので、納車直後は「フロントが上がるんじゃないか」とビクビクしながら帰りました(笑)

どの回転数からでも不自由なく加速でき、ゆったりと流して走ることもできる良いバイクです!!

不満を挙げるとすれば、エンジンブレーキが強過ぎてアクセルを戻すときに気を使うくらいです。
これから長く乗って行きたいです!!

No:4624 2016/12/12 19:38 | 朱夏 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。