その145 NZ250/S

油煙の彼方のライトウェイトシングル



NZ250/NZ250S



無縁レベル:3




'80年代半ばのバイク市場。

中型クラスの--というよりバイク市場のメインストリームは
とにかくハイパワー機の独壇場にありました。

独壇場とはいえバイク市場自体が熱かったため、現在のように慎重に縮こまったラインナップではありませんでした。
そのせいでたくさんの車種が無名の土塊となってライダー達の記憶から消えたわけで。

ハイパワー機の独壇場。
そんな状況でどうしても苦戦しそうだと思われるのが、回転数で馬力が稼ぎづらい単気筒機。
もちろん消え入った単気筒というのもいくらかいるのですが、
キッチリとした評価を受けて後年までしっかり生き延びた車種もいくらかあります。

250単発市場で見てみますと----



gb250clubman_1983 honda
先駆けはHONDA、その名もクラブマン
カウルレプリカの幕開け、250ガンマの年の師走に現れた
オールドルックなクラブマンスタイル。

もとよりHONDAは250単気筒においてはCB250RS
クラブマンより先に出ていた単気筒CBXで十分な評価を得ていました。
そんなCBXをベースに、空冷ながら4バルブDOHCのハイメカエンジンは30馬力を発揮。
レトロな外見ながらキッチリ走り抜ける。
いいとこ取りの単発機はなんと'97年1月まで生産を続けられるロングセラーとなりました。




Yamaha SRX250 84 1
'84年の夏。追うYAMAHAは
ニュースタイルネイキッドSRX250をリリース。


魅せるパイプフレームにリアシングルサス。
クラブマン同様空冷ながらこちらは32馬力を叩き出します。

また目新しいスタイルは伊達ではなく、
軽量化された車体の乾燥重量はクラブマンより9kg軽い121kg。
まさにライトウェイトシングル。
さらにハーフカウルバージョンも同時リリース。
ホイールサイズだって鋭い旋回性を見せるフロント16インチを採用。

'88年辺りで一度ラインナップから姿を消すものの、
'90年に上位排気量のモデルチェンジで250も復活を果たし、
その後'94年辺りまでしぶとく残り続けました。




kawasaki 250cs_1985
3番手につけてきたのはKAWASAKI
'85年11月に250CSが市場入り


カジュアルと銘打ちながら
既存のエンジンよりだいぶパワーアップさせた水冷DOCH単気筒
怒濤の34馬力を出力。
車重だってすっげー軽いぜ乾燥118kg!

一見するとニュースタイルっぽい外見ながら
ロングタンク2本サスというカフェレーサーライクな要素が含まれており
しかしF16インチR18インチの先端を行くキャストホイール採用。

何がなんだかよく分からないがパワーはある。



まぁコイツは後継に恵まれることはなく
世紀末を迎えることは叶いませんでした。




熱いぜレプリカブーム!
熱いぜ250シングルスポーツ!!




そして'86年2月。

満を持してSUZUKIが発進します。







nz250 suzuki 86
NZ250('86)

Suzuki NZ250S 86
NZ250S('86)





なんかこう……違うんだよ。

いや、言いたいことは少々置いておいて、
先にスペックを見てみましょうか。


油冷4stDOHC4バルブ単気筒249cc
最大出力 33馬力/10000rpm
最大トルク 2.5kgm/8500rpm
乾燥重量 118kg(S:120kg)
ホイールベース 1325mm
ホイールサイズ F90/90-17 R100/80-17



250CSに及ばないながらも余裕の30馬力オーバー








油冷エンジン


単気筒にまで油冷が……

なんでもSX200と同系エンジンらしいです。
(このときラインナップから消えていた旧空冷DR250ベース)

SX200というと今で言うセローみたいな軽量汎用の林道ツアラーみたいなバイクで、
林道カッ飛びマシーンはRHシリーズに任せてSXはのんびり路線を行っていたハズ。
それがなんの因果か目をつけられ、
6速化DOHC化4バルブ化の挙げ句
先年登場のR750に採用されている最先端油冷システムまでブッ込まれて
馬力50%超のチューニングもといドーピングを受ける結果に。

……このエンジンの基本設計が頑丈だったってことですかね。


ホイールベースは先に紹介した3車種の中ではもっとも短く、
まさに125cc並のコンパクトさに収まるバイクです。
その上さすが最後発というべきか、今に通じる前後17インチというホイールサイズを採用。

前後異径の様な、現在から見て外連味が強いコーナーフィールはないようで、
すんなり乗れてストレートにあの頃のライトウェイトシングルの実力を測ることができるようです。


いや、測る機会無いんですけどね。タマねーから。



なんでも出た台数は1500台程度と言われる不人気車だそうです。



Suzuki GF 250 1985
敗因としてよく言われるのはGF250の存在。

最先端油冷とは言え33馬力
NZ250が38万
NZ250Sが40万

油冷ではないが水冷で4発、45馬力
GF250が46万
GF250Sが49万


個人的には4気筒にそれほどありがたみを感じていないので腑に落ちませんが、
この頃の45馬力信仰はどうやら相当に大きかったようです。
ライダー達は6万ほどの差額で45馬力ならばそっちがよいと考えたのでしょう。



コイツを評価する情報がそもそも少なすぎて判断が難しいんですが、
デザインもあまりよろしくないのでは?と思ってしまいます。
(例によって私は嫌いではないですが)


というのは「他社と被らないようデザインした」感があるように思うのです。

いや、被らないなんてのは当たり前のことではあるんですが、
どうにも先発の3車種を意識しすぎたパッケージになっているような気がします。
ハンス・ムートが言うところの、
市場調査のしすぎで持ち味が死んでるマーケティングカーのような感じ。


妄想ですが----

「KAWASAKIまで出したし250のシングルスポーツを出そう!」
「どういうものにしましょうか。やはり水冷単発最強で……」
「それはもうKAWASAKIがやっているでしょう」
「レトロ系どうッスか!?」
「HONDAの真似はできん!」
「じゃシングルサスの先進的デザインで」
「YAMAHAに似そうだよねー」
「「「「んー…………」」」」


「各社に無い部分を合わせたら?」


「「「それだ!!」」」




こんな会議で生まれた印象。


その結果
タンクに隠れてトップチューブが露出しない旧車的パイプワークのフレーム
こちらも古くささを感じさせるスポークホイール+リアドラムブレーキ
一方でレプリカのようなノーズ~テールのつながったサイドビュー
これもレプリカ文法のシングルリアサス
そして他社が使わない最新技術 油冷の2文字
ついでに突っ込むとネイキッド版の角形ヘッドライト

このようなキャラのNZ250が生まれたと。


どうにも地に足が着いていない、
吹けば飛ぶような印象の軽さ・不安定さを感じるのです。
う~ん、言葉にするのが難しい。



それが元気で乗りやすく速いらしいから侮れないんですけどね。


私の思い過ごしだと思いますが、
しかし覚えている人が少ないバイクという点は確実ではないでしょうか。





レプリカブームの最中にあった250のハイパワーシングル戦争。
その中でもモアパワー路線にあった2つが無銘車と成り果てましたが、
なんとも贅沢な時代だったわけですね。


現状の250クラスにおいてSUZUKIは他社のスポーツ機から1歩退いた、
汎用ロードスポーツとしてGSR250ファミリーを展開しています。

一方で雑誌でもネットでもSUZUKIの250ピュアスポーツを求める声は度々聞きます。

ひょっとしたら、今こそがNZが現れるべきタイミングなのかも知れません。








2015/07/30 20:40 | 無縁レベル 3COMMENT(36)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

1米ゲッツ!

うんうんありましたね。ニュージーランドにガールフレンド。
スズキのネーミングにはガソリンスタンド?グループサウンズ?みたいなの多い(笑)
確かに数万円の差なら4発フルパワーの方がいい!というご時勢でしたよね。
でも、NZもGFもとくにハーフカウルのモデルなど好きですよ。NZ-Sの白/青なんてクールですよねぇ♡
キャストホイールならもっとスポーティ度アップなのに、そこが残念。
しかし、GBやSRXはよく見ましたが、やっぱりCSとNZは実物を見た記憶がないのですよね~。。。

No:3693 2015/07/30 21:37 | 空我 #/itN8dhQ URL編集 ]

初めまして。最近此方を知りまして楽しく拝見させて頂いておりました。
先日から「何か我が愛車は未だ取り上げられていないようだなー。何なら乗って貰って書いて貰えないかなー。」とか思っていたのですが少し遅かったようで。
もし宜しければ、かつ都合が付けば今からでも乗ってみませんか?

No:3694 2015/07/31 00:21 | Mk #1K4jORXo URL [ 編集 ]

3ナイ運動ど真ん中世代ですので、銀のGBと言えば尾崎豊がPVで乗っていたり、SRXやCSは先輩が、GFは同期が学生時分に乗ってましたね。ただ、NZは…。確か当時、油冷エンジンは戦闘機にたとえられ高性能の触れ込みがあった記憶が有ります。それに心動かされ、私が当時選んだのはXSインパルスでしたが、本機もコンセプトが少し個性的だったのでしょうか?今ならニンジャのSLに対抗して出せば、善戦するかもしれませんね。

No:3695 2015/07/31 00:59 | t2ya #- URL [ 編集 ]

多様化の80年代。そして女性の社会進出の加速。
難しいことはさて置いて、単気・軽量・低車高、そしてオシャレなデザインで女性ユーザーの裾野を広げたのはSRX。
これに独自路線で望んだのがホンダで、後追いしたのがスズキとカワサキという図式だったと思います。
結果は、皆さんのご承知の通り。
ただ最近、雑誌等でNZを取り上げている記事を目にすると、なかなか評価が高い。
同じ単気のグースより良いなんて書いてたとこもあったり、やっぱりスズキって、そういうメーカーなのでしょうか。

ところで、このところGSX-S1000が気になって気になって・・・。
色々評判も良さそうですが、2台は経済的にも我が家のスペース的にも無理。
どうしよう(笑い)。

No:3696 2015/07/31 07:08 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

追記です。GooBikeブログの件ですが
移転はしません。
全て「過去のこと」は消し去ることにしました。よってリンクも消去してください。
勝手言って申し訳有りません。
どこかで新規に復活したら、ご連絡します。

No:3697 2015/07/31 07:25 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

ヤッホーォ

やっとこさ我が愛車キター\(^o^)/
正にライトウェイトスポーツその物です。
実際125ccとバイク用品店なんかでは他のライダーに間違われます(笑)
コーナリングでは圧倒的なバンク角で気持ちいい位に倒せますし、
油冷エンジンはスムーズに回り切り、ノーマルで155km迄確認済ですd(^-^)

しかし喪主殿、記事化する前に我が愛車を試乗させてあげたかった(笑)
多分気に入って貰えるハズですよ(  ̄▽ ̄)
ちなみに愛車を買ったショップでは、現在250CSの在庫が有ったりします(笑)
しかもNZも過去に自分の含め4台ほど売ったらしいですΣ(゜Д゜)

No:3698 2015/07/31 08:43 | NZTRSS #- URL [ 編集 ]

こやつ、
確か250シングルのレースが流行ってた頃には
軽くてパワーも有って、との事で
エントリーには何台か居た記憶が有りますが
販売台数は少なかったんですね・・・

昔はリアのドラムがショボくて嫌だったけど
今なら気にならないな(苦笑)

No:3699 2015/07/31 12:28 | えだお #- URL [ 編集 ]

とうとうこれが来ましたかww
これが出た背景には、当時バイクブームで女性ライダーが増えて、軽くて他のバイク(45馬力の250や400)について行けるバイクの要望が出てきました。
一応VTやGpz・GPX、GFなんかがコンパクトで軽い250でしたが、それでも女性や小柄な人には取り回しやコケると重い。

そこに現れたのがSRX250。
VTみたいにベストセラーみたいになりませんでしたが、着実に売れました。

また、当時はF3やSP250・SS400と中型メインのレースも増え、初心者やベテランが遊べる250シングルのレースも地方で増えました。
そこに現れたのがSRX250。

と、言う状況だったので、スズキの現場サイドから「スズキらしいシングルを!」とあったみたいです。

で、実際に乗せてもらった感想は、125の感覚で250の速さ、みたいな感じです。
クルクルヒラヒラ回って、エンジンもトルクでピューっと加速します。
タイトコーナーが多い所なら、ガンマに勝負できました。

サーキットでもNZとCSが速くて、それにSRXとCBXが絡むと言った感じでした。

でも、なんでスポークホイールだったのか?
今でも分からんです( ̄▽ ̄)

No:3702 2015/08/01 17:24 | ノブシン #TIXpuh1. URL [ 編集 ]

FZ250>GF250S>NZ250S

のデザインカースト制度で
撃沈、という感じを
私は受けます。

所有しているぞ!という満足感も
同じ階級制度かなあと。

GF持ってましたけど、
オシャレな感じはゼロだし、
音はGS250FWと並び、ノーマルでも
勇ましいのですが、
如何せん、前に車体が進んでる感じが
しないため、
2ストも跋扈していた黄金期ですから
まあ、あんなおせーバイクいらねー
と当時のバイク小僧たちは
短絡評価してしまうでしょう。

で、NZですから尚更振り向かれないのは
仕方ないですね。


でも、今の時代、年齢になって
もう一度乗ってみたら、
楽しいかもと思います。

カラオケの選曲が昭和な私にとっては
行間を読んでいくような加速感が、
あ、この瞬間が昭和だね🎶
と思うのでしょう。


そんなわけで私の愛車は
VF750Fに落ち着いたわけですが。

No:3703 2015/08/01 17:48 | カンダリーニ #- URL [ 編集 ]

あの頃はやはりレーサーレプリカやハイパワー機ばかりに目が行って単気筒機は眼中無かったですね...

最近になってようやく単気筒(というか軽いバイク)の面白さがわかってきて、BIGBOYを増車してしまいました。
20馬力に満たないエンジンでも楽しめるのだから、NZはさぞかし面白いでしょうねぇ...

それにしても最近の前後17インチに慣れた目にはSRXとCSのサイドビューは「コラかよ!」というほどの違和感を感じてしまいます(^^;

No:3704 2015/08/01 19:36 | 108 #- URL [ 編集 ]

GF250は41psじゃなかったでしたっけ。
乗ってました。

No:3705 2015/08/01 20:05 | #- URL [ 編集 ]

あ、途中で45psに上がったか

No:3706 2015/08/01 20:10 | #- URL [ 編集 ]

NZ!!!!!

おおおお!油冷ファミリーの末弟大降臨!!
スズキい!アドヴァンスドォォ!!クーリング!!システムぅぅぅぅ!!
スズキの技術は世界一ィィィィ!!

僕がお世話になっている男爵で実車を見た事があります。
もう、コンパクトを通り越してちっちぇな…って印象で…これに
無駄にパワーのある油冷単気筒エンジンだと峠無双なんだろうな、なんて思ってましたが…。

何だかNZってのもスズキらしくない命名規則で色々異端ですね。

男爵にあったNZ、すごく熱望して探していた方がいらっしゃったようで、すぐに新しいご主人様の許に嫁いでいかれました。

No:3707 2015/08/01 21:03 | ブラバックマ #- URL [ 編集 ]

現代水準の油冷単気筒でGSRとは違ったカリカリのスポーツ車は受けそうですね。
GS1200SSみたいなレトロレーサー外装だと他社との差別化もできそうです。
ヨシムラやHB、スズキワークスカラーとか個人的には欲しいけど、マニアなおっさんしか買わずに、また無縁単車かなあ。。。。

No:3708 2015/08/02 01:21 | まほぞお #- URL [ 編集 ]

NZ・・・車名の由来も気になります

GF250・・・・2バルブで45PS絞り出してたんだなぁ・・・・それは置いといて、NZ250(S)ですね。

G〇F1200Sに共通する「取って付けました」感溢れる宇宙船風カウルはアレですが、スズキテイスト溢れるボデーデザインは今更ながらイイ!と思えたりします(えっ?気のせい?)。エンジンカバーに刻まれた"DOHC 4 VALVES"も誇らしげ。

全体的なイメージからキャストホイールがぴったりだと思うのですが、スポーク採用は軽量化ゆえなんですかね?

No:3709 2015/08/02 01:31 | kazu@両毛 #86jtnIRQ URL [ 編集 ]

久しぶりに油冷

油冷ファイナルのGSF乗りです。


ハーフカウルの方がカッコ良く見えてしまうのは多分もう持病ですね。

バンディットみたいに前と後ろのシートが段差付きならもう少しカッコ良いのですが…

正直セカンドに欲しいです。

No:3711 2015/08/03 08:22 | もっさん #B2bgHvfw URL [ 編集 ]

うーむ
この中から選ぶとしたら、NZ250Sですね~

スズキの変なデザイン、なんかクセになる・・・(^_^;)

No:3714 2015/08/03 11:10 | motoマジマン #ncVW9ZjY URL [ 編集 ]

こちらの檀家の皆さんは
この手のバイクに激しく反応しますね(笑)

No:3715 2015/08/03 11:54 | えだお #- URL [ 編集 ]

某バイク便にいたころ、乗っている同僚がいましたね。欠点はフロントタイヤからの水しぶきがスパークプラグホールに
直撃、雨の日は最悪ということらしいです。彼はアルミ板で自作遮蔽板を取り付けていました。

No:3716 2015/08/05 04:51 | 中村商店 #SFo5/nok URL [ 編集 ]

あまりお得感がなかったんで・・・

その当時、性能的にはとても魅力的に見えたのですが・・・・・

残念ながら、とてもスリムな車体が多くて身長166㎝で肩幅がある自分が乗ると「クマが自転車に乗っている」ような残念感がありましたね~。

ですので、

シングル好きの自分としては最低見栄えが普通になるオフ車(XLR250R)に転がった感じもしますが・・・・・今となっては覚えておりません。

No:3717 2015/08/07 07:28 | R-いちろう #j//uF7bU URL編集 ]

返信

>空我さん
はぁ~なるほど。NZにGF、時代を感じる読み当てですなぁ……ww
NZの青白カラーリング綺麗ですね。GSX-R系とは全く異なった雰囲気が良いと思います。
アルミリムの軽量スポークホイールらしいですが、CS見るにキャストでも軽く行けたのでは?と疑問が。
実際どうなんでしょうね~。
現在でも見かけるGBはすごいっす。

>Mkさん
コメントありがとうございます。
オーナーさんからコメントを頂くとは光栄。
NZは非常に興味がありますね!
オフ会などが近くでありましたら、その折にでもお願いするかも知れません。

>t2yaさん
GBは尾崎だったんだ……
小排気量のシングル・ツインが見直されている現在ならばともかく、
とにかく過激化していったあの頃にシングルはなかなか難しいですね。
う~んますます今欲しい……

>GAMERAさん
ブログの件オッケーです。
しかしバイク図録の「女性に人気」は不人気の証ととっていたのですが、
SRXだけは実際にそうだったようですね。
やたら軽いせいでGooseより高評価なのが面白いところですね。
サスはさておき、タイヤが昔より確実に良くなっていますし。
S1000好評ですねぇ…………行っちゃいますか……?

>NZTRSSさん
長らくお待たせをば。
まんま125みたいな寸法ですが、やはり間違われることあるんですねー。
250の単発が155km/h……!? なんじゃそりゃああああああ
しかしNZを4台もさばくとはおっかねーショップがあったもんで……
……機会があったら、試乗をお願いしたいです。

>えだおさん
おぉ、シングルレースに使われてたんですね。
台数はどうも……少ないようです……。
熱的に不利と言われるドラムですが、コイツ軽いから多分これでいいんでしょうね。
スポークだからドラムブレーキがあまり気になりませんねww

>ノブシンさん
出ましたNZです。
このコメントが複数入る辺り、女性ライダーって本当に増えたんですね……
しかしSRXすごかったんですなぁ。
レビューを読みあさると本当に運動性は馬鹿にできないようで、非常に興味があります。
CSも速かったんですね……
ホント、なんでスポークだったのかなぁ……

>カンダリーニさん
デザインカースト……な、何も言えねぇッ!!
GFのみならず、250の4発はなかなか進まないような気が……
軽くて楽しいというシンプルな解ですから、今の時代にも非常にマッチしているバイクではないかと。
未だにVF750Fを維持してらっしゃるとは恐ろしや……!!

>108さん
あのご時世にキャラ・デザインで売り抜けたGBとSRXはアッパレですね。
ってBIGBOY増車!? なんと意外なところを!
後輩のST250E(FI)には乗ったことありますが、パンチは無いにせよ
軽くて必要十分走るから案外面白いんですよね。
恐らくそれの究極型がNZでは体感できるのでしょうが……う~ん乗りたい。
16-18インチはさすがにやりすぎだと思います……

>>GF250は41psじゃ
仰るように初期41の後期45馬力です。NZと肩を並べていた頃は45馬力ですね。

>ブラバックマさん
あぁ、そうか。末弟になるんですねコイツ。
そうしきりに小さい小さい言われるとますます現物見てみたいですねww
もうタマがないから店頭で見かける機会すらなくなりました。無念……

>まほぞおさん
Ninja-SLの評価が良いようで、本当に現代に欲しい一台です。
しれーっとST250Eのエンジンを油冷化して……無理ですかね……
レトロレーサーも現在欠けていますが、
個人的にはカフェレーサースタイルで出せばいいんじゃないかなどと。

>kazu@両毛さん
そういえばGF2バルブだ!! やるなぁGF。
取って付けましたというのがもの凄くしっくりきます……!!
嫌いじゃないですが、仰るようにまさにSUZUKIなデザインで……
アルミリムのスポークホイールらしいので軽量化の一端だと思いますが、
本当にキャストより軽いんですかね……?

>もっさんさん
多分NZに関してはハーフカウルの方が惹かれる方が多いのでは?
私は無印が好きですが、ハーフカウルの方が若干ボリューミィに見えますし。
セカンドに欲しい……がタマが……タマがない!!

>motoマジマンさん
Dukeは強固すぎるならば、コイツくらいがちょうど良いのかも知れませんね。
くせになっているならばなおさらにww

>中村商店さん
あぁ~プラグホールに水しぶき……それはつらい。
しかしツインプラグでもない単気筒なら処置もしやすいですね。
アルミ板とはまたお手軽な。

>R-いちろうさん
当時魅力的に見えていたとはなかなか鋭いお方……
本当に車体小さいんですなこれ。

No:3726 2015/08/07 22:03 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

ちなみにGFは2バルブだけでなく、4気筒だけど2キャブです。
そう考えると、250に4バルブ、4キャブは必要だったのか?と考えてしまいます( ̄▽ ̄)

No:3727 2015/08/08 00:59 | ノブシン #- URL [ 編集 ]

返信

>ノブシンさん
R250やら初期のR400すら2バレルなんですよね。
Xインパルスもそうですが、レスポンスも良くパワフルという……
各シリンダーごとにセッティングを詰めるならば4連必須かも知れませんが、
メンテ考えると2バルブ2バレルの方が……

No:3728 2015/08/08 09:31 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

青春の思い出

あー、NZ!
いつか記事になると思ってました。
ただ最近のシングルスポーツとの関連でくるかなぁ・・・と思ってたり。
ところで、ここでとりあげられてるGF 250は、オイラの愛機でした。晴れの日も雨の日も、雪の日も、こいつで走り回ってました。
乗るキッカケは、乗ってたVT250FでNSR を追いかける!という無茶というより無謀をしたら転倒!バイクはガードレールに激突して大破!・・・オイラは無傷でした。
で、代わりのバイクを探したんですが貧乏学生の買えるタマが無い!
これならあるよ、と引っ張り出してきたのが・・・そうNZ250S!しかも写真のカラーそのもの。

見るなり、何このオタマジャクシみたいなのは?絶対イヤ!と、今のオイラからは信じられないくらいマトモな結論を出し、他のバイク屋さんにあったGF 250Sを買ったわけです。デザイン似てるなーと、思いながら。

さて、このGFが、とても良く出来ていて、とにかく乗りやすい。パワーもあるし、軽いし、シフトポジションインジケータあるし、燃料計あるし、カウルの効果が、意外なくらいあるし。

このバイクの後、VX800に乗り換え、カウルの無さの辛さに愕然としたものです。

今では、あの時、NZ に乗ってたら、また違ったバイク選びをしていたかもしれません。(DR800Sに乗ってなかったかも)

No:3730 2015/08/09 00:16 | トモ #- URL [ 編集 ]

待ってました!

初コメです!
取り上げて頂きありがとうございます。
グラトラのエンジンを載せかえ様とNZ を買いましたが程度が良いので乗っていたら、どっぷりハマリました。
このバイク乗ると面白いです。
軽く、速く、のんびり走れます。
細いのでリアから見るとナンバーが大きく見えますがすり抜け最強です。
一番のツッコミ所はフロントブレーキ効かない所ですかね、キャリパー見るとシングルポットの片押しでガンマ50と同じ(>_<)
リアのドラムは良く効きますよ!
本当にキャストホイールだったら後500台位売れたと思います。
水色もここの人達には意外と好評な様ですね、世間の視線は痛い時が有ります。

中村商店さんありがとうございます。
雨天乗ると失火しまくりだったのでアルミ板試して見ます。

No:3731 2015/08/09 06:49 | ノッツ #p8Ip4ics URL [ 編集 ]

ぢつは、大好きです、はい。

我が愛機の鵞鳥の先祖?ですね。
しかしパワーウェイトレシオでは勝っておる(笑。
鵞鳥の250で最高速が157km/h辺り出ていたので、
この子はもう少し伸びるんじゃないかとも思いますが・・・。
ファイナルの減速比とか考えると、まぁ、可能性の話ではありますが。

無理くり?パワーを絞り出した代償か、
この子のオイルクーラーは鵞鳥350の倍以上の大きさがあるんですよね。
流用に使うかと、¥3000で入手した現物が手元にあります(笑。

金と暇があるならば、ぜひ現車を手に入れたいですねぇ・・・。
180cm代後半の身長と、80㎏代後半の体重ではチト釣り合わぬ気も致しますが・・・(苦笑。

今ならば、モタード系のパーツでホイールを組めば、
軽量且つ高剛性のハブと、強力なブレーキを手に出来そうな気がします。
いっそバーハン化してフォワードステップにカスタムすれば、
乗り方もモタードライクに峠やジムカーナを楽しめそうですね。
嗚呼、マジで欲しくなって来た。

No:3732 2015/08/10 17:33 | rasukaru #t8RLJlCU URL [ 編集 ]

返信

>トモさん
長らくお待たせを。
なんとGFに乗ってらっしゃったとは。
VT250F大破からNZ250Sが出てくる時代が羨ましッ!その上GFまで。
GF評もろくすっぽ見当たりませんが、よいバイクだったのですね。
そりゃNZに数万足してそんなのがいたなら本当にNZはどうしようもないわけだ……

>ノッツさん
コメントありがとうございます。
グラトラのエンジン……じゃさすがに元来のNZと比較するとかったるいかも知れませんね。
程度が良くてよかったです。
写真見る限り本当に細いですが、うーん一度現物を拝みたいもので。
……やはり失火するのか……!!!

>rasukaruさん
えぇまぁ……Goose乗りだともうメロメロでしょう。
うげッ!?オイルクーラーそんなでかいんですか!!?!
180cm後半の長身だと……モンゴリに跨がる様相になりそう……。

No:3756 2015/08/17 21:41 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

友達の女の子に買わせました

中古ですが。
いやほんと、女性向けなんですよこれ。
いいバイクでしたよ。
トップギヤに入れると点灯する警告灯も、案外便利でした。

ただ、単気筒なのに、タンク下ろしてしかも結構な奥底にレンチを伸ばさないと届かないプラグって、こいつくらいしか見たこと無いです。

No:3763 2015/08/18 23:09 | あさくら #- URL [ 編集 ]

返信

>あさくらさん
細い軽いシート低いで確かに女性には良さそうですね。
上記コメントでもプラグについて書かれていますが、なんでプラグ周りがこうなったのやら……

No:3802 2015/09/02 20:54 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:4003 2015/12/11 14:20 | # [ 編集 ]

ちょこっとしか乗った事ないけどNZは高回転までギュンギュン回して楽しむ楽しいオートバイでした!
2st50ccとはチョイと違ってその時代のイタリアやフランスの1000ccのclass車をブン回してカッ飛ばす感じと似てますね!
デザインは一番後発なのにフェザーやCBR-Fを意識し過ぎて一番格好悪いですね!

No:4275 2016/04/08 22:08 | LUCA #WvqlMVWU URL [ 編集 ]

ググって辿り着いたNZ
当時、250シングルのレースではNZが常勝マシン(大げさ)だったんですよ~
でも、書いてることはだいたい当たってると思います

なつかしさが込み上げました^^

No:4280 2016/04/10 16:55 | SX海苔でした #bxvF113M URL [ 編集 ]

わが思い出のNZ

初めまして、
いつも楽しく変態談義を伺っております。
初めて買った中型がNZで、懐かしさのあまりお邪魔します。

当時、単気筒カウル付がどうしても欲しく、中古を探しました。
買っていきなりヘッド交換トラブルに見舞われましたが、その後はとても調子よく、日々通勤に使っていました。

そのうちに回転の伸びが気になり出し、CBR250のマフラーを外2気筒分切除して換装したところご機嫌な回転上昇フィールとなりました。

しかし調子に乗ってレッドゾーン手前まで常に回していましたところ、クランク大端部焼き付きで不動に、当時のスズキ製バイクの持病とも言われていました。

その頃はバイクの知識が欠落していた性か(他の内燃機はかなり弄っていた)、エンジンは廻してなんぼと言うおかしな考えが有ったもので・・・、

その後たまたま見つけたSRX6のエンジンを換装して復活、それに合わせ泣き所だったステップ位置をバックステップ製作で対処し、その後左足骨折でも乗れるようにシーソーペダルにしたところ、これが

パッシングスイッチをエンジンカットに連動させたキルシフターと抜群の相性で、街中では無敵となりました。

軽量高トルクで蹴飛ばされるような発進加速をしてくれるのですが、フレームの剛性は足りてないので旋回時ふらつき、それを後方から見ていた友人が、気合で乗りこなすという意味で「オーラバトラー」名付けていました。

もう25年くらい前の話ですが、今でもたくさんの思い出が蘇ります。

No:4450 2016/06/22 14:08 | nomunomu #fddzkx5k URL [ 編集 ]

30年くらい昔赤/黒のSを新車で買って乗ってました
雨の日にはフロントから水がはねてプラグがリークして止まりましたが、プラグホールのゴムカバーおよびプラグキャップをコーキングで防水すればフェンダーに泥よけを付けなくてもOK。
自動車専用道路でパトカーに止められて「本当に250ccか?」と訊かれました。
また乗りたいかと訊かれたら心から「はい」と答えます。

No:4455 2016/06/26 23:25 | Dad #- URL [ 編集 ]

GF250はマルチクォーターの肝である高回転型じゃなかったのが不人気の原因。
カウル付きSも後発のFZ250フェザーと比べると野暮ったい。
NZとGFのニーズは違うのでパワー差と差額で比較するのは違う。
ローパワー250で125並みの車格、原付並みのシート高と足つき性…。
当時的には女子ユーザー狙いの車種と捉えられていた様に思います。
CSやSRXなどこの辺の単気筒250はZ200とかCB250RS-ZやCBX250と同じ枠組みの女子ニーズ車種だね。

No:4510 2016/08/30 07:01 | spobiamecr #- URL [ 編集 ]

元オーナーでした

昔、NZ250Sに乗ってました。
エンジンフィーリングはシングルらしい鼓動感はなく、するするっと11000回転まで吹け上がるのに最初拍子抜けしましたが、下もトルクあって気づくとスピードが出てるエンジンでした。
油量は鬼の2.3Lでオイル交換に毎回泣いてましたw
車体は全体的にふにゃふにゃで、広いサーキットに持ち込むと高速コーナーで車体がネジレてるのが分かるぐらいでした。バンク角はそれなりに取れるんですが、ステップを移設するとエキパイ(正確には腹下のエキパイボックス)を擦り始める始末。サスの交換とタイヤでごまかしてました。
後、とにかくコンパクト(グースより一回り小さい)で一回だけ公道でSDR200と並んだときは、二人して目を見合わせて首かしげて笑ってしまいました。その直後の渋滞です2台ともすり抜けが捗ったのはいい思い出ですw

ぶん回しすぎてクランク逝って廃車にしてしまいましたが、新車で手に入るならまた乗りたくなるいいバイクでした。

No:4603 2016/11/14 21:09 | ら #t5k9YYEY URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |