その157 NS250F

廉価とは一体


NS250F


無縁レベル:3




先日のFZ400Nの記事にて
「真の初発脱がしネイキッドはコイツじゃないか」
ってコメントが入っておりました。


そうなんです。
そいつだと思うんです。

思うんだけどちょっとベクトルが違う。


そんなレクイエム。
聞いてください。












Honda NS250R Naked 85
NS250F('84)


水冷2stピストンリードバルブV型2気筒249cc
最大出力 45馬力 / 9500rpm
最大トルク 3.6kgm / 8500rpm
乾燥重量144kg (装備161kg)





ガンマ登場の翌年。


最初の対抗馬を出したのはHONDAでした。



Honda NS250R 85 1
NS250Rの凱旋



'83年のWGPチャンピオン、NS500のテクノロジー、ネーミングを与えた250マシン。

なんと市販レーサーRS250Rと同時開発のようで、
あれやこれやRS250Rと共通の部品が与えられている恐るべきマシンであります。

ガンマに続きアルミ製の角形フレームを採用。
エンジンは新造の90度Vツイン。
ボディに張り付いたウィンカー。
フロントフォークにまでカウルを着ける空力を意識したスタイル。

当時のカタログ誌を見てみると、
エンジンは低速ではろくすっぽ走らないレスポンスの鈍さであるものの、
特に9000rpmを超えてからのフィールは他の追随を許さぬ凄まじいレスポンスとされています。



9000rpmを超えてから……

ってお前最大出力9500rpmじゃないかね。
500rpmチョイしかないじゃない!!


さすが排気デバイス最初期の2st。
パワーバンド狭いです。


実際のところ8000rpm辺りから使えるらしいですが……
HONDAらしからぬピーキーさのようです。


ともあれスタイルからパワーフィールまで、
強烈にレーサーを体現したマシンがHONDAから送り出されたわけです。



まぁこの前に
26の秘密を全て弱点で固めたV3ァ!!みたいなヤツがいたんですが、
それはまた別の機会に紹介するとしましょう。








Honda NS250R Naked 85
で、そのNS250Rのカウルレス版がNS250Fです。

しかもフルカウルRに遅れて分岐したネイキッドバージョンではなく、
同時に発売が始まったきちんとした?ネイキッドバージョンなのです。



さて、実際RとFはどう違うのでしょうか。






NS250R / NS250F

エンジン:キャブは違うものの出力・トルク共に回転数まで一緒
ホイール:NSコムスター / ブーメランコムスター
フレーム:アルミ /





そう。鉄。



鉄フレーム。

単なるカウルレスじゃなくて別途新造鉄フレーム


エンジン並みに重要部品だろうフレームをわざわざ鉄で作ってんです。


しかも250Rと同じ外見になるように。


なんのため?

コストダウンのためです。



















そっちの方が金かかるんじゃ……



ツイッターの方でちょろっと話していたんですが、
同様に当時疑問に思った方いるんじゃないでしょうかね。

確かに250Fは250Rのカウルレスモデルなんですよ。
脱がしネイキッドなんですよ。
エンジンそのまま積んじゃったし、
でもキャブはこっそり変えてコストダウンを図る。
ホイールだってVTで既出のブーメランコムスター。
あくまで250Rに対する廉価なモデルが250Fで、
実際に価格は11万円安い42万9000円を実現してるんです。




しかしフレームは新作。

鉄フレーム作るライン増やすこと考えたらアルミフレームそのまま使うか、
あるいはVTフレームにでも載せた方が安上がりな気がしないでもありません。
もちろん加工技術とかの話もあるのであくまで素人考えですが……


ちなみにスウィングアームもちゃっかり
リアサス接合部に対する補強が入った強化スウィングアームですね。



私がこっちではなくFZ400Nを最初の脱がしネイキッドとした理由はここなんです。

廉価感丸出しの脱がしネイキッド勢に比べると、
コイツは凝りすぎている。




廉価のための別フレーム。

これはまるで廉価のためにエンジン新造したチョイノリのようではありませんか。

NS250Fはチョイノリの先輩だったのか!!





そんなレプリカブームの熱を感じさせる廉価機は、
'88年のカタログに残ることなく、
フルカウルのNS250Rも'89年カタログから消えNSRにバトンを渡しました。


手を抜かぬ廉価機。

謎の執念にとりつかれたバイクの話でした。






2016/03/24 19:07 | 無縁レベル 3COMMENT(27)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

真偽は定かでないのですが、実はNS250Rも最初は鉄フレームで計画されていて(MVR250)、RGガンマの登場を受けて急遽アルミ化されたという話があります。

両方乗っている人が、250Fの方がよく曲がる(カウルの有無や重量差は関係無く)と言っていたのが印象に残っています。

No:4222 2016/03/24 19:26 | TAG #VDqpTBXI URL [ 編集 ]

残念ながらタメになるような情報は持ってないですが・・・

ホンダは4ストはCで2ストはMで統一・・・
という方向だったのですが例のV3気筒のマシンが大爆死した結果でホンダはMを捨ててNの称号を与えたという話です

NS250でもRZの牙城を崩せなかったのがのちのNSRに繋がるから当時のバイク業界は熱かったですね・・・

No:4223 2016/03/24 20:04 | N・H #- URL [ 編集 ]

全て弱点で固めたV3ァ!!みたいなヤツ
ってアレかな?ツーリングで私のRZVといつも殿を固めてた初期型VTみたいな…
それはさておき、NSのRは二台ほど乗ってた人知ってますが(400V3持ちも)、カウル無しは一回も見たことないですわ。なんで出したんですかね?どんどん価格が騰がる事へのメーカーが言い訳に作ったようにも…
NSRの時はもう必要なかったんすかね?
スズキはまだ…

No:4224 2016/03/24 20:11 | おてつ #jiI63JAA URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:4225 2016/03/24 20:33 | # [ 編集 ]

チョークレバーがFはキャブ本体。Rはワイヤーで引っ張るものが左ハンドルに・・・・だったと記憶しております。
転倒してハンドルストッパーをヤッてしまったのですが、割と安価に修理してもらいました。「鉄」の恩恵ですかね。
新車購入時に付属していたHRCステッカー、未だに手元にあります。

No:4227 2016/03/24 22:24 | kazu@両毛 #86jtnIRQ URL [ 編集 ]

廉価版

この時代は廉価版と言えども金掛かってますねー
脱がされる前のNS250Rは大戦中のレシプロ戦闘機みたいで好きです(イメージ湧きますかね?笑)

No:4228 2016/03/24 23:39 | あぺ@R125 #- URL [ 編集 ]

V3...それはMVXの事か〜

No:4229 2016/03/25 00:42 | #- URL [ 編集 ]

NS250Fってただ脱がされただけじゃなくて鉄フレームだったんですね…

そしてオイル垂れ流しV3ですね!

No:4230 2016/03/25 09:51 | #- URL [ 編集 ]

フレーム新作しても廉価版といえる余裕がメーカーにあった良い時代の象徴ですね‼

V3(笑)
MVX...(笑)

No:4231 2016/03/25 10:01 | NZTRSS #- URL [ 編集 ]

あの頃の鉄フレームはロボット溶接。アルミはまだ職人さん。ガンマの生産初期に溶接工を集めるのにかなり苦労した。と何かで読みました。(ロボットにすれば、工賃半分)
現在でも溶接するのが嫌で、アルミキャスト多用ですね。
それに比べ、イタ車(特にアプリリア)の溶接線の長いこと・・・・・・。

No:4233 2016/03/25 20:47 | kappa #- URL [ 編集 ]

V3酷評されてますね…
過去に1年間だけですが所有しており、そんなに悪いバイクじゃなかったですよ
まぁNSの記事に書くのも場違いなので、いつかこきおろ…もとい書き下ろされたら書き込みますかね

No:4234 2016/03/25 20:59 | #- URL [ 編集 ]

たしか・・・。

うろ覚えの記憶なのですが、当時ヨーロッパでは鉄フレームのほうが人気があったとかが理由の一つだった思います。なので、輸出モデルのGPZ600Rも鉄フレームでした。日本での販売がメインとなるか、海外の販売がメインと成るかで若干の仕様変更が当時はあったようです・・・。

No:4235 2016/03/26 00:53 | akira #- URL編集 ]

NS250Fはあれば乗りたいバイクです。

NSはFもRもエンジンに弱点があり、残存できてる台数が少ないようです。NSロスマンズではそこが改良されてるそうですがね。

弱点を隠す煙幕をまとったV3に比べれば丈夫でしょうけど

No:4236 2016/03/26 11:12 | YRCN #- URL [ 編集 ]

Fは見たこと無い

Rの「カウル壊しちゃいました」仕様なら有りがちですけど(笑)
ホンダは、Rは対ガンマ、Fは対RZ-Rを目論んで「これで2ストクォーター市場は独占やな」と皮算用してた…とか?とは言うもののNSは何故だかケロケロと共にコケちゃった印象が強いですね。ガンマは84の2型までは絶好調でしたし(3型で勝手に自爆、ケロケロは当時のカワサキの劣悪な部品供給も一因)。
ホンダ製とは思えない柔らかい曲線の綺麗なラインで、着てても脱がしてもなかなか良いと感じるのですが…ホンダはあくまで4スト屋という印象のせいで売れなかったのか、先代の鼻タレ小僧が後継車の足を引っ張ったか(笑)

No:4237 2016/03/26 11:16 | 温泉太郎 #9bPQFXI6 URL [ 編集 ]

対抗馬

そっか、RZ-Rは「最初の対抗馬」じゃなかったのね。
でも、出た時はデブイ(リアが)こっちより好きだったです。
そっか、あの三気筒は後日なのね。

No:4239 2016/03/27 18:19 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

たぶん

これの存在で当時の私は「アルミ高級、鉄安物」と思い込んでしまったと思います。

まぁ特殊鋼とか鍛造とか表面処理といったものを知らないお子様だったとは言え、実に浅はかな思い込みをしていたものです。

V3っすか、200箇所にも及ぶ要改善箇所を抱えたまま市場に飛び出した直線番長よりはマシではなかろうかと…
だってV3の方が数出てると思います。

No:4240 2016/03/27 22:21 | SIG #- URL [ 編集 ]

・・・命名。

・・・換骨奪胎バイク!・・・盗作では無いんで、意味は全然ちがうんですけどね。
なんとなく、アルミフレームはバカ売れするに違い無い!けど、納期がなぁ・・・。待てない人の為に準備しとくか!性能は同じで安いから、どうしても我慢できなきゃ下取りして買い換えしてもらお!・・・って考えてたんじゃないかなぁ。
あるジャンルのクルマが売れまくって数年後に、原因不明のトラブルが多発して最終的にはリコールになったんだけど、その理由が設計ミスでも粗悪品でも無く、清掃の回数が1回少なかった、みたいな理由でした。そんなもん、どう考えてもコスト変わらんやん!と思ったもんですが、なにしろ生産は、人員、機械を抱えてるだけでもリスクですから、なるべく抑えておきたい。暇な時に合わせるという、あんた正気か?という方針をとってる人もいるとか、いないとか。(普通は、平均値か、中央値だと思うんだけど・・・)そんなこんなで、必死にやってる時に、さらに増産せよ!と言われると、見切れる所は、見切りたいなぁ・・・とまぁ時間も広義ではコストだなぁ、とおもったりするのです。

No:4241 2016/03/27 22:27 | トモ #- URL [ 編集 ]

先輩がRの脱がしちゃったバージョン持ってて、
「コイツはアルミフレームなんだぜ!」と自慢していたのを思い出します。
そういやFは鉄フレームだったんだなあ。

Fのスタイルは、メーカー公式カスタムの扱いっぽく、カウル買い替えできない場合の受け口だったように思います。
vj21のウルフ化とか、
gj72aのコブラ化とか!(見たことないけどw)

No:4249 2016/03/29 07:51 | まほぞお #- URL [ 編集 ]

ぜひ…

ぜひ、由布院の「岩下コレクション」という所に眠っている、「アポロ」というバイクについて取り上げて頂きたいです。

No:4256 2016/04/01 05:19 | 骨骨ざうるす #- URL [ 編集 ]

NS250R/Fの相違点

この年代の2サイクルは任せてくださいよ(笑)
私は当時RG250Γでしたが友人がNS250RとFに乗っていました。NSのネーミングはシリンダーのメッキ手法にニッケル/シリコンカーバイトを施されていたことに由来しています。
さて、RとFの相違点ですがフレームの材質、ホイールの形状が有名ですが実はシリンダーも違います。
Rがアルミシリンダーに対してFは鋳鉄シリンダーが使用されています。それが理由かどうかは不明ですが
RとFでは明らかにRが速かったです。Rに乗っていた友人は一人でしたがFは三人乗っており、その3台すべてがRに直線ではついていけませんでした。
それからちょいネタですがNSシリンダーはあたりが出るのが遅く走行距離5,000km程経過した頃にエンジンの回りが軽くなり調子が良くなる不思議なエンジンでした。燃費はガソリン・オイルともに最悪でしたが。

No:4260 2016/04/03 21:31 | RGV-tetsu #- URL [ 編集 ]

NSにはうるさいワタシが来ましたょw
250F、カッコイイと思います。芋VXから超飛躍しましたね。なるほどFZ400Nとはコンセプトが違いそうで。
鉄フレームはさておき、キャブはおろかシリンダーも250Rと違うんですか。知らなかった。ならばもっと安価でもいいような?
NSのエポックなところって、以後の2ストに真のV型フォーマット=1軸クランクを提示したことではないでしょうかね。
それまでは180度クランク直2が当たり前で、GP500の直4もSq4もV4も基本は直2、それを横や縦につなげただけの2軸クランク対角線同爆ですからね。
理由はたぶん、1次圧縮室がふつうに作りやすい、というか1軸Vによる不等間隔爆発の発想がまだ無かった、でしょうか。いつでも最後発のホンダが歴史を変えるのです、後出しじゃんけんで(笑)
ちなみに「NS」命名の由来はずばり「NS(=New Sprinter)500」で、「NSシリンダー」「NSコムスター」は語呂かと思っております。

No:4274 2016/04/07 16:21 | 空我 #/itN8dhQ URL編集 ]

NS250F

発売後しばらくして、中古車を3台ほど乗り継ぎました。通算で10年ほど乗ったでしょうか。色は黒、赤、黒。購入価格は32、16、8万円でした。
オイル消費は早いですが機関故障はありませんでした。Fフォークの交換回数は思い出せません。NSの名称由来はニッケル/シリコンカーバイトだと店頭カタログに書いてあった記憶があります。ちなみにカタログはR/F同時掲載でした。
6000rpmを超えたあたりトルクの谷があるので、ちゃんと(?)走る時は、基本的に7000rpm以下に落とすことはなかったように記憶しています。Rに乗った記憶はほぼないですが、パフォーマンの違いは公道ではたぶん感じられないと思います。
RZ、もしくはガンマ、NSR、TZRなどのレプリカモデルと比較して、ほぼ一貫して人気がなかったので(R/Fとも)、ちゃんと(?)走る時のコスト・パフォーマンスは良かったのではないでしょうか。TRAC、ATAC、懐かしいです。

No:4283 2016/04/12 12:47 | 知命 #- URL [ 編集 ]

上記コメントの名称由来は、記憶があやしいのでご放念を。

No:4284 2016/04/12 13:15 | 知命 #- URL [ 編集 ]

RZVの海外向けRD500LCも鉄フレームでした。

同級生がNS250Fに乗っていましたが、当時は「なんでFにしたんだよ」と思ったものです。

No:4290 2016/04/13 20:23 | YamasakiWakaha #- URL [ 編集 ]

お邪魔します

高校生の頃御多分に漏れず原付免許を取得しました。
4輪車に乗り始めた兄が原チャリをくれる事になったからです。
ところが免許を取得したものの、当の原チャリはギア付き…
とにかくクラッチ操作に往生しておりました。
そんな時、バイク好きで中免持ちの級友が教えてくれる事になったんですけど、その級友が乗ってきたバイクがFでした。
で、何故か「俺のバイクで練習してみろ!」と級友が言い出して広大な駐車場の片隅でしごかれた事を思い出しました。
今思えばあれが初250cc…なんとも熱くて懐の深い友人でした。

そして、なぜか半クラッチがスムーズにできる様になってました。

No:4291 2016/04/13 21:34 | クマ社員 #- URL [ 編集 ]

どうも遅い書き込みで申し訳ない。
929の人です。
ホンダ系で仕事をしていたような勉強していたような微妙な感じの時、MVXの話が出たのを思い出しましたので、これはこき下ろされ・・・書き下ろされたときにお話ししましょう。80年代の本田はぶっ飛んでたって話です。
Rのほうがγ対抗のレプリカバイクになって、ガンマがアルミで出たから同形状のフレームをアルミで作ったというのが真相のようですね。
大体からして御大が2st大嫌いなので、2stに対抗するためにNRなんて作ってしまうような会社なので、ついでに言うと水冷も嫌いなようです。DDACとか・・・
NSは割と動機が真っ当なバイクだと聞いております。Rのほうが中の人たちには邪道らしいんですよね。剛性分布は鉄フレームに最適化されてるからF買った方がいいぞ!ってカムシャフト削ってたおじさん先生?が言っておりました。

929はECUが壊れてイギリスから取り寄せました。
セカイモン手数料と国際送料orz

No:4483 2016/07/23 15:24 | 929の人 #- URL [ 編集 ]

お暇がありましたら mvx250fをお願いします(笑)

No:4487 2016/08/07 23:00 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |