スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その160 Hi

増える


ハイ


無縁レベル:3





原    付

それは自由の象徴



16歳の少年少女に翼を与え

自転車よりも気軽な散策を可能とし

お手軽なコンビニへの移動装置となり






唯我独尊のおばちゃん達を
紙装甲の特攻兵器へ換える存在






普通自動車免許で乗れる50ccクラスの原付という乗り物は、
ことスクーターという存在は非常に間口が広く、
流行りだした'81~2年頃からそれ以降、いつを見てもわりとラインナップが充実しています。



さて、レプリカブーム真っ最中の'86年のこと。

とか薔薇とかよく分からんネーミングの多かったSUZUKIスクーターズに
新たなる仲間が加わりました。












01 Hi
Hi('86)


空冷2st単気筒49cc
最高出力 6.5馬力/6500rpm
最大トルク 0.72kgm/6000rpm
乾燥重量48kg



6馬力を超えるハイパワーなエンジン
50kgを切った恐るべき軽量さ
前後10インチ+リアの3インチ幅ホイール
クンッと上を向いたスポーティーなマフラー



スポーティーなハイパースクーター「ハイ」


ハイパワーでハイパフォーマンスなスポーツスクーターが降臨したのです。

スポーツスクーターと言いながらそのスタイルもまたハイクオリティ。

ハイヒップシェイプと称する軽量に跳ねたテール形状、
取って付けたように垂れたリアフェンダー
などを見ると、
どこか現在のSSライクな印象を受けます。
スクーターながら時代を先取りしすぎです。

さらにユーティリティー性だって捨てちゃいない。

リアキャリアの装備に加えて股間の下辺り--




yajirusi.jpg
荷掛フックを装備!
鞄を安定して足下に固定!!

なんというハイ・ユーティリティー!!!
まぁハイの前年ヤマハがボクスンでメットインやってますけど



01 Hi
カラーリングもハイセンスでビビッドな2トーンが映えます。


あらゆる面で「ハイ」なスクーター、降臨


さらに--








05 Hi Persons
TOKYOの原宿で有名なショップ「パーソンズ」

スクーターだってファッションだ!
若者をターゲットにしたファッショナブル&ハイセンスなスクーター

Hi・パーソンズ


















hi kona
ハワイ島、南西方向からたまに吹いてくる熱く湿った風
現地の人はこれを「Kona-Wind」と呼ぶ



そんなワイハーな雰囲気が
ストリートを吹き抜ける新たなる風となる
ハワイアンスタイルのセンシティヴなドリンクのイメージを纏う
Hi・コナウィンズ

















07 Hi walter Wolf
唸る45馬力のパラツインが
90馬力のスクエア・フォーが
ウォルター・ウルフがサーキットを統べる



そんなレーサーの、贅沢な高揚感を纏ったスクーター
Hi・ウォルターウルフ





ハイパー・ハイテンションな特別仕様を
3車種同時リリース!!




こ……このバブルなテンションよ…………


基本カラー4色に加えて、スポイラーとイメージカラーで武装した特別仕様車3車種。
計7色でのっけからデビューを飾る謎のスクーター「ハイ」


この時点でだいぶ腹一杯なんですが、
このテンションはまだ続きます。





翌年




08 Hi-R

アンチ・ノーズダイブFサス装備!
前後のタイヤはなんとハイグリップ!!
リアスポイラー標準装備!!!


圧倒的スポーツ性能のHi-R追加!







06 Hi Racing
サーキットを総ナメにする新たなる風!
SUZUKIワークスのブルーとホワイト!!


Hi・レーシングカラー











03 Hi mono
そのボディは白と黒のコントラストで表現される
くっきりと街に映える、引き締まったモノトーンのスクーター

Hi・Mono








04 Hi BBBlack
どんな街にもしっとりと溶け込む
渋さを体現できるのは、大人の特権である

Hi・BBブラック





カラバリ、3種追加。

中身は言うまでもなく単なるハイです。

BBブラックなんて単なる黒ハイだろって言いたいんですが、
コイツ価格が普通のハイより1万円高いので歴とした特別仕様ハイの一種なんですね。
リアスポイラーもついてないのに。





そんなこんなでやたら増えたハイ・ファミリー。
機能的に違うのはHi-Rだけという状況で----





翌年も増えます









09 Hi-UP

フロントフェンダー一体型のフラットフェイス
シート下メットインを採用した新たなる時代
UP志向の軽快モデル

Hi-UP




なんかもうこれアドレスでいいじゃん。
っていうかアドレスじゃん!!




もはや独特なハイヒップシェイプすら捨てたバリエーションが降臨。


外観がほぼアドレス。
アドレスの方がHi-UPより25000円高く、ガタイが若干良く足回りがちょっと豪華。

ようするにハイ・バリエーションというよりも廉価版アドレスみたいな立ち位置。


2年目にしてこの迷走。
早すぎます。
諸行無常ですスクーター業界。








そして来る'89年








10 Hi-UP-R
Hi-UP-R

Hi-Rの足回りに加えFディスクブレーキを装着し強化
Hi-UPほどではないにせよケツ下収納を確保


チャンバータイプを採用したマフラー
強化されたエンジンが叩き出す7馬力/7000rpm


史上最強のハイが、今ここに   







address tune[1]
ADDRESS TUNE(併売)


やっぱなんか廉価アドレスじゃないッスかァ!!!



いや、考え方によってはアドチューン並の性能が
2万円安で手に入るんだからおいしい話ではあるんですが、
史上最強のハイ・バリエーションが
やっぱりアドレスの廉価版という立ち位置がなんか納得しがたい。

これ、デザインがせめてハイヒップシェイプならよかったのかも知れませんが、
あのケツ形状だとどうしても収納スペース確保しづらいのでしょう。
DIOやらJOGやらの登場で
メットイン&Fフェンダー一体型デザインがスタンダード化してしまった頃だと思います。
時代に逆らえなかったのです。


ちなみにHi-UP-Rが出る頃にはノーマルHiは2トーンカラーをやめ、
セピア登場に伴い徐々にフェードアウト。

メットインがないHi-Rも消え、
他のハイパワースクーターが居ては存在意義が薄いHi-UP-Rが消え、

最後にしぶとく廉価スクーター枠で残ったHi-UPも'95年頃、役目を終えました。





登場当初のイメージバリエーションを続々追加した攻勢は何だったのか


レプリカブームによるバイク熱が、
妙な形でスクーター市場に飛び火したと思われる、
謎のスクーターの話でした。



2016/09/19 20:18 | 無縁レベル 3COMMENT(22)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

HiのW.Wolf仕様は格好良かったデス、チャンプRSと並んで憧れのスクーターでした。
が、メットインの便利さには勝てず候補から外れました。
アドレスチューンは多かったですがHiupRは少なかったな、まわりに1台しか居なかったくらい。
が、その1台がチャンバー、プーリー、ボアアップと一通り手を入れられていたのでアドレスチューンよりスパルタンな印象でした。

No:4524 2016/09/19 21:05 | dan #- URL [ 編集 ]

HI(ブラック&ピンク)を所有していました。
イメージキャラクターは明石家さんま師匠だったと記憶します。
『ハイーのハイハイ、ハイのハイのハイ!』だったかな~。
当時はバブル真っ盛りでしたね。

No:4525 2016/09/19 21:42 | 獣神乱丸 #- URL [ 編集 ]

HI-UP-Rを友達に借りて乗ってた事があります。よく走っておもろいスクーターですが…
HIと言えば出っ歯のあの芸人を思い出すやつはオッサン!

No:4526 2016/09/19 21:52 | おてつ #jiI63JAA URL [ 編集 ]

ハイはウイリーがやり易く状態よければアクセルだけで上がりました。膝擦り小僧にも大人気でしたね。アドレス系はもっさりしてて高校生には不人気でした。カウル切ってステップ着けたりトグロチャンバー着けたり懐かしいです。

No:4527 2016/09/19 22:16 | #- URL [ 編集 ]

記憶をたどると・・・

・・〽うまれたときから ちょうしいい!
はーいのはいのはいのはいのはいのはい!
はいのはいの、はいのはいの、はいのはいの・・・オイラ29歳!

No:4528 2016/09/19 23:13 | トモ #- URL [ 編集 ]

久々の更新!とてもわらわせていただきました
一枚目のピンクなんかさすがスズキってかんじですね

それはそうと9/17の石川のSSTRというイベントで天涯を見つけましたよ!!!
本物をこの目で見られるとは思いもしませんでした
オーナーの人みつけたかったなぁ…

あと私の愛車も取り上げてほしいかもです
そこまでマイナーではないとはおもいますが、250セローより実は前に出てるとこらへんに試作車感を感じます笑
まぁギア比編の250にトリッカー書かれてなかったので主は知らないかもしれませんが…笑

No:4529 2016/09/19 23:50 | かるぼん@トリッカーのり #- URL [ 編集 ]

シートの閉め方

シートを閉じて右に押してカチッとロック・・・をオーナーなのに知らない人が結構いたイメージ(HI-UP Rね)。知り合いだけで二人いたんですよ・・・。

No:4530 2016/09/20 14:59 | 九太郎 #- URL [ 編集 ]

はじめまして
いつも楽しく参拝しております。

レーサーの谷口選手がHiについて本日記事にしてました!
http://s.ameblo.jp/nob-taniguchi/entry-12201909295.html?timestamp=1474373498

モトチャンプにも掲載されるとの事なので楽しみです。

No:4532 2016/09/20 21:42 | 大葉 #- URL [ 編集 ]

時代を象徴するスズキらしさ満点のスクーターですね~
カラーリングの豊富さはさはりギャグを彷彿させます。
現代にない元気なスクーターの復活を願います。

No:4533 2016/09/21 08:52 | NZTRSS #- URL [ 編集 ]

ハイ・ウォルターウルフに見覚えがあるなぁなんて思ってたら実家近くの(ホンダの看板掲げた)バイク屋に置いてありましたwww
場違い感…

No:4534 2016/09/21 11:22 | 西風χ #- URL [ 編集 ]

あ、なつかしいですね。学生の頃に友人のHi-Rに乗ったことがありますょ。Rだけフロント周りが違うんですね?知らなかった!
ワタシのDJ-1Rもよく走りましたが、Hi-Rの軽いこと軽いこと。両手で持ち上がりますし・・・ではなくて、またがってアクセル一発でバク転しましたゴメン友人w

No:4535 2016/09/21 17:02 | 空我 #/itN8dhQ URL編集 ]

上で話題になっているCMソングは「サイテー男にご用心!」
youtubeに上がっています

それにしてもレベル3なのか、Hi
チャンプRSやDJ-1Rの対抗馬としてまあまあ売れてた印象がありました

No:4536 2016/09/21 18:49 | #vQ5Djgy. URL [ 編集 ]

スクーターにすらANDFの魔の手が…
この軽さでこのスペック…下手したら原付レプリカ勢を場所によっては食ってしまえる実力があったんじゃ…ってレベルのスペックですな

No:4538 2016/09/21 22:58 | 水冷ハスラー乗り #- URL [ 編集 ]

原付講習で乗ったのがコレだったです。

原付の筆記試験合格後、隣のコースで原付講習するというので
コースへ行くと、
リヤフェンダーが折れたパステルカラーのHiが居て
、アレっと思ってたら、「コレ、急にアクセル捻ると前が浮くよ。
ゆっくりアクセル操作して」との説明が。(笑

初心者にはもうちょい別のスクーター(タクトIVYとか)の
方が良いだろと思いながら乗ったような気がします。

No:4539 2016/09/21 23:12 | 九州急行 #mQop/nM. URL編集 ]

高校生の時、免許取ってHI-UP乗ってました。
シート下がメットが入らない小物入れだったんですよね。
この時ホンダかヤマハに乗ってれば今乗ってるバイクがスズキ以外になってた可能性が・・・・

No:4541 2016/09/24 00:23 | #- URL [ 編集 ]

自分がバイク乗り出した頃、Hi-UP-Rは「安くて軽くて速いバイク❗」というイメージでした。
乗ってた連中も実質本意のヤバイ連中が多かったなぁ。
みんな外装ボロボロだったしw

No:4542 2016/09/28 20:34 | まほぞお #- URL [ 編集 ]

コレ、そこまでマイナーでしょうかね。
その評価だと、コイツの先代の立ち位置はどうなっちゃうのカーナ?とか思っちまうんでスワニー。はい。

まあ、ストリートではあんまり見かけず、ミニバイクレースでは沢山いたような気がします。しかも、90年代中盤くらいまで戦闘力を維持してたようで、しぶとく戦っている姿を見かけたものです。

当時、目まぐるしい勢いでスクーターの性能と形状が変遷してゆく中にあっても、何かこいつがサーキットにいると、古臭いと感じる以前にタダモノでない感じがしました。この潔いデザインが、何か型落ちの競技専用車のように見えるんですね。RSとかTZとかみたいに。

で、H社後発のG〇〇〇〇なんてコレを潰すために開発されたんじゃないかと思うくらいキャラが似てて。いつかああいうのも成仏させてくれたらなぁと。

No:4544 2016/09/29 19:49 | リーザ #- URL [ 編集 ]

COBRAを検索してたらたどり着きました。時に爆笑しながら読んでます。HIは長男が乗ってました。しかもパーソンズ。納車した次の日、次男が試乗。アクセルあおってテールランプをバキバキに。写真を見て小学生時代の記憶が蘇りました。そんな自分の初バイクは赤の無印山賊400。来年の春に中華125でリターンしようかなぁと企んでます。

No:4552 2016/10/13 21:12 | べにのとん #- URL [ 編集 ]

思い出したました!
ありました!
WWガンマを持ってた人がWWHiを探してましたね(´∀`=)

No:4553 2016/10/15 09:36 | ノブシン #TIXpuh1. URL [ 編集 ]

原付スクーター

いったい誰に売ろうとしてたんでしょうね
おば様方には不人気なので、小僧に売るしかなかったんでしょうか

No:4561 2016/10/22 19:22 | skier #- URL [ 編集 ]

Hi-up R

Hi-up Rですが、アドレス系とはフレームが違ってて
ほとんどメットインスペースがありません。
おそらくG’とおなじ様な立ち位置だったんじゃ
ないでしょうか。

ところで5年前にモードGTを新車で買ったのですが
ご覧になります?(笑)

No:4614 2016/11/22 18:27 | Gemma #aTOMB.DM URL [ 編集 ]

喪主!
どうも!よっちんです!
ご無沙汰してまーす

Hi懐かしいですなぁ〜
丁度俺が高1の頃大ブレイクしてたスクーターでした

↑の方のコメントの通り
Hi-up Rはメットインスペースでは無く
VHSビデオテープが2〜3本程収納出来る
長方形のスペースしかありませんでした(笑)

またミーティングがあれば声掛けて下さいね♪😄

No:4771 2017/04/20 14:12 | よっちん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。