スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その163 DR250SH

おまたにやさしい、オフロード


DR250SH


無縁レベル:3






個人的に、どうしてもオフロード車は構えて乗ってしまいます。



股下が、短けェからよ。


そう。
オフ系はシート高が高い。


走破性を確保する大径フロントホイールのせいか、

はたまた潤沢なサスストロークのせいか、

シートは細いもののシート高が絶対的に高いので不安なんです。

250クラスなら車重が軽いのでまだなんとかなりますが、
DR800Sなんて乗らせてもらったときとか
実は基本的に心の中で泣きそうなんです。常に。


250クラスでもWR250なんかは
跨がったら股間から真っ二つにしてやるってくらいのシート高ですし、
海外オフなんてもう触れたら消し飛ぶくらいのシート高のがちらほら。







オフ車は、短足には厳しい。




でもね。


優しい子が


一人だけ居たんです。








Suzuki DR250S 90
DR250SH('90)



SUZUKIの油冷単発オフロードDR250S

開発・テストがアメリカなだけあってやたら気合いが入り、
当時クラス唯一の倒立フォークを採用した4stながらハードなオフロード。


の、バリエーションがSHです。




油冷4stOHC4バルブ単気筒249cc
最大出力 29馬力/8500rpm
最大トルク 2.5kgm/7000rpm
乾燥重量 118kg



4stにしてはなんとも頼りになる馬力数値。
車重はオフロードにしては若干重めってなとこでしょうか。


DR-Sのバリエーションなわけですが、
じゃあプレーンなSと何が違うのか?


SHの方にはSHCという機構が搭載されているのです。



Seat Height Control


そう。


車高調整機能付きバイク。






ど、どういうことなのか。




いやいや簡単な話で、
前後サスに油圧ジャッキが仕込んであって、
左ハンドルについてるダイヤルをいじれば
Hi/Loで車高の調整ができるのです。
Hi側だとシート高870mm
Lo側だと825mmってな感じで。



正直ね、このバイク知った時思いましたよ。



SUZUKI天才じゃねーかよ。って。


もうちょい掘り下げますと--

Lo側ってのは油圧ジャッキの油圧を抜いた状態です。
そしてHi側にジャッキをONにすると
すぐさまシート高が上がるというわけではありません。
そんなことをしたらモーターみたいな動力が必要か、
あるいはエンジンパワー使うために余計な機構を追加しなければなりません。

ジャッキの動力になにを使ってるかというと
走行中のサスのストロークを利用します。

走行中にサスが伸び縮みした、
伸びた瞬間を拾い集めてシート高を上げていくのです。


ポンピング量によりけりですが、
だいたい100mも走れば上がりきるそう。




いや、SUZUKI天才でしょうこれ。


ちなみに車重はプレーンのSに対してわずか1kg増。

フロントフォークは長さが50mm変化。
リアサスは17mm変化しますが、
リンクサスなのでホイール位置ではもうチョイ多い変化量になり、
結果としてシート高が45mm変化します。
オフ車のシート高で825mmっつったらだいぶ低め。
シート高の低さに定評のあるセローが810mmとかなんで、
セロー並みに安心して乗れるオフ車なわけです。

短足な私の考える安直な使用法だと、
信号待ちではシート高を落とし--ってな運用を考えるわけですが、

実際にはオンロードやガレ場では低く構え、
ハードなコースでは高くして--と言った
単なる足つきに限らない走行運用が可能なのです。



正直すごすぎてドン引きするレベルです。











しかし'95年のDR250Sモデルチェンジ(DOHC化)に伴い消滅。


なんと勿体ない……!!


いや、結局すごいっちゃすごいんですが、
最初のウチしか使わない装備だったのかも知れません。

あるじゃないですか。
ついてると嬉しいギミック。
嬉しいだけのやつ。

しかもなんかちょくちょくSHCが壊れてる個体もあるようで、
ひょっとしたら機構そのものの寿命が短いか、
修理するのが難儀な機構だったのかも知れません。

モデルチェンジの際、SHを廃したくせにローシート版が追加された辺りが、
妙にリアルで泣けます。

結局オフ車だからね……整備性、大事よね。







おまたにやさしい

画期的なオフ車

DR250SH



なんか最近新車で発掘されてるようなんで、
この際どなたか如何でしょう?

上下して満足しようぜ?


2016/12/24 22:30 | 無縁レベル 3COMMENT(14)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

最新のVスト250も素敵だから興味津々で読んでいたんですが短命でしたか。
面白そうなギミックなので一度目の前で上下するのを見てみたいですね。

No:4655 2016/12/24 23:11 | dan #- URL [ 編集 ]

元250S乗りです。
>実際にはオンロードやガレ場では低く構え、
>ハードなコースでは高くして-
まさにそのコンセプトでリリースされたのですが、そもそも「ハードなコース」だとXLRに勝てず、もちろん2stにも勝てず、ローシートが欲しい人はセローに流れて爆死しました。
もうちょっとS自体が国内向けに作ってくれてれば違ったんでしょうね。

ちな、ツーリングに行きたい奴はSX200に流れました。
「身内に殺される」がここでも発動されたワケです。

No:4657 2016/12/24 23:52 | イサカ #UzUN//t6 URL [ 編集 ]

まさかのプレゼント投下ありがとうございます。
SHありましたね〜。当時はてっきりSの廉価版かと
思ってました。KLX250にもESってのがありましたし。
しかしあの頃のスズキもいろいろやってますなー。
ジェベルにDRにTS…


あ!DF200ってのもいたわ(爆)

No:4658 2016/12/25 00:02 | JOTA #- URL [ 編集 ]

サスペンションの変化?

車高調整機構・・・当時は面白いなぁ、便利そう、って印象でした。実は一部クルマのリアサスにも同じ様な機構を持ったのがいます。ステーションワゴン等、リアに荷物を積む事が多いのに採用されてます。異なるのは任意に車高を調整できないこと。つまりは空荷だろうが、積載していようが、しばらく走ると、ほぼ一定の車高に自動的になっている、って感じです。・・・はい、スズキ車に採用されてました。小型ステーションワゴンのカルタスワゴン(厳密にはクレセントワゴンの後期型。ビックマイナーの時に名前が変わったので)今は、採用されていませんね。コストとか、オーバースペックとか、あったんでしょうけども、この手のショックアブソーバーはどうしても特性が不自然になってしまうそうです。どうも自然に縮まないらしいです。この後の250Rが自然な作動を理由に倒立を捨てて正立になったりしてますね。もしかしたら、その辺も影響してるかもしれんですね。

No:4659 2016/12/25 01:35 | トモ #- URL [ 編集 ]

SHにセルつけたSHEなんてのもありましたねぇ

DR250Sが大柄なのはEDレーサーDR350同時開発してたから仕方ないところがあります

倒立フォークは王者XLRに対抗するのに スズキさん何か華が欲しかったんじゃないでしょうか?

でもSHって サイドスタンドの角度に問題あったと思うんです
HI状態でスタンドの長さを合わせるとLO状態で車体が立ちすぎてしまうはずですよねぇ

No:4662 2016/12/25 08:42 | 天下無双アフリカツイン #ah9vLgDs URL [ 編集 ]

これ、出た当初に思ったのは女性ユーザーを意識してるなってこと。
実際、女性ライダーのインプレとか多数雑誌に載っていた記憶が・・・。

今年になって、Vスト250とかヴェルシス300・250とかGSとか
アドベンチャー系の小排気量車の発表が続いているけど、メーカーさんの
思惑は男性より女性に買ってほしいのでは。

No:4663 2016/12/25 09:16 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

こいつ油冷だったのか(笑)
しかもNZからそのままもってこずにOHCですか?
ちくしょー、スズキだぜ(笑)
シート高の調整については女性にはありがたい装備ですよね
あ、オフ車は男性もか(笑)
それにしてもイエローがイカしますね(^o^)
スペックも豪華でなかなか良いバイク。
このギミックは現行車にも応用できるはず。
今後のスズキに期待です

No:4666 2016/12/25 11:48 | NZTRSS #- URL [ 編集 ]

クリスマスプレゼントありがとうございます!

本当に装備が凄いなぁ
オフロードに対するスズキの意気込みが感じられます。というか倒立フォークと(おそらく)リア18インチのディスクブレーキが欲しいです‼私のRHに!

No:4667 2016/12/25 21:58 | ジャン #- URL [ 編集 ]

細かいですが、現行セローのシート高は2016年7月に"誤記修正"ということで810mmから830mmに訂正されています。
キュセロは810mmですね。
ヤマハさんは誤記と言っていますが確信犯なのでは?という気がします。シート高の低さを売りにしていた旧セローからのモデルチェンジなので、技術者側が出してきた830mmという数字に広報担当がビビって改ざんしたんでしょうか。

No:4679 2017/01/05 08:45 | い #- URL [ 編集 ]

最近の海外製アルプスローダー辺りにドヤ顔で装備されそうな機構ですね。
実際に使えれば理想的なんですがね。どうなんだろう?

No:4686 2017/01/10 23:55 | まほぞお #- URL [ 編集 ]

足つきに優しいデュアルパーパスって

XL ディグリーという短足に優しい(79cm)単車が出たっけ。
モーターショウでまたがったら足付いたよ

すでにSPADA(74cm)買っていたけど、ディグリーの前のAX-1(81cm)とは悩んだなぁ

No:4687 2017/01/12 00:17 | た #- URL [ 編集 ]

乗ってました

いやはや私のバイク歴をみているようなラインナップ、そろそろコンプリートしそうです、フェーザー、ディバージョン、VX800、ナイトホーク…まさかこいつに光をあててくださるとは、ありがとうございます。日本人体型オフ好きな私がこれに飛びついたのは言うまでもありません、ハイパワー低車高なんて、これかディグリーぐらいしかなかったですから。高速もへっちゃらの高回転高出力、オフもガンガン低車高のまま街乗りももちろん低車高、高にしたまま忘れると信号まちであわてるんですよね。ほとんどいじることなかったですやっぱり。ツーリングにはジェベルのほうがよかったし、街乗りもオフもジェベルの方が、合掌

No:4688 2017/01/12 21:36 | ハズ #- URL [ 編集 ]

DR「性能は悪くないはずなのに、なんで僕は影が薄いんだろう?」
DF250「黄色がマズいんじゃないか?俺みたいにスタイリッシュな色をだな…」
SX「無縁単車レベル5のお前に言われたくないと思うぞ」

No:4709 2017/01/29 19:15 | 温泉太郎 #- URL [ 編集 ]

しかも入力してから気付く…DFは250じゃなくて200でしたね(汗っ)

No:4710 2017/01/29 19:19 | 温泉太郎 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。