スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

その164 GS550M Katana

海の向こうの新しい古刀


GS550M katana


無縁レベル:3





酉年だからトリシティ!!


ってテンションで書こうと思ったら
思ったよりタイプが走らずボツストック1個増えただけでした。


ひとまず年明けに自分のバイクが思い描いた一つの到達点に至ったので、
それに関連するバイクの事を紹介しましょう。




カタナファミリー

非常に多いですね。





Suzuki GSX 1100S Katana
言わずと知れた長兄のGSX1100S
AMAスーパーバイク用の特殊サイズGSX1000S



Suzuki GSX 750SD Katana 81
日本国内規制向けのGSX750S



Suzuki GSX 250 S Katana 1991
10年越しに作ったよ!中型のGSX250SS



Suzuki GSX 400 S Katana 1992
さらに中型に投入GSX400S


まだありますね。



gs650g1.jpg
同じデザイナーによる別プランだけど
1100のカウルインパクトにかき消された感のあるGS650G

で、650G系の落ち着きつつ均整の取れたデザインを継承する



Suzuki GSX400E 82
GSX400E


Suzuki GSX 250 E 1982
GSX250E




Suzuki GS125E 82
末弟のGS125E









Suzuki-AY50A-Katana-id-420[1]
そして謎のスペインマッスィーンKatana50




有名なカタナはこんなところでしょうか。


いや、ラストのスクーターカタナはかなり特殊ですが、
その特殊さ故にマイナー車の世界では有名車の部類でしょう。
ん?私も何を書いているかは分からん。




で、カタナの中でとりわけマイナーだと思われるのが、
海外市場に生息する、サイッコーに燻し銀なカタナさんです。













Suzuki GS 550M Katana 82
GS550M Katana('81)

そう、550のカタナが居たのです。



空冷4stDOHC2バルブ並列4気筒549cc
最大出力 54馬力 / 9400rpm
最大トルク 4.4kgm / 8200rpm
乾燥重量 205kg



特段派手さを持たないスペック。

ただしその外観は--




gs650g1.jpg

Suzuki GS 550M Katana 82

紛う事なき650G



650Gの方は国内販売がありましたが、
550Mの方は恐らく正規の国内販売はなかったと思います。

550、と聞くと恐らく年配の方は旧車GS550を思い出すのではないでしょうか。
550Mも基本的にはGS550系と同様で、
多少馬力が上がっているものの諸元は非常に似通っています。

ざっくり言いますと、
手頃なパワー、そこそこ軽量、そんで安い。
そんなGS550に、
年式相応の操作性とカタナの目新しいデザインをおっかぶせた。

そんなモデルがこのGS550Mになります。

で、GS650Gと違ってなんでGS550Mなのかというと
コイツはシャフトドライブではなくてチェーンドライブなのです。



Gがシャフトドライブ。
Sがカタナ(というかハーフカウル)


で、カタナを裸にするとMになる。



しかもコイツだけなんですよね。
Mなの。

650Gは普通にシャフトアルファベットもらってその後にKatana
400やら250はキャストのEがついてその後にKatana


じゃあコイツもEでいいんじゃない?って思うんですが
何故かコイツだけはM。

正直謎です。



バイクとしてはどうなんでしょう。

先ほども書いたとおり、基本的にはGS550であり、
ホイールサイズもF19インチR17インチの650Gとは異なり、
GS550の流れを汲んだのかF19R18インチのホイールサイズ。

車重は650Gより乾燥で5kgだけ軽い205kg。

馬力だって54馬力。

60馬力オーバーを叩き出すバイクが出ていた頃に、
まるで一昔前のスペックで550Mを出したのです。


GPz550のようなスポーツ性も。
XZ550のような目新しいVツインの用法も。
CBX550Fのような16バルブも無い。


明らかにスペック的に一段劣る。


しかしその実績のあるエンジンとフレームに与えられたのは
キッチリと煮詰めた軽快な操作性
そして見ていて飽きない目新しいデザイン



最先端でなくとも良いバイク


派手目の外観になんとも渋い思想を持ったバイクです。


地味な評価はあったものの、
残念ながらその後の市場はハイスペック機がはびこる事態となり、
GSシリーズもGSXシリーズがメインストリームとなり、
GS550M自体はあまり長生きはしなかったようです。




管理人の憧れのバイクの話でした。


2017/01/26 20:59 | 無縁レベル 3COMMENT(16)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

毎度楽しみに読ませてもらってます。
これが憧れとは中々渋いですな。
ちなみにジムニーの輸出車もKatanaです。
スズキのナンバリング・ネーミングは昔から結構謎な部分がありますよねw
最近じゃGS=2バルブ GSX=4バルブだったはずが大分混ざってしまってますし。

No:4697 2017/01/22 22:36 | TaMaNeGi #- URL [ 編集 ]

ほんと、カタナは兄弟が多いですね~
しかし550にも居たとは(笑)
そしてカウルは無しと、いかにもスズキらしいやり口です(^o^)
わりとデザインは嫌いにはなれないところがミソ(笑)

No:4698 2017/01/23 12:31 | NZTRSS #- URL [ 編集 ]

返信

>TaMaNeGi さん
ほどよい排気量に絶妙なデザイン。まっこと好みです。
ジムニーもそうでしたねぇ……何故なのか……。
GS1200SSは4バルブですし、今はGSRもいますし、
今後もっとフリーダムになっていくんでしょうかね……。

>NZTRSSさん
カタナだらけです。
550は最高クラスにマイナーかと……
'80年代頭のデザインじゃないように思います。ハンスムートは未来に行き過ぎです。
ホイールベースが400カタナとほぼ変わらず、
タンクが23Lになってホイールも19インチだからかなり腰高に見えそうな気がします。

No:4699 2017/01/23 12:49 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

ファミリーはまだある

1100Eでもカタナ路線のがありましたよ。カタナネームではなかったのですが、タンクの形と斜めロゴは紛れもなくカタナ系列のやつです。ネイキッド版250,400と同じ路線です。もうほんとにシリーズ化が好きなんだから。
いっそ隼400、隼250、隼125も出せっての。

No:4701 2017/01/23 21:36 | すずきん1400 #- URL [ 編集 ]

刀兄弟!

兄弟の中に油冷GSX750Sがいませんw

友人の愛車なので、仲間に入れてあげて下さいw

バイク宿のオーナーが初めて見たと驚いていましたw

No:4702 2017/01/23 21:56 | YRCN #- URL [ 編集 ]

酉年なら……

酉ッカー!

も、あったのに。。。
ブロンコやXT-Xと併せて、セローの陰に隠れてしまった兄弟たちにも光を当ててあげてください。

カタナ関係ないハナシで御免なさい。。。

No:4704 2017/01/24 15:16 | ancient@R80 #- URL [ 編集 ]

中華の軽騎鈴木の

katana125ってのがあって、一度だけ輸入されてましたね。

No:4705 2017/01/26 06:07 | 九州急行 #- URL編集 ]

そもそも彼の地の免許制度の関係で、500-650は輸出仕様のドル箱的なクラス。
手元の資料によると(どんな資料だよ)1977年にGS550が空冷4気筒の2バルブで登場。
デザインは初代のGS750に酷似、というよりそのまま。
1979年まで小変更を行い、1981年にKATANAデザインのGS650Gが登場という流れ。
550Mの他に500Mってのも存在したらしい(未見)。
650Gも550Mもすごいのはタンク容量・・・。
なんたって23L。今じゃアドベンでもなかなか無い大きさ。
まーっ、1100Sも22Lあるんだから、タイヤの太さよりタンクの巨大さで
アピールしてた時代。
実際、横に並ばれるとそれだけで圧倒的な存在感がありました。

No:4707 2017/01/27 22:59 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

酉年だからトリシティ!といえばモーターショー2013の三輪車男くらいしか印象にないですがこのカタナはなかなか・・・
なんていうか今時出したらうけるんでしょうねこの手のバイクは

No:4711 2017/01/31 19:36 | #- URL [ 編集 ]

ムート系デザインを縦スクロールすると、それぞれ個性があって感慨深いです。
650Gってシャフトドライブだったのか。。。。
こうしてみると550Mが排気量的にもスタンダードな感じに見えますね。対して650Gはラグジュアリー。650LXのネーミングでも良かった気がします。
あ、現行車にあるな、ソレw

No:4713 2017/02/02 21:12 | まほぞお #- URL [ 編集 ]

管理人様は、シャフトドライブはお嫌いですか?
タマ数も含めて、単純に650Gでも良いように思いましたが・・・
メリット:汚れない&メンテフリー > デメリット:取り回しが若干重い&二次減速比が変えられない
シャフトもなかなかいいですよ(笑)

No:4718 2017/02/06 20:22 | えだお #OHCp5Wxw URL [ 編集 ]

ジムニー輸出仕様はSAMURAIでは?
ついでに隼125は雀ですかねw

GS550にはGモデル、つまりシャフトドライブ仕様も有ったと記憶してます。
自分は限定解除した直後にGS650G後期型(キャストデザイン変更+ビキニカウル装着)の
極上中古をコミコミ30万で買いましたw
懐かしのアニメ、メガゾーン23で主人公が乗ってて印象的で、
限定解除したらまずこれに乗ろうと思ってたんですよ。
それから約三十年後の今はBMW1150GSADVに乗ってますw
カタナ系デザインから離れられないようで……(笑)

No:4719 2017/02/07 12:52 | 省吾 #mQop/nM. URL [ 編集 ]

返信

>すずきん1400さん
GSX-E系が片端から650G系になりましたもんねぇ……
そして北米ではまさかのアレがカタナに。

>YRCNさん
はっははぼくそんなのしらないかな!
----まぁ待っているがよいさ……

>ancient@R80さん
トリッカー、なんかどうも所属してた学校でちょくちょく見てたせいで
マイナーってイメージがないのですよね……
リスト入れておきましょうか。

>九州急行さん
先日その話が出ましたのう……
多分メーターまで模してるアレのことですよね。

>GAMERAさん
650Gのタンクやたら迫力ありますよね。
1100みたいな長さみたいなのをあまり感じさせない
ひたすらに迫力のあるでかさ。
しかし500か……まったく750以下は最高ですぜ!!

>>なんていうか今時出したらうけるんでしょうねこの手のバイクは
デザインの整った手頃なサイズのネイキッド。
最高ですもの……

>まほぞおさん
ツイッターの方にネタを投じましたが、
650系列にはGLのシャフトジャメリカンバリエーションもありました……
デザインはGS系。

>えだおさん
嫌いというわけではないんですが縁がないですね……
メンテフリーというのも、父がギアオイルをちょくちょく交換してるのを見てたので
あまりメンテフリーなイメージが定着しておりませぬ。

>省吾さん
550Gありますね。何故650はカタナデザインでGだったのか……
6本スポークの3型ですね。
ツイッターの方でもメガゾーンでの愛車ってことで
愛着持って乗られてる方とやりとりすることがあります。
カタナデザインは最高や……!!!

No:4722 2017/02/12 17:21 | Chaos-T #- URL [ 編集 ]

アクロスの兄貴GSXF600/750/1000も北米ではKatanaの名前で売られてたのでカタナファミリー…?

スポーツツアラーという意味では50よりはまだましとはいえどうしてもお前はカタナじゃない感が抜けないですね

No:4733 2017/03/03 06:11 | はと。 #- URL [ 編集 ]

見れば見るほど気になりだしてしまう
中古市場で出てきてましたが、中々の値が付いてますね

No:4753 2017/03/30 21:09 | もちもち #- URL [ 編集 ]

今月のMr.bike BGに記事が出てましたね!!
ここの読者の誰かが買うのかしら? (笑)

No:4794 2017/05/16 20:42 | えだお #OHCp5Wxw URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。