その166 GSX-F Katana

北米を走るカッターナ


GSX-600/750F


無縁レベル:3






前回、550Mの紹介ついでにカタナファミリーを片端から羅列していきました--が、




あれ!?
一部に有名なあのカタナは!?



って方もいらっしゃったと思います。


スクーターカタナまで並べておいてなんですが、
あのカタナはあの場に並べては俺が許さなおいしくないと思い、
マイナーカタナ2部構成で行こうと思った次第。


というわけでちょっと間が空きましたがマイナーカタナ第2部。







GSX-Fシリーズ

SUZUKIのメインストリームを構成するGSXシリーズの中で、
比較的ツアラー寄りの役割を与えられているモノ達です。
(例外的にインパルス系のGSX400F{Four?}がありますが)


'80年代半ば頃から存在するシリーズで、
国内販売されたところでは非業のトランクとかマッシブローギアードとか、
海外見ると電スク油マンとかそんなのがいるわけです。


日本国内ではレプリカブームが始まってしまった流れからか、
ゆるいスタイルに見えるFシリーズってあまりウケなかったんですが、
海外では実用性(ポジション的・風防的)の面で評価が固かったためか
割と支持を得てモデルチェンジを繰り返しながら長年生き残ったモデルが居ます。



ところで話は変わりますがカタナってなんなんでしょうね?

あの鋭いフロントカウルこそがカタナ!って方も居ます。
フロントカウルとタンクの一体感!カタナ!!って方も。
カタナと言えば空冷大型派とか
丹色のキャリパーが俺を呼んでいる派とか
そう言った過激派もいるでしょう。


性能的な面で言えばどうでしょうか。
当時最新、最高峰のバイクだったわけですが、
その乗り味はそれまでの日本車にあった普遍性から大きく離れたとされます。

それまでスタンダードだった、どこだろうと気軽にまんべんなく使えるではなく、
高速へのスタビリティ、というより直進性に特化した、
日本で作るドイツ車と言った評価も受ける
州間道路を征けるヨーロピアンなバイクのようです。

狭い日本で使うには鷹揚すぎるだろうその乗り味が
デザインと共にライダー達をノックアウトしてヒットしたわけですが--


とかく、性能で言えばメガスポとか、高速ツアラーとか、
そういうジャンルに属するものなのかも知れません。























Suzuki GSX600F 01 1
だからこんなカタチになっても、
コイツはカタナと呼べるのでしょう。







Suzuki GSX600F 01 1
GSX-600F('98)


油冷4stDOHC4バルブ4気筒600cc
最大出力 80馬力/10500rpm
最大トルク 5.6kgm/9500rpm
乾燥重量 200kg



輸出車のためスペックは仕向地によって異なるようです。
ついでにサイドに書いてあるKATANAの文字も
場所によってはGSX-Fとなる模様。
北米向けはKATANAの名前で通っております。

そう。


1100f kiji
1100Fの記事でも書きましたが、
GSX-Fの大型クラスってカタナ扱いなんですよね。北米で。
日本のカタナ事情になれた私なんかは違和感を感じずにはいられません。



SUZUKI GSX 600 F 88 1
ちなみに600Fの源流は'88年に登場した油冷4発のコイツです。

当時をときめくGSXR750の油冷エンジンをスケールダウンし搭載。
エアロシェイプのフルカバードボディで油冷の熱はシャットアウト。
手頃なサイズ、手頃なパワー、手ごろな価格楽なポジション。
そんで多少の風防設計。海外ではそこそこに受け入れられます。
登場以来兄貴分の750Fと共に、
渋く実用的な立ち回りでラインナップし続けておりました。


そんでハヤブサ登場を控える'98年のこと。





Suzuki GSX600F 01 1
まるで空力ボディの前哨戦と言わんばかりに、
それはもうにゅるんにゅるんの曲面を纏い登場しました。

カタナのエッジ感なんてものは微塵もありません。
そこにあるのはより洗練された空力カバードカウル。
性能のため、ツアラーとして成長し続けた故に至った境地です。

いいんです。
コイツはあくまでカタナのツアラーキャラの後継者なので(多分)


オリジナルカタナがもたらしたケルンの衝撃みたいなデザイン面のインパクト
質実剛健なコイツには求められちゃあいないのです。
空気と戦うために生まれた曲面こそがコイツのアイデンティティなのでs----















Suzuki GSX 600 F Katana 97














Suzuki GSX 600 F Katana 97ss[1]






















GSX600F_wallpaper_800.jpg
なんだそのツラァ!!?!
そんなとこでインパクト示さなくていいよ!!
ケルンの衝撃どころじゃないよ!
ヘッドライトだけでイエローストーンがボルケーノだよ!!!!




TL-Sの頬を削いでキュッと幅狭めてちょっと精悍にしたら
やっぱ駄目だったみたいなツラしやがって……!!


そういやTL-Rと同じ時期か。
なんでこんなおもしろフェイスばかり量産するんだSUZUKI……!!!






結果的にGSX-600/750F兄弟は2007年頃まで売られておりました。

21世紀になってからはさすがに軽量とは言いづらい車体でしたが、
なんだかんだ言って水冷冷却系がなくメンテの手間が多少省け、
その上で信頼性の高いエンジンは買われており、
最新ではないが設計も古すぎず、
使う分には十分使えるバイクという評価を受けていたようです。

若干ニッチ寄りな評価を受けてるような文章があったような--気のせいか。



ちなみに日本ではカタナという名称の割に曲面の強いフォルムで
やたらネタにされる傾構があるようです。

個人的にはGSX-Fの最適排気量感があって大好きです。
ツラ見れば一発で分かるし。






名前と姿のギャップに惑う良機
KATANA600



案外、見かけたら買いかも知れません。




2017/05/03 19:00 | 無縁レベル 3COMMENT(16)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

このカタナを見てからずーっと
「何かに似てる」
と思ってたんですが、ようやく判明しました。

喪主様、「学校のコワイうわさ 花子さんが来た!」ってご存知でしょうか。
当時小学生にもなっていなかった頃、いつの間にか家にあったホラー(今思えばビックリ?)ゲームなんですがね。


「テケテケ」ってのにそっくりなんです。

No:4778 2017/05/03 19:28 | moundain #- URL [ 編集 ]

このGSX-F系のデザイナーって
カワサキも掛け持ちしてたんじゃないの?
って思えるくらい、川重臭く感じる意匠ですね…
カタナって付いてるんだから、あとは説明いらんやろ?
とでも言いたげなスタンスもニンジャ川重に似てますよねw

No:4779 2017/05/03 23:06 | JOTA #iI1NUufw URL [ 編集 ]

真っ正面のライトの画像、上下逆さまにすると
困り顔に見えて可愛いですね

No:4780 2017/05/03 23:15 | #- URL [ 編集 ]

宇宙刑事・・・?

88年のGSX600Fの青白黒のカラーリングがすごい強烈です。
なのに最近のハヤブサのカラーは戦隊物のような原色カラーのひどいのばっか。一体どうしちゃったのでしょうか。

No:4781 2017/05/04 00:20 | すずきん1400 #- URL [ 編集 ]

新世紀が始まった頃、会社の独身寮にこいつがいました。
いつもカバーがかけられていて、車種がいまいちわからない状態でしたが、やたら尖った尻が強烈な存在感を主張していてなぜか気になる存在でありました。
誰のバイクかも判らないまま転勤時期を迎え、歓送迎会と引っ越しでごった返すなか、とある先輩から「俺のカタナ運んでくれない?」とにわかに陸送の依頼が舞い込んで来ました。
そもそもその先輩がバイクに乗っていたのも初耳でしたし、まさかファイナル?そんなもの陸送できん…などと困惑しながら約束の日時に出向いたらそこにあったのは寮でよく見た鈍色のバイクでした。
そういえばこれもカタナだったと思い出し、逆刃刀で峰打ちにあった面持ちで陸送の依頼を引き受けました。
桜舞い散る中走らせてみると見た目のインパクトとは裏腹に従順で素直な操縦性で、なるほどこれが油冷かと目的地に着く頃には見た目以外はすっかり気に入ってしまいました。
ちょうど12Rの乗りこなしに悩んでいた頃でもあって、先輩にありのまま感謝の言葉を述べたところ、先輩から

「そういえば買って二年になるから来年は車検だな…」

ぎりぎり切れてはいませんでしたが脂汗が吹き出ました。

No:4782 2017/05/04 01:57 | SIG #- URL [ 編集 ]

こいつは少し前に生産終了したGSR250Fのようにヌメッとしたスタイルのカウルですねぇ
いかにもスズキらしいスタイリングです。
しかも油冷ってらへんがマニア受け必至です(笑)

そして私事

GSX-R750Hを維持の問題より手放し、
EN125-2Aを下取りドナドナし、

ストリートマジックⅡ110 TR110SDW
増車しました。
排ガス規制に真っ向から対立する2ストです。

No:4783 2017/05/04 08:15 | NZTRSS #- URL [ 編集 ]

喪主様 はじめまして
YZF600R の検索からこちらに辿り着きました。
各車の系譜、背景など独特の語り口で大笑いでスルスルと読み進めましたw
さて、こちらに書いていいものか判らないので恐縮ですがいつの日か我が愛機 RF400編をお願いできないでしょうか?可能な時にでもお願いします。
これから全編読んでいきます、では

No:4784 2017/05/04 10:14 | ANちゃん #- URL [ 編集 ]

Fタイプって割と好きなんだけど、こいつだけは衝撃的でした。
某人気JKバイク漫画&アニメにも出てましたが、なんたってフェィスが
ギャグの天才漫画家さんのお巡りさんキャラにそっくり。

喪主様が載せているイエロー以外にディープな濃赤(エンジ?)があったり
メーター周りは明らかにRFからの流用だったり、
ともかくネタにつきないバイク。
でも、乗ると楽そう・・・。

No:4785 2017/05/04 14:23 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

キター!

目玉つながりさんですね。友人が乗っており、見慣れたバイクではありますがコレをカッコいいと言う、真正スズ菌感染者の友人のセンスは理出来ませんw

No:4786 2017/05/04 17:57 | yrcn #- URL [ 編集 ]

ようやく来ましたね!
仮面ライダードラゴンナイトの愛車ですね~
油冷というのも個人的にポイント高くて好きな一台であります

No:4787 2017/05/04 18:02 | アポストル #- URL [ 編集 ]

いや~、相変わらず引きと間の取り方が上手い!

No:4790 2017/05/06 09:00 | #- URL [ 編集 ]

88年前後って、フルカバードの流行り年だったんですかね?(db1の影響?)

自分はCBR400のエアロが好きでした。
ミラーステーがイカしてるんですよ!
白青の程度がいいのが有れば買っちゃうかも(笑)

No:4791 2017/05/08 19:41 | えだお #OHCp5Wxw URL [ 編集 ]

私もあなたの作品のひとつです

・・・・・と言いたくなる、大物登場ですね!

名前といい、スタイリングといい、話題の多いバイクですが、私的にはフレームに興味があります。

RFのようなスチールボックス型とGSFやバンディットのようなサイドダブルクレードル型の中間で、エンジン横にはサブフレーム的な支えもあります。
シート付近の横剛性不足なのか、下側のシートフレームがやたらゴツいのも気になります。
結構しなやかなフレームなのではと妄想していますが、ミドルクラスのバワーだと十分なのかもしれませんね。

欲しくはないけど、乗ってみたいw

No:4792 2017/05/08 23:49 | まほぞお #- URL [ 編集 ]

幻のカタナ!見つけた!

お久しぶりです、管理人さん。
こうしてコメントしたかったのですが、なかなかコメントまで絡める要素がある(私が知っている要素があるかどうか)無縁単車がラインナップされなかったので。

僕も前回のカタナファミリーの中に、
「この人」が入ってなかったのを不審?に思っておりました。
やっぱりそんな理由でしたのね。

サンダーキャットしかり
ZZR600しかり
こちらの無縁単車墓地群で再三語られているように、どうしても日本では免許制度のためか無縁単車になってしまうものですね。

それにしてもあなた方は、ほんっ当ーに、まごう方なき無縁単車であらせられますねっ!

走っている実車見た事ネーーよ!

と思っていたら、
先日カタナ600見ちゃいました!
サンダーキャットを見つけた時もそうでしたが念じたら出会えるモノですね。(笑)
しかもサンダーキャットはバイク屋さんの店頭でしたから走ってはおらず。
カタナ600は走っていましたよ。
軽自動車で反対車線でしたからどうにもなりませんでしたが、バイクに乗っていたら間違い無く追いかけております。(笑)

乗ってみたいデスね。

No:4799 2017/05/30 23:42 | yasumi44 #SRN2DdSs URL [ 編集 ]

KATANA600の顔

何かに似てると思ったら、ぷよぷよでした。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%B7%E3%82%88%E3%81%B7%E3%82%88&safe=off&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwji7MLTn9vWAhUEV7wKHRFOASUQ_AUICygC&biw=1753&bih=932

No:4899 2017/10/06 14:20 | hondells #ssuOTmgk URL [ 編集 ]

北米在住です。このカタナ、アメリカでも超不人気車で、600cc4気筒車の中では1番価格が低いバイクです。
アメリカでは動く状態でも大体6万円くらいで購入できます。
600ccの割りには大柄な車体で、窮屈さは感じませんでした。(当方178cm100kg) それでもいかんせんデザインがねえ。。。 気持ち悪い顔に締まりのない狐の尻尾のようなテールランプ、しかも黄色! おまけにレッドゾーンも割と低いので、これといって長所を見つけることができません。私はこのバイクで人生初の駐車ごけ(傾斜した路面に駐車して倒した)をしてしまい、エンジンカバーにクラックが入って結局$400で売り払ってしまいました。

No:4912 2017/10/17 02:18 | hiro #1TlzORhQ URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |