その170 パシフィック・コースト

アーバンタッパー


PACIFIC COAST



無縁レベル:3






機械感

それは男心をくすぐる言い知れない感覚


鋳造で
切削で
締結で
溶接で

金属が奏でる工学の旋律



スケルトンボディ腕時計のムーブメントに思いをはせる男から
ガンダムの膝の裏でエレクトできるド変態まで
男は大概機械が大好きなのです。




ことバイクという乗り物は、
有機的曲面万々歳の近代的プロダクトの中にあっては
丸出しのエンジン、駆動系などによって未だ機械感を強く残している存在です。

それはいつの時代の市場を見ても、概ね変わらないのではないでしょうか。






















Honda PC 800 89
PACIFIC COAST ~PC800~('90)


機械感を排せば、
新しい世界が見えるというもの!!!


行き過ぎてる気はするが。




'90年という早いタイミングでこんな有機的なバイクを出してくるとはさすがHONDAです。
その外観、特にケツ周りはなんとなく面取りしたフュージョンに見えます。
っていうかこのフルカバードっぷり、
カウル外すの大変そう…………

多少古いディティールではあるものの、
この曲面的なデザインは珍車の風格十分なんとも未来感溢れる雰囲気です。





水冷4stOHC3バルブV型2気筒800cc
最大出力 56馬力/6500rpm
最大トルク 6.7kgm/5500rpm
乾燥重量 265kg
タイヤサイズ F120/80-17 R140/80-15



HONDAアメリカンお得意の3バルブの水冷Vツイン
ツインプラグで自動調整のカムチェーンテンショナーを装備、
さらにはタペットクリアランスは油圧の自動調整式。
駆動系もシャフトドライブを採用でメンテフリーに振っていることがうかがえます。

フルカバードボディなんで整備性悪いですもんね。


とはいえ右ステップのところのカバーは工具なしで開き
エンジンオイルの注入口にアクセス可能。
トランクの右側にはバッテリーが設置されており、
左側は燃料ポンプやら電装やらが収納。
ボディ下はカバーされておらずドレンボルトを緩めるくらいワケないので
基本的なメンテナンス性は十分に考慮されています。


そう。トランク。





P1780089[1]
ケツの部分はこんな感じでトランクになっています。

スクーターみたいな低重心な割にリア15インチとそこそこ大きなタイヤを履いているので、
タイヤハウスがトランクルームを左右に分断してしまっています。
ところがそれでもメットを2つ並んで入れられる容量を確保。
ツーリングでお土産買ってくる程度なら全く困らないでしょう。

その容量確保設計がケツを左右に張らせる結果となり
特徴的な外見に仕上がっているわけです。



フロントからサイド・テールに至るまで有機的で隙間なきデザイン。



Honda PC 800 89s
ブレーキディスクに至るまでカバーをかけて隠してしまうこの徹底っぷり。

ちなみに昔HONDAで
鋳鉄ディスクをカバーしてしまうインボードディスクってのがありましたが、
コイツはそんな凝ったモンではなくダブルディスクを隠してるだけです。

その隠してるだけという執念が恐ろしい。
究極の隠蔽体質マシンです。





ちなみにこのフルカバードボディが海外某サイトで
「タッパーみてぇだな」
と言われてて笑いました。





エンジン特性はアメリカン的でトルクによって走るタイプ。
Vツインチックな鼓動感を残しつつスムーズに回るエンジンですが、
レッドゾーンは7500rpmに設定されております。

そもそもエンジンもラバーマウントなので、
低速でのんびりクルージングってな運用が似合っているのでしょう。

まぁ排気量の割に少々車重があるのが気になりますが、
1550mmもあるロングホイールベースでこの車重
そして大仰なフェアリング高速クルージングも楽々こなせそうです。










と思ってました。







実はコイツ、意外とローギアードなんです。





pc800 speed

というわけでチラッと作ってみました回転数-速度表
レッドゾーン7500rpmまで、馬力ピークは6500rpmです。


5速4000rpmでだいたい100km/h出せるギア比となっており、
高速に乗るとちょっと回し気味で走ることになります。

ちなみに似たようなエンジン積んでるシャドウ750なんかは
3000rpmチョイで100km/hの設定。

車重が膨らんだせいなのか意外とローギアード設定で、
6速オーバートップが欲しくなるなどと言われることがあるようです。


なお標準のスクリーンは
若干長さが足りないため風が顔面に当たる仕様。




そして低重心化のためにシート下に納めたガソリンタンクの容量16L。




あれ?20Lない……?


その車重、図体の割に400ネイキッドみたいな容量のガソリンタンクなんです。

とはいえエンジンは比較的燃費に優れるHONDAのVツイン。
街乗りでもリッター20kmを割ることはない高性能なエンジンですが、
走行距離が200kmを超えた辺りからスタンドの所在が気になり始める模様。


ついでと言っちゃなんですが、
オルタネーターの発電容量もあまり余裕があるわけではなく、
電装アクセサリーをガンガン付けたりは難しいそうです。






うーん……外観がフルパッケージツアラーの割に、
あまりフルパッケージじゃないなぁ…………






しかしその外観にとらわれず別の視点から見てみますと……

名前のPacific Coastというのは直訳すると太平洋海岸
ターゲットの市場は北米市場という話ですので、
コイツはきっとロサンゼルスの海岸通りを普段着で流すような、
そんなアーバンクルーザー的な運用が似合うのでしょう。

気が向いたらフラッと出かけて買い物もしてこれる。

車重はある気がしますが、
そんな気軽な感じのバイクなのかも。

都市近郊型運用。
割とはまるかも知れません。























アーバンタッパー、か…………



2017/09/30 19:11 | 無縁レベル 3COMMENT(20)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

これは…

ホンダ製便器…。
タッパーと呼んでしまう感性がステキ。

No:4886 2017/09/30 19:38 | うどん #wb1Dxy.6 URL [ 編集 ]

いつも楽しく拝見しております。

アーバンタッパーで笑わさせて頂きました!

現在BMWのR1100RTに乗っておりますが、PC800やドゥービルは重さに負けそうな時に気になるモデルなので、大手量販店に置いてある際は隈無く見て回ります。

No:4887 2017/09/30 19:46 | bazuyasu #- URL [ 編集 ]

ホンダでGL以外でツアラーだとST1100とかどうなんでしょうね、今のバイクにするときにツアラーが欲しかったので選択肢にあったのをおぼえてます

No:4888 2017/09/30 20:33 | アカブサ #- URL [ 編集 ]

ホンダって意外とこういう近未来コンセプトみたいなのをちょくちょく出してきますよね。
まぁ、乗りたいかって聞かれれば、?ですが(笑)

No:4889 2017/10/01 08:12 | NZTRSS #- URL [ 編集 ]

フルカバードツアラーなのにローギアードだわスクリーン短いわタンクそんな大きくないわでいろんなところが微妙に足りませんね…
これの後継的な立ち位置がNM-4-02になるんでしょうかね?
アレも走ってるのほぼ見たことないし、見た目的にも珍車の風格を感じます…

No:4890 2017/10/01 12:31 | #- URL [ 編集 ]

NM-4はDCTだし燃費いいしサイバー感たっぷりで映画でも使われるくらいのデザインだから(震え声)

…言い訳ポイントがやたらあるあたり、本当にそうなのかもしれませんねえ……見た目は気に入ってるんですが。

No:4891 2017/10/01 15:49 | moundain #- URL [ 編集 ]

リアのトランクは、つまりリアに荷物を括り付けることが出来ないという意味で、現在のNCシリーズ(シート下に給油口)まで受け継がれる伝統でしょうか。
実物が走っている姿を何度か見たことがありますが、ブィーンと加速する様は、USAカリフォルニアサンタモニカあたりをパツキンの水着オネーちゃんを後ろにのせて、グラサンに白い歯を見せたマッチョなヤングがピーチを移動する様。
ただ、悲しいことに製造国のユーザーは加齢臭をまきちらすオッさん限定だったような・・・。

No:4892 2017/10/01 20:10 | GAMERA #GxAO5jdM URL [ 編集 ]

中途半端なツアラー性能も通勤用と割りきれば、
なかなか良いでしょうね。

昔、こいつにスーツの裾からビジネスソックスと
生っ白いふくらはぎを見せつけながら華麗にライドする
オッサンが眩しく見えました。

ただ「アーバンタッパー」を名乗るには収納がイマイチ。
やっぱタンクメットインは必須装備ですよね!

No:4893 2017/10/02 07:28 | まほぞお #- URL [ 編集 ]

なんだこいつはw
なんか、気持ち悪い
もしもスズキの製品ならば
好きになっていたのかもしれない...

記事と全く違いますが
この度、普通自動二輪免許を取得しました!
そして、もうじき愛車が納車します!
車種はFZ250ファーザーです‼︎
もしよかったか新潟県まで乗りに来てください

No:4895 2017/10/03 20:15 | SUZUKIの薔薇大好き #- URL [ 編集 ]

あ、フェをファにしちゃった...

No:4896 2017/10/03 20:16 | #- URL [ 編集 ]

アラフィフの問わず語りですみません

その昔はバブル崩壊後に上映された、ミッキー”猫パンチ”ローク氏とドン”レプリカのフェラーリ乗り刑事”ジョンソン氏が共演した迷?米映画がありまして、当時たしか愛車を持ち込んだというそのハーレーのカスタム具合と彼のファッションが大いに話題、極東の某国では某ライスバーナー(本場ではそんなの言ってない説あり)400cc未満でもソレ風に仕上げるのが以下略、・・・なことよりその劇中で今回のPC800のポリス仕様!がエンジンと青灯ブン回しながらドンジョンソン(こちらはアッサリ風味仕様)を追っかけまわすシーンがありまして、めっちゃカッコよかったんですわ。。。

No:4900 2017/10/06 17:16 | kusobukuro #7yEkbL0Q URL編集 ]

欲しかったです!

  PC800、職場の先輩が乗っています。先日もツーリングにいらしてましたが、とにかく便利!荷物は入るしポジションゆったり、燃費もいいし、特に後部のトランクはなんと豪華電磁ロック機能付き!ツーリングには最適だと思います。
 因みにこの電磁ロックが徒となり、間違ってキーをトランクに閉じ込むと(件の先輩がやらかしました)・・・#8139、所謂JAFか鍵屋さんを呼ばないとそう簡単には解錠出来ず途方に暮れる事になるのは秘密です(笑)
 という訳でスペアキーは絶対に持っていないとエライ事になります。
 自分も購入を真剣に検討したのですが、もうスペアパーツが殆どなく(特に外装)一端転んだ途端に廃車決定になりそうだったので泣く泣く諦めました・・・今でもホンダが部品を再生産してくれるなら欲しいですね。

No:4901 2017/10/06 19:21 | SIBU #- URL [ 編集 ]

映画でみたなあ・・・

タイトルは忘れましたがこいつで夜の都市でチェイスする映画がありましたね。ターミネーター2だったか?
こいつは安価版ゴールドウイングというとこでしょうか。現行ではダイエットしてドゥービルですがPCの無駄にデカいのは嫌いではありません。

No:4902 2017/10/06 20:22 | すずきん1400 #- URL [ 編集 ]

ホンダHPに

ホンダホームページのライダーズボイスにこのバイクのオーナーがDN-01とパシフィックコーストを並べたツーショット写真を載せていたのですが、ボディカラーが白で御揃いのせいか意外とお似合いの2台って感じになってるんですよね、特に斜め前から見たミラーウインカーの感じとか……

No:4903 2017/10/06 22:52 | ひぃや #- URL編集 ]

割とヒットしてるNC系列がその他扱いで、V型エンジン搭載という共通点でVT系、VF系と共に並べられたあげく、1台しか存在しないのにDN系、PC系と「あんたら一台で『系』なのか」と突っ込みたくなる謎の分けられ方が気になるw

No:4904 2017/10/06 23:07 | ひぃや #- URL編集 ]

URLにのせたライダーズボイス、今は使われていないページみたいです。ホンダは90年代のプレスリリースとかも消さずに残しているのでHP探検が地味に楽しいです。このライダーズボイスも覗いてみると「PC800ミーティング」や「NR新車購入」など中々興味深い物が出てきましたw
今はもう忘れかけられていますがDN-01も当時は鮮烈なデビューで注目車種だったので投稿も多いです、ホンダもバリエーションを増やすつもりでDN系としたのでしょう。で、おそらくVツイン搭載の超個性派デザインで思い出したのか今までも、そしてこれからも一生孤高の存在であろうこのバイクを「PC系」と称し代表車種の例にも挙げず、あの枠にぶちこんだのでしょう……なんかDN-01も20年後位に同じ扱いされそう?
長文&連投大変失礼いたしました……

No:4905 2017/10/07 00:14 | ひぃや #- URL [ 編集 ]

本当の最後にもう一点だけ
リンク先の公式サイトにある「DN-01の歴史」という文字をクリックしてみて下さい。自分は思わず目を覆いたくなりました……
車名の意味も考えると供養せずにはいられなくなります。

No:4906 2017/10/07 00:59 | ひぃや #- URL編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:4907 2017/10/07 20:20 | # [ 編集 ]

此奴は・・・、単車の雑誌を読み始めたばかりの頃の思い出にはありますが、当時の朧げな記憶を辿ると、
普段膝擦りしながらインプレするようなライターが、無理やりなコーナリング写真と共に評価に困るような記事を書いていた、所謂誰得系マシン扱いだった様な・・・。
きっと誰かのライフスタイルには嵌るのだろうけど、採算とかいろいろ合わなくて消えて行く宿命にあったのでしょうね・・・。

先に書かれていた方の指摘通り、一旦壊すと治してもらえるかが微妙、
旧車をメンテして楽しむような層にも態々昔を懐かしんで蘇生させてもらえるか微妙な、何とも不遇の香りがいたしまする。

No:4909 2017/10/14 16:39 | rasukaru #mJpF7PrU URL [ 編集 ]

知り合いのバイク屋さんもお気に入りで、中々優れたバイクらしいです!ある程度回すと、不快な振動もなく、トランクも使いやすいそうです。数十年ぶりに購入してました。
けどちょっと古い本田は乗りたくないですね。あらゆるパーツが無い。国内生産のカブしか乗りたいバイク無いなぁ。

No:4913 2017/10/20 02:55 | ごー #JalddpaA URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |